異教の地「日本」 ~二つの愛する”J”のために!

言論宗教の自由が保障され、ひとりひとりの人権が尊ばれ、共に生きることを喜ぶ、愛すべき日本の地であることを願う。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【絶句!】安倍内閣、まだ弔意を示す連絡を後藤健二さんの母親に入れず/谷垣幹事長:パイロット弔問

2015-02-07 21:51:06 | ご案内

【絶句!】 安倍内閣が現時点まで(2月6日)弔意を示す連絡を、後藤健二さんの母親に入れず!!谷垣幹事長は、パイロット弔問でヨルダン大使館に

 本日(2月6日)、小金井市内で故・後藤健二さんの母親・石堂順子さんがドイツ最有力誌の単独インタビューに応じた。

ドイツ人記者は安倍内閣が現時点まで弔意を示す連絡を母親に入れていない事実に絶句した。メリケル首相なら真っ先に駆けつけるに違いない。

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

取材中のマスコミの記者も後藤健二さんの遺影に手を合わせ、ご冥福を祈った。

 

「健ちゃん、ごめんね。かあさん、何もできなかった。健ちゃんの後を追っていくからね」――。後藤健二さんの母親・石堂順子さんは、小金井市の自宅で健二さんの遺影に哀哭しながら祈るように手を合わせた。女性記者たちのすすり泣きが聞こえた

 

============================

http://mainichi.jp/select/news/20150207k0000m040042000c.htmlより転載 

谷垣幹事長:パイロット弔問、ヨルダン大使館に

毎日新聞 2015年02月06日 19時44分

 自民党の谷垣禎一幹事長は6日、イスラム過激派組織「イスラム国」(IS)に殺害されたとみられるヨルダン軍パイロット、モアズ・カサスベ中尉の弔問のため、東京都内のヨルダン大使館を訪れた。谷垣氏はハダッド大使と会談後、「日本とヨルダンは大変悲しい経験をしたが、この悲しみを乗り越える努力によって、さらに両国の友好関係を深めたい」と記者団に語った。

 

 


ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 工藤美代子/加藤康男「虐殺... | トップ | 中東想定? 陸自、砂漠で対... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご冥福をお祈りしますが… (バーバラ)
2015-02-08 11:28:17
殺されたのは、気の毒だし、ご冥福をお祈りします。でも、彼は
3回も政府から直々に渡航中止を喚起されたにも関わらず、自己責任だと、危険な地域に足を運んで、案の定…。日本だけでなく、世界諸国を巻き込んで、大きな迷惑をかけたました。この結果になった今、政府や安倍さんを責めるのは大きな筋違いでは?逆にあの母親から『ご迷惑をおかけしてすみません。あそこまで対応して下さった事に感謝します』の言葉があるべきだと思いますが…
Unknown (Unknown)
2015-02-08 23:28:45
こいつはゴリゴリの左翼で
子供の死さえも自分の思想を訴える手段にしてしまう
エセ被害者
御本人には気の毒だが
この母親散々親としての努めを放棄してたくせに(蒸発した)のこのこ出てきてなに会見でいってんのか
マジで同じ子を持つ親として恥ずかしいです
まるで戦争前夜 (ケント)
2015-02-09 02:27:30
見殺しにしておいて尚この仕打
ヨルダン人パイロットこそ自己責任だろうに

国民をテロの脅威に晒したにも関わらず、バカなネトウヨは下痢を擁護する始末

70年で先の戦争を忘れてしまったのか、情けない限りである。
私も絶句しました (●kumikumi)
2015-02-10 00:49:43
始めまして
この度の後藤さん、湯川さんの件につきまして
今だに納得ができず悶々としている中、此方の
記事に辿り着き拝読させていただきました
日本政府はやはり後ろめたいことがあるのだと思います

お母様である石堂さんがイスラム国へ
後藤さんの人柄や、決してイスラム国の
敵ではないと必死に訴え解放してくれるよう
懇願されていたのは今でも脳裏に焼き付いてます。本当にお気のどくです・・・

○○の一つ覚えごとく「自己責任」と主張している人々がいるようですが、それをいうなら
ヨルダン人パイロットだって自己責任だと思うんです。ヨルダンは空爆任務を拒否したら刑務所にでも入れられるのでしょうか
死刑にでもなるのでしょうか
出撃して100%の確率で帰還できるんだと
思っていたのでしょうか
100%撃墜されないと本気で思っていたのでしょうか
万が一の覚悟を持ち出撃されたと思います
国の命令といえども、エリートとしての意識
家族、親族の期待に応えるという自己満足的な意識があったはずです

いったい「自己責任」って何なんでしょう?

日本は今まで中東諸国へ多額の金銭、物資、技術援助をしてきたしフレンドリーな関係を保ってきました
迷惑?今回のこのような件で迷惑だと思われるのでしたらそれまでの関係だったのでは
今までの日本が中東へしてきたことは無駄だったのではないでしょうか

日本国民が迷惑したのでしょうか?
私は日本国民ですが迷惑だなんて思ったこともないし、周囲でも口にしている人はいませんでした
同じ日本人として後藤さんを誇りに思います
いつか後藤さんの2人の娘さんが、今回のいきさつを知る日が訪ずれることでしょう
父親を誇りに思っていただければいいなと思います 長文失礼しました

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ご案内」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事