異教の地「日本」 ~二つの愛する”J”のために!

言論宗教の自由が保障され、ひとりひとりの人権が尊ばれ、共に生きることを喜ぶ、愛すべき日本の地であることを願う。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

カリフォルニア州、モンサント除草剤を発がん性認定へ  2017年 6月 27日 / インドがモンサントを追い出した 2018.5.17 Koriworldo.com

2018-06-08 13:49:44 | 労働 生活一般

 ç”»åƒã«å«ã¾ã‚Œã¦ã„る可能性があるもの:テキスト

 

【カリフォルニア州、モンサント除草剤を発がん性認定へ】
日本のホームセンターで普通に販売されているモンサントの除草剤「ラウンドアップ」は、耐性を獲得してしまった雑草以外のあらゆる植物を枯らします。

しかしラウンドアップ耐性遺伝子組換作物である「ラウンドアップレディ」は、いくらこの農薬をかけても枯れません。

日本ではダイズ、トウモロコシ、ナタネ、ワタ、テンサイ、アルファルファ、ジャガイモにおいて、ラウンドアップレディが作付けされています。

それらにはラウンドアップがたっぷりかけられているのです。

 

■カリフォルニア州、モンサント除草剤を発がん性認定へ
ロイター2017年 6月 27日 3:35 PM JST
http://jp.mobile.reuters.com/article/idJPKBN19I0KZ

[26日 ロイター] - 米カリフォルニア州は26日、米農薬・種子大手モンサント(MON.N)の人気商品である除草剤「ラウンドアップ」に含まれる有効成分グリホサートについて、7月7日から発がん性物質のリストに加えると発表した。

同州の環境健康危険評価局の説明によると、モンサントは裁判所にリスト掲載の差し止めを申し立てたが認められず、同州は掲載の手続きを進めることになった。

モンサントは既に控訴しており、リスト掲載について「科学および法律に基づき正当化できない」と抗議した。

世界戦略担当バイスプレジデントのスコット・パートリッジ氏は電子メールの声明で「これは手続きの最終段階ではなく、訴訟とは無関係だ。当社はこの不当な決定に対して果敢に抗議し続ける」と表明した。

環境健康危険評価局は、モンサントは執行停止の権限を与えられていないため、来月にはリスト掲載を実行すると説明した。

リストに掲載されると、企業はカリフォルニア州内で販売する化学製品のパッケージに警告表示を義務付けられる。当局が危険とみなす量のグリホサートを散布する場合にも警告を出す義務が生じる。

 

 

*****************************************

インドがモンサントを追い出した

Koriworldo.com  http://koriworld.com/blog-entry-956.html

投稿日:2018-05-17 更新日:2018-05-30


5月7日、
インド最高裁は、
モンサント社が遺伝子組換えコットンの種子(BollgardとBollgard II)の
特許化に対する請求を退けた
デリー高裁の判決を支持する判決を出した。

デリー高裁は『種子と植物の多様性は特許化できない』とし、
モンサントが種子販売ライセンス保持者Nuziveedu Seeds Ltdが
種子を販売することをブロックすることを禁じた。

また、モンサントはNuziveedu Seeds Ltdの
未払いの種子使用料を請求していたがそれも却下された。

インドの司法によりモンサントによる
コットン種子の支配は退けられた。
モンサントの遺伝子組み換えコットンが
最初にインドにやって来たのは1995年で、

今日では何と90パーセント以上のコットン収穫が遺伝子組み換えであるという。

バイエルン社のモンサント買収が成立した後、
辞任したモンサント社のテクノロジー部門チーフRobert Fraleyは
「個人的にBollgardコットンがインドでローンチすることをサポートしていたし、
それがどの様に農家の人々に恩恵をもたらすかも知っていた、、、
インドが非科学的で反知的財産的、
反イノベーションの道に進むとは何と悲しいことか」
と嘆いた。

<iframe id="aswift_2" name="aswift_2" frameborder="0" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no" width="640" height="60"></iframe>

反モンサントで知られるインド人環境活動家Vandana Shivaは
今回の最高裁の判決を『大いなる勝利』とし、

これまでモンサントに不当な種子使用料を払ってきた
農家達に対する賠償金支払いに発展するキッカケになると評価した

※モンサント社が開発したBT(Bacillus thuringiensis)
害虫抵抗性毒素が遺伝子に組み込れたコットンを、
蛾の幼虫、イモムシが食べると毒素でイモムシは死ぬ

 

 

【関連記事】

癌が急増!ラウンドアップ(除草剤)漬けの遺伝子組み換え作物を食べたい ...

https://blog.goo.ne.jp/1shig/e/1fde3ba926ac9e5ebe2df934b49d7759
 
2018/04/09 - モンサント社はこのラウンドアップとラウンドアップに耐えられる(枯れない)遺伝子組み換え作物をセットで農家に販売をして儲けています。 ... 米モンサントが開発した除草剤「グリホサート」に発がん性の恐れがあるとする報告書を公表した。 ... 2010年、アルゼンチン・サンタフェの大豆生産地域に住む65,000人からの調査データで過去15年でがん発生率が急上昇していることが別の医師によって明らかになりました。
 
 

メキシコ先住民がモンサント社に勝訴、EUも遺伝子組換え作物排除へ! 3 ...

tocana.jp › 海外
 
2017/10/30 - ... も少なくない。そして実際に、世界の各地で遺伝子組み換え作物(GMO)農業技術の禁止が… ... メキシコ先住民モンサント社勝訴EUも遺伝子組換え作物排除へ! 


米モンサント開発の除草剤に発がん性の恐れ :日本経済新聞

https://www.nikkei.com/article/DGXLASGM24H69_U5A320C1FF2000/
 
2015/03/24 - 【ワシントン=共同】世界保健機関(WHO)の専門組織、国際がん研究機関(本部フランス・リヨン、IARC)は23日までに、 ... 米モンサント開発の除草剤に発がん性の恐れ ... グリホサートは「ラウンドアップ」の商品名で知られる除草剤の主成分。


JA推奨!日本でバンバン使われているモンサントの除草剤ラウンドアップは ...

https://ameblo.jp/sunamerio/entry-11506272533.html
 
2013/04/08 - 農家やそのご近所さんで益々ガンが流行りそうな気配。くわばら. @yutakayos やばい!新潟は農業国なので農業用品もテレビCMも流れるのですが、 よりによってモンサントの「ラウンドアップ」のCMが流れていた! これ、遺伝子組み換え ...

 

5つの農薬に発がん性 モンサント社ラウンドアップの成分グリホサートも ...

euofa.jp/?p=2047
 
2015/05/06 - 出典:notre-planete.imfo国際がん研究機関(IARC)は、グリホサートを含む5つの農薬に発がん性の恐れがあると ... グリホサートとは、遺伝子組み換え作物の栽培に使われ、世界で最も広く使用されている有名な除草剤ラウンドアップの ... かつて日本ではあまり見られなかった大腸がんの発生率は、たった20年間で4倍となった。



映画『モンサントの不自然な食べもの』公式サイト - UPLINK

www.uplink.co.jp/monsanto/about.php
 
遺伝子組み換え作物から、過去に発売された枯葉剤、農薬、PCB、牛成長ホルモン。1世紀にわたるモンサント社のヴェールに包まれた歴史を、貴重な証言 ... そして、不自然な食べもの(遺伝子組み換え作物)が環境、人体に与える影響は誰にも分かりません。

 

 

 

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 家庭菜園で種を採取したら懲... | トップ | 【森友学園疑惑】国交省文書... »
最近の画像もっと見る

労働 生活一般」カテゴリの最新記事