異教の地「日本」 ~二つの愛する”J”のために!

言論宗教の自由が保障され、ひとりひとりの人権が尊ばれ、共に生きることを喜ぶ、愛すべき日本の地であることを願う。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

メリークリスマス!泣けるサプライズ...。(2)感動のクリスマス動画まとめ <再掲載>

2017-12-22 21:49:36 | クリスマス

Merry Christmasの画像 プリ画像

 

  泣けるサプライズ...。感動のクリスマス動画まとめ(2)

海外のクリスマスのサプライズ動画、泣ける感動CMをまとめてみました。

更新日: 2014年12月17日

http://matome.naver.jp/odai/2141829241316196601より転載

rainshineさん

 

サプライズジェット

 

サプライズを体験したのは、トロント・ピアソン国際空港とハミルトン・ジョン・C.マンロ国際空港からカルガリー行きのフライトに搭乗した合計約250名の乗客たち。

乗客たちはトロントとハミルトンの空港で、同社がこの日のために用意した特別装置で搭乗手続きを行った。乗客たちは、大きなプレゼントの箱のような装置にチケットをかざして手続きを開始。すると箱のスクリーンにサンタクロースが映し出され、乗客に向かって話しかけてくるのだ。

くすくすと笑う旅行者たち、親も子供たちも、クリスマスに何が欲しいかサンタクロースに伝えていく。

飛行機が目的地のカルガリーに向かってフライトする間、ウェストジェット航空の買い物係たちが、乗客たちが望んだクリスマス・プレゼントを集めていく。疲れた乗客たちが手荷物受取所に着き、そこで目にしたものは、自分たちの荷物と大きな青いギフトボックスの数々。彼らの名前が書かれたクリスマスプレゼントだ。

 
 
 

サプライズ航空券

場所はロンドン。カナダっ子の集まる酒場で、機長の制服を着た二人組が同郷の人たちと語らう。宴もたけなわ、機長たちは「クリスマスプレゼント」を渡すといって、お客の耳目を集めるが…プレゼントは何とカナダまでの航空券。

 

 

思い出と健康に育つ事が何よりも大切な贈り物

 

1985年から2010年まで毎年お父さんが、クリスマスの日に兄妹を撮り続けた映像を編集したムービーです。二人の成長を見守るつもりでご覧ください。

コメント「誰か犬が男になって慌てただろ?」「ビデオから読み取れる事件は、1991年に犬を飼い始めて、1998年におばあちゃんが亡くなり、2001年に引越しし、2002年に愛犬が死に、2007年に娘が結婚し夫が登場する。」なるほど、背景のストーリーを想像すると一層感慨深いですね。

 

 

 

ホームレスの人々へクリスマスプレゼント

 

クリスマスにも寒い外で暮らすホームレス、撮影者は町で出会ったホームレスにクリスマスプレゼントに何が欲しいかを聞いて回り、翌日皆が欲しがったものをプレゼントする計画を立てます。お金があるって果たして幸せなことなのか。考えさせられる動画です。

 

大切なものは何より家族

 

クリスマスのこの日、看護師としてアメリカ・ニュージャージー州にある病院「オーシャン医療センター」で働いているレスリー・アン・ルッジェーロさんはアフガニスタンに派兵されている息子トラビスさんからの手紙を読んで号泣していました。ところがレスリーの後ろにいたサンタが、泣いていたレスリーに追い討ちをかけました。

手紙に夢中のレスリーさんの後ろで、突如サンタが衣装を脱ぎます。するとそのサンタは、こっそりとアフガニスタンから早期帰還した息子トラビスさんでした。

 
 

【関連】
メリークリスマス!泣けるサプライズ...。(1)感動のクリスマス動画まとめ <再掲載>

 

 

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 籠池夫婦の長男が語る「父母... | トップ | こんなクリスマスツリーはい... »
最近の画像もっと見る

クリスマス」カテゴリの最新記事