異教の地「日本」 ~二つの愛する”J”のために!

言論宗教の自由が保障され、ひとりひとりの人権が尊ばれ、共に生きることを喜ぶ、愛すべき日本の地であることを願う。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【原発汚染土】野ざらしの除染廃棄物/中間貯蔵交付金2500億円 政府14年度補正に計上 

2014-12-31 18:46:11 | シェアー

※除染袋に次々亀裂が・・・3年耐用の袋、そもそも放射性物質を入れることを想定していない!!

   

 上記写真byS・Mさん   

minyu-net

http://www.minyu-net.com/news/news/1227/news1.htmlより転載

中間貯蔵交付金2500億円 政府、14年度補正に計上

 県内の除染で出た汚染土壌などを保管する中間貯蔵施設をめぐり、竹下亘復興相は26日の閣議後会見で、施設の建設を受け入れた県への交付金2500億円を2014年度補正予算案で計上する方針を明らかにした。27日に閣議決定する緊急経済対策に盛り込む。
 県は、搬入の可否を判断する5条件の中で交付金の予算化と自由度の高さの確保を挙げており、判断に向けた環境整備が一歩前進する見通しだ。施設の建設で生じるさまざまな影響に対処するため、県全域の復興政策や風評被害対策など幅広い活用を見込んでいる。
 補正に計上されるのは、中間貯蔵施設に関する交付金1500億円と、原子力災害からの福島復興交付金1000億円で、いずれも新設。政府は予算が成立すれば県の基金に一括して交付する方針を示しており、建設候補地の大熊、双葉両町には中間貯蔵施設に関する交付金から850億円を配分する。
(2014年12月27日 福島民友ニュース)

コメント   この記事についてブログを書く
« 【最新】安倍政権 たった2週... | トップ | 【原発】東電、推奨より10倍... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

シェアー」カテゴリの最新記事