惹かれるもの

こだわって、好きなもの、惹かれるもの探し

-1069- 西馬音内盆踊りーⅢ ひこさ頭巾

2009-08-28 | 祭り
西馬音内盆踊りーⅢ  ひこさ頭巾



こうしてひこさ頭巾が続くと亡者の行列のようで異様な感じですね。









月が出ています。ひこさ頭巾に藍染の着物、最近は若い女性の踊り手も見えます。




3日間、町を上げての盆踊りも最終日の夜が更けて、終わりに近づきました。


おまけ



賑わう桟敷席




商店街のメインストリートが会場です。沿道は何処も観客でいっぱいです。


ひこさ頭巾
最終回の今日はひこさ頭巾特集、チョッと怖い感じがしますね。
藍染の浴衣と共に用いられる黒頭巾ですが、秋田県由利地方の「はなふくべ」や
山形県荘内地方の「はんこたんな」との関係があるとか、
歌舞伎の黒子からヒントを得たとか諸説があるようですが、詳しいことは解っていないようです。
「はなふくべ」「はんこたんな」、どんな物かと検索してみましたがいずれも古い物なのでしょう。
調べることが出来ませんでした。
亡者を連想させとても幻想的です。
こうした踊りに送られて精霊も黄泉の国へ帰って行くのでしょうね。


お囃子
笛個、太鼓、三味線、鼓、鉦(すりがね)などの鳴り物に
秋田音頭やがんけ(甚句)の歌い手が加わり賑やかです。
音頭や甚句の歌詞は世間世事を風刺したもの、野趣情緒溢れたもの、
楽天的な農民特有のエロティシズムを匂わせるもの等様々です。

★秋田音頭歌詞一例  豊作だ万作だ これあまたいい秋だ
                 面白まぎれに一つ踊たば かか腹万作だ
★がんげ歌詞一例   押せや押せ押せ下関までも 押せば港が近くなる


踊りの起源
最後になりましたが、踊りの起源については明確な記録が残っておらず、
すべて言い伝えによるものだそうです。
正応年間(1288~1293)に源親と言う修行僧が蔵王権現(現在の西馬音内御嶽神社)を勧請し、
ここの境内で豊年祈願として踊らせたものと言う説が伝えられております。
これが慶長6年(1601)西馬音内城主一族が滅び、土着した遺臣達が主君を偲び
旧盆に宝泉寺境内で踊った亡者踊りと一緒になったと言われています。

                   (秋田県羽後町観光物産協会発行のパンフレットを参考にさせて頂きました)

三回にわたり西馬音内盆踊りにお付き合い頂き、有難うございました。             

コメント (22)   この記事についてブログを書く
« -1068- 西馬音内盆踊... | トップ | -1070- 法体の滝 »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
キルト (Mitzi)
2009-08-27 23:17:02
紅さんこんばんは~♪
↓の
>端縫い衣裳について

とても興味深い内容でした。
着物は絹で夏でもあわせの着物ですか?
頭巾はやっぱり怖いです~(笑)

今日も有難うございました。
Unknown (かざふ)
2009-08-28 00:11:11
紅さん今晩は~

ひっこさ頭巾ちょっと怖いですね
魔除けか何かあるのかな~

色々教えて頂きありがとうございましたm(__)m
盆踊りも深いのですね!
♪ Mitziさんへ ()
2009-08-28 01:37:39
こんばんは~♪
端縫い衣裳は絹の合せです。
頭巾、私も一歩退きたくなります~(笑)

三日連続の盆踊り更新にチョッとお疲れモード、昨日は一日中ごろごろお昼寝してましたら
こんな時間になってもお目めパッチリです。

三回の更新にお付き合い有難うございました。
♪ かざふさんへ ()
2009-08-28 01:43:35
こんばんは~♪
ひこさ頭巾、私も苦手ですが、好んで被る若い女性も居るので驚きですね。
魔よけと言うより亡くなった方へのご供養のようですよ。
宗教的な意味合いもある盆踊りなんですね。

三回の長い更新にお付き合い有難うございました。
Unknown (mumin)
2009-08-28 05:15:00
紅さん、おはようございます。
端縫い衣装、興味があります。
パッチワークの精神とおなじです。

紅さんが紹介されてキルト展に展示されたのですね。素晴らしい!

アフガンの (Shin)
2009-08-28 05:17:58
ブルカみたいですね
美人の顔が見えないのはもったいないのか救いなのか?


Unknown (ロココたえ)
2009-08-28 05:39:38
紅さん、おはよう!!

ひさこ頭巾、ズラリと列ぶと、やっぱり
不気味ですね~
歌舞伎の黒子、成る程、でも踊りの起源は随分古いようですね。
興味深い記事をありがとうございました。
同じ日本でも知らないことばかりです。
すごいです (ごん魔女)
2009-08-28 06:30:02
このような貴重な踊りがあることを知らなかった私にはとても印象強いものになりました。端縫いの衣装を着て編み笠で顔を隠して踊る姿の手とともにうなじの美しさに見惚れました。

そしてひさこ頭巾を着て着物の袖から見える手で男の人か女の人かが何となくわかりますね。
先人たちが家族の健康や亡くなった人への供養など考えて出来上がった踊りなのでしょうか、いつまでも伝承していってほしいと切に願います。本当に有難うございました。
紅さん、おはようございます。 (rauke)
2009-08-28 07:28:42
↓おふくろがパッチワーク好きで実家帰る度にチマチマ縫い物してるのを見かけます。
話を聞くと内容が熱いのですよね(^^)
なるほど、紅さんが仰る事が分かる様な気がします。
人と文化の繋がりはどこでどう見ても感動する事が多いですからね。

ひこさ頭巾と歌舞伎の黒子、調べていたら所々で絡んでいるようです。
表現が変ですが珍しい写真を興味深く見させていただきました。

おおきに(^^)
♪ mumin さんへ ()
2009-08-28 11:32:32
muminさん こんにちは~♪
端縫い衣裳に興味を持たれましたでしょ。
「世界キルト展」で紹介されて良かったと思ってます。
多くのキルトファンの目に触れ、皆さんに関心を持っていただきましたから。

自分の家の古くなったゆかりのある着物でパッチワークなんて、素敵ですよね。

コメントを投稿

祭り」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事