クローバーのひとりごと

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

母の饅頭話から

2011-02-23 | 日記
 勤め先でお土産に熱田神宮のお饅頭をいただいた。
 中にあんこと栗が入っており、とても美味しかった。
 栗入りなんて、なんてゴージャス♪

 帰宅後、それを息子に話すと、
 「それって信長公が、参拝していた神社でしょう?」というのだ。
 息子によると、
 熱田神宮は、今川義元を桶狭間の戦いで破る前に、
 信長が家来を引き連れて戦勝祈願に訪れた場所だそうだ。
 家来の志気をあげるために
 あらかじめ本堂に忍び込ませていた家来に轡の音をこっそり鳴らさせ、
 皆の前で「この音は馬の轡の音、我々には神が味方してくださっている」というようなことを話したのだそう。
 大いに志気が上がり、一気に今川家本陣に攻め入ったのだとか。
  
 信長公はかの有名な「人生50年」の舞を舞ったあと、
 いきなり戦支度をして飛び出したとか、
 それについていけたのは極少数の家来だけで、
 熱田神宮でほかの家来が到着するのを少し待ったとか、
 桶狭間というのが有名だが、本当は田楽狭間という地名の場所だったとか、
 織田軍1000人が今川軍5000人を破った歴史的大勝利だったのだとか、
 織田軍が攻め入ったとき今川軍は300人位しか武装していなくて
 あとは、現地の人々の差し入れで宴会を開いていたのだとか、
 ・・・。

 彼の蘊蓄はこのあとしばらく続いた。
 おしゃべりな娘と私に挟まれて
 日頃無口な彼の独壇場となった。
 好きこそものの上手なれとはよく言ったものだ。
 彼は戦国武将、特に信長公と信玄公が大好きなのだ。
 家族は唖然として聞き入った。
 小学校低学年のいうことなので、もしかしたら少し間違っているところもあるかもしれないが、
 大いに勉強になった母でした(笑)

 漢字テストの点数が少々悪くても、
 計算テストのケアレスミスが多くてもまあいいか・・・。えっ?やっぱり良くない?
 
 



コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

雪!ゆき?ゆき♪

2011-02-15 | 日記
今朝4時頃、あまりの寒さに目が覚めた。
子どもたちを起こさないようにそうっと起きてリビングに行き、雨戸を開けると外は一面の雪!

雪の日の朝は忙しい。
急いで幼稚園のお弁当とみんなの朝食を作ると、ちょうど長男が起きてきた。
私も急いで身支度をすませ、長女を起こす。
「お外は一面雪で真っ白よ!幼稚園に早く行こう!お庭で遊べるかも!」
いつもは朝寝坊の娘も、跳び起きる。
「雪?雪が積もってるの?急がなくっちゃ!」

二人に朝食を食べさせ、
「お母さんは雪かきに行ってくるからね!」と外にでる。
こんな日に限って主人は出張。
さあ、頑張らないと!と思いきや、
前のお宅のご主人が、我が家の玄関周りを除雪して下さっていた。
ご近所は有り難いものだ。
残りの塀の周りをかいて、ちょうど長男の登校時間に間に合った。

リビングに戻ると、息子が温かい日本茶を入れてくれた。
「ママ、寒かったでしょう?雪かきありがとう」
朝から元気いっぱいになる一言!「こちらこそありがとう!」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アルバム

2011-02-08 | 日記
   私の子供たちの学校や幼稚園では、
   毎年、年度末にはお世話になった先生に
   生徒たちが感謝の気持ちを込めてアルバムを作る慣わしがあります。

   役員のお母様達がまとめて下さるのですが、
   たいてい、指定されたサイズの用紙を自分で用意し、
   子どもが自由にデザインします。
   写真やお気に入りのシールを貼り、先生へのコメントを自分で考えます。   
   今年も大きな文房具屋さんに行って、
   うちの子どもたちもそれぞれシールやきれいな紙を選んで買ってきました。
   添付写真はおませな幼稚園児の娘が選んだものです。

   そういえば、化粧をする私を毎朝じーっと飽きずに眺めては、
   横で化粧水の代わりにお水を顔に塗って、
   メンタームを口に塗り、お化粧のまねごとをしています。
   興味のある御年頃なのでしょうね。
   私も幼い時に、母の高いコールドクリームを一瓶丸ごと人形に塗りたくり、
   母を唖然とさせたことがありました。
   
   明日は何をしてくれるのかな?楽しい毎日です。
   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

結婚式

2011-02-01 | 日記
   
  5歳の娘は結婚式に強い憧れをもっている。
  親の結婚式の写真を見ては、
  「ママはいいなぁ、こんなきれいなドレスを着られて…。」
  とため息をつく。
  「誰と結婚したいの?」ときくと
  「お兄ちゃん♪」
  これを聞いた主人がどんなにがっかりするだろうと思い、
  (ちなみには一人っ子だった私は小さいころ父と結婚したいと思っていた。)
  「パパは?」と水を向けると
  「私がパパと結婚したら、ママがかわいそうだから…。」との答え。
  思わず吹き出してしまった。
  5歳なりに気を遣っているのね(笑)

  そんなに急いで大きくならないでね。
  娘の結婚式で大泣きしている主人を想像しながら
  今この一瞬一瞬を大事にしようと思った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加