クローバーのひとりごと

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

雛祭り

2011-03-04 | 日記



雛祭りは、我が家の女子にとって特に楽しみにしているイベントの一つ。
一月の末から天気の良い日を選び、
女子だけでお雛様を飾り付ける。

ひなあられを好まない子どもたちと買い物に行き、
お供えの菱餅やお菓子を選ぶ。
関西の方のあられは、
関東の甘くて口の中で溶けてしまうようなものではなく、
まさに軽いお煎餅のような甘しょっぱい味だとは聞いていたが、
近くのスーパーで見つけたときにはみんなで大興奮!
食すと、確かにものすごく軽い甘いお煎餅だった。
子どもたちには関西風の方が好評だった。
お菓子の中でも、袋を開けるとあっという間になくなるのは、ポン菓子。
時代が変わってもやっぱり美味しく感じるものなのですね。
(私も小さい頃から好きだった。もちろん今も)

雛人形へのお供えもすむと、今度は娘が工作を始める。
折り紙のお雛様を作るのだ。
きれいな和紙を選んで着物にする。
毎年作って、お雛様のそばに飾る。
「こうすれば、お雛様もお友達が出来て寂しくないでしょう?」と娘。

飾り付けた日から毎日欠かさず、お雛様の前に正座し、手をついて
「おはようございます」「おやすみなさい」の挨拶をしている。
だれに習ったのでしょう?
テレビかしら???

いよいよ雛祭りが近づいてくると、娘と桃の花を生ける。
当日は、娘のお昼のお弁当はお雛様のキャラ弁、
夕ご飯は、女子総出で恒例の菱形のお寿司とハマグリのお吸い物などをワイワイ作る。
その中に入りたそうにしている息子には、この日ばかりは味見役に徹してもらう。
最後に白酒を頂いて、家族全員でお雛様に娘が無事成長してくれることを祈る。

中々日本古来の年中行事を守るのは難しいが、
せめて我が家の雛祭りイベントは続けていきたいと思う。
はてさて、子どもたちがいつまで付き合ってくれるかしら?





コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 母の饅頭話から | トップ | 大きな地震で考えさせられた... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ひな祭り (あっちゃん)
2011-03-05 07:59:34
なんて楽しそうなひな行事でしょう
何代も前から受け継がれてきたのですね。
これからもずっと続くことでしょう

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事