花と低山を目指して

気ままに、花や景色を撮っています。

雲がかかる満月、冬至の夜にて、2018年12月

2018年12月23日 | 夕景

満月が冬至の日に現れるのは何年毎であろうか。ちなみに、春分の日は19年周期で満月と重なるとのことである(海上保安庁・海上情報部HP)。さて、昨夜は17時頃に、月齢14.8の月が自宅近くの山並み(山頂)から昇るはずであった。ところが、厚い雲に邪魔されて、月が昇る瞬間を撮ることはできなかった。果報は寝て待て。23時頃には、雲のかかる月が真上から上空の雲を照らし出すようになった。


満月と月にかかる雲による光景から。月光を浴びる雲の色や形は多様に変化した。

 

 

 

昨夜の月は今年でもっとも高く昇った満月であった(南中高度において)(ウェザーニュースから)。

 

 

撮影、12月22日23時頃。EOS 6D、EF 70-200 mm F4L、マニュアル露出、フィルター使用せず。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 夕陽に染まる雲がもたらす光... | トップ | 早瀬への青空の映り込み、桐... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ただ ただ ためいきです(*´꒳`*) (はる)
2018-12-23 17:24:38
幻想的な満月ですね……
ためいきが出るばかりです(*´꒳`*)ハァ~素敵♥

夜空の雰囲気 (kotsunagi567)
2018-12-23 21:31:24
はるさん、こんばんは。
この幻想的な光景を何とか撮ることができ、ほっとしています。
画像は壁紙としてディスクトップに貼り付け、昨夜での幻想的な雰囲気を
たびたび回想しています。
コメントありがとうございました。

コメントを投稿

夕景」カテゴリの最新記事