花と低山を目指して

気ままに、花や景色を撮っています。

夕景色でのグラデーションに魅せられて、2018年12月

2018年12月31日 | 夕景

夕景色でのグラデーションが美しい時季になった。夕陽に染まる上空の雲が次第に暗くなると、思わず見とれてしまうような光景が地上近くに現れる。日没後、数十分間はマジックアワーとかトワイライトタイムと言われている。そして、この時間帯では夕景色の色彩が刻々と変化する。昨日も、夕景色での美しいグラデーションに出会うために、日没が終わる頃からぼくは川沿いを散策した。


桐生川の堤にて、大学(国立大学)の建物と市街地の迫る山並み(右)。

 

 

ビルディングの左に、100 km以上も離れている山並みがくっきりと見える時間帯になった。

 

山並みは関東平野の一部を囲む奥秩父連山である。それにしても、この場所で連山がこれほどまで見えることは珍しい。余談ながら、川沿いの低山(300 m)に登れば、連山とともに富士山が見えるはずだ。

 

夕暮れでのひとこま

 

マジックアワーでのグラデーション(1)。

 

マジックアワーでのグラデーション(2)足許は暗くなってしまったが。

 

12月30日午後4時半〜5時半、桐生市(桐生川中流)にて。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 早瀬への青空の映り込み、桐... | トップ | 青空には下弦の月、大晦日(2... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

夕景」カテゴリの最新記事