レカンフラワーリボンのmama

レカンフラワー教室サロンドジュリア
ちょっとした楽しみを見つけて
ワンコとニャンコと暮らす日々を・・・・・

歩ける~

2018-10-08 | リボン模様の猫

何がどうなってるのかホントのところは分からんですわ~

脳腫瘍と言われてますが
ネットを見ると沢山の子達の事が投稿されています
脳腫瘍と言われ
同じような診断が下されています
フムフム・・・・



犬の脳梗塞は人間の物と違って
症状が出るのは一日だけで
翌日からは機能が戻るんだって!
それが特徴だそうで
人間の脳のように複雑出来ていないので
すぐ代わりの経路が繋がってすぐ元に戻るそうです

お兄ちゃんで経験してるのですぐの納得でした

メロンは腫瘍なので
出来ている場所によってですわ
より脳幹に近いところだとこれから大変になってくると覚悟をしたのでしたが・・・・

足は立たず
一瞬立って歩いても
足先が人間で言う足の甲の方が着く感じで
元に戻らないまま歩いていたりして


どうにか命だけでも繋がってくれたら
たとえ足は立たずでも・・・・
もうすっかり歩けなくなると諦めていたのでしたが

土曜日の診察から帰って
猫のご飯を用意していたら

いつものように
元気だったころのように
一人で立って
ドアのところまでやって来て
ワンワンとご飯コールできました

ワンの声が・・・・今までとちょっと違ってるけど・・・・
弱ってるせいだと思いたいけど・・・・・
それでも今までの日常のように
スタスタ歩いて出てきています

もう驚きマックス!
ケガでもしないかと
慌てて戻しました


この後そのまま日曜日になり

日曜も朝からご飯が食べたいらしく

流動食のリキッドを力いっぱい拒絶

ノーサンキュー!が力強い!

私も腫れものに触るように接していた2週間でしたが
プッツンしてしまい
何言ってんのよォ!!!とちょっとキレて
雑な扱いに(笑)
それだけ元気にしています

リキッドがダメなら
流動食を考えなくっちゃと

ささみスープや
ヨーグルトや
急いで買いに走りました

まだまだ食欲旺盛で
要るって言うもんですから

考えて・・・・

メロンの
ロイヤルカナンの療法食
消化器サポート低脂肪
これが長年食べているご飯
これの缶詰があって
これを裏ごしにかけてザラザラするものを取り除き
まさに流動食になりましたのでこれをあげて

今日は一日よく食べよく出し

まあ付きっきりでお世話をしてるからですが
まだ一人で何でもできる訳ではありませんが
これだけになれるとは思ってもいなかったので

ホント
立ってるのを見た時は
奇跡だーーーーーと思いました


嘔吐止めの注射
ローテーションでは明日月曜日の朝なのですが

先生から
間隔を空けるとすると
月曜日を午後まで待って
そして午後から夕方でもどうも無ければ
注射はしなくてもいいのではないかとの事・・・

明日も何事も無く終われば
そして今日からご飯に近いものも口にしてるので
それで何も無ければ注射はサヨナラできます

この嘔吐止めの注射はすこぶる痛いそうで
メロンは文句も言わず黙って受けています
先生が注射しながら
イタイよね!って言いながらして下さってました


月曜日
とりあえずあとちょっとの頑張り

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 闘病記の2 | トップ | 落ち着いてます »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

リボン模様の猫」カテゴリの最新記事