花と木と、五七五(時々七七)な私と、…

ふと思ったこと、感じたことを五、七、五で言ってみる。ささやかな日常を五、七、五で切り取ってみる。
開けゴマ、開け私!

幼なじみの久しぶりの便りは

2018年11月16日 | 日記




喪中葉書は

遠き友より

石蕗の花
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 丸で森から湧き出るよう | トップ | 小さな祠の茂みには »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (りたいあまん)
2018-11-16 21:12:41
喪中はがきですね。
私にも来ました。
元の勤め先の同僚からでした。
ツワブキの黄色い花。
こちらでも咲いています。
今の季節感がうまく捉えられていますね。
Unknown (Unknown)
2018-11-16 21:44:27
ありがとうございます。
喪中葉書が届く季節になりましたね。
昨日届いたこの一枚は、とても衝撃的でした。
子どもの頃から結婚するまで、一番の仲良し
でした。彼女のお母さんは、元気で楽しい
人。そして彼女の娘さんは色白の愛らしい
子どもでした。私の次女と同い年。
おふたりの訃報にしばらく唖然としてました。

石蕗の花のどこか寂しい雰囲氣。
気持ちを詠んで下さって感謝します。
(ちょっと暗くてすみません。m(_ _)m)

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事