みたけ音楽日記~業界浮遊録~

色々な人との出会いを通じて様々な楽しいことを創っていきます。

SPEEDBALL

2006年04月17日 | Weblog
午前中、着うたフル用書類作成。なかなか先が見えないなぁ。

14時、ハンサム兄弟ハンジ氏、smiles davisの
ギターのkeiki氏、カホーンのセニョール太郎氏とお茶。

ハンジ氏のblogにあった
http://app.blog.livedoor.jp/handi/tb.cgi/50534157
「ハンサムナイトクラブ」にいたく同意してしまい、
無理矢理スケジュールを頂いたのだ。

僕は仲間に誘われて「SPEEDBALL」というイベントの運営チームに
いたことがあり、まさにハンジ氏の提唱したイベントに近いことを
考えていたのでその思いを伝えたかったのだ。

SPEEDBALLのイベントは当時、渋谷に新しく出来たライブハウスDeSeOで
1999年5月15日~12月まで月2回をベースに開催したイベントであった。

音楽業界の若手を中心に(僕だけ年齢が飛びぬけて上だったのだが
無理矢理参加させてもらっていた)CRJの協力を得て、開催。
音楽以外にも写真・ 映像・ファッション等とのコラボレーションを行い
刺激的な空間を作り出せた。

そして、2000年2月19日には赤坂BLITZにてライブを敢行。満員の観客と
ともにフィナーレを迎えたのである。

出演バンドはそれまでに出演してくれたバンドに再演依頼し、
快諾して頂いた方たちである。以下に記すと

Outlaw、East Woman、 Electric Eel Shock、Syrup16g、
Jet Marie Go-Around、Huckleberry Finn、Babamania、
Bungee Jump Festival、Bump Of Chicken、Head Good TV、
Hermann H.&the Pacemakers、Kiseru、ふれあい、古明地洋哉、etc・・・

更に加えて、様々な映像作家、デザイナー、造形作家などが
BLITZのロビー狭しと表現を繰り広げたのである。

残念ながら、このイベントは本業を持つ業界人達が手弁当で
実行したものであったので、この1年限りで終わってしまったのだが
ハンジ氏は見事にその思いを繋いでくれる方のような気がする。
今後の活動に期待して協力できるところは出来る限りやっていきたいと
思う。

16時、タケカワユキヒデ氏の事務所へ。
諸々打合せ。
5月4日(木)に東大寺大仏殿前でゴダイゴのコンサートがあるそうだ。
う~ん、大仏様の前で「ガンダーラ」が聴けたら最高だろうな。
今から連休中の奈良の宿なんて取れそうにないから難しいけど
是非見てみたいライブだなぁ。

会社に戻り、書類作成の嵐。
頑張ろう!
コメント   この記事についてブログを書く
« 是非! | トップ | さあ、ここからが勝負 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事