瀬戸際の暇人

アドヴェント到来~!

2010年、クリスマスには歌を歌おう♪その6

2010年12月25日 07時46分17秒 | クリスマス
はぁい♪ミス・メリーよ♪
いよいよ今日は待ちに待ってたクリスマス♪
グラスをカチンと合せて乾杯しましょ♪

――メリーークリスマーーース♪♪

…はぁ…1年に1度開けるワインの味は格別だわv

一息吐いたところで、今回は中世のクリスマスについて、お話するわね!

4世紀頃にローマの国教と認められるや、キリスト教は正に破竹の勢い、熱心な伝道師達のお陰で布教はヨーロッパにまで及び、11世紀にはほぼ全域がキリスト教化されたの。
そして冬至の祭日だった12/25は、聖キリストの生誕日として、世に広く知られるようになったわ。

ローマ時代のサトゥルナーリア祭と、古代北欧のユール祭を吸収したクリスマスは、聖夜に変わってもどんちゃん騒ぎを継承し、中世の貴族や庶民から最も愛される行事に成長して行ったの。

例えば中世のイギリス宮廷では仮面劇が盛んに行われ、身分と関り無い仮装を楽しんだと云うわ。
そして昼夜ぶっ続けで舞踏会を催したんですって。
王への贈り物が義務付けられ、豪勢な食事に公認のギャンブル…この辺りサトゥルナーリア祭そのまんまの雰囲気ね。

庶民の間で人気を呼んでたのは無言劇。
キリストの生誕劇や英雄劇を行う習慣が生れたと云うわ。
劇を演じた芸人達は、その後家々を廻り、お金や食べ物を貰ったの。

クリスマスキャロルを歌う慣わしが普及したのも11世紀の頃よ。
即席聖歌隊が近所の家を訪ねて廻り、歌い終わると温かな飲物と菓子を御馳走になったと云うわ。
特に、最初に訪ねて来た合唱隊は、充分に時間をかけてもてなさなければ、不運に見舞われると考えられてた為、歓迎せずには居られなかったんですって。
有名なハロウィーンの決まり文句、「トリック・オア・トリート?」を思い起させるわね。

とまぁ楽しいお祭だったんだけど、何時の世も無秩序を好ましく思わない人達が居るもの…

…と言った所でお話の続きはまた次回!

今年のクリスマス6曲目の歌は――「きよしこの夜」!

ヨーゼフ・モールが作詞し、フランツ・グルーバーが作曲した、珠玉のクリスマスソングは、雪深いオーストリアの小村、オーバンドルフの教会で生れたの。
それはクリスマスが呼び起した奇跡だったのかもしれない。

歌いながら今回はグッバイ――また次回ここで会いましょう♪





                         【きよしこの夜】





聖し♪ この夜♪
星は♪ 光り♪

救いの御子は♪
馬槽の中に♪

眠り給う♪
いとやすく♪


聖し♪ この夜♪
御告げ♪ 受けし♪

牧人達は♪
御子の御前に♪

額づきぬ♪
畏みて♪


聖し♪ この夜♪
御子の♪ 笑みに♪

恵みの御世の♪
朝(あした)の光♪

輝けり♪
朗らかに♪





(↓から、びょり記)
…現代のクリスマスがキリスト教徒以外にも受容れられてるのは「楽しさ」故。
楽しいからこそ「ウチでもやってみるべ」となり、加えてそれが商売になると知れればやらずにおれぬ。
ローマ帝国が治めてた時代から、クリスマスは資本主義のお祭だった。
ローマ帝国からアメリカに変っただけの事なのですよ、実は。

毎度ようつべからですが、歌う人は参考にどぞ
今年は歌い易いように、日本語版が広く知られてる場合は、そっちを採らせて頂いてるけど、英語版で歌いたいと言う方は、こちらを参考にされて下さい。

今日の写真はイクスピアリのミュージアムレーン。
施設内のイルミネーションで、毎年1番綺麗なのは此処。
ジャンル:
文化
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 2010年、クリスマスには歌を... | トップ | 2010年、クリスマスには歌を... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
イルミネーション (urouro)
2010-12-26 00:23:19
ハウステンボス一位確定です

最後は2位の追い込みがありましたが、最終的に200票以上の差が付きました。

今朝はめざましテレビで特集してましたし。。
またこれで認知度が上がれば言う事無しです。
ミス・メリーッて!! (もりぴ。)
2010-12-26 00:45:24
こんばんは、ミス・メリー~もりぴです。


ワタシの少しズレてる?質問にも丁寧にお答え頂き本当にありがとうございます。
それにしても、ミス・メリーの博識には、流石に妖精と感動です。


びよりさんへ-

明日、からテンボス・光の王国を観に行ってまいります(降水確率80%らしいですが)

あと、ワタシ今回は全日空ホテルに泊まりますが、来年7月には『ホテル デンハーグ』も再開するらしいですね
長崎新聞に載ってたみたいです。
おはよう御座います! (びょり)
2010-12-26 11:18:15
ウロウロさん…やりましたね!!
最後まで2位の追い込みが激しく、気を抜けませんでしたが、見事に返り咲いての1位!!
本当に嬉しい♪
え?めざましテレビで特集してたんですか?
見逃してしまいました…残念。

もりぴさん――はぁい♪ミス・メリーよ♪
ゴメンなさい、ひょっとして質問の取り方が少しズレてたかしら?
本当は「ユール」の様な慣習が、他の国でも冬至の頃在るのかを知りたかったとか?
元来1年の節目に祖霊が帰るという伝承は、世界中で見られたそうなのだけど、現代は温暖な国では夏至の頃に祖霊を祀る慣習を残していて、逆に寒い国では冬至の頃祀るケースが多いみたい。
冬と夏、どちらの季節が厳しいかによって、各国の行事に違いが出るのでしょうね。
日本のお盆は中国から伝承したもので、その影響から夏頃行われるようになったと云われてるの。
けど正直リサーチ不足を感じるわ。
耳寄りなデータを仕入れたら、またここで発表するんで、その時は聞いて頂戴!
で、こっからはびょりに代わるわねv

どうも~びょりです。
明日光の王国を観に行かれるんですね~良いなぁ。
雨でも楽しめる場所なんで大丈夫、光が濡れた道に反射して、益々綺麗だと思いますよ。
ホテル・デンハーグ、再開待ち遠しいですね~!
でも英語しか使えないホテルになっちゃったりする?
だとしたら英語苦手な自分は…と、泊れん。(汗)

御二方ともコメント有難う御座いました~♪

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

クリスマス」カテゴリの最新記事