瀬戸際の暇人

夏が終わってしまった…!

2016年、クリスマスには歌を歌おう♪その12

2017年01月01日 18時31分54秒 | クリスマス
ハッピーニューイヤーーー♪♪――2016年のタイトルのままで失礼v
2017年、新しい年に貴方が期待する事は何かしら?
今年が皆にとって幸福なものになるよう、メリー祈ってるわ!
「日本の漫画に登場するクリスマス・ストーリー」、最終夜は「こちら葛飾区亀有公園前派出所」から紹介よ!
亀有公園前派出所勤務の型破り警察官、「両さん」こと両津勘吉を主人公に描いたハチャメチャポリスアクションコメディーで、原作者は秋本治氏。
集英社発行「週刊少年ジャンプ」1976年29号に読み切り版が掲載、その後、同雑誌で1976年42号~連載スタート。
「こち亀」の愛称で知られたこの作品が、去年の42号で惜しまれつつ完結した事は、2016年漫画界10大ニュースの1つじゃないかしら?
メリー、てっきり作者の方がお亡くなりになるまで続くものと思ってたわ!
単行本の総発行巻数はなんと200巻!これはギネス記録入りですって!
「40年間休み無く連載してたとあれば、クリスマス等のイベント回もさぞや多い筈」と考え、その回数をカウントした方が居るわ。(→http://blog.canpan.info/recommend-comics/archive/97)
その方によると単行本196巻までの内、計24回在ったんですって。
残りの197~200巻まではメリーがカウントしたところ0回だった、つまり「こち亀」計200巻内には24のクリスマス・ストーリーが在るという事。
24!クリスマス・イブを暗示するような意味深な数字ね⭐
こういうユニークな視点から作品を検証する人、メリー大好きよv
折角だから24回全て読んで一言ずつ感想を述べさせて貰うわ。

1)2巻「12月24日雪…の巻」…この頃はまだ両さんが交番勤務しただけで話が終わったのね。
2)7巻「クリスマス戦争の巻」…連合青軍Gが侵入してもセキュリティ完璧な中川家のパーティーは安心安全v
3)28巻「我が青春の桜田門の巻」…クリスマス・プレゼントに大原部長の思い出の警視庁庁舎を190億で再現しちゃう中川さんって太っ腹!
4)38巻「両さんのホワイトクリスマスの巻」…サンタの格好した泥棒に出くわすというベタネタ。
5)53巻「両津クリスマス劇場の巻」…多過ぎる御歳暮は恵まれない子供達へ…旦那さんの職業は政治家かしら?
6)68巻「聖なる夜の大天罰!の巻」…公園に植えた記念樹盗んでクリスマス・ツリーにしては駄目よ両さん!
7)78巻「ケーキ屋・両さん!?の巻」…ケーキは拵えるわ鮨は握るわアニメは描くわ両さんって本当万能よね。
8)83巻「クルシミマス・バザーの巻」…バザーに出品する物を各方面から取り立てる両さんは殆ど闇金業者。
9)87巻「江崎教授の帰省の巻」…貴重なマクラーレンF1がボコボコにされる様にメリー泣いちゃう。
10)103巻「ソルジャーサンタの巻」…毎年ボランティア施設に手作りケーキ200個も贈る麗子さんが初期は高飛車女だったなんて信じられないわ。
11)124巻「X'mas鍋大騒動!の巻」…クリスマスパーティーを敢えて鍋で!…何となく美味しんぼタッチね。
12)129巻「怒れ!寿司神様!!の巻」…両さん怒りの巨大太巻寿司がインパクト大だわ!
13)135巻「メリークリスマス寿司!!の巻」…最近は寿司屋も和菓子屋も和食堂ですらクリスマス商戦に乗る様になったわね。
14)140巻「妙隠寺母子像の願いの巻」…映画「サイン」みたいな不思議なクリスマス話だったわ。
15)145巻「The Santa Battle!!の巻」…誰だってマッチョなサンタより美女サンタの方からプレゼント貰いたいわよねェ。
16)151巻「クリスマスvs男祭!!~真冬の決闘~の巻」…イブにも孤独な男達が対抗策に立ち上げる裸に褌男祭!!
17)156巻「京都聖夜の巻」…雪化粧した京都東寺の五重塔を最古のクリスマス・ツリーって呼ぶのは素敵な表現ね。
18)173巻「クリスマスイルミネーションの巻」…最近はそんなに大きくない駅周辺の繁華街でも煌びやかで驚くわ。
19)178巻「クリスマス機動捜査網の巻」…爆破予告犯から街の人の平和なイブを守る為に葛飾署の面々が立ち上がる!…久々に警察官らしいエピソードね。
20)188巻「平和サンタの巻」…内戦が続くアフリカに平和の使者「両津サンタ」が降臨!
21)188巻「レモンのサンタクロースの巻」…幼稚園で親善サンタ役に選ばれたレモンちゃんの活躍。
22)188巻「メリーおめの巻」…最近は夏にも御節料理売ろうとしてるけどリアルに両さんみたいな人が居るのかしら?
23)193巻「サプライズツリーの巻」…軍用ミサイル・ツリーって流石米軍アイディアがダイナミックだわ。
24)196巻「想いを継ぐ鳥の巻」…天候を利用してオウムを捜す両さん頭良い!

…記事の文字数制限が有るため、駆け足で追っちゃって御免なさい。
挙げた中でメリーが特に気に入った回は、タイトルを赤くしといたわ。

「聖なる夜の大天罰!の巻」は、署が主催で開くクリスマス・パーティーに飾るクリスマス・ツリーを買って来るよう頼まれた両さんが、無駄遣いで預かった金パーにしてしまい偶々見掛けた公園の樹を盗んで代用したら、実はそれ署が町会に寄贈した記念樹で、植樹した時のプレートからバレて大目玉食らっちゃうという粗筋。
両さんにお遣いさせる事がそもそものミステイクに思うけど…記念樹に付けた「何年何月に葛飾署より寄贈」って植樹プレートから足がつく展開が面白かったわ♪

「平和サンタの巻」は、「平和サンタとなって紛争の続くアフリカに休戦を呼び掛けよ」って警視総監の無茶な命令から、両さんがサンタの格好にパラシュート着けて銃撃戦の真っ只中に舞い降りるという話。
一警官に任せて良い任務に思えないけど…良いのかしら?
で、戦闘員のゲイ心につけこんで、ホントに休戦させちゃう両さん凄過ぎ!もう両さんが国連事務総長にでもなれば良いと思うわ。
クリスマスに休戦といえば、こんな話が有るわよ――1870年12月24日、普仏戦争での事、一人のフランス兵が銃を持たずに両手を挙げて、塹壕から登って来たかと思うと、フランス語で「きよしこの夜(Minuit,chrétiens=さやかに星はきらめきだったって説も在るの)」を歌い始めた。
その歌を耳にした両軍は発砲を止め、今度はプロシア軍の一兵士がマーティン・ルーサー(マルティン・ルター)の「Vom Himmel hoch, da komm ich her=From Heaven Above to Earth I come(直訳;天国から地球へ私は来る)」を対抗するように歌い始めた。
この出来事が切っ掛けで、クリスマスに1日だけの休戦が叶ったという――クリスマス・ソングが切っ掛けで戦争が止まるなんて凄いと思わない?どうせなら1日だけと言わず、ずっと休戦していれば良いのに。

「こち亀」を読んでいて他に感じたのは、クリスマス回の多くに雪の降る描写が出る事から、作者はホワイト・クリスマスに憧れてるのかなって。
最初のクリスマス回から雪が降り、最後のクリスマス回でも雪が降るなんてね、リアルで東京にクリスマスの日に雪が降るなんて奇跡に近いもの、憧れる気持ちメリーにも解るわ。
それにしても24ものクリスマスに纏わるショート・ストーリーを生み出した作者の創作力には感服よ!
溢れる才能ってこういう事を言うんでしょうね。
漫画界のレジェンド秋本治氏の、益々のご活躍をお祈りするわ!

ここで12曲目のクリスマス・ソングを紹介、勿論フィニッシュはこの歌よね――「We wish you a merry Christmas」♪



【We wish you a merry Christmas】




(歌詞)

We wish you a merry Christmas♪
We wish you a merry Christmas♪
We wish you a merry Christmas♪
And a happy New Year♪

We wish you a merry Christmas♪
We wish you a merry Christmas♪
We wish you a merry Christmas♪
And a happy New Year♪

Glad tidings we bring to you and your kin♪
We wish you a merry Christmas and a happy New Year♪

We want some figgy pudding♪
We want some figgy pudding♪
We want some figgy pudding♪
Please bring it right here♪

We want some figgy pudding♪
We want some figgy pudding♪
We want some figgy pudding♪
Please bring it right here♪

Glad tidings we bring to you and your kin♪
We wish you a merry Christmas and a happy New Year♪


We won't go until we get some♪
We won't go until we get some♪
We won't go until we get some♪
So bring it out here♪

We won't go until we get some♪
We won't go until we get some♪
We won't go until we get some♪
So bring it out here♪


We wish you a merry Christmas♪
We wish you a merry Christmas♪
We wish you a merry Christmas♪
And a happy New Year♪

We wish you a merry Christmas♪
We wish you a merry Christmas♪
We wish you a merry Christmas♪
And a happy New Year♪

Glad tidings we bring to you and your kin♪
We wish you a merry Christmas and a happy New Year♪


We want some figgy pudding♪
We want some figgy pudding♪
We want some figgy pudding♪
Please bring it right here♪

We want some figgy pudding♪
We want some figgy pudding♪
We want some figgy pudding♪
Please bring it right here♪

Glad tidings we bring to you and your kin♪
We wish you a merry Christmas and a happy New Year♪

We won't go until we get some♪
We won't go until we get some♪
We won't go until we get some♪
So bring it out here♪

We won't go until we get some♪
We won't go until we get some♪
We won't go until we get some♪
・・・So bring it out here♪


(訳)

★クリスマスおめでとう
 クリスマスおめでとう
 クリスマスおめでとう
 それと幸せな新年も

★繰返し

※嬉しい頼りが届いたんだ
 貴方に そして皆に
 クリスマスのお祝いだよ
 それと幸せな新年も

☆早く食べたい いちじくプディング
 早く食べたい いちじくプディング
 早く食べたい いちじくプディング
 もう待ちきれないよ

☆繰返し

※繰返し

▲此処に居るよ
 此処に居るよ
 此処に居るよ
 一緒に食べよう

▲繰返し

★繰返し(×2)

※繰返し

☆繰返し(×2)

※繰返し

▲繰返し(×2)



歌はこちらを参考にしてね♪(※音が出る)
さて…寂しいけれど、そろそろお別れの時が近付いたわ。
今回紹介した中に貴方の好きな作品は出て来たかしら?
メリーが紹介したのはたったの一握り、日本の漫画を読むとクリスマスがごく自然に、日本の暦の中に溶け込んでるのが解るわ。
盆と正月が一緒に来たら目出度い、目出度いイベントは沢山在った方が嬉しい、そういう日本人の素直な気質がクリスマス文化の促進を助けたのかもしれないわ。
クリスマス大好きなメリーには歓迎すべき事だけどv
とは言えクリスマスも良いけど正月もね♪
メリーと一緒に新年を迎えてくれて有難う!
今年のクリスマスにも、メリーきっとこのブログに帰って来るから待っていて!
ブログ主は更新サボるくらいなら、私にここを譲りなさい!
それじゃあ皆、今年のクリスマスにまた会いましょうね♪



…明けましておめでとう御座います、新年早々明け渡しを要求されてしまったブログ主のびょりです。
そういやあ自分がここの主だったなあ……時々自分で忘れるけど。(汗)

「こち亀」の完結は自分もビックリ致しました。
作品と違って作者の命は有限だから何時かは終わるといえ、週刊少年ジャンプがよくそれを許したなと。
ちなみに「こち亀」のクリスマス回で自分が好きなのは、「怒れ!寿司神様!!の巻」です。
あの馬鹿馬鹿しくも迫力の有るオチが好きだ。
しかしこの作品の最も偉大な点は、やはり40年間休み無く続いた事かと。
継続するって本当に難しい事だよ…我ながら自分が言うと説得力有る。

写真は正月に合わせて箱根山のホテルから撮影した富士山。
一富士、二鷹、三茄子、鷹と茄子の写真は無いけど、皆様が今年中、沢山の幸運に恵まれますように。
サボってばっかり居るけど、今年も宜しくお願い致します。

…ブログのタイトルは1月6日朝に直します、今回の総括もその際に行いますんで!

コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 2016年、クリスマスには歌を... | トップ | アニソンあいうえお、その8 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おめでとうございました💦 (もりぴ。)
2017-01-01 21:02:41
こんばんは、びょりさん〜もりぴです。
明けましておめでとうございます。
「こち亀」に関しては想い出があり過ぎてコメントするのが難しいです😢

あと、ミス・メリー。また、一年後にお逢い出来るのを楽しみにしております。
ハッピーニューイヤーもりぴさん♪ (ミス・メリー)
2017-01-01 23:05:55
クリスマスが来るたびメリーに会いに来てくれて有難う!
メリーにとって、もりぴさんからのコメントは、素敵なクリスマス・プレゼントよv
また今年のクリスマスに再会出来る事を願ってるわ、元気でね!
明けましておめでとう御座います、もりぴさん! (びょり)
2017-01-01 23:40:00
毎回メリーさんのスチャラカなノリに付き合ってくださって…もりぴさんの温かいコメントに何時も力付けられて居りまする。
「こち亀」が完結した事には驚いたけど、作者様の律儀な性格考えると納得してしまいます。
しかしジャンプはこの先大丈夫なのでしょうか…?

今年も(偶にしか更新しないかもしれないけど)宜しくお願い致します。
お久しぶりでございます (urouro)
2017-01-17 14:52:20
たいっっっっへんご無沙汰しております(^o^;)

久しぶりに覗いたら更新されており気づくのが遅かったです。

こち亀私も衝撃でしたよ。私も終わりる時は作者が病気などで描けなくなるときだと思っていましたから・・・
でもその後がすごいですね。怒涛の4作品連載開始(^o^;)少しは休めばいいのにと思いつつミスタークリスが再開は嬉しかったですけどね。(出来れば東京深川三代目も再開してほしかった)

それでは今年もよろしくお願いいたします。
こちらこそ大変不義理を致しまして申し訳有りません! (びょり)
2017-01-20 22:54:51
恥ずかしながら帰って参りました…何度目だ自分。(汗)
かなり本格的にブログから遠ざかってたんで、先ず入口の鍵を忘れていました。(汗)
また遠ざかってた間にgooさんがメールの仕様を変えてくれたお陰でメッセージボックスも開けられないままです。
メールでお知らせ届いてたんだからチェックすれば良かったんですがね…新PCに慣れないのを理由に放置していました。(汗)
という訳でブログのメールボックスがどういった状態か、開けて確かめるのが恐いです…。(←早く開けろや)

どの面下げて、とは思うのですが、止めるなら途中で止めてる色々をなるべく片付けてから終わろうと考え、戻って参りました。
終わりを目指して週1更新してく積もりなんで、また宜しくお願い致します。

東京深川三代目は好きな作品なんで私も続き読みたいです。
ミスタークリスも好きでした、しかし新連載開始は知ってたけど1度に4作品開始ですか!?
…作者さん本音はもっと早くにこち亀終わらせて違う作品描きたかったのかもしれませんねえ。

こちらこそ今年も宜しくお願い致します。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

クリスマス」カテゴリの最新記事