瀬戸際の暇人

もう台風は勘弁…

箱根ふくの旅3

2017年03月18日 10時01分06秒 | 旅の覚書
そろそろ桜が咲く頃だってのに、クリスマスシーズンの話を引っ張って来ましたが…箱根の旅記事も今回で終了で御座います。
前回の続きで、2日目の朝はお風呂から。


旅2日目の12/10(土)は、午前6時に起床。
昨夜は疲れて部屋付の風呂で済ませてしまったので、明くる日は早朝から温泉大浴場へ入りに行ったのです。
まだ日も昇っておらず、連れは隣でぐっすり爆睡、帰って来ても気付かずに居た。

山のホテルの温泉大浴場「つつじの湯」は無色透明の湯、アルカリ性の単純泉との事。
新しく造った施設の為、清潔で綺麗です。
バスタオル、フェイスタオル 、基礎化粧品、ブラシ、レザー、ドライヤー、全て揃っているので、身軽に行けるのが良かった。
早朝6時だってのに大浴場は割りと混雑、皆帰る前に温泉浸かろうと考えるのね。



↑朝食予定時刻の7時半頃には日が昇り、外が明るくなった。
朝焼けで山が真っ赤、天気は快晴で雲1つ見えない。

    

↑最終日はスッキリ晴れてくれたので、富士山も綺麗に観られました。
皆、朝食の前に庭園へ出て、富士山を撮影してましたよ。

    

↑朝食は1階のフランス料理レストラン、「ヴェル・ボワ」にて頂きました。
クリスマスシーズンという事で、各テーブルには然り気無く、クリスマスっぽい飾りが置いてあった。
スタンダードメニューの朝食は、先ず絞りたてのフルーツジュースから。

    

↑続いてフルーツ(林檎とブルーベリー)のコンポート、パン用のジャムやバターにオムレツ用のケチャップが運ばれて来た。

    

↑更に焼き立てパン2種、メインデッシュのプレーンオムレツには、サラダとソーセージが添えられて。
パンはクロワッサンとミルクパン。
クロワッサンは大きくパリパリで、食べるのに結構苦労したけど、バターの香りいっぱいで美味しかった。
バター付ける必要無く感じられたので、ジャムだけで頂きました。
ちなみにジャムも2種、カシスとニューサマーオレンジだったと思う。
小ぶりのミルクパンは仄かに甘くて、バターとの相性抜群でした。

オムレツは写真の通り色も形も美しい、ホテルヨーロッパのそれと1、2位を争うレベルの見事な焼き加減。
ホテルヨーロッパと同位のクオリティーの為、自分はここの事気に入ってるんだと思う。



↑ミルクティーで優雅に〆て朝食を終えました。
量も丁度良く、最高に美味しい朝御飯でした。



↑食後は5階の展望室へ上って富士山観賞。
4階まではエレベーター使い、その先は階段上って行きます。
1度来た筈なのに忘れていて、通りすがりのお客さんに行き方訊いてしまった。(恥)
展望室からだと芦ノ湖まで見渡せるけど、窓ガラス越しになるので、やはり庭園に出て観た方が綺麗だと感じた。
ここのホテルの庭園は山1つ分の広さが有る為、本気で廻ると半日かかる、散歩のし甲斐有りますよ。
ツツジとシャクナゲに包まれる春は圧巻、最近は薔薇園も出来たので初夏に訪れても良い。

10時半頃、ホテルをチェックアウト。
1泊2日の旅なんて、あっという間に終わります。
山のホテル~元箱根港海賊船乗り場前まで、宿泊者無料の送迎バスが出ていると知り、それを利用する事に致しました。
昨日の強風は翌日治まり、海賊船も朝から出航していたもよう。
元箱根港停留所に降りた際に見たら、海賊船乗り場の前に人が集まっていた。
元箱根港の前には、これまた箱根では有名な成川美術館が…今度箱根に来た時はここに来ようと心の内で予定を立てる。
て言うか、山のホテルの宿泊プランで、成川美術館への入館チケット付ってのが確か有る。
元箱根からは小田原駅行きの登山バスに乗って、箱根登山電車の駅も近い風祭停留所で下車しました。

    

    

↑風祭…ここには小田原の老舗かまぼこ店として有名な「鈴廣」が経営する、かまぼこのテーマパーク「鈴廣かまぼこの里」が在る。
以前とある観光ツアーに参加した時、休憩所に指定されていた為寄ったんだけど、想像を絶する規模のデカさに度肝を抜かれた。
道路の両側に大きな建物が並んでいて、まるで風祭という地区の主ですがな。
メインはかまぼこだけど、他にも干物に魚肉加工品に布雑貨にケーキにビールにジュースにジャムにドレッシングに和菓子…凡そ考え付く土産のジャンル全て取り揃えています。
更には食事処も数ヵ所、かまぼこ博物館に、子供が遊べる場所まで有り、観光客にとって便利で楽しいスポット、これは一大テーマパークですわ。

    

↑丁度昼時だったんで、館内のバイキングレストラン「えれんなごっそ」で、ランチを食べました。
ちなみに「えれんなごっそ」ってのは、ここらの方言で「色んな御馳走」という意味らしい。
土日祝は11:00~17:00迄(ラストオーダーは16:00)、中学生以上の大人2,200円、4歳~小学生以下の子供1,100円。
平日は11:00~14:45迄(ラストオーダーは14:00)、大人1,900円、子供950円。
全日ランチは80分制だそうです。

    

↑思ったより色んな種類の料理が並んでました。
写真の料理はサラダと、「ノルウェーサーモンのマリネ、ディル風味」と言う土日祝日ランチ限定の料理で、席に着いた時に渡された券で引き換えて頂いた物。
つまり1人につき1回限定で貰える一品という事です。
新鮮でなかなか美味しかった。

    

↑カブのスープに、タイムサービスの実演メニューという事で頂いた、「鶏肉と紫芋のミートローフ」。
実演メニューは月替わりだそう。

    

↑かまぼこ屋さんらしく、かまぼこ使った一品料理も豊富。
スイーツも豊富で、シフォンケーキに、林檎風味のフルーツポンチに、クレームブリュレに、ヨーグルトに、林檎風味のビールゼリーに、小田原産柚子のムースに、プチシューに、ロールケーキに、百年水ゼリーと種類様々。
変わった所で伊達巻にジャムやクリーム付けて食べさせるという物が有ったけど、いくら甘いとはいえスイーツとして頂くのは無理が有るなあと食べて感じた。
それなりに種類豊富で、それなりの量で、それなりに美味しく、家族客に適しているかと。
ただ満腹だと買い物する気が失せる…。
試食も盛んに行ってくれる場で、買い物好きの心を擽るマーケットだというのに、買ったのはカマボコ型のシュトーレンのみ。
やはりここは食事するより、買い物を楽しみたい場所だと思った。



↑箱根登山鉄道のターミナルの1つ、風祭駅とは目と鼻の先、車でも鉄道でも訪れるのに楽な立地です。
今なら梅も咲いていて綺麗だとか…本当に何でもやるな。(笑)

風祭からは箱根登山鉄道に乗って小田原駅で降り、小田原駅からはロマンスカーに乗って新宿へ戻りました。
箱根山のホテルで頂いた河豚のフルコース、誠に美味しゅう御座いました。
来年の冬にもまた食べに行きたいです。


【完】

来週からは祝⭐ハウステンボスお誕生日特集ですよ~。

コメント   この記事についてブログを書く
« ミスドコレクション5 | トップ | 私が愛したハウステンボス~... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

旅の覚書」カテゴリの最新記事