瀬戸際の暇人

もう台風は勘弁…

帰って来たら、

2008年06月24日 23時31分41秒 | ただいまおかえり(雑記)
交流戦優勝していた。(阪神と同率1位だが)
2戦連続好い試合だったらしい。
いや1戦目の時は丁度休みだったんで、直に観れました…で、サヨナラで負けてフテた訳だけど。(苦笑)
しかし、さながら日本シリーズの様な緊迫感でしたな~。

冷静に考えると3位同士の激突で、好い勝負になるのも頷けるんですが。(笑)

まぁでも優勝出来て良かった。
此処数年、鷹は良いニュースに殆ど恵まれなかったし…。

「交流戦ごときで、そこまで必死にならんでも」と言う人も居るかも知れんが、「暫く悲しい思いさせてたから、せめて交流戦優勝して、ファンを喜ばせたい」というチームの気持ちが、痛い程伝わって来たよ。
ファンとしても、これを切っ掛けに、少しは呪縛が解ければ良いなぁと思うのでした。
そもそも鷹の運気凋落って、プレーオフからじゃなく、ロッテに交流戦初優勝を攫われた件から始まった気がするし。

あの頃は「たかだか交流戦優勝くらい逃しても惜しくない」なんて考えてました。(笑)


脈絡無くアニメワンピの話~。

アキハバラ規制がかかったらしい。(笑)

今回の話の軸で在る、サンジが○○○で○されるシーンが、すっぱり消されてしまったのですよ。
もしも本当にあの事件のせいなら傍迷惑な!

それ以外は面白かっただけに残念無念。
前回の演出&作画がグダグダだっただけに、余計素晴しい出来に感じられました。(笑)
原作以上に凄まじい女湯連呼っぷりに、笑いが止りませんでしたって。
ナミさんを不本意ながら放るシーンも、感動的に演出されてたし。

まったくもって残念だ~。


…その他にも何か言いたい事有った気がするけど、忘れちまったんで今日はこれまで。(汗)


写真は秩父銘菓『武甲山』。
秩父のシンボルである武甲山をイメージして作った饅頭です。
自分が幼い頃目にしてた武甲山は鋭角だった為、「形全然似てないじゃん」と思ってたものですが…セメントの材料として長年削られた結果、今じゃかなり似て来てるっつう。(自然破壊だ…)

饅頭『武甲山』を売ってるのは、老舗の菓子店「清月」。(秩父市東町9-14)
ひよこ饅頭に似た様な餡で、皮にコクが有って非常に美味いです。



小ぶりな為、何個でも食べられてしまう。
残念な事に跡継ぎが居ない為、今の代で廃れてしまう可能性大ですが…。
こちらの記事に紹介されておりましたんで、御参照下さいませ。→(ttp://ameblo.jp/marpee/entry-10051704974.html)

秩父の名物は菓子と蕎麦。
土産を買うなら菓子や蕎麦を選ぶと良いっすよ。
コメント   この記事についてブログを書く
« 1年の半分 | トップ | 東京ぶらぶら節 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ただいまおかえり(雑記)」カテゴリの最新記事