テンパっちゃうスタッフより・・・

スキー場の様子や出来事を某スタッフが更新しています☆

スポーツ外傷

2006-11-28 15:24:57 | 余計なお世話
興味深い記事がありましたので紹介します。
~ある医師会の報告より
スキー外傷の発生状況はスキー場の整備やスキー用具の改良で10年前頃から減少しているそうです。年齢では20歳代が約3分の2を占めているそうです。
受傷部位は下肢の外傷が最も多く、上肢(母指靭帯損傷・切挫創含む)、頭部、顔面、躯幹の順に発生。外傷の発生は転倒・衝突によることが多く、下肢の外傷ではスキー靴の改良でヒザに負担がかかり、ひざ関節捻挫が増加しているそうです。
ひざ関節捻挫の20%に内側側靭帯損傷がみられ、重症例では十字靭帯損傷や半月板損傷を合併していることもあるとのこと。単なる捻挫と思って放置しておかないで専門医による適切な治療が必要です。
もし受傷された場合は、(もちろん救護室・パトロール等へ直行頂きたいのですが)①受傷直後に患部を安静にして冷やす ②弾性包帯等で圧迫し下肢挙上する、を覚えておいてください。
スノーボードの外傷では骨折が一番多く、上肢の外傷、頭部外傷と続くそうです。スキーに対してスノーボードは転倒して斜面と衝突する上肢の外傷が多く見られる点が大きな違いだそうです。
事故原因は無謀なスピードの出し過ぎが多く、重篤な頭部傷害の場合は死亡事故にも至っています。
スキー・スノーボード問わず、自分の【コントロール可能なスピード】を心掛けてください。
以上、余計なお世話でした。
コメント   トラックバック (1)

初雪

2006-11-25 11:23:40 | ゲレンデ情報
いよいよゲレンデに人工雪を降らせる時期となりました
と言っても暖かい日が続いていますね。
西日本で営業開始したスキー場さんは大丈夫でしょうか。心配です。
これから3週間かけてチェリーコースとファミリーパークを造成します。
あと3週間したら皆さんにお逢いできますね
コメント

今年も余計なお世話です

2006-11-18 14:34:05 | 余計なお世話
昨シーズンはこのブログにてジュニアスキーヤーのための勝手なアドバイスを掲載しました。
今シーズンは[健康]をテーマにしたいと思います。
まず、皆さんは日頃スポーツをしていますか?
私自身、十分な運動を日頃やれているかと聞かれると答えはNOです
「仕事が忙しくて休みの日にはゆっくりと休養したい」と考えている人は割りと多いんではないでしょうか

成人病も気になる食生活や生活環境の中、適度な運動はやらなければいけないことだと私自身も痛感しておりますが・・・・
なぜここでこのテーマかというと、スポーツの中でスキーが重要な項目が多く含まれるからです。
スポーツは身体に良いものではありますが、身体を壊すことも珍しくないですよね。これはもちろんスキーにも言えることですが、自分の安全速度を認識し能力の限界を超えなければスキーは絶対に身体に良いと考えます。

スポーツは身体の中心から考えて非対称に使うものが多いんです。考えればお分かり頂けると思いますが、利き手を使うスポーツが多いですよね。
ゴルフのスイングでもよく言われますが、右で振ったら同じ数だけ左も振れと・・
そうです、身体が「ゆがむ」んです。

左右対称の運動をすることは大変重要だからスキーなんです。
左右の筋力を均等に使い、バランスさせる動作はスポーツの中でも非常に少ないですよね。(水泳くらいかな?)
また、年齢を重ねるごとに衰えるのは脚力です。この点でもスキーは有効的ですよね。
準備運動を十分行うことも絶対に忘れないで下さい。
余計なお世話でした
コメント

第1リフトより

2006-11-16 19:12:48 | ゲレンデ情報
更新が遅れました
リフト点検・整備中です。
山はすっかり紅葉し、空気も澄んできました。
いよいよこれからリフトの準備です。
画像では分かりづらいかもしれませんが、左下に見える部分で<動く歩道>の工事を行っています。
11月も中旬となり中国地方でもスキーシーズンが始まります。
雪山を待ちかねている皆さんは週末に予定されてる方もおられるでしょうね。
琴引も営業開始まであと1ヶ月
シーズン券申込の方、今月中がお安くなりますのでまだの方はお急ぎください
コメント

さぶっ!

2006-11-07 18:59:30 | ゲレンデ情報
一気に12月の気温になった今日の日本列島。
琴引の最高気温は+8℃でした
あられが降ったので画像に収めようとしましたが無理でした。
さすが立冬さすがです。
コメント