ことばの宝箱

素敵な言葉を集めたら、毎日がキラキラ輝き出して・・・
私の小さな宝箱

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今年も背が伸びました

2007年04月28日 22時24分29秒 | Weblog
春の暖かな陽気に誘われて、 つくしんぼが顔を出しました。 見上げた空には飛行機雲。 つくしんぼは、去年より少し背が伸びました。 「まだまだ届かない。」 見上げた空には飛行機雲。 つくしんぼは、春が大好きです。 たんぽぽと一緒に春風に吹かれてみたり、 桜の花びらの帽子でおしゃれをしてみたり、 毎日笑って過ごします。 見上げた空には飛行機雲。 つくしんぼは、春が大好きです。 小川のアメンボとおし . . . 本文を読む
コメント (4)

愛の花

2007年04月19日 20時38分48秒 | Weblog
「ガラスの国」の王子と「土の国」の姫は、 ずっと前から結婚することが決められていました。 ガラスの国の王子は、透き通るような瞳と澄んだ心を持っていました。 土の国の姫は、花が大好きな心優しい女性でした。 結婚式の2ヶ月前。 土の国の姫は、初めてガラスの国を訪れました。 光がガラスに反射して、国中が輝いて見えました。 ただ残念なことに、ガラスの国には花が1つもありません。 土が無いので、花が育たな . . . 本文を読む
コメント (2)

天使の歌声

2007年04月12日 21時07分47秒 | Weblog
その日、天使と出会った私たちは涙が溢れていた。 今まで感じたことの無い不思議な涙だった。 天使が初めて笑った日。 笑い声が可愛くて、くすぐったくて、 いつまでも、その声を聴いていたいと思った。 天使と暮らし始めて、一年半が経った。 天使はとてもひょうきんだ。 いつもおちゃらけていて、笑うことが大好きだし、 私たちを笑わせては、喜んでいる。 天使は歌うことも大好きだ。 言葉をメロディにのせる . . . 本文を読む
コメント (4)

さくら

2007年04月05日 21時09分29秒 | Weblog
「100年。すごいなあ。」 風は、桜の枝を揺らしながら言った。 「忘れてしまったことも、たくさんあるわ。」 桜は空を見上げた。 「100年。いろんなことがあったんだろうなあ。」 風は、桜の根っこ近くを通っていた。 「一度、切られそうになったことがあったわね。  あの時、あなたが激しく吹いてくれた。  『この木は呪われている!』なんて言われて。」 桜は思い出して、うふふと笑った。 「あの時は、あり . . . 本文を読む
コメント (2)