紅と福の週便り

紅太郎は虹の橋へ旅立ってもブログの中ではずっっっと一緒です。弟福太郎の成長を優しく見守ってくれることでしょう。

あれから一年

2014-02-03 07:39:16 | 紅太郎の日常
                                     








  紅太郎が旅立ってからちょうど一年になります 昨日は日曜日だったので紅福父と一緒に紅の眠る慰霊碑にお参りに行ってまいりました。 紅の遊んだ庭の水仙をお供えしました。やっぱり泣いてしまいましたが、胸を塞ぐような重苦しい悲しみではなく、感謝の気持で心が満たされました 




「紅・・ありがとう たくさんの想い出とたくさんの喜びを本当に本当にありがとう 大好きよ これからもずっっっっっっっっっっとね 」


「はあいれす



「色々あるけろ、リラックスリラックスらよ~~



「はあい おかしゃん、がんばるね。 ありがと~~





 おまけ    

こちらは紅太郎が遣わせてくれた(と信じています)福太郎くん マイペースで暮らしています。(超マイペースだ!!


く~



ほへ



すーすー



ぐふぐふ 


 やんちゃでほとほと手を焼いてしまうこともありますが 紅がやんちゃ君を遣わせてくれたことにもきっと意味があるのでしょう



 おまけ

 いつかの晩ご飯 

その一  ・・・市販のエビチリソースを使って牡蠣チリにしてみました。あいます!(青梗菜は紅福菜園から)



その二・・・簡単サーモン&ホタテ&ジャガ芋&紅福菜園ブロッコリーのグラタン   同じく紅福菜園水菜のサラダ・・カリカリベーコン載せ(ベーコンはがくはは(姉)の手作り
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« おニューベッド | トップ | ふわふわっふくたろうパート1 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (陽だまり堂)
2014-02-03 10:32:29
紅君が旅立って一年、もう一年、まだ一年と言うような複雑な一年だったのではないですすか?
いつまでも愛おしい存在ですね
お供えしたお庭の水仙に、紅君はクンクン。スンスンしていたでしょうね
紅君が会わせてくれた福君の事、紅福母さん、父さんの事も見守ってくれていますね。
私達もずっっっっっ~っと、忘れない、大好きよ
Unknown (yumi-gino)
2014-02-03 10:42:17
紅たんの旅立ちから、もう1年なんですね。

可憐で凛とした水仙が、紅たんと重なって
見えます。 本当に大きな存在でしたね。

福ちゃんと出会えたことも、いろんな縁が
紡いだ結果ですね。
紅たんの大切な思い出とともに、福ちゃんの
思い出も沢山増えていくことでしょう。

1年でしたね (紅緒まま)
2014-02-04 08:43:16
紅たん、1年が過ぎたんですね。
いつまでも永遠に私たちの心の中の紅たん、ベイビーです。そして紅たんの弟、超やんちゃな福たん
もじょもじょ兄弟です。ふたりをなでなで
一年 (みいはあ)
2014-02-04 13:37:03
一年も経ってしまいましたか。紅福母さんにとっては、まだ一年の思いもあるのかもしれません。

紅ちゃんを思い出して涙涙だったけれど、悲しみの涙じゃなく感謝の涙だったってこと、1年過ぎたからこそ、そういうふうに思えるようになったのかもしれないですね。それ以上に福ちゃんを与えてくれたっていう思いもあるのかな。

これからも紅福母さんはずっと二人の母さんでいて下さいね。
Unknown (お母飯)
2014-02-04 15:50:39
もう一年経ちますか。
まだとてもさみしいけれど、
紅福父母さんが笑顔で過ごしてくれている事に私もきっと紅ちゃんもほっとしてるはず…
私もいつまでも紅ちゃん大好きです!
Unknown (紅福母)
2014-02-04 23:34:28
陽だまり堂さん
本当に仰るとおりです昨年は色々なことがあったのでずっと遠いことのようにも・・梅の花を見てはつい昨日のことのようにも思えますちょっとでも糸口があるとそこからたくさんの想い出がこぼれて来て涙涙 こればかりは仕方がないですよね愛おしくって愛おしくて 紅のことを想って下さり本当にありがとうございます


yumi-ginoさん
可憐で凛として・・そんな風に紅のこと表現して下さってありがとうございます 親バカですが 紅太郎にはほんと凛としたところ・・そして女の子のような可憐さがありました いつまでたっても、いえ、ますます愛おしいです  紅を可愛がったように、福もまた大切に育てて行こうと思います。
やんちゃで手を焼くのも親孝行かな?


紅緒まま
紅太郎のことそんな風に言ってもらえてとっても有り難いです 永遠にベイビーですね
なでなでしっかり届けますね


みいはあさん
「二人の母さんでいて下さいね」に思わず涙です はい どんなに時が経っても紅太郎は大切な私たちの息子です そして弟の福太郎も大事に大事に育てますね

旅立ってすぐは本当に体の一部をもぎ取られたようで辛くてたまりませんでしたが、福に振り回されるおかげで(?)痛みはだいぶ薄れて、いつも傍で見守ってくれているような気がしています


お母飯さん
大好きって言って下さってありがとうございます 私も(いつまでも親バカ)
本当に・・・やっぱり寂しいけれど、悲しむと紅も悲しいですものね。福太郎に笑い、福太郎に手を焼くことでずいぶん癒されています 福太郎を大切に育てていくことを紅太郎も望んでいますよね

コメントを投稿

紅太郎の日常」カテゴリの最新記事