紅と福の週便り

紅太郎は虹の橋へ旅立ってもブログの中ではずっっっと一緒です。弟福太郎の成長を優しく見守ってくれることでしょう。

プーく~ん

2007-12-29 21:06:27 | 紅太郎の日常
                       




今日の一枚はこれでーす。

こんな時期に何ですが、紅母はまだ巷で噂のララライ芸人さん(藤崎マーケットさん?)の芸をちゃんと見たことがありません。(お正月になったら見るんだ!)でも、kahoちゃんから教えてもらってYou tubeで少し見られましたよ。ほんの少しなのに確かにあのリズムはインパクトありました。 今日はララライ芸にはまった天然プーさんと大怪獣紅タロウルスに押し倒されようとして助けを求めているティガーという設定です。 年末の忙しい時に何を馬鹿なことをって怒らないで下さいね。





ティガー「プ、プ、プーくう~ん、たしけて~~~~~!」


プー 「らららら~らいお花だ、らい右からはい、左からはい、はい、はい、はいっ  」


ティガー 「プーくう~~~~~~~~~ん



( 実はこの後、紅タロウルスは反動で返ってきたティガーにびびります。 )(一升瓶とかでもよくつんつんしてびびります。




 ずっと見たいと思っていた映画「マリと子犬の物語」を今日やっと見て参りました(大掃除は極小掃除になりそうです) ご存じの方も多いと思いますが実話(2004年に起きた新潟県中越地震の際の)に基づいた感動の物語です。マリ役のわんちゃんや可愛い子犬たち、子役の演技ももちろん心動かされましたが、一番心を動かされたのは、本編が終わって他の観客達が席を立ち始めた頃、クレジットに映し出された山古志村の美しい風景と本物のマリちゃん親子の写真でした。「この美しい風景が一瞬にしてずたずたにされたのだ。被災された方々は今どうなさっているのだろう」心が痛くなって帰ってすぐネットで現状のわかるサイトを探しました。最新ブログ「あしたの山古志」 によると、地震の被害は3年経ってもまだ爪痕深く復興は始まったばかりです。マスコミの報道が少なくなると関心の薄れてしまう自分を恥ずかしく思うと同時に、災害に遭われた方々へ心からお見舞いを申し上げたいと思います。そして復興に向けて力強く明るく頑張っていらっしゃる村民の方々や他の地区の方々、そしてボランティアの方々に心からエールを送らずにいられません。 (主人公のマリちゃんは近々帰村の予定だそうです。)
コメント (9)   この記事についてブログを書く
« にん! | トップ | ありがとうごじゃました。 »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ラララ・ライ (チョビまま)
2007-12-29 21:24:15
お庭に可愛いお友達がいるんですね。
ティガーにビビル紅くん、見たいなぁ。

私も美しい山古志の風景に感動しました。
本当のマリちゃんの姿を見られて、嬉しかったです。
でも紅母さんのように、すぐに山古志の事を調べたりはしませんでした。
頭が下がる思いです。
毎日漫然と過ごしている私に、いろいろな刺激を与えてくれてありがとうどざいます。
紅ちゃん・・・キュート (すず・りんのお母ちゃん)
2007-12-29 21:58:09
今日のお写真もその前のお写真もきゅーんです。
紅ちゃんは癒し犬だね。

あっ、ママー行って来たのね。映画。
今晩(夜中)にお母ちゃんの実家の山形に帰るんだけど
関越を通るんだよね。
地震直後は道路もガタガタでー地震の怖さを知りましたよ。
お母ちゃんの田舎は隣県だからー身近に感じちゃって
お手伝いは行けなかったけど
物品やお金で・・・情けないけどほんのお手伝いしました。
まだまだ・・・が現実なんだよね。
でもー本当、映画は良かった。
もちろんワンコの話でもあるけど
自然災害の恐怖を知る事も出来たもんね。

最後に来年も宜しくお願いしまーす。
うつけ者 (Marty紅緒)
2007-12-29 23:40:28
「美女と野獣」でお城のカップとかキャンドルとかが動き出したり、おもちゃの兵隊さんが動き出したりするのを思い出しました。(なんか記憶がはっきりしませんが・・)映画見たんですね。良いなあ。「マリ」って紅母さんも私も知ってるある方の本名ですよ。誰かは・・お話した事あったような気も。もしなかったら今度・・南州西郷顕彰館は年末で休館でした。新年にもう一度行きます。でも西郷隆盛のお墓とか見て来たので・・やっぱりうつけ者です。調べてから行くべきでした。
Unknown (紅太郎母)
2007-12-30 00:09:52
チョビままさん

そんなことないですー私の方が恥ずかしくて・・。遠く離れたところの出来事だと尚更日々忘れがちで・・でも本当にあの棚田や雪景色や土地の伝統行事の様子とか綺麗でしたね。それにマリちゃんの勇敢さ。帰り道、夫と「紅はぼっちゃまだもんな~。びびるだろうね~」(笑)って。でもチョビままさんが以前おっしゃっていたように、私たちが紅のこと守ってあげたいって強く思いました。 びびると言えば、ティガーと一升瓶 動画に収めたいです~。


すずちゃん・りんちゃんのお母さん

すず・りんちゃんのお母さんは山形でしたね~。隣県でしかもガタガタ道を通られたのなら地震の恐ろしさを肌身で感じてらしたのですね。私もその時は寄付をした覚えがあるのですがその後復興がどうなっているのか今回の映画を見るまで(お恥ずかしながら)意識していませんでした。動物愛や家族愛、自然災害の恐怖・・いろいろなことを教えてくれる映画でしたね。 こちらこそ来年もよろしくお願い致します。夜中出発・・もうすぐでしょうか。本当にお気をつけてお帰り下さいね~~。
Unknown (月夜)
2007-12-30 00:14:08
びびっている紅くん、見た~い!!
ぜひぜひ写真に納めて下さい!

「マリ~」の映画、私も見たかったんです。なかなかチャンスがないですが…。テレビでやっていたメイキングシーンだけで、号泣してしまいました。自然は美しいけれど、時にその力は恐ろしいですよね。その中で、人間を守り、子犬を守り抜いたマリは本当に凄いと思います…
ラララ・ライ (kaho)
2007-12-30 10:44:35
紅タロウルスは反動で返ってきたティガー君にびびるのねー。想像できるぅ~。おかしー
藤崎マーケットのあのリズム感、耳に残るよね。年末から年始に向けてのバラエティ番組に登場するはずだから、しかと見てね
私もまだ・・ (ぶーちゃん)
2007-12-30 18:43:25
このブログで話題?のラララの芸人さん、まだしかと見たことないんです
kahoさん情報によると年末年始で見れるかもなのですね
反動で戻っきたティガーにびびるこうたん想像できますおかしい~
Unknown (紅太郎母)
2007-12-30 20:39:04
月夜さん

あはは、私も収めて、見て頂きた~い。でも一瞬なのでむるかしいのれす。でも来年の目標にしますね。 マリちゃんは本当に偉かったし強かったある時期の子犬ちゃんたちは紅太郎の子供の時に似ている時があってきゅんとしましたよ。

kahoちゃん

あはは。紅太郎なら簡単に想像できるでしょ。そこがまた可笑しい ララライさん、絶対見るぞ~~~~~~!!

ぶーちゃんまま

ま、ぶーちゃんままもまだだったのですね。それでは是非一緒に頑張って見つけましょう。 びびりの紅太郎・・ありそうでしょ。怖がりなくせに好奇心あるのだからもう・・・自分ににてるところが可笑しいです。
Unknown (紅太郎母)
2007-12-30 20:43:55
紅緒まま

紅緒まま、ごめんなさい。夕べもう寝てしまったのでした。
マリさん・・・えっと、伺ったような・・でも記憶がはっきりしません。ごめんね~。また教えてくらさい。
がががん! 休館だったのですかそれは残念。 年始はちゃああんと調べた? せっかく行ったのにね。また来てねって西郷さんが気に入ってくれたのかも 今度こそ楽しんで来て下さいね。

コメントを投稿

紅太郎の日常」カテゴリの最新記事