薔薇騎 麻衣  一人語り集

一人語りで川柳やつぶやきで日常の事を書きます。
今はカメレオンになりたい。
時代に乗って変わりたい。

「誰がやる 親父一人が 遊ぶ場を」・「策を練る いい知恵浮かぶ 無理みたい」知恵川柳

2018年10月10日 08時21分23秒 | 立身出世




策を練っても

ない頭では 所詮いい考えは。。。。

遊んだほうがいいみたいだが。

酒ばっかし飲んでても体に悪いし。



「策を練る いい知恵浮かぶ 無理みたい」

       
        薔薇騎 麻衣 著



中高年から初老では親父は遊ぶ所が少ない。

どうしても家に閉じこもる。

これでは 発想の転換には程遠いな。

もっと自己改革・変換しないと

なかなか変われないんだ。


「誰がやる 親父一人が 遊ぶ場を」



       薔薇騎 麻衣 著




そうだ。  いい考えが アイデアが。

もっと親父の遊ぶ場所を創ったらいいんだ。

パチンコ・競馬・居酒屋 等ではなく。

アルコール飲むだけでなく。

もっと知性的に遊ぶ場所。

これが少ないんだ ジャズを聴き 美味しいブラックコーヒーを

そして 皆かっこよくファッションを楽しむ。

女性もおしゃれして偶然の出会いを。。。

そうゆう場が欲しいんだよね。

誰でも気軽に集まれる場が。。。

60年代の フォークでもロックでも

もう嫌な事より いい思い出が勝てる場が欲しい。

喫茶店では もっとくつろげる場が欲しい。。。

 【 水溢れ 小さな器 駄目だこりゃ 】器川柳  出る釘は打たれる。。。

2018年09月28日 10時41分29秒 | 立身出世



小さな人間ほど 怒涛組み 大きな人間を攻める。。。

【 出る釘は打たれる。】

     才能・ 手腕があってぬきんでている人は、とかく人から憎まれる。
     
     やりすぎると人 から非難され、制裁を受ける。やきもちを焼かれる。
   

この世は 妖怪からお化け。複雑怪奇なゾンビがはびこる世界だな。


素晴らしいもんを 持ってるもんが 伸びらんなくて。
右に倣えが 順番を待つ。 イヤな世界だ。。。

仕事の実力より ゴマすりの能力が 発達してる様だ。。。
なんだが 天地がひっくり返ってるね。。。


只 自由な国は まだいいね。。。
なんでも しゃべれるし行動できる。。
今は マスコミからインターネットの世界が世界中に あっという間に。。。

やるときゃ ドンドンやったほうが いいんかもね。。。。
片方の世界しかわからないんでは おかしいもんね。。。

差し違える覚悟が 必要かも
傍目は騒いでるが 本人の心は 相当のもんが。。。。。。。

只 協会も 大きな器を持たないと
清濁併せのむ たとえが悪いが 与党も野党も 全部飲み込まないと。。。

そのほうが 発展するし得策だろう。 あいつは嫌いだから仲間はずれにするなんて

子供の世界だね。力のある人間は引き入れて ドンドン登用しないと。。。

実力のある器の大きい トップがいなくなった。。。。残念。

国の宝を失くしていいんですか。。。

/face2_lose_m/}strong>

 <飽食の時代。ハングリーは難しいのか。。。。>

2018年09月28日 10時13分38秒 | 立身出世
人間 不自由してるほうが
いいアイデアが浮かぶのかも。

不自由をいかに解消するか。
その為に こんな商品が
あんなサービスがあればと。。。。

より考え創り企画する。
そして 戦後70年もたてば
よい時代になったのだ。

新製品の発想も浮かばない。
誰かが考えたものしかなくて


物みなあり過ぎて
発想が貧困になったのかも

ハングリー精神も
もうどこかに忘れられたし
死語になってしまった。

時代が変わった言えば
そうだが ハングリー精神は

持ち続けたいが。。。。

腹が空いてる時のほうが
昔は いい営業ができたような

腹いっぱいになると居眠りが
でてしまう。。。。

特に勝負の世界は極端にでますね。
勝つ・負けるがハッキリしてると。

やはり 根本は ハングリー精神は 必要かも。。。



===< 継続は力なり。。。。>===

2018年09月22日 12時27分39秒 | 立身出世
    


人生 継続は力なり。。。。

まさに 続けられることは立派です。。。
一つの事を 何年・何十年と できる人は素晴らしいです。
普通人には 見えないこと できないことが 超越してできる。。。
職人さんの 永年の感というか技術というか能力というか
手で触るだけでわかってしまう。。。素晴らしいです。凄いです。。。


毎日毎日 同じことをしてるが その中に 見えないものが見えてしまう。。。
ある面 不器用な人のほうが 後で成功者になるようですね。

や利続ければ 何かに開眼し 素晴らしく立派な成功者になる。。。
成功者・経営者と社長とおだてられず 地味に コツコツやっている。。。

これこそ 経営の基盤・地盤を支える土台なんですね。
土台がなければ弱ければ スグ崩れてしまう。

仕事・ビジネス 等の世界で 目立たぬ人の中に ホンモンの世界があるのかも。。。。

何かを 継続できる人は 素晴らしい力を実力を能力を 持ってます。

日本の伝統の職人さんが 消えたり少なくなったりしまうのは さみしい限りです。

【 自分の仕事を好きになろう。。。好きこそものの上手なり。】

2018年01月10日 08時34分52秒 | 立身出世






    スティーブ・ジョブズ   「アップル社の共同設立者の一人。」

私がこれまでくじけずにやってこれたのは
ただひとつ 「自分がやっている仕事が好きだ。」という
ただそれだけなのです。


好きこそものの上手なり

人は好きなものに対しては熱心に努力するので
腕も上がり実力もつき 他とは自然に差がつく。


  まず 2018年は もっと自分の仕事を好きになろう。

 【空目指す 皇帝ダリア 我が勇士】 ダリア川柳

2017年12月09日 08時49分43秒 | 立身出世
   皇帝ダリアが 素晴らしく立派に咲いている。。。



         空目指す 皇帝ダリア 我が勇士


                  薔薇騎 麻衣 著














     斜めも いいでしょう。 回転できないんです。

 

 <大器晩成。> 

2017年12月05日 10時44分55秒 | 立身出世





大きい器(人物)は 晩年(年をとって)花開くような意味かも。


大きな器は完成するまでに時間がかかることから。
真に偉大な人物も大成するのが遅いということ。

大人物は遅れて頭角を現すということ。時間がかかる。
才能がありながら不遇である人に対する慰めの言葉としても用いる場合もある。

いい意味に勝手にとれば 若いうちは才能あっても
人生経験少ないため 失敗しやすいが
歳を重ねれば 痛い思いも知り 慎重になり
間違いは少なくなる。
それが ある面 大器晩成なのかも。。。




若い時に よく言われたな 

「おまえは 大器晩成だ!」と

あれから 半世紀たち どうなんだろう。
何か成功したか名を残したか。。。。。
何もないだろう。。。

そんな意味にとるな。

人生 地道にコツコツ歩めれば
人様に あまり迷惑かけず。
目立たなくていい。
人生の 真の達人は アチコチに
いたるところにいる。
泥に汗に塗れた顔に 光るものがある人。

これこそ人生達人 人生大器人だと思うな~~~~。
人と 比べんな 自分は自分。

人は人 それぞれ天から 与えられた
生きざまのプログラムなのかも。。。。

<『高杉 晋作さん』名言が素晴らしい。。>

2017年11月27日 14時21分25秒 | 立身出世



『朝に人としての道を悟ることができれば、

  その晩に死んでも悔いはない』

    という事こそが人の道である。

      人としての努力をすることもなく

        ただ死に向かうのは人の道ではない。


 
           作  高杉 晋作 先生 




   もう素晴らしすぎて プラスエネルギーをビンビンに与えてくれる。
   色々格言は好きだが 高杉さんの言葉には 悟りがあり何かが超越してる。
   人生の指針を与えてくれる。素晴らしい。 


【 何かに飢えてるほうがいい仕事ができるかも。】

2017年11月07日 06時59分38秒 | 立身出世
難しい事は書かないですが。

腹が減ったほうが健康にも好いし
ビジネスでもハングリーになれる。

人間 所詮何かに飢えてるほうが
一生懸命になれるような。

満足してしまうと脳の働きがとまるのか眠くなる。
脳の活性化からカラダの活性化にも

そして心の飢餓状態が よい方向でいい仕事ができれば。
逆に出て 犯罪に走るようだと困りますが。

適度な 飢えの心を ビジネスにいい意味の刺激を。
いい仕事をし稼ぎ いい家が高級車が手に入る。

なれると頑張る心に体にチャンスはおとづれるような。
そして挑戦できる環境に不自由ながら満足出来れば。。。

いかに好機をチャンスを たくさん創るか創れるかで。
その人の生きざまは良くも悪くもなるような。

失敗は 当たり前なので 何度も挑戦できる
気力・体力・継続力 そして挫けない心が。

成功に成就に飢えてる 挑戦者が
その山を登り続けられれば。

頂上を目指すが 心はいつも5合目位が調度いいのかも。」
飢えを満たす いい意味の健全な心に仕事に。

青年の志 幾つになって持ちたい。
ジジイと言われても 生きた人生ノウハウが

何時かいつかはと思いながら。燃え続け。
挑戦する心がもてるのは幸せな事かも。。。。



< 仕事ができすぎると嫌われる。そんな 馬鹿な。。。>

2017年10月17日 18時55分47秒 | 立身出世
職場の人間関係の中で 悩むこと多いですね。。。

仕事が出来過ぎ能力があると。。。

上司は無能で仕事できないので 下の部下は馬鹿を装う。

これは生きる知恵で賢いのかもしれない。

あまり直の上司より仕事ができても手柄は直の上司に取られる。

仕事の評価は上司があがっても 自分は霞んでしまう。

いいプランを提案しても採用されても正当に評価されればいいが。

課長・部長・常務・専務・社長 上になればなるほど

部下の能力を的確に見抜かないと

会社の組織の損失になる。何のためにエネルギーを使うのか。

負の遺産にエネルギーを使い過ぎても

人間関係から派閥から 複雑怪奇な世界が。

馬鹿になるのもなれるのも 優秀な社員だからこそ。

賢そうに見せたら 切れる鋭さなど見せたら警戒される。

馬鹿を装って 可愛がられるほうが いいのだろうか。。。

エリートで挫折するよりは 雑草のほうが気が楽かもね。。。

難しい問題過ぎて その場 その場のケースがあるので

間違いは許されないが 利口馬鹿になるのが。

失望感を少なくできるかも だから上司は 器が大きくないと。

下の部下は疲れてしまう。爪を隠してしまうようだと。。。。







 『あけぬ朝 いつまでまてば 陽は昇る。』 灯川柳

2017年08月04日 06時14分13秒 | 立身出世
夜明けは近い。

午前 4時30分。。。

今日は天気は今のところ 曇りのようだ。

明るい陽が昇らないと 暗いままに心も濁る。

嵐は去ったのか。 強風とともに風向きは変わった。

もう 待てない 自分の時代が創れぬまま

自分が終わってしまう。

そんなに時はないんだ。好機も逃せば。

でるタイミングを見過ぎても。。。


       「あけぬ朝 いつまでまてば 陽は昇る」


           薔薇騎 麻衣  著


まってても 自分からチャンスは創らないと

棚ボタはない。

よくなる。よくなる。 いつなるのか。

もう何年待ったのか。

いつの間にか 老いぼれポンコツ なる前に。

生かす時期 生きる時期 

後ろからの風が吹く時に乗らないと。










『太陽を目指す。』

2017年07月23日 06時25分16秒 | 立身出世




   どこへ 向かう。

   陽の照る方向に 向かう。

   太陽が 降りそそぐ 明るい世界へ。

 <結果はどうあれ自分を磨く。>営業道場へようこそ。。。

2017年07月12日 16時11分58秒 | 立身出世
断っときますが 自分も立派な事は一言も言えませんが
未完成人間で駄目人間ですが 
永年 営業50年やってきますと。
不器用ながら何かが見えて来たような。。。。


やった男はわかるかもしれないが
自分で企画し開発し開拓し
一つの物を軌道に乗せるのは
超 超 難しい事かもしれぬが
その過程には どれだけの失敗が
あるかもしれぬ。
だが好きになれれば失敗しても
何度も挑戦できる。
だが会社ではそんなの許されない。
失敗があってはいけないんだ。

営業の仕事は創造ビジネスなので
ゴールというのは見えない。
また達成すると またゴールは遠くなる。
そして結果はすぐ出る場合とでない場合が。
水も食料もやらないと育たない。
目も出ない。

営業力がある人は自分で創業したほうが
面白いかもしれない。
これだけ混迷の難しい時こそ
新しい発想で挑戦できれば。

営業力は なんといっても人脈を
いかに いい人脈をたくさんもってるかで
勝敗は自ずと決まるだろう。

毎日 名刺交換ができ知らない人と知り合える。
こんな面白い・楽しい・チャンスがある仕事はない。
自分も売り込めるしチャンスもあるんだから。

人の目は厳しいが競争も激しいが
それを超えられるものをもたないと
創業は・企業は 絶対やめたほうが。

そして自分一人でも喰ってやっていける
能力・実力がないと挑戦者は当然だし
少し変わったオーラがないと
自分で体得した。苦しみ・もがき・悩み 等

それを超えられないと 到達地点は見えない。
チャンスはくるから それに備えて力(ちから)を
たくわえその時に爆発できないと。

一言ではいえないですが
泥んこになり体でぶつかる営業しないと。
痛い目にも合わないと 道は究められない。

生々しく激しく生きてるは営業は
何が残るかは。。。
不器用でいいのかも
センスがないのは とらえ方では魅力があるかもしれない。

営業には定説がないです。教科書もないです。
自分で体得するしか。。。。。



<一歩後退 二歩前進。>後退は怖いものではない。。。

2017年03月04日 10時27分15秒 | 立身出世
只 頑張るだけでは頑張った分よい結果がでないと。
前進したように見えても疲れた脳では心ではいいアイデアは浮かばない。
時には一歩下がって、状況を冷静にみて アイデアを練り直す。

そして二歩前進するための戦略を練り いい思い付きアイデアアを掴まないと。
一歩下がることで二歩前進のエネルギー充電から見方を変え角度を変え
時代に合った見識を冷静に見つつ高める。

要するに 前に進むためには よい充電が必要でリフレッシュして
遊ばないと 趣味なり 自分が仕事以外に集中するものを持たないと。

二歩前進するエネルギー・アイデアが充電できない。
後ろから 焦らず見てみよう。
後ろからは 前が 全部見えるんだ。
前は 前に何もないと 振り返らないと何も見えない。

何か ヒントが浮かんだ 後ろの席が好きな人おおい。
前に座るの 疲れる。後ろから見られる緊張感で余裕がもてない。

1番より 2番がいいのか。。。

実力を蓄えるのは 後退した時なのかも。。。
















 < やる気が出ない時。>

2017年02月23日 10時53分11秒 | 立身出世




冬の冷たい雨の朝。。。

会社に急ぐ やる気が出ない日だ。。。。

何か 燃えてくるものがこころにおきない。。。。

2月の この時期 冬眠してしまっては。

ここで 踏ん張れるか どうか。

だが 己も やる気がおきない。。。

違った角度を 見てみよう。。。

この標識のように 「楽しく やれば 何でも 楽しい」

モチベーションを 仕事は楽しいに切り替えられるか。

何か 楽しいことを 考えよう。。。。