たび・旅・ふたり旅―岬便り

旅したいろいろな記録や日常のあれこれを綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ササユリを訪ねて

2016年06月15日 | 花旅

「ササユリが咲いとるってよ」と母が言う。

これは見に行きたいってことかな!?

「じゃ今度行こうか」と言うとまんざらでもない様子。ということで、今回は日高川町にある【みやまの里 森林公園】に行ってきました。

R29を上って行くと【奇絶峡】。秋津川と峡谷が楽しめます。秋はまた綺麗なんだろうなぁ。ちなみに「奇絶」とは「きわめて珍しいこと」なんだそう。気絶するほどすごいのかと思ってしまいました (;^_^A

山あいの道をトコトコと行くので食べられるお店が中々見えてきません。やっと見つけて遅めのランチです。

道の駅 龍游(りゅうゆう)にて。

みやまの里 森林公園到着。

まだたくさん咲いていました。

 

ほんのり薄いピンク色は本当に綺麗です。

地元の人が大事に育てているのでしょう。

母も歩行器に座って。

ちなみにこの歩行器は、今年春から母が家の中や外出先でも使っているもの。こうして椅子替わりにもなり、介添えする側も負担が少なくやりやすいので中々便利です。

ホタルブクロも咲いていました。

家からここまで車で片道2時間少し。

往復で休憩や立ち寄り時間も入れると5~6時間。結構山の中の曲がりくねった道を通ったのでさすがに母も疲れたようでした。

次回はもう少し近いところが良いかな~などと考えつつ

コメント

雨の中お花見

2016年04月01日 | まち歩き・お散歩

妹が五島から娘を連れて帰省してきたので

母も一緒に花見に行ってきました。

まずは、地元桜の名所『一枚岩』へ。

桜はまだ、七、八分咲きといったところ。

さらに、もっと山あいに進む。

古座川町 佐田 七川ダム湖畔です。

ここは日本さくら名所100選にも選ばれています。

誰もいなくて静か。これもまたいいかな ♪

さらに車一台がやっと通れるような

細い山あいの道を進む。

(こんな時は軽自動車で良かった♪ とホント思います(笑))

耳の地蔵さんがあって向かいの階段を上ると小さな祠。

まだ時間が十分あったので車の中でお弁当を食べた後、

白浜の『とれとれ市場』へ。

平日の雨の中、お客さんの多いこと!

特に、どこでもそうですが、中国人観光客が目立ちました。

 

この地に越してきて4年目。

地元のもっといいところを探して

案内できるようになりたいなと思っています。

コメント (2)

桜が咲いた♪

2016年03月21日 | 日常のひとこま



岬では山桜がもう散り始めているけれど 染井吉野などはこれから。

岬へ向かう坂の途中の展望台に植えられた桜はこれからです。

蕾も膨らんで咲き始めてる木も。








月末には妹が五島からやってくるので 花見に行くのを楽しみにしています。

コメント (2)

紀伊上臈杜鵑(キイジョウロウホトトギス)に会いに

2015年10月09日 | まち歩き・お散歩
この時期になると開花を知らせるニュースが出る
それがこのキイジョウロウホトトギス。
絶滅危惧種になっているこの花を地元の人たちが大事に育てていました。

「きれいに咲いとったよ」
ニュースの話題で母がこうポツンと言う。

「見に行ってみようか?」と私が問いかけると
まんざらでもない表情をするので
思い立って行くことに。

途中から車一台がやっと通れるような道を通り、
山あいの里すさみ町佐本にやってきました。




足の悪い母のために車を近くまで入れることを快く承諾していただき
椅子まで出してくれて。



斜面一面に植えられたキイジョウロウに母も満足げです。

併設されている期間限定のカフェ「Cafe phono(カフェ フォノ)」で
コーヒーとパウンドケーキをいただきました。







ここより別の場所でも。




奥に行くと水車小屋があります。





一見静かな山あいの里が
この時だけはお花を見に来る人を迎え入れて少しだけ賑わっている。


絶滅が危惧されているこのキイジョウロウホトトギスを見る
里の人たちの優しい眼差しを感じた1日でした。






コメント

岬の火祭り

2015年02月01日 | 日常のひとこま


地元で火祭りがありました。


もともとは春の新芽を促すための芝焼きとして行われていたものを2001年から火祭りにしたようです。


立春を控えているとはいえ冬の真っただ中、地元の高校生たちが火矢を放つと寒さを吹き飛ばす勢いで炎が上がりました。



 











春遠からじ。暖かい風が吹くのが待ち遠しいですね (^^♪

コメント

想い

2014年07月29日 | ko-ichiに捧ぐ

台風一過の岬の朝

台風一過のこの日、爽やかな朝を迎えながら

ある想いに浸っていました。



先月まで想いを寄せる人がいました。

ko-ichiが旅立った時にとてもお世話になった方。

今年1月三回忌の上京方々

お礼伺いに再会したのがきっかけで

メールや電話でのやり取りが続いていました。

ko-ichiと同年代で懐深く優しくて、

厳しい世界で頑張っているそんな尊敬できる人。

ko-ichiが旅立った同じ年に亡くされた奥様を

まだ深く想ってらっしゃって

私とはご縁が結ばれませんでした。


やり取りしている間はドキドキしたり胸が高鳴ったり。

こんな気持ち何年振りだったろう・・・。

ko-ichi以外の人は考えられなかったけれど

まさかこんな気持ちになるとは想像もしなかった。

結ばれなかったのは悲しいけど

それでも前を向いて生きる元気が出てきました。

台風一過の岬の朝と自転車

もしかしたらこの出会いは

ko-ichiのプレゼントだったのかしら。


この日の朝、自転車を走らせながら

ふとそんな事を思いました。

未だ想いは引きずっているけれど

この胸の痛みは忘れないで

生きるエネルギーに換えていきたい。



“人生そんなに甘くねぇーぞ。

でも、生きていればまた縁があるさ”



ko-ichiがそんな事を言ってるようです。

コメント (4)

nagi 日和

2014年02月21日 | まち歩き・お散歩

パンとカフェ nagiの看板

母との買い物がてら

地元のあちこちに

立ち寄ることがあります。





お天気のいいこの日

ぷらっと立ち寄ったカフェ。

nagiのお店

素材にこだわったパンも作っていて

カフェで食べられます。

nagiのパンとコーヒー

ここではとてもゆったりした時間が流れていて

お日様の光が暖かい午後には

のんびりできそう。

訪れた人たちもそんな雰囲気を

楽しんでいるように見えました。

nagiのパンとコーヒー

こんな海辺の田舎町でも

探せばいっぱいいいとこあるなぁ~♪

まだまだ楽しみです。

この日立ち寄ったお店はここ↓


より大きな地図で 旅とお宿、お気に入りの場所 を表示

nagiのレシート

パンとカフェ  nagi

コメント (8)

あれから2年

2014年02月06日 | まち歩き・お散歩

高尾のお墓

ko-ichiが旅立って

早いもので2年が過ぎ

命日の1月26日、

穏やかに晴れた空の下、

三回忌法要を行いました。

娘達もそれぞれの道を歩みだし

元気にしている事を嬉しく感じ

私も和歌山の地に根を下ろして

生きていこうと。

美ささ苑

この2年はそんな変化が

少しずつ芽生えてきたように感じています。

法要の終わった後には

次の七回忌がある4年後はどうしているだろうね

なんて将来の事を考えたり。

だから旅立った人はそこで終わるのではなく

こうした節目節目で共に生きていく存在なのではないでしょうか。

新宿

それでも私にとって東京は、今を生きるところというより

帰る地となりました。

数カ月離れていただけなのにこの地を歩いていると、

閉じ込めていた想い出があふれてきて

どこにいてもko-ichiの面影を探してしまいます。


次はまた何時会えるか分からない。

この機会にお世話になった方にご挨拶に行ったり、友人に会ったり。

MiwaMiyaの料理MiwaMiyaの料理MiwaMiyaの料理

ちゅちゅさん矢車草さんありがとう♪

美味しい料理に舌鼓を打ち、山や山友の話に花が咲きました。




ところで・・・。


私たちと仲の良かった長崎の離島に住む妹夫婦の家に

ko-ichiの命日から1、2日経って無言電話が4回あったそう。

旦那さんと

「ko-ichiさんがもうあっちに帰るよーって電話してきたのかなぁ」

と勝手に言ってたと。


偶然だけど、私もこのころko-chiが登場する夢を見ました。

彼に呼ばれて背中を流してあげる夢。

肩幅の広い背中。

でも背中。

嬉しそうだけど向こうを向いてる・・・。


やっぱり、

「俺はもうそろそろあっち行くよ。君も幸せになれ。」

って事なのかなぁ。

コメント (2)

カメラとザックと

2013年12月10日 | 日常のひとこま

MILLET MARCHE 20とEOS Kiss Digital N

岬に来てまた新たな職に就き

業務でフル装備の大きくて重い

デジタル一眼カメラを扱ううちに

ふと、しまってあった

ko-ichi のカメラを

出してみる気になりました。

EOS Kiss Digital N

デジ一は重いしでかいし・・・、

そんな印象から敬遠して物置の隅に眠っていた

EOS Kiss Digital N


手に取ってみると案外コンパクト♪

(仕事で使っている物より、です)

ko-ichi はこれでよく庭に来る鳥を撮ってたなぁ・・・。



そして、想いをいっぱい詰めてくれるザック。

日帰りハイクに便利なものを探していました。

おなじみのMILLET です。

MILLET MARCHE 20 CACTUS 5954 U

外側に大きなポケットがあるし

トップが大きく開いて

中の物が見やすく出し入れがし易い。



この岬では、海や灯台や青空や星空や朝焼けや夕焼けや・・・

綺麗な景色にあふれている。

そんな景色をたくさん見せてあげないとね。

コメント (10)

秋の京都を訪ねて

2013年12月06日 | まち歩き・お散歩

石段のもみじ

ツイ(Twitter)友に会った翌日

以前から一度は観てみたかった

京都の紅葉を訪ねてみました。





バス停に行くと平日なのに

並ぶ人の多さにびっくり。(@_@

京都駅前のバス停

清水寺へ

京都へは2001年の正月に訪れたことがあり

懐かしみながら歩きます。

この日は、まだ訪れたことのない

清水寺の紅葉が綺麗だと聞いて

行ってみることにしました。

清水寺

どこへ行っても人は多いですが

そういう賑わいもたまにはいいもの。

清水寺から眺める紅葉

綺麗だなぁ~。

多くの人が訪れるだけの事はありますね。

清水寺

清水寺の石段

清水寺の由来となった音羽の滝。

音羽の滝

東福寺

そしてこちらの紅葉も綺麗だと聞いて

足を運んでみました。

東福寺へ

東福寺です。

東福寺

ひとりで気ままに歩いた京都は

紅葉の色が違う。

もみじの葉

ふと空を見上げると・・・

京都の空

ko-ichiが「良かったなぁ~」と

語りかけてくるような気がしました。

コメント (2)