f-kafkappaの日記2  ~ 緑と青の風に乗って~

放置していた「弧愁庵人の逆襲」を再開します。
新聞・テレビの嘘と不正義を見抜く習慣を!
日本に原発は要らない!!

アイネ・クライネ・ナハトムジーク トン・コープマン

2016年08月31日 09時06分24秒 | Weblog

私、このうなぎパイの有名な売り文句

「夜のお菓子・うなぎパイ」

傑作だと思っています。
誰が考えたのかなぁ~。糸井とか有名なコピーライターじゃないと思いますが、実に素晴らしい。

「さぁ、これ食べてから一戦交えましょう!」
なんていうような、みだらな雰囲気もいい。
なんかウナギ・すっぽん・マムシに高麗人参、マカ・・・・なんていう、絶倫を想像させるのも面白い。

ただのお菓子なのにね。





アイネ・クライネ・ナハトムジーク トン・コープマン


無知とは恐ろしいもので、私はこの有名なモーツアルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」がセレナーデであることを知らなかった。
大体が物事に対して無頓着で深く考えない性格なのです。

ナハトムジーク、、、ナイトミュージック、、、夜想曲、、、セレナーデ。

そうなんだ!って今頃気が付いてどうなるものでもないんだけれどもね、、、・





反原発の希望だった新潟の泉田知事は出馬を辞退されたそうで、やりきれない。
「私は絶対自殺しないから!もしなんかあったら、それは他殺だから!」
と公言し、原発村からの刺客に対してくぎを刺していた知事。
とうとう追い込まれちゃったんだろうなぁ、、、、。

台風で大騒ぎなんだけれども、その台風がフクシマダイイチを直撃することにこの国のメディアは沈黙。
完全に「アンダーコントロール」されてしまったわけ。
このフクシマに関しては、特定機密だから、そもそも福島原発を隠すために作られた法律だからメディアも手が出せないわけだ。
深追いしてはいけないというわけね。
現場取材ができないということ。
疑問に対して政府東電は答えないということ。
証拠がないから、裏付けが取れないからメディアは報道しないということ。

この天下の悪法
「特定機密保護法」に対しては何度も国会前まで行って反対デモしたんだけどね、ほとんどの国民は関心なかったようですね。
寿司友の大手メディアは成立直前にアリバイ工作の反対記事を書いただけ。いつものこと。

築地から豊洲に移転する市場問題を、小池知事が形だけのストップかけたみたいです。形だけね。
無駄な公共事業とまではいわないが、もともとダメな話だったのを強行したのは大型利権。
移転先は土壌汚染問題で、都が800億円以上かけたのにまだ疑問符がついている。その正式な調査結果は移転が完成した後で発表するというデタラメ、、、、あれ?公的年金がGPIFで5兆円もすっ飛んだのを選挙後に発表したのと似てるなぁ。
 建物そのものの予算は3000億円程度の予算だったのが、完成したら6000億円かかりましただってさ。
そりゃ、一応小池知事もそれを調べるふりはするわなぁ。
延期、、、、ただそれだけの話です。
実際建物は完成してしまったわけで、例のオリンピックがどうだらこうだらという話もあって、移転はするのです。
そして築地の跡地はきっちり巨大利権として配分先が決まっているのです。

なにやら小池知事は宇都宮某とも会って、豊洲移転を延期と決めたような話が伝わってきますが、
移転はするのです。
形だけで、ガス抜きしているのです。
決まった後で、ほんとはこうじゃない?と、抗議した実績が残ればいいのです。
小池さんも宇都宮さんも、築地移転に反対していたとは聞いたことないなぁ?声揚げていました?ん?

どうでもいい話ですが、昔このブログにも書いたんだけれども
移転先豊洲の近くで、レインボーブリッジの夕焼け写真を撮っているついでに、そこの土壌改修工事現場にカメラを回したら、現場のガードマンが飛んできて
「何を写している!ヤメロ!!」
と怒鳴られたんですよね。
見られて困るのかいな???
800億円も都税をつぎ込んでいる工事を都民が見ちゃいけないのかね???
何を隠しているの???
そんな感情を持ったものでした。3年くらい前の話ですね。

もしかしたら、、、、被曝マグロの骨とか、毒がたんまり混じった汚染土の搬出現場を隠せという指令でもあったのかしらね?????


福島第一原発の処理費にはすでに4兆円以上つぎ込まれているそうで、国民一人当たり4万円弱?さらにこの先も全く見えないからもっともっとつぎ込まれるのでしょう。危険で怖い怖い、発電コストが高い高い原子力発電をやめられないのはなぜですかねぇ?

この国の裏側を知っているメディアは沈黙で優雅な生活を維持してますし、検察・裁判所は悪党を見逃して出世する。
天皇のまこと心を痛める発言を無視する「自称右翼という連中」日本会議。やとわれ右翼がのさばる世の中でございます。
言うこと聞かないから、沖縄には金を削るとヤクザの恐喝。
もうね、この国のデタラメにはほとほと呆れはて、ブログなんぞ書く気力が失せるのです。

私の愛する湘南ベルマーレは8連敗。地獄のJ2落ちがほぼ決定です。あんなに魅力的なサッカーをやっているのに、なぜベルマーレが負けるのか?
来期もぜひJ1に残って欲しい、、、そんな声をサッカー関係者からよく聞きます。

なにね、簡単な話です。金が無い貧乏球団の限界というやつです。

雨の中、屋根のないオンボロスタジアムでびしょ濡れになって応援して、お決まりの逆転負けで声も出ない、、、、死者の行列のように無言でうなだれて帰るベルマーレサポーターたち。


私のバロメーター、気力も体力も忍耐力ももう危険レベルまで落ちてしまいました。
コメント

五輪旗は東京へ え~とGPIFの運用4月~6月期でもう5兆円以上穴開けちまったってね。10兆円以上吹っ飛んだよ

2016年08月26日 14時36分32秒 | Weblog
しかし、他人の金だと思うから全く反省も罪悪感もないんだろうねぇ。
国民年金運用で、去年5兆円以上すっちまったと発表したばかりなのに、今回は4月から6月期発表の短期ですでに5兆円またまたすっちまったっていう話。
これ、公務員の年金とかは使ってないんだよね。全部国民年金。
やってる連中は自分らが貰える年金には手を付けてないわけだよ。不思議な世の中です。
この数字は選挙にマイナスになるからと選挙後に発表するあたりが国民をバカにしてるわけね。

いったい5兆円あれば何ができるのかな?
消費税2%分くらい?ポッカリ穴が開いちまったわけね。

大学生は奨学金が返せないと自己破産する人が大量に出てるんだってね。
そりゃそうだよね、就職した時点で600万円の借金背負ってからの人生スタート。
恋人いたり結婚したりじゃ、夫婦で1000万円以上の負債を抱えながら子育て、マイホーム????
結婚なんて夢の夢だよなぁ。
そういう金ない奴は、自衛隊にどうぞと!
素晴らしい国になっちまったもんです。

オリンピックは招致する時には国民をごまかすために7000億円とか言っておきながら、実際は2兆円以上だそうだ。やり方変えなければ3兆円にもなるようで国民をバカにするのもいい加減にしてほしい。

ま、それでもオリンピックと浮かれているのが日本人だから

「好きにしてください」


1971 天才バカボン第1期 OP,ED





とっても高そうなお着物、、、でもなんか着付けというか?体形が、、、、
土砂降りで濡れちゃったらしいですねぇ、、、、。


私は見ていなかったんですが、ラジオで吉田照美が

「バカボンみたいに帯が上の方にあった、、、」
と言っておりました。





ええ、ええ別にどうでもよろしいお話でございます。


バカボンついでに言いますと、
築地移転はもう決まっていますが、どんないちゃもんをつけて(私は、そもそもこの話は利権がらみでおかしいと思うが、もうすでにプロジェクトは完成してしまった)延ばすのかと考えていたんだが、バカボン知事はあっさり認めそうですね。東京自民党の利権屋どもには相当にらみを利かせ恩を売るのかなぁ????どっちもタヌキと狐ならぬ狢たち。ポンポコ狸合戦の振りだけかもね。


アベゲリゾーマリオも酷いし、全く、クールジャパンだよねぇ。
コメント (6)   トラックバック (1)

シューマンとクララ・ ジャン.パウエル

2016年08月25日 18時45分55秒 | Weblog
シューマン: 幻想小曲集,Op.12 Pf.フレディ・ケンプ:Kempf,Freddy


シューマンが尊敬し愛読したジャン・パウルの全集。
彼は愛読書に次のような部分にアンダーラインを引いている。



「花は生きていて眠るからには、きっと子供や動物と同じように夢を見る。結局、生物はすべて夢を見るのだ。」
コメント (2)

私はフランツ・カフカッパ・・・・カフカの言葉を、、、、

2016年08月23日 15時53分12秒 | Weblog
この前に書いていたブログ・ハテナは、数少ない読者だったけれども、その訪問先の国別一覧が出ていたわけで、
そりゃ世界中から40か国近い閲覧があった。それぞれの国旗も出ていたわけで、、、
そりゃそうだよね、「F-KAFKA、、、」と検索をかければ、、、、F-Kafkappaの日記が引っ掛かるわけで、、、、。
私はブログに数とか大勢からの賛同など求めてはいない。
騙して閲覧数・訪問客を増やそうなどとは考えてもいなかった。

そんな中で、ほんとに奇跡的にこのブログの読者になってくださった海外の方もいます。数えるくらいです。

私、カフカの神経質で同時代においては、世間に嫌われるところが好きなんです。
誰も彼を認めようとはしなかった。

彼は婚約破棄を4回繰り返し、結局結婚生活を経験せぬまま40歳少しで人生を終えます。

彼女が逃げたのか、彼が逃げたのか???

それはそれで幸せなことだったと思います、、、、。


ラフマニノフ 交響曲第2番 第3楽章





あなたと世の中との戦いなら、世の中のほうに賭けなさい。

In the struggle between yourself and the world, back the world.

あるのは目標だけだ。道はない。われわれが道と呼んでいるのは、ためらいに他ならない。

There is a destination but no path; what we call path is hesitation.

真の道は一本の網の上に通じている。その網は、空中に張られているのではなく、地面のすぐ上に張ってある。渡って歩くためよりは、つまずかせるためのものであるらしい。

The true way is along a rope that is not spanned high in the air, but only just above the ground. It seems intended more to cause stumbling than to be walked upon.

人間には他のあらゆる罪悪がそこから出てくる二つの主な罪悪がある。すなわち短気と怠惰。

There are two cardinal sins from which all others spring: Impatience and Laziness.




精神の世界以外には何も存在しないという事実、これがわれわれから希望を奪い取って、われわれに確信を与える。

The fact that there is nothing but a spiritual world deprives us of hope and gives us certainty.

書物は我々のうちなる凍った海のための斧なのだ。

A book must be the axe for the frozen sea inside us.

真実のない生というものはありえない。真実とは多分、生そのものであろう。

Life without truth is not possible. Truth is perhaps life itself.

青春が幸福なのは、美しいものを見る能力を備えているためです。美しいものを見る能力を保っていれば、人は決して老いぬものです。

Youth is happy because it has the capacity to see beauty. Anyone who keeps the ability to see beauty never grows old.

ある地点からは、もはや立ち帰ることはできない。その地点まで到達しなければならぬ。

Beyond a certain point there is no return. This point has to be reached.

鳥籠が鳥を探しに出かけていった。

A cage went in search of a bird.

誰もが真実を見ることができるとはいえない、しかし真実であることはできる。

Not everyone can see the truth, but he can be it.

精神は、支えであることをやめるときに、はじめて自由となる。

The spirit becomes free only when it ceases to be a support.


人間には他のあらゆる罪悪がそこから出てくる二つの主な罪悪がある。すなわち短気と怠惰。




結婚はしてもしなくても後悔するものである




精神の世界以外には何も存在しないという事実、これがわれわれから希望を奪い取って、われわれに確信を与える




悪の最も効果的な誘惑手段の一つは闘争への誘いだ




歴史はたいてい役所仕事によって創作されるのです




あるのは目標だけだ。道はない。
 われわれが道と呼んでいるのは、ためらいに他ならない。




恐れをもつことは不幸だ。それゆえに、勇気をもつことが幸せなのではなく、恐れをもたないことが幸せなのだ。




人間というものは生来、風に舞う塵のようなものであって、本性においては軽佻浮薄なのである。一つの事に縛られるのを好まない。無理に縛り付けると、まもなく狂ったようにして縛めを揺さぶり出す。囲いや鎖、果ては当の自分までも空中高くはじきとばしかねない。
コメント

国中がオリンピックに浮かれる中、経産省前では夜襲で反原発テントを強制撤去

2016年08月21日 11時40分00秒 | Weblog
座りこめここへ-沖縄をかえせ 日音協合唱





脱原発テントを強制撤去 「覚悟はしていたけど悔しい」

The Huffington Post | 執筆者: 安藤健二

投稿日: 2016年08月21日 12時38分 JST 更新: 3時間前


約5年間にわたって、経産省の敷地内に市民団体が設置していた「脱原発テント」が8月21日未明に、東京地裁の執行官によって強制撤去された。時事ドットコムなどが報じた。

antinucleartent
警備員が配置される中、経済産業省の敷地内に設置されていた「脱原発」を訴える市民グループのテントを強制撤去する東京地裁の執行官ら=21日未明、東京・霞が関

執行官らは、午前3時半すぎテントに到着。バリケードで付近の歩道を封鎖し、50人以上の警備員が人垣をつくった。市民団体側が抵抗しなかったことから大きな混乱はなく、撤去作業は約2時間で完了した。産経ニュースによると、テントに泊まり込んで脱原発を訴えてきた市民からは「覚悟はしていたけど悔しい」との声が漏れたという。

東日本大震災から半年後の2011年9月11日、国の原子力政策に反対する市民団体が経産省の敷地内にテントを設置した。脱原発を訴える活動拠点として使ってきた。

国は2013年にテントの撤去と損害賠償などを求めて訴訟を起こし、最高裁は2016年7月28日付の決定で、市民団体側の上告を退けた。これを受けて、テントの撤去と土地の明け渡しが強制執行される見通しになっていた。

テントは国の原発政策に反対するシンボル的な存在として知られており、覆面画家の281_AntiNukeさんらの絵が掲げられていた。





仕事を終えて、さっそく経産省前の反原発テント跡を見に行きました。
なに、わかっていた話。テントが無くなったら座り込めばいいだけの話です。
それにしても狡猾な手段で強制撤去しましたね、アベゲリゾーたちは。

しかし、、、
一度燃え広がった反原発の火は簡単には消えないのだな。
少なくとも、私の心の中にあるテントは絶対壊されない。多くの賛同者たちも同じ思いだろう。
テントが壊されようが、実は同じことなんだ。
座り込めばいいだけの話。

今日早速尋ねてみたら、多くの座り込みがいました。
それを取り囲む私服刑事と機動隊、警察、、、、、やっぱりマスコミの人間はいませんでしたね。


そうそう、田中龍作ちゃんだけは相変わらず熱心に取材していました~。







テント前に設置された超高性能のカメラ2台+αで、ここの参加者の顔と会話はすべて拾われている。
戦前を思わせるような秘密警察じゃなかった、私服刑事
黒ズボンで白いシャツ。
ノーネクタイで多くはマスクをしている。
手にはメモ帳とカメラ。小型マイクとイヤホン。
人相は、、、、夜のキャバレー街にいる呼び込みのおじさま方によく似ている。
笑わず、鋭い目つき、、、、















21日、夜中の3時に(20日27時)、機動隊によって経産省前反原発テントが取り壊されフェンスに覆われてしまった。
この時間は新聞の編集、印刷が終わった時間。また、取り壊し連絡が入ったとしても応援に駆け付けられる人間は多くない。
日本国中オリンピックに浮かれている中で、真夜中、国民の目から切り離された時間に強行された。
粛々と行われたというのは当局の発表。
そりゃそうだろう、誰も見ていない中で大量の警察官を投入したんだもの。
いずれ強行するだろうとは覚悟していたが、実に狡猾にその期を待っていたのだろう。
オリンピック4百メートルリレーで奇跡の銀メダル。それでなくとも今回はメダルラッシュということで日本中が上の空のこの時期だもの。
新聞の最終稿に間に合わない時間、朝刊に載らない時間帯を狙ったんだもの。そして、夕刊のない日曜日。

反原発テントは目の上のたん瘤だったから絶対にオリンピックまでに取り壊されるのは解っていたが、リオから東京にバトンが渡る直前にやるとは連中も考えたものだ。

権力側の暴力とはこういうもの。実に狡猾にやる。多くの国民にはそういった強硬な姿は見せないのだ。こっそりと一気に潰す。

目障りな反原発テントは潰した。
ヒットラー安倍がこの次にやるのは沖縄だ。


安倍政権がこの2年間で作った戦前回帰の独裁政権に実に都合の良い法律はこれから猛威を振るうだろう。

安倍ヒットラー政権のポチのメディア・テレビ新聞はこの先ますます大本営発表を繰り返すだろう。

日に日に暗い世の中に突き進んでいるのだ。

国民はアベノミクスなんぞの詐欺に騙され、国民総倣えで右を向き、

犯罪者甘利を無罪放免した検察官は大栄転。
フクシマを報じない新聞テレビ。
沖縄を報じない新聞テレビ。
反原発デモも、反原発テントも一切報じない新聞テレビ。
反原発テントは一切メディアには登場しなかった。写真すら載せなかった。

そんな中で、その存在に気が付いている国民の多くもそれを無視した。
国民の多くは、同じように沖縄もフクシマも見ぬ振りですまし顔。

自分に火の粉が飛んでこない限りは一切関心を示さない日本人。



反原発テントの存在は世界中に報じられていた。
ハトバス他、多くの観光バスが通り過ぎるたびに、その中から外人さんたちが手を振りカメラを構えていたことを知っている?
5年間頑張り続けた、そんな反原発テントは権力側の枯渇な暴力で潰されてしまった。



コメント (2)   トラックバック (1)