f-kafkappaの日記2  ~ 緑と青の風に乗って~

放置していた「弧愁庵人の逆襲」を再開します。
新聞・テレビの嘘と不正義を見抜く習慣を!
日本に原発は要らない!!

三宅洋平を国会に送りましょう。

2016年06月29日 07時48分31秒 | Weblog
選挙に行こうと自公は言わないでしょう
組織票をきちんと把握できるからです。彼等にとっては低投票率こそ勝ちにつながります
私が入れたとて政治が変わるわけではないと言う声多いです
しかし私の一票で変わるのです
変えてみましょう
BY 魔女



スペインはパブロ・イグレシアスのポデモスが負けました。
もう少し国が動くのかなと思っていたんですがね。イギリスの丁半博打が効いたのかもしれません。
保守的な層を崩すのは大変なことなんだとつくづく思いました。
悲しい、空しい。




三宅洋平
を宜しくお願い致します。

山本太郎とともに国会で暴れて欲しい。、

国会に新しい風を送りましょう。

三宅洋平は前回の参議院選挙で十七万票以上獲得したものの、緑の党全体で40万票弱、、、、緑の党に議席権がなく当選できませんでした。
ちなみに彼よりも少ない投票で国会議員に選ばれた人は数多くいます。
決まりだから仕方ないが、やっぱり彼には100万票集めて欲しい、、、、、、。厳しいけれどもねぇ、、、、、、。

三宅洋平 【選挙フェス】 みんな政治を待っていたんだ / 20130715



コメント (2)   トラックバック (1)

選挙公約破りのズミントーは「TPP」で滅茶苦茶、、、こいつら全部同じ穴の狢だよ  日本の農民は死ねということさ。

2016年06月28日 18時20分58秒 | Weblog
初夏 【ふきのとう】


日本の農水大臣は損な役割でね、いつも嘘つきになるんだよ。
だって・・・ヌッポンのズミントーはアメリカの奴隷だから、アメリカの農産物に対して日本政府は絶対に逆らえないというのは1000人中1000人が認める事実。
でもね、選挙ではさ、自民党は農民の味方!!という嘘をつく!そうやって国会議員になってきてるわけだからさ。

TPPなんてさ、アメリカの命令だから絶対政府はその方向に行くのが決まっているのに、農民に向かっては嘘をつく。
なんでかね???
今の自民党は酷いよ。
だって、選挙で勝つには農民票が絶対だもの。

農民は知ってるよ、自民党はどうせ嘘をつくし、騙すんだろうと。
彼らは騙されたふりをしている。

も大嘘つきの自民党を信じてはいない。
じゃ、なぜそれでも自民党議員が当選するか?

それは簡単な話。

金。

国家の産業を衰退させる代わりに、アメリカの農産物にやられまくる代わりに、
国家の税金をつぎ込んで農民に補てんするわけだ。

簡単な話、
日本の農民を地獄に落とし、その生活保護を与えるから我慢しろという。
もちろんその金は国民の税金。
そんなもの国家財政を厳しくするだけなのは目に見えてる。
それもこれもすべて宗主国アメリカ様の言う通り。

馬鹿という以外に言葉はない。

農民たちは、そんな金も、一時金ですぐに廃止されることを知っている。
農民に死ねという話。

こんな国がどこにある?







http://www.msn.com/ja-jp/news/opinion/%e6%a3%ae%e5%b1%b1%e8%be%b2%e6%b0%b4%e7%9b%b8%e3%80%81%e8%a5%bf%e5%b7%9d%e5%85%83%e8%be%b2%e6%b0%b4%e7%9b%b8%e3%82%89%e8%87%aa%e6%b0%91%e5%85%9a3%e8%ad%b0%e5%93%a1-tpp%e4%ba%a4%e6%b8%89%e3%81%ae%e8%a3%8f%e3%81%a7%e7%8f%be%e9%87%91%e6%8e%88%e5%8f%97/ar-AAhHAg1?ocid=spartandhp
森山農水相、西川元農水相ら自民党3議員 TPP交渉の裏で現金授受


 6月28日発売の週刊朝日の報道を受け、森山裕農水相は同日午前の会見で、昨年9月末に一般社団法人「日本養鶏協会」の会長から現金20万円を受け取っていた事実を認めた。その後、秘書に指示し、2月には返却したというが、森山農水相は週刊朝日の取材に対しては、「事務所に返金するように指示し返金しているところです」(森山裕事務所)と答えていた。なぜ、金を返却する必要があったのか。それは、裏金だったのか──。

 6月16日、東京・大手町のビルで開かれた一般社団法人「日本養鶏協会」(養鶏協)の定時総会。同協会は一般にはほとんど知られていない組織だが、1948年に設立され、日本の鶏卵産業の発展を支えてきた歴史ある団体だ。

 だが、今年の総会は前代未聞の幕切れとなった。議案の審議がすべて終わると、任期を1年残した栗木鋭三会長と都丸高志筆頭副会長が、詳細な説明もなく、突然辞任を申し出たのだ。

 唐突に辞意を申し出た背景には、政界を揺るがしかねないある”事件”があった。それは、今年2月に開かれた理事会でおきた。養鶏協の理事は言う。

「栗木会長は、昨年7月に開かれたTPP交渉のハワイ会合へ、自民党TPP交渉派遣議員団に随行しました。それで、『自民党の先生方に、協会としてお世話になるので合計で80万円を渡しました』と言うのです。驚きました」

 政治資金規正法では、国の補助金交付の決定通知を受けた企業や団体は、政治活動への寄付が原則として1年間禁止されている。

 養鶏協は農水省の「鶏卵生産者経営安定対策事業」の補助金を得ており、少なくとも2011年度から毎年約52億円の交付を受けている。つまり栗木氏は、「法律違反」と思われても仕方がない行為を、理事会の場で自ら「自供」したのだ。

 さらに出席していた理事たちから激しい反発を受けたのは、次の言葉だった。

「栗木会長は、議員に渡したカネを自腹で立て替えていると説明し、『80万円のうち、20万円は私が出します。残りの60万円を理事のみなさんでご負担をしてもらえませんか』と言うのです。養鶏協が政治家に現金を手渡したら、下手をしたら贈収賄ですよ。相談もなく栗木会長の独断ですが、ヤバいんじゃないかと危惧する声が次々とあがりました」(前出の理事)

 ところが、栗木氏はそれらを無視。「自民党の国会議員にはお世話になるから」と、政界工作ともみられる資金の提供を重ねて要請したという。

 その日の理事会には、理事などの役員が15~20人、事務方も10人ほど出席し、計30人ほどが栗木氏の発言を聞いていた。


「返金中」と回答した森山農水相 (c)朝日新聞社© Asahi Shimbun Publications Inc. 提供 「返金中」と回答した森山農水相 (c)朝日新聞社
 栗木氏はその後も、親しい関係者に政治家の実名をあげ、「あっさり受け取ってくれた」と話したという。

「TPPで鶏卵・鶏肉の関税が撤廃されることになったので、業界全体に先行き不安があるのはたしか。だからといって、何で政治家に現金なんか渡すのかと思いましたよ。栗木会長はもともと政治好きで、亡くなった松岡利勝元農水相を熱心に支援していた。松岡氏との写真を見せてもらったことがある」(同)

 たしかに、栗木氏は松岡氏の政治資金管理団体に、05年と06年に年間12万円、計24万円を寄付している。だが、今回は個人ではなく、養鶏協の会長として政治家と面会し、しかも手渡した現金の負担を理事に求めたことから「個人的な支援」ではないことは明らかだ。

 しかも、栗木氏はTPPハワイ会合には、畜産業界の代表者が集まった「畜産ネットワーク」の一員として参加していて、酪農や牛・豚の畜産関係者も一緒だった。栗木氏の理事会での言葉は、広く知れ渡ることになり、進退問題にまで発展した。

「栗木会長と都丸副会長は説明しませんでしたけど、総会に参加した人の多くは現金授受の責任をとったんだと思っていますよ」(総会の参加者)

 それでは、養鶏協から現金を受け取った自民党の政治家とは誰なのか──。

 それを知る手がかりとなる一冊の著書がある。西川公也元農水相がTPPの交渉過程を記した『TPPの真実 壮大な協定をまとめあげた男たち』だ。

 この本は、秘密交渉だったTPPの内幕を、農水相として交渉にも参加した西川氏がまとめたことで、出版前から話題になった。ところが、その内容には政府が公開していない情報も含まれていたため、今春に出版が頓挫。本誌はその「幻の著書」を入手しているが、西川氏は自身も参加したハワイ会合について次のように記していた。

<党からは私とともに、TPP対策委員会の森山裕委員長、宮腰光寛委員長代理兼事務総長、吉川貴盛事務局長、TPP交渉における国益を守り抜く会の小野寺五典幹事長の5名が7月27日から8月3日まで派遣され、オーストラリアのロブ大臣をはじめ農業・経済団体との意見交換を行いました>(いずれも肩書は当時)

 一方、養鶏協からは栗木会長、都丸副会長、廣川治専務理事が参加。複数の理事の証言によると、「現金を渡すターゲットだったのはこの5人」という。

 そこで本誌は、自民党の5人の議員に栗木氏から現金を受け取ったかをたずねたところ、森山農水相、西川元農水相、宮腰衆院議員の3人は事実関係を認めた。「寄附者が不明であ

ったためお返ししました」(西川公也事務所)

「既に返金致しております」(宮腰光寛事務所)

 一方、小野寺、吉川両衆院議員は週刊朝日の取材に対し、「そのような事実はございません」と否定した。(今西憲之/本誌 西岡千史 亀井洋志)
>
コメント (6)   トラックバック (1)

イギリスのEU離脱で、またまた株式にぶち込んだ「年金資金」が消えていく 安部よ黒田よ責任とれよ

2016年06月26日 14時32分31秒 | Weblog


阿修羅から


★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK208 > 416.html  

安倍内閣炎上か<本澤二郎の「日本の風景」(2395) <消えていく年金基金135兆円> <安倍も黒田も真っ黒焦げ>
http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/416.html
投稿者 笑坊 日時 2016 年 6 月 25 日 09:39:45: EaaOcpw/cGfrA j86WVg

http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52141497.html
2016年06月25日 「ジャーナリスト同盟」通信

<消えていく年金基金135兆円>


 EU離脱のロンドン爆弾がさく裂、再び金融危機が世界を覆っている。日本では円が急騰して株価が急落、先行きの見通しは立たない。日銀の黒田総裁の「マイナス金利」政策に内部から怒りの批判が表面化、黒田失脚へと突き進んでいる矢先の出来事である。財務大臣の諮問機関である財政制度審議会の吉川会長も「アベノミクスは失敗」と公言している。しかし、其れよりも何よりも135兆円の年金基金が消えて行っている!安倍内閣炎上である!

<アベノミクスの株高操作は年金基金>


 伊勢神宮でのG7サミットで世界経済の浮上を図ったはずの、安倍晋三の心臓を直撃したロンドン爆弾の威力は、グローバル化という1%のための経済路線に赤ランプがついた格好である。
 今回明らかになった点は、専門家が予想していた以上に欧米経済は劣化・深刻化しているということだった。各国とも紙幣を刷りまくって、株価を操作していたのだが、日本の場合は、より深刻である。安倍内閣の強力な指示で、あろうことか国民資産である年金を、そのために投入していたことだ。結果、株価急落による莫大な損失によって、現在の年金生活者と将来の年金生活者を不安に陥れてしまったことになる
 1か月5万円、10万円、15万円の年金で生きている年金生活者は、路頭に迷うことになる。筆者もその仲間入りすることになるのだから、これはただ事では済まされない。

 いわゆるアベノミクスとは、国民の年金資産を株式に投入して、意図的に株高に操作して、それがあたかも経済はよくなったと吹聴していただけであることを、小学生にもわからせてくれている。その罪は万死に値しよう。

<安倍も黒田も真っ黒焦げ>

 この不始末をどうつけるつもりだろうか。
 嘘の連発は通用しないだろう。国民の不安を現実のものとした政治責任は、非常に重いものがある。国民資産を株式というリスキーな分野に投入していいわけがない。
 安倍よ、黒田よ、どう責任を取るつもりなのか。二人とも真っ黒焦げだ。
 官房機密費を懐に入れているであろう政治・経済部の記者諸兄の追及も気になるところだが、衆議院は緊急の本会議・委員会で黒白を明らかにする義務を、国民に対して負っていることを忘れてはなるまい。

<衆議院は直ちに年金の行方を審議すべし>

 日本の福祉政策の中で、最も評価される制度の一つが年金制度である。15歳から年金を払ってきた70代のお年寄りでも、いま前途への生きる希望を失っている。
 安倍支援の「パナマ文書」に登場する脱税資金を全て吐き出させて、穴埋めするとでもいうのか。ここいらをはっきりさせてくれないと、暴動が起きるかもしれない。
 なぜ株価操作に年金資金を投入したのか。この点を国民全てが知りたいと思っている。



<アリバイ工作始めたGPIFの東芝提訴>

 6月23日ロイター通信は、GPISと聞いたこともない機関が、疑惑まみれの東芝に1000万ドル近い損害賠償を求めて、裁判を起こしたと報じた。
 GPIFとは年金積立金管理運用独立法人という。安倍内閣の強力な後押しで、年金を株式に投入している組織なのであろうが、破たんしていた東芝株を買い支えていた犯人であることを、進んで名乗ったものだ。
 企業実態とは無関係なところで株式を購入して、投資家の目を曇らせる役目をしていたのである。これもひどい。損失が1000万ドル?桁が違うだろう。こんなアリバイ工作にはまる日本人と考えての提訴に違いない。
 恐ろしい。東芝の悪辣さを、筆者は息子の医療事故死で、辛酸をなめさせられている渦中にある。人間の命に向き合えない東芝の再生は無理というものだが、裁判ではGPIFがどれほど東芝株を買い支えていたのか、ぜひとも知りたい。

<安倍の売国奴政策に鉄槌を!>

 時は参院選の渦中である。与党は金権選挙どころではない。その費用を年金の穴埋めに回すべきだろう。
 国民資産を、自己の政権維持のために、国民資産を危険すぎる株式に投入した安倍内閣は、文字通りの売国奴ではないだろうか。
 それでいて、憲法破壊のための3分の2議席確保と新聞は伝えている。事実であれば、間違いなく日本は地獄に落ちることになる。売国奴をのさばらせる主権者でいいわけがない。

2016年6月25日記(政治評論家・日本記者クラブ会員)

コメント

新聞読む馬鹿・テレビ見る馬鹿ー新聞買う馬鹿・受信料ぶったくられるこの世の矛盾

2016年06月26日 06時42分55秒 | Weblog
これは日本のメディア・新聞社とテレビ局を絵にしたものです。


これはくろねこさんのところにコメントしたもののコピーです。


記者クラブが存在し続ける限り、日本の新聞テレビはアホー製造マシーンであり続けます。
わざわざ金出して、読む価値のないものを買い続ける国民がいる限りこれは続くでしょうね。テレビも同じでしょうか。

わたしはこれ以上馬鹿になりたくないから新聞買わない、テレビ見ないと決めて五年くらい。
ええもともとバカですから、何も不便もない暮らしです。新聞には何も期待はしていません。今は便所紙にもならないし、弁当箱を包む必要もないのです。

投稿: kappa | 2016年6月25日 (土) 12時39分

そしてこれは
魔女様のところに送られた、たただよし様のコメント



>日本だけが道義大国を目指す資格がある(稲田朋美 政調会長)
若者を結婚できないほどの低賃金で使い捨て、高齢者は早く死ねという。
報道の自由度は世界で72位まで転落。首相の安倍は息を吐くように嘘をつく。
日本の婦女子がアメリカの兵士に強姦・殺害される事件が繰り返されても植民地でいることを望む。国土面積の0.6%の沖縄に米軍基地の74%を押し付ける。
被ばくで苦しむ福島の子供たちを避難させず封じ込める。
いま日本の社会から道義は消え去り、果てしない欲望を追い求める餓鬼道に落ちています。この社会を土台からひっくり返しましょう。
道義とはどうゆうものか見せてやりましょう。

by ただよし (2016-06-26 06:43)



これはそんなくそ新聞が書いている記事。さんざん同じようにこの国を煽っている馬鹿が、いざそうなったときにはこうなんだ、、、という記事を書いています。

離脱の意味理解せず投票?勝利後に英で検索1位

読売新聞

「投票やり直しを」署名150万超す

【ロンドン=青木佐知子】米インターネット検索大手のグーグルは24日、英国の国民投票でEU離脱派が勝利を決めた後、英国で検索回数が最も多かった関連のキーワードは「EU離脱は何を意味する?」で、2番目は「EUって何?」だったと明らかにした。

国を二分した国民投票は投票率72・2%に上ったが、実は多くの英国民がその意味を理解しておらず、ネット検索に答えを求めていた可能性がある。





実は日本人の多くは安部ズミントーの政策を・目指す方向を理解していないのでは??




日本のメディアがいかに腐りきって、権力側に擦り寄っているかの一つの例です。
今回の参議院選挙もズミントー・ナンミョーは勝つでしょうが、国民に対してそれを誘導するメディアの洗脳は許しがたいものがあります。
高い金出して新聞買っているあなた!!こんなクソ新聞社をかげながら支えているのだという反省はありますか?
誰も買わなきゃ新聞社は潰れるんです。悪党を陰ながら支えている認識はありますか????



【驚愕】各社の参院選情勢調査に「同一調査データ使い回しの可能性」が浮上!読売と日経は同一データを使用!

http://hunter-investigate.jp/news/2016/06/-24-300.html
新聞各紙の選挙情勢調査に重大な疑義が浮上した。

 大手新聞各社の24日朝刊トップは参院選情勢調査の結果。いずれも自民党が勝利し、公明やおおさか維新を加えると、改憲に必要な3分の2に届く勢いであることを予想する内容だ。そろい過ぎた数字に違和感を覚え、各紙の調査方法を精査したところ、特定の調査会社の数字が使い回されている可能性が濃くなった。

 『本社世論調査』とある記事の基礎データは、日経リサーチ社のもの。読売は、日経と同じデータを使って、同じような記事を垂れ流していた。姑息なのは、1面の記事でまったくそのことに触れていないこと。調査方法まで読み込む読者が数多くいるとは思えず、たいていは読売が独自に行った調査に基ずく報道と思い込むだろう。実態は、与党に都合のいい数字を使った政権の犬たちによる誘導記事。公平・公正が聞いて呆れる。

不可解なのは、同じく与党勝利を予測した毎日や共同通信のサンプル数まで日経リサーチのそれと同じであること。毎日は回答者数「2万7500人」、共同は「約2万7000人」。新聞各社の全国調査で、サンプル数がこうまで揃うことは奇跡に近く、報道各社が同じ調査会社の数字を使い回している可能性が否定できない。


あのね、もしも万が一「新聞は公正だとか、正しいことを書く・常識人の必読なもの」と考えている人がこの日本に存在しているとしたら、
しかも、そうとうな金額でそれを購入しているとしたら、、、、、この国の民は「おバカ」という言葉以外見つからない。

「新聞テレビがこう言っていた!」と、すべての判断を任せる。国民一人一人が自分の思考で様々な問題を自分なりに考える習慣がない。

「寿司はペンよりも強し!」という言葉聞いたことあります?
世界中のメディア人は、普通、時の権力者のごちそうにはならない。この日本ではマスコミのエライさんは日夜安部ちゃんと会食。

私はあえて書くのだが
「日本会議」は日本版「KKK」だよ。
様々なYOUTUBE映像探してみたらわかる。
恐ろしいよ。

憲法改正誓いの儀式 私は自民改憲案に不満があります


昨日のエントリーに、フランス在住のパリさんから久しぶりにコメントいただきました。
コピペしておきます。


あっちもこっちも極右 (時パリ)

2016-06-25 19:52:40

kappaさん、お久しぶり。
コメントありがとうございました。
私は、もう「どうでもよくて」ブログ更新にも関心がなくなり、でも毎日見に来てくださる方々がいらっしゃるので、たまにはみたいな不甲斐ない状況です。
昨日久しぶりに「離脱」の件で更新してみましたが。。。
イギリスは、財布も教養もたっぷりの連中に、財布も教養も無い人たちが反対した、という構図ですね。
離脱したらどうなるのか、全く読んでい無いし読めてい無いし、煽った極右の政治家たちも「その後」の青写真はない。
安倍自民党を見ているようです。


パリさんお久しぶり~ (kappa)

2016-06-26 06:26:28

>私は、もう「どうでもよくて」ブログ更新にも関心がなくなり、でも毎日見に来てくださる方々がいらっしゃるので、たまにはみたいな不甲斐ない状況です。
・・・・・・・・・・・・・・
よくわかります。パリさんのところは執拗に何年間も狙われましたからね、、、しかも、日本は地獄の坂道にまっしぐらでゴロゴロ転がり落ちる一方だし。
私も同じなんです。
 ただね、身近に、最近日本の危機を感じて毎日のように街頭に立ち抗議のプラカードもってる人たちがいるんです。小沢さんや山本太郎のいうことを「初めて理解した。日本はこのままではおしまいだ!」という人たち。
最近まで「小鳩」を罵っていた人たち、、、、。

祖国日本は北並みに、或いは戦前のようにおかしな国に向かってまっしぐら。でも気が付いて、それを止めようと必死の人たちもいるんです。
小沢を貶めた、メディアを含めた巨大な闇が日本全体を覆っています。それに危機感を持っている人たちが少なからずいる。かって熱烈な自民党支持者だった人たちが今「打倒アベ」なんです。
だから、、、、、こんなブログでもやめるわけにはいかないんですね。何度も何度も閉鎖して次のブログで再開してるんです。
 幸いなことに、私のブログは読者も少なくて、内容も薄いので、パリさんのところみたいに連中に執拗に狙われることも少なく済んでいます。

パリさん、ブログ引っ越してさ、政治ネタはたまにでもいいから素敵なヨーロッパ、暗いヨーロッパ、彷徨えるヨーロッパ、、、、あれ?ヨーロッパってことばあったっけ?
兎も角、私の見たことのないパリの情報、フランスの情報、欧州の情報、北アフリカや中東の情報を伝えてください。かたくなにGOOブログにこだわることはない。私なんてブログ4つも引っ越ししてますよ。連中に狙われて潰されたのは一つだけ。それでも何とかやってます。
読者数なんてどうでもいいけれども全く変わらないというかむしろ増えています。パリさんもそうして欲しいなぁ。

安部はどうにもならんです。
日本会議はどうにもならんです。
日本の腐ったメディアは再生不可能です。
今度の選挙もダメでしょう。
英国のように、日本会議・安部がやりたい放題やって、自分の息子や孫が徴兵されるようになって初めて気が付くのかな?戦地で日本人が殺されるまで日本はこのまま突き進むのかもしれません。
コメント (2)

丁半博打で国の命運をかけた国民

2016年06月25日 17時04分07秒 | Weblog


Jerusalem and God save the Queen - Last night of the Proms 2012


日本人の私から言えばどっちでもいいが、EU離脱を心の底から喜んでいる英国国民は一人もいないというのがほんとじゃない?

国民投票は丁か半しかない

ドイツの新聞は英国国旗を黒く塗って
「OUT」と見出し。


Elgar: Pomp and Circumstance - BBC Proms 2014


どっちでもいい。
英国民が決めたこと。
すきにしたらいい。
この先ヨーロッパはまだまだ揺れるだろう。






でもその原因の一番は
「難民問題と移民問題」

中東、アフリカを戦争に巻き込み、多くの難民を作ったのはどこだ?

先進国の一部だけが世界の富を奪い、一極集中。世界中の貧しい国の人々はヨーロッパの先進国に流入する。
職を奪われると騒ぐのは、先進国内でも富を持てない99%の格差に苦しむ人々。

アメリカちゃんは高みの見物?

そのうちトランプとそれを称える群衆がまたまた暴れだすのかもね???
コメント (7)   トラックバック (2)