f-kafkappaの日記2  ~ 緑と青の風に乗って~

放置していた「弧愁庵人の逆襲」を再開します。
新聞・テレビの嘘と不正義を見抜く習慣を!
日本に原発は要らない!!

投資1万。儲けは5999万円!

2009年01月31日 14時27分53秒 | Weblog
鳥取・岩美「かんぽの宿」 1万円で入手し6千倍で転売(朝日新聞) - goo ニュース

こんなことやってるんだもの、役人を信用しろというほうが無理でしょう。さっさと自分の代の問題片付けたくって、人の金、財産だからどうだっていいと思ってるんだよ。こんな奴らが国を動かしてると思うと絶句しちゃうね!そいつらにいいように操られている与党自民と公明。ようやく止めたみたいだけれども、鳩山さんだってあんなボロイ商売は考えても見なかったからでしょう。このリークはどこから出てきたのかな???

日本国民は舐められたもんですよ。

国賊・・国を貶めるもの・・国から掠め取る輩・・・国を滅ぼす輩

当時の大臣、次官はどう責任取るのかナァ??まぁ,言った所でカエルにションベンというか(カエルが可哀想)役人にションベンだね。

あ~美しき国「日本」

「やくみのる」は大麻の相撲取りを「割腹自殺しろ」といったが、そんな馬鹿もんなんてほっといて、コチラノ話しでも書いたらいいね。「獄門磔」・・・くらいかしら???

ゼッタイこんな役所、組織、役人を許してはいけない。こんなことは氷山の一角だろう。こんな腐った(国賊どもに好き勝手に遊ばれている)政権は退場してもらわねばならない。

政治は結果責任だろう。
コメント (5)

Sergio Mendez & Brazil 77 - Waiting for ...子供の頃

2009年01月30日 11時19分25秒 | Weblog
Sergio Mendez & Brazil 77 - Waiting for love


この音楽とは関係ない話です。

子供の頃はまったく本なんて嫌いだったし、読みもしなけりゃ、勿論買って貰う事もなかった。ただね、昆虫図鑑とか、植物図鑑とか、恐竜図鑑、鳥類図鑑・・なんてのが好きでした。高価だから買ってはもらえないしね、部屋においていつも眺めてられたらナァ・・・と思っていました。
自分に子供が出来たとき、子供はあまり興味ないのに、これらを買ってきました。部屋に置いてもあまり見る人いないんだナァ・・・・なんか大人になった自分だけがウキウキ眺めていましたね。


話変わって、昨日エントリーした「女郎蜘蛛」・・・・「蜘蛛」なんて、だいっ嫌いな生き物。「蜂」と「蜘蛛」と「蛇」・・・これは駄目だネェ・・・。
ン?
女王蜂・・・蜘蛛女・・・蛇女・・・・キャ~、怖い怖い。女は怖い!

女郎蜘蛛の喧嘩はあの本に書いてあったのだが(水上勉 「太市」)
相手が弱るまで、徹底的に戦い、負けたほうが糸にぶら下がって逃げるんだそうな!其れをだね、勝った蜘蛛が、ジリジリ上から巻き上げて捕まえるんだと。怖い怖い。ジワジワ巻き上げられて捕まえられた敗者はぐるぐる巻きにされて少しずつ食われていくのだとさ・・・怖いですね~。残酷ですね~。

女に捕まった男はだね、・・・逃げても逃げても・・・ジリジリ巻き上げられて・・・捕まってぐるぐる巻きされて、・・・端から食い尽くされるって言う寸法なんだよ。
ひゃ~!女は怖い。・・・だからね、特に残酷な蜘蛛を
「女郎蜘蛛」
というのではないかと、考えてみたわけさ。
ほんとのことは知らん!
だって「蜘蛛」嫌いだから


そうそう、この曲はとても素敵でしょ?画面に出てくる景色も素晴しいから、・・・・見てね。
コメント (2)

Sergio Mendes-Wave  私は料理の天才!

2009年01月30日 11時12分35秒 | Weblog
Sergio Mendes-Wave


これも曲には関係ないんだけどね、久しぶりに樋口一葉を読んだわけ。一つの文章が長いの,長いのいい加減根負けしそうなところで締めくくるんだね。最初の一ページはチョッと戸惑うんだけれども、その後がスラスラと一葉流にのめり込むのですね。「わかれ道」よかったですよ。確かにお札になる人だけあるな・・・とは言いながら私は一度も財布の中で樋口一葉を見たことないんですけれど・・・あれって何円札でしたっけネェ???

主人公の「お京」ちゃんと彼女に憧れる傘やの「吉」。親兄弟のいない二人は心が通い合うわけだよ。
ところでね、そんな長屋住まいの二人と同じくらい貧しい月末の私は
「腹いっぱい食えて」
「酒のつまみになる」
「3日は持たせたい」
という心細い家計の中で考えうる最高の料理を作って、幸せいっぱい。お腹もいっぱいなのですよ。明日まで持つね・・・。

材料費  大根1本     98円
     生イカ2ハイ  278円   400円でお釣あるもんね。

ホンとはブリカマ欲しかったのだが、イカのほうが安かったね。

大きなナベに全部ぶつ切りで放り込む。腸もすべて。
大根の首から上の葉っぱと、むいた皮も捨てずにね、一緒に塩もみしてきざむと、これがウヰスキーに合うノダネェ。ぱりぱりした大根の皮も、カリカリした青菜部分も美味いね。

アツアツを丼に盛って、ネギを贅沢にどばっと入れたのよ。美味いのなんの!
あ~、私はなんてお料理上手!こんなことならば、毎日料理してやろうかと、ちょっとその気になりました~。へへへ。こんなんでケチって、大酒飲む醍醐味!!

コメント (2)

Mais Que Nada(Original)1963

2009年01月30日 11時03分40秒 | Weblog
Mais Que Nada(Original)1963


コメント

Weather Report - Birdland

2009年01月29日 16時15分27秒 | Weblog
Weather Report - Birdland


録音悪いし、パフォーマンスも(日光の手前)いまいち???
何も裸でやるこたぁネェ~だろと・・・・久しぶりに見てがっかりだんべ。

まぁ、懐かしさだけかな・・・・。
コメント