f-kafkappaの日記2  ~ 緑と青の風に乗って~

放置していた「弧愁庵人の逆襲」を再開します。
新聞・テレビの嘘と不正義を見抜く習慣を!
日本に原発は要らない!!

「学園天国」疑惑というよりも犯罪!? この国の検察は国家や国民の為には動かないということでしょうか?

2017年05月29日 05時58分44秒 | Weblog
「フィンガー5」じゃなくって「キョンキョン」の「学園天国」です~
小泉今日子 学園天国 [89]




|加計学園沿革|

昭和30年4月
加計学園の出発点ともなった広島英数学館を、加計勉が創立
昭和36年9月
学校法人加計学園設置認可、理事長に加計勉就任、岡山電機工業高等学校設置認可
昭和36年10月
広島英数学館設置者変更認可
昭和37年4月
岡山電機工業高等学校開校(全日制、電気科・電子工業科) 初代校長に神崎栄一郎就任
昭和39年1月
岡山理科大学設置認可
昭和39年2月
岡山理科大学設置認可にともない、岡山電機工業高等学校を岡山理科大学附属高等学校に名称変更

昭和39年4月
岡山理科大学開学(理学部応用数学科、化学科) 初代学長に加計勉就任
昭和40年1月
福山英数学館設置認可
昭和41年4月
岡山理科大学理学部に応用化学科、応用物理学科を増設
昭和42年4月
岡山理科大学附属高等学校第2代校長に内藤一人就任
昭和44年2月
学校法人加計学園から広島英数学館並びに福山英数学館を分離
昭和44年4月
岡山理科大学理学部に機械理学科、電子理学科を増設
昭和46年4月
岡山理科大学理学専攻科を設置
昭和46年11月
学校法人加計学園創立十周年記念式典を挙行

昭和49年4月
岡山理科大学大学院理学研究科修士課程を設置
昭和50年4月
岡山理科大学理学部に基礎理学科を増設
岡山高等建築専門学院設置認可
昭和50年5月
岡山高等建築専門学院開校(建築学科夜間部定時制) 初代院長に中尾寿夫就任

昭和53年4月
岡山理科大学大学院理学研究科に博士課程(後期)を設置

昭和55年4月
岡山理科大学第2代学長に、奥田毅就任
岡山理科大学附属高等学校第4代校長に松本卓三就任

昭和55年7月
寄附行為変更により総長制度認可、初代総長に加計勉就任


昭和61年4月
岡山理科大学工学部設置
岡山理科大学専門学校商業実務専門課程を増設

昭和63年4月
岡山理科大学理学部に生物化学科を増設

平成2年4月
岡山理科大学第4代学長に、加計勉就任

岡山理科大学大学院の理学研究科を改組し、工学研究科を設置
岡山理科大学に教職特別課程を設置

平成4年1月
岡山理科大学附属高等学校第6代校長に加計晃太郎就任


平成6年12月
倉敷芸術科学大学設置認可 初代学長に谷口澄夫就任


平成7年4月
倉敷芸術科学大学開学(芸術学部、産業科学技術学部、教養学部)

平成9年4月
岡山理科大学総合情報学部を増設

平成9年12月
玉野看護福祉総合専門学校設置認可

平成10年4月
玉野看護福祉総合専門学校を開校(保健看護学科、介護福祉学科) 初代校長に金政泰弘就任

平成11年4月
倉敷芸術科学大学大学院開設(芸術研究科、産業科学技術研究科、人間文化研究科)

平成12年4月
倉敷芸術科学大学国際教養学部起業学科を増設
岡山理科大学附属高等学校通信制課程普通科を設置

平成13年1月
学校法人加計学園第2代理事長・総長に加計晃太郎就任


平成13年4月
岡山理科大学工学部福祉システム工学科設置
岡山理科大学大学院修士課程に総合情報研究科設置
倉敷芸術科学大学大学院博士(後期)課程(芸術研究科、産業科学技術研究科)設置
倉敷芸術科学大学留学生別科設置

平成13年9月
岡山理科大学附属中学校設置認可
平成14年4月
倉敷芸術科学大学大学院(通信制)設置
岡山理科大学専門学校文化・教養専門課程、文化・教養一般課程設置
岡山理科大学附属中学校開校

平成15年4月
岡山理科大学大学院総合情報研究科博士課程(後期)を設置
倉敷芸術科学大学産業科学技術学部コンピュータ情報学科(通信教育課程)、国際教養学部起業学科(通信教育課程)を設置


平成15年11月
千葉科学大学設置認可


平成16年3月
倉敷芸術科学大学専門学校設置認可
平成16年4月
岡山理科大学理学部臨床生命科学科を設置

倉敷芸術科学大学芸術学部映像・デザイン学科を設置

倉敷芸術科学大学産業科学技術学部起業学科を設置
倉敷芸術科学大学産業科学技術学部起業学科(通信教育課程)を設置
倉敷芸術科学大学生命科学部生命科学科、健康科学科を設置

千葉科学大学開学

倉敷芸術科学大学専門学校開校

平成17年4月
岡山理科大学工学部知能機械工学科を設置

平成18年4月
岡山理科大学工学部応用化学科をバイオ・応用化学科に名称変更
倉敷芸術科学大学生命科学部生命動物科学科を設置
千葉科学大学薬学部薬学科を4年制から6年制に変更及び薬科学科を設置
平成18年5月
学園出資会社、株式会社K2ライフラボ設立
平成19年4月
岡山理科大学工学部生体医工学科を設置
岡山理科大学総合情報学部建築学科を設置

平成20年4月
岡山理科大学理学部動物学科設置
倉敷芸術科学大学芸術学部美術工芸学科設置
倉敷芸術科学大学芸術学部デザイン学科設置
倉敷芸術科学大学産業科学技術学部観光学科設置
倉敷芸術科学大学生命科学部生命医科学科設置
千葉科学大学大学院薬科学研究科、危機管理学研究科設置
千葉科学大学薬学部動物生命薬科学科設置
倉敷芸術科学大学専門学校を倉敷 食と器 専門学校に名称変更

平成20年4月
創立者加計勉逝去

平成21年4月
倉敷芸術科学大学産業科学技術学部コンピュータ情報学科(通信教育課程)をIT科学科(通信教育課程)に名称変更
倉敷芸術科学大学留学生別科に神戸留学生別科を設置
千葉科学大学危機管理学部動物・環境システム学科、医療危機管理学科設

平成22年4月
千葉科学大学薬学部生命薬科学科設置
千葉科学大学危機管理学部航空・輸送安全学科設置
千葉科学大学大学院薬科学研究科博士課程(後期)、危機管理学研究科博士課程(後期)設置
岡山理科大学と千葉科学大学に留学生別科設置

平成22年11月
ヘルスピア倉敷(倉敷芸術科学大学総合医療健康センター)オープン

平成23年4月
岡山理科大学工学部建築学科設置
倉敷芸術科学大学産業科学技術学部経営情報学科設置
倉敷芸術科学大学生命科学部健康医療学科設置

平成23年12月
学園出資会社、株式会社SID創研設立

平成24年4月
岡山理科大学生物地球学部設置
千葉科学大学大学院薬科学研究科を薬学研究科に名称変更、薬学科(6年制)を基礎とした薬学専攻博士課程(4年制一貫)を設置
千葉科学大学危機管理学部に環境危機管理学科及び動物危機管理学科を設置
倉敷芸術科学大学別科に調理師別科、製菓衛生師別科設置

平成25年3月
倉敷 食と器 専門学校閉校
平成25年4月
千葉科学大学危機管理学部航空・輸送安全学科を工学技術危機管理学科に名称変更

平成26年4月
千葉科学大学看護学部設置
認可外保育所 御影インターナショナルこども園 開園


平成27年4月
岡山理科大学工学部生体医工学科を生命医療工学科に名称変更
倉敷芸術科学大学第6代学長に河野伊一郎就任

岡山理科大学附属校等学校全日制課程教育学科設置
岡山理科大学附属中学校第4代校長に河村定彦就任

平成28年4月
岡山理科大学第7代学長に柳澤康信就任
岡山理科大学教育学部初等教育学科、中等教育学科を設置
岡山理科大学大学院生物地球科学研究科を設置
、、、、、、、、、、、、、、、、、



そして、、例の今治の獣医学部、、、、
平成11年あたりからこの学園は急成長します。 
岡山理科大学と倉敷芸術大学が二本柱ですが、ここは学部の廃部と新設を繰り返し繰り返し行っています。ということは経営的にはあまり好調とは言えない学部ばかりで、目先を変え次々新しいものを追いかけてきた新興財閥の苦悩が見えます。どうでもいいのですが、そんな学校の学部新設をよく文科省が認可したものだと呆れるばかりです。
この後、同学園は千葉科学大学を開校しますが、このあたりからその役所と当地の政治家、文科省、某政治家の暗躍がうわさされるようになります。
現在は岡山理科大学と倉敷芸術大学、そして千葉科学大学の三本柱でしょうが、学生は増えず経営が思わしくないところをどんどん切り捨て新しいものを作る。それでもダメな時には新しい土地(例えば千葉とか愛媛とか)を探し、そこに新学部を作って(新しい大学)生徒をかき集める。
勿論、大学用の広い土地取得など莫大な金がかかるわけで、そこに出てくる様々な疑惑が世間の注目を集めるわけです。
千葉科学大学の土地取得に加計学園はいったいいくら金出したのか?今治の土地取得にいくら出したのか?疑惑がどんどん膨れるわけです。
少なくとも発表されている今治の土地は37億円程度ですが、学園側は一円も出していない、、、、そればかりか96億円もの国からの補助金が出るのだという



これまでの新学部創設に関する文科省の許認可の裏にはどんな動きがあったのか?
霞が関は、どんどん学部を潰し、新しいものを作ろうとする、ある意味「無責任大学」をそんなに簡単に認めるものなのかどうか?????
私は一連の流れすべてを文科省は記録にとってあると思います。



前川さんはアベ官邸に潰されましたが、反撃材料は山ほど持っていると思います。また、政府はそれを重々承知していると思います。
裏で仕掛けたのではないかと噂の「財務大臣」にとっては、今回の件はどう転んでも有り難い。自民党員の中でもはもはや昔のようにアベ絶対信仰が無くなり、この先の三選は難しくなるだろう。仮に今回の事件で安倍退陣は無いとしても次には自分の芽が大きく膨れたわけだ。もちろん今回の事件で安倍内閣がつぶれるのが理想だが、その直前まで現内閣が揺さぶられれば御の字なのでしょう。
アソー恐るべし、、、、????? 



それにしてもこの菅という男は人相が悪いよね~

あ、忘れるところだった、、、
帝国人民の皆さま
憎悪の時間です。
2分間、憎しみをこめましょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 清話会の資金還流のお話しっ... | トップ | 「あったものをなかったもの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

百田尚樹、法哲学の井上達夫教授に「あなたほんとに右なの?」と一喝されて涙目!&「...... (くろねこの短語)
 シチリア・タオルミナのG7サミットに大名旅行中のペテン総理が、共謀罪について「