f-kafkappaの日記2  ~ 緑と青の風に乗って~

放置していた「弧愁庵人の逆襲」を再開します。
新聞・テレビの嘘と不正義を見抜く習慣を!
日本に原発は要らない!!

「沖縄県民 斯く戦えり 県民に対し 後世 特別のご高配を賜らんことを!」靖国参拝する国会議員どもは、今何を考えているのか?

2016年12月16日 13時42分12秒 | Weblog
「日本はアメリカの植民地」ということに関して異論を言う方は読んでも無駄ですからあしからず。


オスプレイ事故に関して、アメリカの軍人さんがこう言ったそうだ。
「民家に堕ちないようにしたんだから、パイロットはむしろ褒められるべきであって、墜落事故そのものを責められるいわれはない、、、」
クソッタレアメリカの言い分はこうだ。
「なんで奴隷のオマエラニいちいち奉公し謝らなければならないんだ!黙ってろ、ジャップ!!」
こういいたいんだろう。

今回の事故に関しては、米軍内での内規によれば、事故内容ランクを5段階に分ける中で最悪の5だという。
日本国内のニュース報道は「不時着」で統一されている。
政府から報道管制がひかれたと考えて間違いない。
さすがにNHKなどは国民からの批判が多いので、、、、
「不時着、、、その後大破したオスプレイ」
などと言い訳をしているようだ。
事実は墜落であり、米軍内規でいう最悪ランクの5の事故なのだ。人命とか損失金額の云々はあるが最悪の事故であることを米軍自体が認めているわけだ。





敗戦国日本において、アメリカに差し出されたのがオキナワ。実際は国土全体がアメリカのものだから日本の空はアメリカに自由にされ日本人が自由に飛べるところはほとんどない。国家予算の使い道すべてアメリカに指示?されてきた歴史は今もなお続く。報道も全く同じ。大本営発表は続いているのです。特に酷いのが沖縄。

佐藤栄作の本土復帰というセレモニー後も沖縄はアメリカのもの。
これまで何千件もの米兵による事件が起き、強姦窃盗殺人、、、数限りない。
日本人は、日本人の男たちは、駐留米軍によって日本人の女子供が犯され殺されても何も行動しなかった。昔も今も同じ。






















6月13日、太平洋戦争の日本本土の唯一の地上戦といわれる沖縄戦争で日本海軍沖縄根拠地隊司令官大田実少将が、沖縄本島豊見城村の海軍壕の中で自決しました。10日後の6月23日朝、沖縄南部の摩文仁の丘の壕の中で日本帝国陸軍第32軍(沖縄方面)最高司令官牛島満中将が自決、沖縄戦は終結します。

大田少将は自決の7日前の6月6日、豊見城の海軍壕から海軍省の海軍次官宛に電文を打ちました。

沖縄県民の実情に関しては 
県知事より報告せられるべきも県には既に通信力なく 
本職 県知事より依頼を受けたるに非ざれど
現状を看過するに忍びず 之に代って緊急御通知申上ぐ
県民は青壮年の全部を防衛招集に捧げ
残る老幼女子のみが相次ぐ砲爆撃に 家屋と家財の全部を焼却せられ
僅かに身を以て軍の作戦に差し支えなき場所の小防空壕に避難
若き婦人は率先 軍に身を捧げ 看護婦烹炊婦はもとより
砲弾運び 挺身切込み隊を申出るものあり
ひたすら日本人としての御奉公の護を胸に抱きつつ
一木一草焦土と化せん
糧食六月一杯を支えるのみなりと謂う

沖縄県民 斯く戦えり
県民に対し 後世
特別のご高配を賜らんことを

※この電文はいくつか存在するといわれています。モールス信号によって発信され、それを漢字とカタカナの軍隊調文語体でタイプに打たれたもの。損傷して判読できない個所や誤字もあるため判読して書き起こしたもの。
米軍が傍受して英訳したものも残っているそうです。
海軍省への電文ですが海軍の軍事作戦的なことに触れていない。


訣別の文として「天皇陛下万歳」「辞世の句」も入っていません。
沖縄県知事島田叡に代わって沖縄県民の実情を伝えています。

沖縄県民に対し 後世
特別のご高配を賜らんことを




靖国を声高に叫び、あたかも国士を気取る方たちよ、
やとわれ右翼よ、米国の甘い汁をむさぼる?民族派たちよ、

なぜ、こんなにも沖縄が虐げられ続けている現状を黙っているのか!!!
国会議員どもの靖国参拝は単なる選挙目当てのパフォーマンスに過ぎない!!





こういうことを書くと必ず右曲がりのヘンテココメントが来るのであらかじめ書いておきますが、

私の母方の家系は軍人一家です。
曽祖父は日露を戦い、傷痍軍人として帰還した。
祖父は20年戦地で暮らした。
母の弟は中学を出て定年まで自衛隊に努めた。

何故かわかります?
東北の寒村ではそれ以外に生きていけなかったからですよ。
戦争とはジジィが決め、オヤジが命令し、若者が死ぬといいますが、私に言わせれば、もう一つあって
都会人は戦わず、田舎の貧しいところの次男坊や三男坊たちがまず駆り出されるということです。
これは万葉の昔から全く変わっていないんです。
防人に駆り出されたのは蝦夷であり、戦いの後は、そこに放り投げられたんです。

国家に尽くし、国家に使い捨てられてきた歴史をずっと見てるから書くんです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 危惧されていたオスプレイ、... | トップ | え~と、、、将軍様は忙しい... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (junk_in_the_box)
2016-12-17 13:56:20
>都会人は戦わず、田舎の貧しいところの次男坊や三男坊たちがまず駆り出されるということです。

全く持ってその通り。貧乏人から真っ先に危険な戦場に駆り出される、
そうしなければ食べていけない、生きていけないというのは昔から変わらぬこと。
都会と田舎、金持ちと貧乏人という関係は大部分で重なるという証明でもあります。
これが西欧のように領主と領民という階級が明確に存在していて
領主が領民を守るために体を張るというならまだましですが
ボンクラやアソーのような日本の似非エスタブリッシュメントは
領民の命は使い捨てで自分たちは真っ先に自らの身の安全を確保するって最低の輩です。
純金棒様おひさ~ (kappa)
2016-12-19 20:26:42
お返事遅くなりました。
北海道はもう真っ白?
コンサドーレがJ1昇格、日本ハムファイターズが優勝。
ま、今年は北海道イヤーでしたね。
オラのところはJ2落ちで、お先真っ暗。
札幌との試合を見に北海道行くのはしばらくお預けです。

もうこの国ははっきり言って終わりですね。
原発再稼働なんて最悪。
誰一人責任を取らない国です。
あのくそったれ安部が支持率5割以上などという不思議な国です。
全く、その通り。 (kame)
2016-12-30 11:07:12
 寒空に祠に向かい、尋ぬるも、ただ乱れ髪のみ。

 ご無沙汰しています。また、年内にコメをさせてください。
kameさまどうも (kappa)
2017-01-01 16:31:07
年をまたいでしまいました。申し訳ございません。

言い訳ではないのですが、私の場合人様と正反対で生きております。夜働き、昼寝る。休日は曜日半ばが多い。
盆暮れは仕事。年をまたいで仕事は当たり前。
、、、、、というわけで、まさに「貫く棒のようなもの」という認識しかないのです。

とはいうものの、世間は年が改まり正月一色ですから、人並みに新年の願いを考えぬわけでもありません。

一言だけ書くならば、原発停止・安部政権退陣!!!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

「県民や住宅に被害を与えなかったんだから感謝しろ。パイロットは表彰ものだ」そうで...... (くろねこの短語)
 オスプレイの墜落、大破について、沖縄駐留の米軍トップであるニコルソンとかいう沖