f-kafkappaの日記2  ~ 緑と青の風に乗って~

放置していた「弧愁庵人の逆襲」を再開します。
新聞・テレビの嘘と不正義を見抜く習慣を!
日本に原発は要らない!!

新聞読む馬鹿・テレビ見る馬鹿ー新聞買う馬鹿・受信料ぶったくられるこの世の矛盾

2016年06月26日 06時42分55秒 | Weblog
これは日本のメディア・新聞社とテレビ局を絵にしたものです。


これはくろねこさんのところにコメントしたもののコピーです。


記者クラブが存在し続ける限り、日本の新聞テレビはアホー製造マシーンであり続けます。
わざわざ金出して、読む価値のないものを買い続ける国民がいる限りこれは続くでしょうね。テレビも同じでしょうか。

わたしはこれ以上馬鹿になりたくないから新聞買わない、テレビ見ないと決めて五年くらい。
ええもともとバカですから、何も不便もない暮らしです。新聞には何も期待はしていません。今は便所紙にもならないし、弁当箱を包む必要もないのです。

投稿: kappa | 2016年6月25日 (土) 12時39分

そしてこれは
魔女様のところに送られた、たただよし様のコメント



>日本だけが道義大国を目指す資格がある(稲田朋美 政調会長)
若者を結婚できないほどの低賃金で使い捨て、高齢者は早く死ねという。
報道の自由度は世界で72位まで転落。首相の安倍は息を吐くように嘘をつく。
日本の婦女子がアメリカの兵士に強姦・殺害される事件が繰り返されても植民地でいることを望む。国土面積の0.6%の沖縄に米軍基地の74%を押し付ける。
被ばくで苦しむ福島の子供たちを避難させず封じ込める。
いま日本の社会から道義は消え去り、果てしない欲望を追い求める餓鬼道に落ちています。この社会を土台からひっくり返しましょう。
道義とはどうゆうものか見せてやりましょう。

by ただよし (2016-06-26 06:43)



これはそんなくそ新聞が書いている記事。さんざん同じようにこの国を煽っている馬鹿が、いざそうなったときにはこうなんだ、、、という記事を書いています。

離脱の意味理解せず投票?勝利後に英で検索1位

読売新聞

「投票やり直しを」署名150万超す

【ロンドン=青木佐知子】米インターネット検索大手のグーグルは24日、英国の国民投票でEU離脱派が勝利を決めた後、英国で検索回数が最も多かった関連のキーワードは「EU離脱は何を意味する?」で、2番目は「EUって何?」だったと明らかにした。

国を二分した国民投票は投票率72・2%に上ったが、実は多くの英国民がその意味を理解しておらず、ネット検索に答えを求めていた可能性がある。





実は日本人の多くは安部ズミントーの政策を・目指す方向を理解していないのでは??




日本のメディアがいかに腐りきって、権力側に擦り寄っているかの一つの例です。
今回の参議院選挙もズミントー・ナンミョーは勝つでしょうが、国民に対してそれを誘導するメディアの洗脳は許しがたいものがあります。
高い金出して新聞買っているあなた!!こんなクソ新聞社をかげながら支えているのだという反省はありますか?
誰も買わなきゃ新聞社は潰れるんです。悪党を陰ながら支えている認識はありますか????



【驚愕】各社の参院選情勢調査に「同一調査データ使い回しの可能性」が浮上!読売と日経は同一データを使用!

http://hunter-investigate.jp/news/2016/06/-24-300.html
新聞各紙の選挙情勢調査に重大な疑義が浮上した。

 大手新聞各社の24日朝刊トップは参院選情勢調査の結果。いずれも自民党が勝利し、公明やおおさか維新を加えると、改憲に必要な3分の2に届く勢いであることを予想する内容だ。そろい過ぎた数字に違和感を覚え、各紙の調査方法を精査したところ、特定の調査会社の数字が使い回されている可能性が濃くなった。

 『本社世論調査』とある記事の基礎データは、日経リサーチ社のもの。読売は、日経と同じデータを使って、同じような記事を垂れ流していた。姑息なのは、1面の記事でまったくそのことに触れていないこと。調査方法まで読み込む読者が数多くいるとは思えず、たいていは読売が独自に行った調査に基ずく報道と思い込むだろう。実態は、与党に都合のいい数字を使った政権の犬たちによる誘導記事。公平・公正が聞いて呆れる。

不可解なのは、同じく与党勝利を予測した毎日や共同通信のサンプル数まで日経リサーチのそれと同じであること。毎日は回答者数「2万7500人」、共同は「約2万7000人」。新聞各社の全国調査で、サンプル数がこうまで揃うことは奇跡に近く、報道各社が同じ調査会社の数字を使い回している可能性が否定できない。


あのね、もしも万が一「新聞は公正だとか、正しいことを書く・常識人の必読なもの」と考えている人がこの日本に存在しているとしたら、
しかも、そうとうな金額でそれを購入しているとしたら、、、、、この国の民は「おバカ」という言葉以外見つからない。

「新聞テレビがこう言っていた!」と、すべての判断を任せる。国民一人一人が自分の思考で様々な問題を自分なりに考える習慣がない。

「寿司はペンよりも強し!」という言葉聞いたことあります?
世界中のメディア人は、普通、時の権力者のごちそうにはならない。この日本ではマスコミのエライさんは日夜安部ちゃんと会食。

私はあえて書くのだが
「日本会議」は日本版「KKK」だよ。
様々なYOUTUBE映像探してみたらわかる。
恐ろしいよ。

憲法改正誓いの儀式 私は自民改憲案に不満があります


昨日のエントリーに、フランス在住のパリさんから久しぶりにコメントいただきました。
コピペしておきます。


あっちもこっちも極右 (時パリ)

2016-06-25 19:52:40

kappaさん、お久しぶり。
コメントありがとうございました。
私は、もう「どうでもよくて」ブログ更新にも関心がなくなり、でも毎日見に来てくださる方々がいらっしゃるので、たまにはみたいな不甲斐ない状況です。
昨日久しぶりに「離脱」の件で更新してみましたが。。。
イギリスは、財布も教養もたっぷりの連中に、財布も教養も無い人たちが反対した、という構図ですね。
離脱したらどうなるのか、全く読んでい無いし読めてい無いし、煽った極右の政治家たちも「その後」の青写真はない。
安倍自民党を見ているようです。


パリさんお久しぶり~ (kappa)

2016-06-26 06:26:28

>私は、もう「どうでもよくて」ブログ更新にも関心がなくなり、でも毎日見に来てくださる方々がいらっしゃるので、たまにはみたいな不甲斐ない状況です。
・・・・・・・・・・・・・・
よくわかります。パリさんのところは執拗に何年間も狙われましたからね、、、しかも、日本は地獄の坂道にまっしぐらでゴロゴロ転がり落ちる一方だし。
私も同じなんです。
 ただね、身近に、最近日本の危機を感じて毎日のように街頭に立ち抗議のプラカードもってる人たちがいるんです。小沢さんや山本太郎のいうことを「初めて理解した。日本はこのままではおしまいだ!」という人たち。
最近まで「小鳩」を罵っていた人たち、、、、。

祖国日本は北並みに、或いは戦前のようにおかしな国に向かってまっしぐら。でも気が付いて、それを止めようと必死の人たちもいるんです。
小沢を貶めた、メディアを含めた巨大な闇が日本全体を覆っています。それに危機感を持っている人たちが少なからずいる。かって熱烈な自民党支持者だった人たちが今「打倒アベ」なんです。
だから、、、、、こんなブログでもやめるわけにはいかないんですね。何度も何度も閉鎖して次のブログで再開してるんです。
 幸いなことに、私のブログは読者も少なくて、内容も薄いので、パリさんのところみたいに連中に執拗に狙われることも少なく済んでいます。

パリさん、ブログ引っ越してさ、政治ネタはたまにでもいいから素敵なヨーロッパ、暗いヨーロッパ、彷徨えるヨーロッパ、、、、あれ?ヨーロッパってことばあったっけ?
兎も角、私の見たことのないパリの情報、フランスの情報、欧州の情報、北アフリカや中東の情報を伝えてください。かたくなにGOOブログにこだわることはない。私なんてブログ4つも引っ越ししてますよ。連中に狙われて潰されたのは一つだけ。それでも何とかやってます。
読者数なんてどうでもいいけれども全く変わらないというかむしろ増えています。パリさんもそうして欲しいなぁ。

安部はどうにもならんです。
日本会議はどうにもならんです。
日本の腐ったメディアは再生不可能です。
今度の選挙もダメでしょう。
英国のように、日本会議・安部がやりたい放題やって、自分の息子や孫が徴兵されるようになって初めて気が付くのかな?戦地で日本人が殺されるまで日本はこのまま突き進むのかもしれません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 丁半博打で国の命運をかけた国民 | トップ | イギリスのEU離脱で、また... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
生命(いのち)ある限り、何を求めるか! (kame)
2016-07-03 22:34:01
 どこで、こんなにパリ氏へ長いコメをお書きになったのですか。

 アニマのつづくかぎり、アニマを分かち持つ営みには関わりたい。

 意味不明の投稿、御容赦ください。
kameさまどうも (kappa)
2016-07-04 00:19:26
「曇り時々パリ」さんのところの常連さんですからご存知かもしれませんが、もうパリさんとは結構長い付き合いですね。彼も私も考える方向はほとんど同じです。
 世の中に小沢が好きか嫌いかという二通りの選択があったとき、私らは間違いなく小沢を支持しました。
そして彼はアメリカさんの意向のもとで政財官すべてを敵に回し、司法も検察もマスコミも一斉に彼を叩き続けました。中世の魔女狩り以上ですね。執拗でした。彼の信者といわれるような国民も多かったわけですがどんどん粛清されて、今や政界には山本太郎くらいしかいませんね。ネットにおいても同じなんです。
パリさんのところは執拗に狙われました。そのあくどさといったらない。狙った獲物が餓死するまで襲い続けるという景色。
パリさんと私は共通の思いがありました。
「この小沢つぶしに見られる暗黒集団を許し続けると、単に小沢一人の問題ではなくなって、この日本が暗黒に支配されてしまう。小沢が好きか嫌いかはそれぞれ勝手だが、検察から司法、財界、マスコミにいたるまで総動員された洗脳。こういった一方的で執拗な不正義を見過ごせば、この国には正義が消え、戦前・戦中国家に逆戻りしてしまう、、、」と。

結果から言えば、私ら庶民は負けたんです。
イージス艦や空母を相手にネットという竹やりで抵抗したに過ぎないんです。
彼は論客ですから徹底的に襲撃されました。

今回の参院選もおそらくダメでしょう。正直に言えばどうでもいい。だって国民は自らこの国を戦争野郎たちに差し出したんですもの。
今やこの国では、中道という人々は共産党の志位君や生活の小沢君ぐらいしか残っていません。瑞穂ちゃんも今回は危うい。生活と社民党はほんとに消滅しかねません。

それもこれも、国民の選択なのです。
小沢は金権政治と叩きまくったマスゴミは甘利の「あ」の字も書きません。
悪党は栄えるのです。
悪党を国民が自ら選んだ結果です。
この国が戦争に参加し、多くの若者たちがその犠牲者となってもこの国の民は気が付かないのでしょう。
自分の子供が死んで、孫が殺されて、恋人が骨となって帰ってきた人たちが少し後悔する程度なのかもしれません。

パリさんには元気を取り戻してまた健筆をふるっていただきたいと願っています。

日々ブログで打倒安倍政権!などと書いているのに「もうあきらめ?」なぞととらえないでくださいね。
思いは変わりません。
結果が出たときに落胆しないための予備薬を処方しているだけです。
 こんなブログにも何人かは読者がいるわけだから。
その先も長い戦いがあるわけだから、落胆しないで!
と、ね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事