f-kafkappaの日記2  ~ 緑と青の風に乗って~

放置していた「弧愁庵人の逆襲」を再開します。
新聞・テレビの嘘と不正義を見抜く習慣を!
日本に原発は要らない!!

長いこと放置しております。すみません

2018年05月04日 17時22分55秒 | Weblog

以下のところで毎日、何かしら書いております。

お暇でしたら覗いてみてください。

コメント (9)

苦しい時代を共に戦った仲間は忘れない。 サザンホスピタリティについて

2018年01月20日 08時46分55秒 | Weblog

2017湘南ベルマーレの軌跡 ~共走~

 サザンホスピタリティー

アメリカの南北戦争で南部は負けた。そんな南部が惨めな時代にあって、その地を訪れてくれた旅人を南部の人々は心暖かく迎え入れてくれた。苦しい時代に忘れずにやってきてくれた人を私たちは精いっぱいのおもてなしで迎えます、、、そんな意味もあります。

 サザンホスピタリティーとはアメリカ南部固有の文化で、古来アフリカから奴隷として連れてこられた黒人が作りあげた文化、習慣のひとつ。人を思いやることであるとか、人にやさしくしたり、相手を思いやるそんな心のこと。アメリカ南部へ行くと見知らぬ人でも気持ちよく笑顔で「Hi!」と声を掛け合う。これもサザンホスピタリティーである。日本人は他人は他人と考え、あまり関わりたくないという感覚を持っているので、とっつきにくいかもしれないが、知らない人やすれ違う人に「Hi!」と声をかけて挨拶してみると、気持ちがいい。

 

11月にシーズンが終わったばかりだというのに、もう今期のJリーグ開幕が待ち遠しい。

私の愛する湘南ベルマーレはトップリーグに三度帰り咲いた。

名門クラブであると同時に、現在は超貧乏球団。J1・18チーム中ダントツの貧乏クラブ、オンボロスタジアムです。

運営責任ある中核企業(ビッグスポンサー)のいない市民球団だからですね。クラブの運営資金は私たちの使う金がメイン。

ユニフォーム買って、グッズ、入場チケット買って、時には寄付金も出してクラブを支えてきています。

神奈川県にはなんとJリーグチームが6チームもあり、立派なスタジアム建設も県の予算では無理、市の予算も平塚市は小さすぎて望めないから

ボロい小さなスタジアムで入場者数は14000人が限度。浦和や鹿島、ガンバや神戸、横浜、名古屋、札幌などほとんどのチームは巨大スタジアムで4万人とか5万人収容できるのにね。

 

バブル崩壊とメインスポンサー「フジタ」の撤退。

歴史あるベルマーレはここから一気に地獄の時代を迎えます。

11年間J2に落ちてもがき苦しみました。

その後昇格、降格を二度繰り返しました。ようやく昇格できても、中心選手たちは強豪クラブに引っこ抜かれ、予算的に選手補強もままならず、、、上りつめたJ1はあまりに巨大な壁で、あっという間に再び地獄のJ2落ち。

私たちサポーターはそれでもずっと彼らを応援し続けてきました。

だって、私たちが諦めてしまったら、クラブは消えてしまうから。

私たちが支えてやらなければ、選手たちに給料払えないんだもの。

湘南ベルマーレはサポーターと共に歩み続けるのです。

世界的なスポンサー企業の巨大戦艦に、小さな小舟の市民球団の挑戦は続くのです。

 

今日は球団の50周年アニバーサリーからこの選手を。

一番チームが苦しかった時期、クラブを支えてくれたコロンビア人

ベルマーレ50周年アニバーサリーhttp://www.bellmare.co.jp/50th/から

【About PALACIOS】
湘南ベルマーレになって2年目の2001年に加入したパラシオス元選手。
コロンビア代表(キャプテンを務めたことも!)として1998年のフランスワールドカップにも出場した偉大な選手がベルマーレへ。
ピッチの上での存在感は抜群。ヘディングの競り合いで負けることなど見たことがないほど強く、DFとしてチームを引っ張り続けました。
愛称は「チャカ(Shaka)」。一度でも接したことのある方はチャカの人間性の素晴らしさをご存知のはず。いつも優しく丁寧な対応で誰からも愛されていました。
そして、本人はもちろんチャカの家族も日本が大好き!娘二人は平塚の公立小学校へ通い、あっという間に日本語を習得。家族でいる時はパパとママの日本語の通訳をしていたほど。コロンビアへ帰国してからも娘一人で日本へ旅行に来ることもあるんです。
チャカは現在エージェントとして活躍。年に一度ほど来日していますが、前回来日して馬入に来た際には「たくさんの人にバイアと間違えられたよ(笑)」と。確かに、見た目だけでなく優しいオーラのある二人は似ていますね。

コメント (2)

「海を越える慰安婦問題」 珍しく読書を、、、それから泣ける歌 半崎美子 "明日へ向かう人"

2017年12月20日 14時09分51秒 | Weblog

年の暮れ、休みなので少しだけ本を読んでいる。

面白い。書評というか読みだしたとツイッターで書いたら早速作者から、💛マーク送られてきた。

山口さんと能川さんと紀伊国屋書店から。

この本に関しては問題の指摘が多いので、大新聞に書評は絶対載せてもらえない。唯一載ったのは赤旗だけ。

いい本を書いても、宣伝してもらえず闇に葬られる、、、パターン。

安倍さんの周りの右の論壇が大騒ぎして邪魔するので書店も堂々と置けないという感じかな。

 
 
 
ついでにこれも、、、
いい歌ですね、感動します。またアニメーションが秀逸で涙があふれてきました。是非見て聞いてくださいね。

ある日突然、子どもを事故で亡くされたおかぁさん、、、そんな彼女を応援するために、、、 それ(MV Full Ver.) "The One that Heads to Tomorrow"(MV Full Ver.) "The One that Heads to Tomorrow"

23:33 - 2017年12月17日

 
 



それから恐ろしい話を一つだけ、、、

昔、松下金融大臣の変死事件を書きました。

ゆうちょ銀行・簡保とがん保険・アフラックの件でね。

 

今日ツイッター見ていたら、静岡県では不審死(自殺)があまりに多いという記事が目に入りました。

静岡の暗殺部隊? 「知事部局が8年間で17人だったのに対し、教育委員会や県警本部などでも同時期に計24人が自殺」

日本の暗殺部隊

■■日本の暗殺部隊■■
1 :名無しさん@3周年:2007/05/11(金) 12:43:25 ID:PXLjUQzQ
【りそな関係】平田公認会計士:りそな銀行を監査中に自殺。 
        鈴木啓一:朝日新聞で敏腕記者として知られた人物。次期天声人語執筆者と目されていた。 
             りそな問題後、りそなの政治献金が10倍になっていることを記事にし東京湾に浮かぶ。自殺。 
        植草一秀:ご存知、経済学者のミラーマン。手鏡でスカートを覗き、痴漢逮捕。 
        太田調査官:国税調査官。りそなの脱税問題を調査中に手鏡でスカートの中を覗き、痴漢逮捕。

【郵政関係】石井誠:読売新聞政治部記者。郵政問題の記事を書いていた。 
             総連の隣のマンションで変死体で見つかる。事故死。

【ライブドア関係】野口英昭:証券マン(エイチ・エス証券)で、ライブドアの匿名投資組合に関する入れ知恵をしていた人物。 
          沖縄のホテルで受付に助けを呼びつつも割腹自殺。

【耐震偽装関係】森田設計士:木村建設/総研/ヒューザーなどの耐震偽装問題が浮上する直前に自殺。 
          姉歯元1級建築士の妻:姉歯が失踪し「消されたか?」と囁かれだした直後、突然自殺。 
                  その後姉歯が姿を現し、逮捕される。 
          斎賀孝治:朝日新聞デスク。耐震偽装問題を調べていて自殺。

これらの暗殺を組織的に行っているのはいったい誰なのか? 
そろそろ暴いてもいいんじゃない?

コメント (1)

Maria Grinberg plays Schubert Impromptu in G flat major Op.90 n° 3

2017年12月02日 17時42分00秒 | Weblog

Maria Grinberg plays Schubert Impromptu in G flat major Op.90 n° 3

ツイッターで面白いのは各自のアイコン。

名刺の表に出てる会社の社章に近いかな?それぞれ工夫した写真や絵をはめ込んである。

そんな中で気にいったアイコンの一つがこれ

それとね、よく知らない人なんだけれどもいつも女性の絵をあげている人もいて、結構気に入ってる。うまいか下手かはよくわからない。

目線がちょっと気になってる。

コメント (4)

電脳社会についていけない落ちこぼれのつぶやき

2017年12月01日 19時45分04秒 | Weblog

Bill Evans & Chet Baker - The Legendary Sessions (1959 Album)


格差社会とか、落ちこぼれとか、そりゃ僻みだとか、 簡単に言わんほうがええ。 オモチャ欲しいと駄々こねることすら出来なくて、今夜食べるご飯とか明日払わんといけん学級費が無くて、学校行きたくないという子供、それを情けなく自分を責める親たち。そういうこの日本の現実を「自己責任」で済ますな

これは、今日私がツィートした言葉。

ただいま後退中。

バックギアのない車はない。

バックギアだけの車もない。

行き止まりの袋小路に迷い込んだら、バックする。

いつもバックギア入れてばかりだけど、それは自分で抜け出してまた進んだ結果。

まっすぐな道もない。

迷路もいつかは抜け出して見せる。

これは今日書き換えた私のプロフィール

 

私は今、停滞中。

ツイッター仲間で一番心を許している若い女の子に

「相当、後退したな!」

と捨て台詞を吐かれた。

 

思い返せば、私は岩〇さんにも同じようなことを言ってしまったこともある。

人生は思うようにいかないし、人はいつも自分勝手なんだなと、反省している。

 



コメント