羽生結弦選手 応援ブログ~kosumo70

日々の出来事や、フィギュアスケート、羽生選手の情報や感想など。
楽しく羽生選手を語りたいと思います。

原美術館素敵!!!

2019-01-14 00:26:15 | 日記
 林檎の花さんのツイより‏
 原美術館に展示の作品は、右上のですね。
 ちなみに原美術館は、2020年(12月)老朽のために閉館なのだ
 そうです。
 原美術館、2020年に閉館へ。40年の歴史に幕
 記事はこちらです。

 

 
 ※外観がとても素敵!お洒落なカフェも・・
 こうゆう美術館好きだなぁ~、3月28日までだから
 行ってみようっと。 

 ゆらさんのツイより
 最新情報①
 ジェーニャはすでに昨日、神経を圧迫し、
 痛みを引き起こしていた脊柱ヘルニア除去の
 手術を受けたとのこと。
 昨年夏ごろから痛みがあったものの、ショーの予定が
 詰まっていたために手術を延期していたと…😭

 ②ヤナさんからのコメントも追加。
 「モスクワとペテルブルクでショーが30公演あり、
  全公演でトリプルジャンプ、ハイレベルな要素を
  行ったので、エフゲニーは頸椎の痛みを気にしていた。
  彼はイスラエルに行きたがったが、痛みが強くなって
  きたためロシアのスペシャリストに治療を頼んだ」

 ③エフゲニーを治療したドクターは世界でも
 トップクラスの神経外科医で、多くのアスリートの
 治療をしてきた人だと。
 そして、エフゲニーは回復してきており、
 ファンの皆さんや友人たちからの励ましの
 言葉に感謝していると。
 -----------------------------------
 <過去の記事より>2015年
 代表としての責任と誇り…議員先生方よ、スポーツ選手を見習って!

 数年前、東京・銀座のとあるクラブで飲んでいると…。
 「オイ、奥の席を空けさせろっ」。
 その客は店に入るなり、ママを怒鳴り散らしてた。
 ちょっと酔いが回っていたようだが、どこか見覚えのある顔、後に大臣を
 務めたこともある代議士だったんですね。
 さすがのママも「先生、満席ですのでお帰りになって…」で幕引きとなったが、
 その傍若無人な振る舞いには驚かされた。

 選挙の時は平身低頭になるのに、先生になったとたんに偉くなる…
 そんな部類だろうが、仮にも代議士は国民が選んだ“代表”である。
 そこに自らの立場に対する責任も誇りも見えなかった。
 件の先生、すでに政界を引退しているが、何とも残念な姿でした。

 代表者としての“責任と誇り”はスポーツの世界でも同じです。
 
 昨年12月に行われた男子フィギュアスケート・グランプリファイナル
 で見せた羽生結弦の責任感には頭が下がりました。

 2月のソチ五輪で金メダルに輝いた。

 一躍脚光を浴び、11月上旬の中国杯では
 頭部と下あごの挫傷など全治2~3週間のアクシデントという危機を
 乗り越えてグランプリ連覇。思わず発した言葉にそれを感じた。

 「(表彰台の真ん中に立って)君が代が流れたのがうれしかったです。
  自分が(優勝して)流させたことがうれしい…」。
 
 選ばれし者が最高のステージに立ち、自らがなすべきことを全うした
 充実感。その道のトップランナーとして自覚があったからこそ、
 生まれた言葉であることはいうまでもない。

 そういえば…。
 サッカー元日本代表MF、三浦知良も、こんな言葉を残している。

 「代表というのはその国にとって最高の存在なんです。
  選ばれることは誇り」とし、
 
 「常に何かに挑戦していれば輝きは失わないでしょう。
 (代表に)いつ呼ばれてもいいように準備はしています」

 そんなカズが残した有名な語録がある。

 「学ばない者は人のせいにする。
  自分に何が足りないかを考えないから…」
 
 「学びつつある者は自分のせいにする。
  自分に何が足りないかを知っているから…」

 「学ぶことを知っている者は誰のせいにもしない。
  常に学び続ける人でいたいから…」

 すべて自己責任において探求心を失わず、常に高みを目指す思考って、
 すごいって。

 ところで…。
 
 昨年末の師走選挙で国政を委ねられた475人の代表先生へ
 提言です。
 日本国民の代表として、サッカー元代表やフィギュアスケート
 
 羽生のような『責任と誇りある思考』を胸に刻んで行動すれば、
 決して傍若無人にはなるまいって…。そう、思いませんか?
 SPORTS BARより
 -----------------------------------
 Yuzuru Hanyu - 羽生結弦 - The Point of No Return
 Saizo K!!さん 
 「オペラ座の怪人」の中で好きなパートである
 「ポイント・オブ・ノー・リターン」に羽生君の
 映像を合わせてみました。

 

 -----------------------------------
 羽生結弦 × Yuzuru Hanyu ~ The locus to the Final
 Axel yuzuさん

 
 -----------------------------------
 まだまだ、続きますよ~~
 常に、新しい記事がでましたら随時更新いたします!!
 ポチっとクリックして頂けたら嬉しいです。
 心より・・愛を込めて・・!
 
人気ブログランキング
 
 
 1番下にあるランキングバナーは
 当ブログとは一切関係ありません。
 以前、このバナーを押すと韓国旅行ツアーにいってました。
(相手側が取らない限りずっと張り付いています) 
 こちらからは取れない~~~↓
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ありがとう~~ | トップ | 成人式かぁ~! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素敵! (との)
2019-01-14 15:41:50
こすもさん、みなさん、こんにちは



ブログの更新をありがとうございます♪


イタリアフォーラム
ミラノ在住さん、翻訳をありがとうございます。
こすもさん、掲載ありがとうございます。

心配しながら観ていた事も、ドキドキしていた事も拍手喝采も、全て愛おしい時だった。そんな感じがよく伝わって来ます。
夢の中にいるようでしたね。待ちに待った時だったでしょうし、宝になるような出来事だったんだろうな。
帰りの飛行機での出逢いは、神様からのプレゼントでしょうか。

春よ来いの、何かを乗り越えた後の全てを包み込むような暖かさを、感じてもらえたのは嬉しいです。あの素晴らしさを生で観ることが出来てるほんと、良かったですね。

ゆづ君の人知を超える素晴らしさを、多くの人と共有出来てるのを知る事は嬉しい限り♪
みなさん、詩人のようだし、映画のワンシーンの様♪♪


原美術館
落ち着いていても素敵なところですね。少し、暖かな日に行きたいなぁ。一日中いられそうだわ。



ゆらさん
プル様、大丈夫でしょうか。そんな前から痛みがあったんですか!
じゃあ、ロシア杯でゆづ君が痛みに耐え演技してた頃に、プル様も痛みに耐えてた?
良くなることをお祈りします。


過去記事
カズさんの言葉は、読むたびにジーンとします。
今でもキラキラ輝いてますもんね。
ゆづ君も、何時も学んで探究心ま向上心もってて。人のせいにもしないし、何もののせいにもしてない。
アスリートはイイなぁ。こういう所が良いですね。やっぱ素敵!!
過去記事ありがとうございました。


ゆづマミさん
2枚づつあるんですか?何時か見れるのかしらん?お蔵入りか?
それとも、来シーズンとか?


朝日デジタル
それぞれの文化を生かすことが出来る国なのね。そういう事があってのクリケなんだ〜
日本はどうだろう?
ゆづ君が行く前に、繋がりがあって歴史があったんだ。



こすもさん、コメントありがとうございました。また来ます。では〜
とのさん、こんにちわ (こすも)
2019-01-16 15:00:26
イタリアフォーラム、今回平昌オチの方のコメントが多かったとか。始めて憧れの選手を見た時の気持ち。
皆さん、きっと同じではないですかね?
私も覚えています。いたいた~、現実に本当にいたんだって!!まだ、2013年の話ですが。こんな時代でも気持ちは一緒ですね。今はもう、ゆづ君神様みたいになっているのでちょっと違うのかな?
飛行機で同じというツイ結構見ました。乗り継ぎだと遭遇する場面多いかもですね。飛行機便はそうないですから。私は公式練習の時に客席に入ってきたゆづ君をお見かけしました。海外観戦ですが。
感動は人それぞれたくさんの素晴らしい思い出を抱えて家にもどるけれど、すべてかけがえのない思い出になることでしょう。
美術館すごい素敵ですね。お庭が綺麗。是非行ってみたいです。2枚の衣装みてみたいですね。
コメントありがとうございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事