ネタバレ映画館

最強寒波が来るから
早めに映画観ておいた方がいいですよ!

そして、ひと粒のひかり

2005-11-15 22:14:43 | 映画2005
 ブツをそんなにいっぱい飲みこんだら、お腹こわしちゃうって・・・

 【ネタバレあり】
 バラの刺を削ぎ落とす単調な仕事。ボーイフレンドとの仲もだらだらとしたもの。家計も苦しく、給料のほとんどを家に入れている。主人公はまだまだ善悪の判断もつかないような17歳の少女マリアなのだ。青い空と乾いた空気の中にあっても息がつまりそうになるほどの田舎町、彼女がそこから逃げ出したくなる気持ちもよくわかる。給料も安いと思われる彼女は、ブツの運び屋(ミュール)という高額報酬の仕事に対してついつい惹かれてしまいます。

 24時間絶食した上、麻薬を詰め込んだゴム袋を50粒以上飲み込む。普通の町の薬局の奥で優しそうな悪人たちがせっせと袋に詰め込むシーンには、悪の匂いさえ感じられない明るい映像だ。そして飛行機に乗ってニューヨークへと向かうが、運び屋の先輩ルーシー、友人のブランカ、カーリーヘアのおばさんも同乗した・・・「4人一緒だと、一人パクられても他が見つかりにくくなる」などといった人間性無視の世界なのです。

 体に入れたブツを出すために男どもの監視のもとで雑魚寝する彼女たち。そこから事件が起こってしまい、逃げ出してしまう。いくら報酬のためとはいえ、人間として扱ってもらえない非道の世界。抜け出してみると、人間味のある同郷の人たちがいた。悲しい局面も迎えるが、新しい生命の誕生という事実と、自分の人生についても考え始めるマリア。「堕胎」ということを全く考えていないことは、彼女が身につけているクロスのネックレスからも想像できる。

 ラストシーン、ブランカとともに帰国するかと思わせておいて・・・マリアのとった行動は唐突ではあったけど、産婦人科の診察券を見つめるマリアと、ルーシーの姉が「赤ん坊を育てるためにニューヨークの町を選んだ」という台詞がじわじわと思い起されて、最後には彼女の爽やかな笑顔に勇気づけられる。最近、こうした生きることの大切さを訴えてくる映画が多くて嬉しいかぎりです。

 2004年アカデミー賞主演女優賞にもノミネートされたカタリーナ・サンディナ・モレノ。彼女の純な表情と演技力は素晴らしかった。友人ブランカとのやりとりにおける心理描写も見ごたえがありました。 

★★★★・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (22)   トラックバック (38)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダーク・ウォーター | トップ | イン・ハー・シューズ »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます (zattchi)
2005-11-16 11:24:11
あのラストは本当によかったです

すべてを分かり合えたもの同士だからこそのあのシーン

ドキュメンタリーのような映画の構成もよかった

もっと、いろんなとこで取り上げてほしい映画です
マリア (kossy)
2005-11-16 12:24:51
>zattchi様

ラストは邦題のセンスがひかってました。

勇気と希望を与えてくれるようないいシーンでした。

今年のベストムービーに選ぶ人も大勢出てきそうですね。
苦しくなりました (Mar)
2005-11-18 09:20:30
力強い作品だったと思います。

サンダンス出品作品は、あたりはずれが大きいですが、これはいいですね。



運び屋さんの方法に注目してしまいました。話には良く聞いていましたが、あんな細工をしていたとはビックリでした。



飲みこむ時の仕草、無理やり詰め込む方法や胃の調子を整える時間にブツを手で転がしながら弄んでいる所は、リアルでした。



あれだけの量ですからかなり気持ち悪いだろうな。
運び屋 (kossy)
2005-11-18 09:34:37
>Mar様

あの描写は細かかったですね~

何かの液体に浸していましたけど、味はついているんでしょうかね~単なる油だったら、考えただけでも吐きそうです。

ブドウでの練習風景もなかなかリアル。試しにやってみようかな(笑)
やっと観てきました! (bakabros)
2005-11-24 03:05:25
映画の感想をTBさせて頂きました。

期待以上の良い映画で、100分とは思えないほど密度の濃い体験でした。本当にリアルで観るのが辛い場面が何度もありましたが、ドキュメンタリーや、娯楽映画といった枠を越える素晴らしい作品だと思います。
リアル (kossy)
2005-11-24 09:27:07
>bakabros様

すごい映画でしたね~

体が震えてしまうようなそんな瞬間もありました。

妊娠とかの問題もあったし、

女性のほうが痛さを感じたのではないでしょうか。

こういう映画をもっと観たいですね。
こんにちは (朱雀門)
2005-12-03 19:39:44
とても重たいテーマの映画でした。

また、「運び屋」をはじめ、主要な登場人物がみんな女性だったのが、すごく印象に残っています。

弱い立場に置かれることも多いけれど、「ひと粒のひかり」を宿すことのできる女性・・・暗い状況であっても希望を見いだす可能性はあるんだよ、と訴えかけているように思いました。



重いけど (kossy)
2005-12-03 21:37:12
>朱雀門さま

重いけどいい映画でしたね~

この映画はかなり記憶に留まりそうです。

実際に運び屋をやってる人たちもいるので、麻薬のない健全な世の中になることを祈ってやみません。

タイトル通り、希望を感じられる映画でよかったです・・・
ずるさ (祐)
2006-02-05 22:49:31
殺された彼女のことを姉に伝えなかったのだろうか。

また、逃げ出すことで、家族が惨殺されることを考えなかったのだろうか。

結果オーライだから、光も見えているとは思うけれど、一歩間違えたら、家族が殺されていただろうなぁと思った。



闇の世界にはびこる麻薬が世界から無くなって欲しいと思いました。



PS この映画やっと見れました。折角なので「カーテンコール」も見てきました。
売人 (kossy)
2006-02-06 08:42:30
>祐さま

家族にも被害が及ぶかもしれないですね・・・

ただ、売人という性格上、家族にも秘密だろうし、家族の様子を見て、無関心そうだったら一家惨殺も止めるとか、そんな裏事情もあったかもしれません・・・

麻薬はなくなればいい。

日本でも合法ドラッグとか、わけのわからないことをする奴らがいますもんね・・・買う方も買うほうだ!



カーテンコールまで・・・って、一日三本だったですか!お疲れ様でした。

コメントを投稿

映画2005」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

38 トラックバック

『そして、ひと粒のひかり』 (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
マリアに祈りを捧げたくなるほどにステキな作品。 真実が詰め込まれた誠実さに心打たれる。 スリルある展開に釘付けになった後、やわらかな感動に包まれて。 原題の「MARIA FULL OF GRACE」は祈りの言葉の一つ。 \"恵み満る聖母マリア\" \"めでたし聖寵満ち満てるマリ
笑顔が忘れられない 「そして、ひと粒のひかり」 (平気の平左)
評価:80点{/fuki_love/} そして、ひと粒のひかり ネタバレあり この映画はコロンビアのすごい閉塞的な状況をよく表現していますね。 そこらへんは、先日見た「世界」を思い起こさせます。 しょーもない家族、愛してもいない恋人、ひとりで行動する度胸もないくせ
そして、ひと粒のひかり MARIA FULL OF GRACE (travelyuu とらべるゆうめも MEMO)
カタリーナ・サンディーノ・モレノ主演 コロンビア映画 コロンビアと言えば貧困で又麻薬の生産が盛ん それをこの映画は題材にしている 77回アカデミー賞にノミネートされた カタリーナ・サンディーノ・モレノの演技が注目でした カタリーナが演じるのは 貧困の生活と
『そして、ひと粒のひかり』 (ラムの大通り)
-----この映画のヒロインを演じたカタリーナ・S・モレノって、 新人なのにアカデミー主演女優賞にノミネートされたんだって? 「コロンビア人としてもコロンビア映画としてもこれは初めて。 確かに魅力的な女性だった」 -----映画はどうだったの? 「2004年サンダンス映画祭
[ そして、ひと粒のひかり ]17歳の自分をふと思う (アロハ坊主の日がな一日)
[ そして、ひと粒のひかり ]。「サンダンス国際映画 祭 観客賞」など世界24部門で数々の賞を受賞。 この映画も、少女が主人公。 南米コロンビアに田舎に祖母、母、姉そして姉の乳飲み児の 5人で住む17歳のマリア。マリアは家計を支えるためにバラ 園での労働を余
そして、ひと粒のひかり (Cinema-Absolutism)
そして、ひと粒のひかり  2005/コロンビア  ★★★★★ 監督 ジョシュア・マーストン 出演 カタリーナ・サンディノ・モレノ / イェニー・バオラ・ヴェガ / ジョン・アレックス・トロー ■あらすじ■  コロンビア、花農園で働くマリアは、酷い待遇に耐え切
そして、ひと粒のひかり-映画を見たで(今年136本目)- (デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと))
監督:ジョシュア・マーストン 出演:カタリーナ・サンディノ・モレノ、イェニー・パオラ・ヴェガ、ジョン・アレックス・トロ 評価:95点(100点満点) 公式サイト なんという強烈な求心力を持つ映画だろう。 大して期待もせずに見はじめたこの映
そして、ひと粒のひかり (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
コロンビアの田舎町に住むマリアは、17歳にして、家族の経済を担う貴重な働き手。しかし、家族との衝突が絶えず、恋人との関係にも満足できず、職場でも上司と上手くいかず、不満を抱えた生活をしています。ある日、愛情を持てずにいる彼氏との子を妊娠していることに気付き
そして、ひと粒のひかり (金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等)
★本日の金言豆★ 100円≒2000コロンビアペソ(2005年10月)  胃カメラって私飲んだことないんですけど、昔より機械もよくなって技術が進歩したおかげでだいぶ楽に飲み込めるようにな
そして、ひと粒のひかり (MIDDLE-EARTH)
2004年 アメリカ/コロンビア 101分 監督 ジョシュア・マーストン 脚本
「そして、ひと粒のひかり」 (試写会帰りに)
シネアミューズにて「そして、ひと粒のひかり」鑑賞。 原題「MARIA FULL OF GRACE」Based on 1,000 true stories. 世界中の女性達に捧げる“21世紀のマリア”真実の物語。 試写会に当選したものの阪神優勝のXデーと重なってしまった為に観られず、という記事を読んでいた友人
『そして、ひと粒のひかり』~Duty than Hope~ (Swing des Spoutniks)
『そして、ひと粒のひかり』公式サイト 監督:ジョシュア・マーストン出演:カタリーナ・サンディノ・モレノほか   【あらすじ】(goo映画より)17歳のマリアは生花を商品にするための加工作業をしている。乳児を抱える姉をはじめ、女ばかりの家族はマリアの収入を当
そして、ひと粒のひかり (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
主演のカタリーナ・サンディノ・モレノの演技が素晴らしい。数々の苦痛を背負い成長していく姿には誰もが心をとらわれると思います。
【映画】 そして、ひと粒のひかり ★★★ (徒然なるままに・・・)
ストーリー: 17歳のマリアは生花を商品にするための加工作業をしている。 乳児を抱える姉をはじめ、女ばかりの家族はマリアの収入を当てにしており、 彼女はプレッシャーを感じながらも日々を過ごしていた。 そんな中、彼氏の子供を妊娠していることに気づいたマリアは、
そして、ひと粒のひかり:相互依存のかたち/絶望の中に宿す希望 (朱雀門の「一事が万事!オッチョンジー」)
★原題:Maria Full of Grace★監督:ジョシュア・マーストン(2004年 アメリカ・コロンビア作品)京都シネマにて鑑賞。★あらすじ(京都シネマのサイトより引用)コロンビアの田舎町、いつも家族との衝突が絶えず、不満を抱えて毎日を過ごす17歳の少女マリア(カタリ
明るい未来を示唆するタイトル◆『そして、ひと粒のひかり』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
12月2日(金)名演小劇場にて コロンビアの小さな田舎町。17歳のマリア(カタリーナ・サンディノ・モレノ)は、毎朝夜明け前に家を出てバラ農園に行き、恐ろしく単調な刺抜きの仕事をしていた。女ばかりの家族はマリアの収入を当てに生活をしていて、彼女は不満を抱えなが
そして、ひと粒のひかり (EiGACAN!-Movie Comment)
いい映画はやはりシンプルだ。あざとい手法を使うこともなく、過度に説明的になることもなく、ただただそのコトとヒトを見つめ続ける。そして何より俳優が自然だ。 この「そして、ひと粒のひかり」は、すでにかなり評価も高く、あちこちの映画祭で賞の山を築いているよ?..
そして、ひと粒のひかり MARIA FULL OF GRACE (BLOG×PROCESS5)
そして、ひと粒のひかりオフィシャルサイト 世界各地の映画祭にて堂々の46部門ノミネート、24部門受賞!  コロンビアの田舎町、いつも家族との衝突が絶えず、不満を抱えて毎日を過ごす17歳の少女マリア。大金に誘われて“ドラッグミュール”(麻薬を胃の中に
そして、ひと粒のひかり (□film-navi〔フィルムナビ〕)
映画の情報サイト、フィルムナビです。当サイトのそして、ひと粒のひかり情報のページから、このブログへリンクをはらせて頂きました。他の映画の感想など書かれた時には、お気軽にフィルムナビの方へもトラックバックして下さい、お待ちしております。
「そして、ひと粒のひかり」 (映画通の部屋)
「そして、ひと粒のひかり」 製作:2004年、アメリカ=コロンビア MARIA
そして、ひと粒のひかり (31歳独身男Kazuakiの映画日記)
「またひとつ、日本では考えられない衝撃の事実を知った。ラストの彼女の行動が正しいかはわからないが、とても大きな希望を感じさせてくれた。いつかそのひと粒のひかりを確かに輝かせる日が来るのだろうか?」 今日1本目は「そして、ひと粒のひかり」です。今の僕は絶対に
そして、ひと粒のひかり (映画をささえに生きる)
破れれば死んでしまうゴム袋を大量に飲み込んで麻薬を密輸する。日本に住んでいるととうてい想像できない世界です。更に驚くのが、その運び屋は社会のはみ出し者というわけではなく、普通の人々が生きていくためのやむを得ぬ選択として行っているんです。物語自体はフィクシ.
FUN the Academy Special … 『そして、一粒のひかり』 (FUN×5 ~五つの楽(fun)を探して~)
『FUN the Sunnyday』
『そして、ひと粒のひかり』 (mimiaエーガ日記)
★★★★★原題:『 Maria Full of Grace 』=慈悲にあふれた
映画「そして、ひと粒のひかり」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「そして、ひと粒のひかり」★★★★ 2004年サンダンス国際映画祭で観客賞に輝いた作品。元麻薬の運び屋をリサーチして脚本が書かれている。 コロンビアというあまりなじみのない国の現実。主人公マリア(カタリーナ・サンディノ・モレノ)は17歳。バラ農園で働
NO.140「そして、ひと粒のひかり」(米・コロンビア/ジョシュア・マーストン監督) (サーカスな日々)
21世紀のマリアは、国家を超えて、 自立しようとする。 キャスティングの妙味というのは、よく語られることだ。ことに、それが、主役のキャスティングであり、しかも、名だたる俳優ではなく、新人のオーディションであったとしたら。 観終わったあとは、観客は、その役者以
そして、ひと粒のひかり (とんとん亭)
「そして、ひと粒のひかり」 2005年 米/コロンビア ★★★★ 南米のコロンビア。 コロンビアといえば、コカインの原産地。 予告で観たものと違い 淡々として 少々、物足りなかったかも。 ドラッグが絡むと 際どい人間の悪の部分が浮き彫りにな ...
そして、ひと粒のひかり (CinemA*s Cafe)
http://www.soshite-1tsubu.jp/ なんか悪に手を染めようと思えばいくらでもそのチャンスは転がっているのだなぁ~と思う。 でもこの主人公の子の場合は自分の今の人生からの脱却を図るため
「そして、ひと粒のひかり」 Maria Full of Grace (俺の明日はどっちだ)
以前少し書いたことのあるアルゼンチンに住む遠い親戚のマリアから聞いた話。 彼女が日本に来るとき、例えトランジットであっても南米に国籍のある人にとって米国に寄る許可を得るのは甚だ難しくて、来るときはロンドン経由で、帰るときはフランクフルト経由にせざ ...
そして、ひと粒のひかり(DVD) (ひるめし。)
運命はわたしが決めるのを待っている。 CAST:カタリーナ・サンディノ・モレノ/イェニー・パオラ・ヴェガ/ジョン・アレックス・トロ 他 ■アメリカ/コロンビア産 101分 主役のカタリーナ・サンディノ・モレノさんはこれが映画デビュー作、それでいてアカデミ ...
そして、ひと粒のひかり (39☆SMASH)
ご無沙汰しております。 8月中は、とある事情の為にブログ更新はおろか、コメント&トラバ返しも遅れるかと思われます。 ホント申し訳ないです。 今、ある事にハマっておりまして、寝る間も惜しんでそれをしてるんです。 9月に入ったら、きっと落ち着くの ...
「そして、ひと粒のひかり」 (ひらりん的映画ブログ)
2004年のアカデミー賞で主演女優賞にノミネートされてた作品。 主演はコロンビア出身のカタリーナ・サンディノ・モレノ。 なんか、麻薬の運び屋の話で、きな臭いけど・・・ そういえば最近、前コロンビア大使の長男が殺人事件の指名手配されてたね・・・ ...
『そして、ひと粒のひかり』’04・米・コロンビア (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ コロンビアの緑あふれる丘の狭間にある小さな田舎町。17歳のマリア(カタリーナ・サンディノ・モレノ)はバラ農園に農園で働いていたが、トラブルで仕事を辞めてしまう。そんな中、倦怠期の恋人ホアンの子を妊娠してしまう。お金が必要なマリアは、知 ...
映画『そして、ひと粒のひかり』 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:Maria Full of Grace ひと粒どころではない、24時間絶食して大きめの繭ほどの麻薬の詰まったゴム袋を50粒以上飲みこんでコロンビアからニューヨーク・・少女の成長の物語 マリア(カタリーナ・サンディノ・モレノ)はコロンビアの田舎町のバラ園 ...
そして、ひと粒のひかり (悠雅的生活)
動き始めた、新しい明日
『そして、ひと粒のひかり』 (すきなものだけでいいです)
 第77回アカデミー賞・主演女優賞ノミネート 子が親を殺したり、親が子を殺したり。 そんな事件が、日本に限らずどこの国でも珍しくない今日この頃ですが、本当は親は、子を命懸けで守る生き物なのです。 特に、母
真・映画日記『そして、ひと粒のひかり』 (          )
5月9日(水)◆436日目◆ いやあ、『バベル』以来、すっかり中南米の映画に熱くなってしまった。 また上映中の映画で前売券を持っているのがアルゼンチン映画『ボンボン』だったり、 5月末だか6月からオリバー・ストーンのカストロの映画がある。 さらには、キュー...
MARIA FULL OF GRACE (la nourriture de l'esprit)
職業訓練で出会った 映画好きなお姉様おススメの作品。 舞台は南米コロンビア。 17歳のマリアはバラ農園で働き 家計を支えていた。 だがある日、マリアは仕事を辞めてしまう。 そんな彼女に一人の男が近付き 仕事の話を持ちかける。 その仕事とは。 麻薬の運...