ネタバレ映画館

映画ドットコムに記事を移行してます!

氷の微笑2

2006-11-23 23:52:16 | 映画2006
 座席がゆったりしているので、足を組替えながらの鑑賞。

 未だに前作での真犯人は誰だったのかわからないまま、14年間確認作業を怠ってきました。アイスピックでの残虐な殺人。「おっぱいを注意深く見比べるとわかるよ」などと無責任な意見もありましたが、生憎おっぱい星人じゃないのでそこまでは頭が回りません。個人的にはこれほどまで後を引いてしまった作品なのに世間では酷評の嵐。アカデミー賞とラジー賞両方にノミネートされるほど話題作だったんですね・・・部門は違うけど。

 今回はR-18指定を受けてましたが、前作よりもエロさを感じさせません。ノーパンシーンのために視力回復運動を行い、座席もベストポジションを確保して臨みましたが、徒労に終わりました。もしかすると、今作ではそれよりも小物の伏線に謎があるんじゃないかと思い、タバコやライターにも注目してみたのですが、それほどこだわってはいないようでした。何しろ精神科医のマイケル・グラス(デヴィッド・モリッシー)はタバコを嫌ってるのにライターに怯えるんですから、もっと堂々としてなさいよ!と叱咤激励したくなるほどです。

 謎はやっぱり謎のまま。「キャサリンは嘘つきだ!」とか「ウォッシュバーン刑事は嘘をついてるわ」などと嘘つき合戦を繰り返します。ただ1人嘘をついてないはずの精神科医が2人の嘘合戦に巻き込まれて精神錯乱状態になるのも頷けます。前作ではマイケル・ダグラスが悪女の罠にまんまと引っ掛かりますが、今度はIQが高そうな人間ばかり(シャロン・ストーン本人もすごいらしい)。最初の対峙で「この男が相手ね。ふふん」といった表情を見せるリスク・アディクション満載の悪女になってしまいました。

 まんまと罠にはまった精神科医は尊敬するゲルスト博士からも昇進を見送られ、どんどん悲惨な状況になってしまいます。最初は権威をふりかざして強気の態度だったのに・・・表情の変化がすごかった。最後はもうシャロン・ストーンの操り人形みたいなものでした。

 謎と言えば、キャサリンがセラピーを受けたとき、タバコを消せと言われて彼女が床で踏み消したのですが、その吸殻がいつの間にか無くなっていたことも大きな謎です。ライターに注目しすぎて見落とすところでした・・・

★★★・・
※内容についてほとんど触れてませんが、守秘義務がありますので・・・(ウソ)
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
« 名犬ラッシー(1943) | トップ | ハイテンション »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ノーパン (にら)
2006-11-24 11:46:23
ではなく、ノーコメント状態ですね。
kossyさんの記事に、最初の投稿者になるのってはじめてかも。

あの吸殻ですが、シャロン姐さんがイスに座ってニヤニヤ語ってる時に、マイケルさんが拾ってました。
かなり長々と自分に酔ってしゃべってるあいだ、雑巾かけてファブリーズも済ませてた様子が、シャロン姐さんの瞳に映ってました(ウソ)。

てなわけで、TBありがとうございました。
ねえさん (kossy)
2006-11-24 16:05:00
>にら様
ノーパン!
映画ブロガーの中でも最も早いシャロンレビュー。
さすがにら様です。

俺から見ても年上のシャロン様。
いつまでたってもお姉さまでいてもらいたいですね。
2回見るとわかるとか言ってた前作に比べ、今作は2回も見ずにすみそうです。
あの吸殻はもしかするとシャロン姉さまが座ったときに風圧で飛んでいったのかもしれませんが、座ったかどうかも覚えていません・・・
こういうのはすぐ忘れちゃう映画ですねぇ~
で・・・ (しんちゃん)
2006-11-26 16:53:13
 精神科医の名前がマイケル・グラスっていうのは・・・やっぱ嫌がらせ?(爆)
 R18の基準って・・・やっぱ腰使いなんでしょうね(笑)
 まあ、シャーロット・ランプリングは何もしなくても存在自体がR18ですが(爆)
 真犯人なんてどうでもいい映画だってことを改めて感じました。
 私も14歳歳をとったので、このシャロン・ストーンのほうが色っぽいって感じました(笑)
 よく考えたら、20代30代男子にとっては50前の女性ってどうなんでしょうね(笑)
女性はあまり見に行ってなかった・・・ (Hitomi)
2006-11-26 18:26:35
kossyさん、こんばんは。
なぜか前の作品の真犯人がわかるのではないかと密かな期待をしてたのもあって見に行ってしまいました。
私の劇場では女性はあまりいなかったのでなんか気は気恥ずかしくなりました。

結局この映画が良かったのか悪かったのか良く分からなかったです。
トラックバックをいただきました。ありがとうございます。 (冨田弘嗣)
2006-11-28 22:41:18
 ご無沙汰しています。トラックバック、本当にありがとうございました。前作のポール・バー・ホーベン監督の確かな演出が頭にあるので、なにをいまさらと思って観たのですが、なかなか楽しめる作品になっていました。ユーモアたっぷりの評論を読ませてもらいました。ありがとうございました。  冨田弘嗣
シャロン (kossy)
2006-11-29 07:35:16
>しんちゃん様
自分の加齢とともに感じる色気も変化する・・・映画に幅がでていいかもしれません。昔は大人の恋愛映画なんて全然わかりませんでしたもんね。
マイケル・グラスは日本語表記だと似ているけど、アメリカ英語発音だとどこまで似ているのかよくわかりません(汗)

「シャーロット・ランプリングは何もしなくても存在自体がR18」に笑ってしまいました。でも脱いでない映画も多いんですよね・・・

>Hitomi様
俺も前作の真犯人を解明してくれるのかと思ってました!
まぁ、続編が作られたという事実だけで犯人だと名乗ってるようなものなんですが・・・
俺が観た回には夫婦での鑑賞が多かったです。夫婦の日だった?

>冨田弘嗣様
お久しぶりでございます。
ポール・バーホーベンって憎めない監督ですもんね~
ラジーな割に支持層が多いような・・・
この映画も面白かったのですが、犯人がわかりやすかったというのが難点だったでしょうか・・・よくわかりませんが。
やっと和歌山に・・・ (kisen)
2007-01-04 23:01:01
下りてきましたので、鑑賞してみました。
いやいや、世間で言うほどの駄作でもなかったような気がします。
物語はよく練ってあるし、シャロン姉さんもすんごいがんばってるじゃないですかぁ。

動作のいちいちが、自意識過剰か、と見えないこともないですが、まぁ映画ですから。

あんなに肌見せのワンピばっかり着ずに、もう少し隠してあったほうが色っぽかったかも・・・。

しかし、私が見た回は、なにげに観客が多かったです。
悪くはない (kossy)
2007-01-04 23:54:10
>kisen様
悪くはないんですよね~
ただ、ラジー賞選考委員会は女優賞に彼女をノミネートするのが定例であることだし、なんとなくまたノミネートされる気がします(笑)

物語としてはよく出来てたと思います。前作でも最後には迷わせてくれたし、それをちゃんと踏襲していたんじゃないでしょうか。

観客多かったのですかぁ~
たしかに男も女も別の意味で注目しますよね・・・
ご開帳 (アガサ)
2007-03-10 01:05:05
こんばんは!

わたくし、全く予備知識無しで挑んだものですから、“ ダ 無し”にまんまと引っ掛かってしまい、名前が出るたびに心の中でツッコんでいたので、肝心のストーリーに集中する事が出来ませんでした。

でも、シャロン姐の入浴シーンでバスローブがご開帳になっていたトコロだけは、しっかりチェックしてしまいました。

まぁ、嬉しいかどうかと言うと微妙ですが・・。




続編 (kossy)
2007-03-10 11:58:21
>アガサ様
マイケル・ダグラスとマイケル・グラス。
日本人のダジャレ心に響く設定でしたけど、本国ではどのくらい受けていたのでしょうね~
いや、ストーリーはたしかに集中できませんよね。
どうせ犯人は・・・と、結末ばかり気になってしまいますもん。で、またかよ・・・と。

年齢もかなり厳しいところにきているのに、大胆さだけは拍手したいです・・・CG処理という大胆さにも(笑)

コメントを投稿

映画2006」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

22 トラックバック

氷の微笑2 (arudenteな米)
そのまんま悪女モノ
氷の微笑2 (O塚政晴と愉快な仲間達)
シャロン・ストーン好きです。 14年前の『氷の微笑』はモザイクしか記憶にありません。 氷の微笑2 ★★★☆☆ シャロン・ストーンを一躍トップスターにした大ヒット作『氷の微笑』の続編。 ロンドンを舞台に、スターの不可解な死に関わる ...
50年前に赤ん坊ってことは…おめぇーいったい年いくつなんだァー? ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
氷の微笑2 鑑賞 60点(100点満点中) "美人女優シャロン・ストーンがノーパンで脚を組み替える"なる、ショッキングな話題先行で大ヒットしたエロティック・サスペンス映画『氷の微笑』の、14年ぶりに製作された続編。 ヒロインである女流作家・キャサリ ...
『氷の微笑2』 (ねこのひたい~絵日記室)
ツッコミを入れると、製作者側の思うツボにはまること。 翻弄される男性の役名が、マイケル・グラスであること。
氷の微笑2 (雑記のーと Ver.2)
「氷の微笑2」を天六ホクテンザにて鑑賞。 ある夜、ロンドン・テムズ川に一台のスポーツ・カーが猛スピードで転落するという事故が起きる。車に乗っていた超人気サッカー選手は死亡。同乗していた女性作家キャサリン・ト
映画「氷の微笑2」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2006年66本目の劇場鑑賞です。「ルワンダの涙」「容疑者」のマイケル・ケイトン=ジョーンズ監督作品。エロティック・スリラーの続編。ミステリアスなヒロイン“キャサリン・トラメル”が14年ぶりに復活、年下の精神科医を手玉に取っていく。まさか14年ブリに「氷 ...
氷の微笑2 (Diarydiary!)
《氷の微笑2》 2006年 アメリカ映画 - 原題 - BASIC INSTI
氷の微笑2 (2006) BASIC INSTINCT 2 114分 (極私的映画論+α)
 キャサリン・トラメルが14年ぶりに復活しました! シャロン・ストーン・・・やっぱ私は好きだなぁ(笑)
映画『氷の微笑2』を観て (KINTYRE’SDIARY)
原題:BasicInstinct2(アメリカ)公式HP上映時間:114分鑑賞日:11月17日新宿ミラノ2(歌舞伎町)監督:マイケル・ケイトン=ジョーンズ出演:シャロン・ストーン(キャサリン・トラメル)、デヴィッド・モリッシー(マイケル・グラス)、シャーロット・ラ ...
氷の微笑2 (活動写真評論家人生)
ホクテンザ2                                           
脚本がいいですよ~「氷の微笑2」 (bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ)
前作から14年 今更と思いつつも 「氷の微笑・2」が公開されました。 前作では、「元祖エロかっこいい」の シャロン・ストーンのエロシズムと ”アイスピック”は話題を呼び ヒットしたのですが・・・ 今回は、シャロン・ストーンも "アイスピック”だけでは ...
氷の微笑2~小悪魔より魔性の女 (Osaka-cinema-cafe)
男心をたぶからす、もて遊ぶのが「小悪魔」なら、 男の精気を奪い取るぐらいに男を手玉に取るのが、 「魔性の女」ではないかと山さんは考えますが。 前作から14年、さらにパワーを増した魔性の女が帰ってきました。 シャロン・ストーン主演「氷の微笑2」   ...
氷の微笑2 (金言豆のブログ ・・・映画、本について)
2006年11月11日公開  1作目はもちろん観ました何度か。ビデオやTVオンエアで。  しかし忘れちゃいましたねえ・・・何せもう10年以上前の作品だし、シリーズ化されるようなお話でもなかったような・・・  主人
氷の微笑2★★★劇場6本目・それでもS・ストーンはきれいだった。 (kaoritalyたる所以)
観に行こうかどうしようか、なんて思っているうちあっという間に上映が終わってしまったけど、ちょっと小さな映画館で、たまたまもらった映画館招待券で7日の夜、観てきました。氷の微笑2、R-18指定です。年末にはこんなニュースが流れてました。12月24日 ...
『氷の微笑 2』 (すきなものだけでいいです)
  第27回ゴールデンラズベリー賞 4部門受賞 男の人は、大変ですね。 テニスを観ていれば、マリア・シャラポアのシャツが透けて、胸のポッチが見えたの見えないの。 『スターウォーズ』を観ていれば、アミダ
氷の微笑2 (映画鑑賞★日記・・・)
『BASICINSTINCT2』 公開:2006/11/11製作国:アメリカ監督:マイケル・ケイトン=ジョーンズ出演:シャロン・ストーン、デヴィッド・モリッシー、シャーロット・ランプリング、デヴィッド・シューリス、ヒュー・ダンシー、インディラ・ヴァルマ14年の月日は怖いもんです...
氷の微笑2/ BASIC INSTINCT 2 (我想一個人映画美的女人blog)
シャロン姐さんの出世作となった前作『氷の微笑』から14年。 その年の最低映画を選び表彰するゴールデン・ラズベリー賞  作品賞、主演女優賞を含む3部門で受賞して話題になった今作、 先日、ついにみた~♪ 今度もシャロン・ストーンが体を張って挑んだ{/kaminari/} ...
映画「氷の微笑2」 (映画専用トラックバックセンター)
映画「氷の微笑2」に関するトラックバックを募集しています。
「氷の微笑2」 (ひらりん的映画ブログ)
一作目は1992年に作られたらしいが、たぶん、ひらりんは見てない作品。 主演のシャロン・ストーンって、ちょっと顔が恐いし・・・。
mini review 07071「氷の微笑2」★★★★★☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
解説: シャロン・ストーンを一躍トップスターにした大ヒット作『氷の微笑』の続編。ロンドンを舞台に、スターの不可解な死に関わる美ぼうの女流作家キャサリン・トラメルと、彼女の魅力に引き込まれる精神科医の駆け引きが展開する。魔性の女キャサリンを演じるのは、...
映画評「氷の微笑2」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2006年アメリカ映画 監督マイケル・ケイトン=ジョーンズ ネタバレあり
氷の微笑2 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
WOWOWで鑑賞―【story】スポーツカーがテムズ川に突っ込む事件が発生し、車に乗っていた女性作家キャサリン(シャロン・ストーン)は一命を取りとめるが、同乗していた人気サッカー選手は死亡してしまう。事件を担当する刑事ウォッシュバーン(デヴィッド・シューリス)は...