ネタバレ映画館

映画ドットコムに記事を移行してます!

DESTINY 鎌倉ものがたり

2017-11-28 22:58:31 | 映画2017


 ここは鎌倉だぜ?ミニオンだって普通に暮らしてるんだ

 小さな一つ目の妖怪・独眼坊がミニオンに見えてしょうがなかった。目が悪くなったのなら西岸眼科に行かなければ。と、細かなところに気を取られて、マカイマツタケがシイタケのようにも見えてしまいました。ついでに告白すると、音楽が『ハウルの動く城』に聞こえ、黄泉の国が『千と千尋の神隠し』にも見えてしまいました。

 鎌倉に暮らすミステリー作家の一色正和(堺雅人)のもとに嫁いだ年若い妻・亜紀子(高畑充希)はその生活に驚くばかり。魔物や幽霊、妖怪や仏様、死神(安藤サクラ)までもが現れ、人と人ならざるものたちが仲良く暮らしているのだった。本業の小説執筆に加え、鎌倉署の心霊捜査にも協力する正和。鉄道模型収集の趣味があったことにも驚く亜紀子だったが、彼が事件解決をしたことに夫への信頼感は高まるばかり。

 「三丁目の夕日」の西岸良平のもう一つの代表作「鎌倉ものがたり」のエピソードを散りばめて1つのストーリーに仕上げた監督・脚本の山崎貴。原作は未見のままでしたが、三丁目シリーズと同じく見事に仕上げてあるように感じます。ただ、亜紀子の霊体が身体から離れて黄泉の国へ行ってしまうという大事件が起きるのはストーリーの後半。それまでのエピソードの中には余計だと感じるものがあるかもしれませんが、伏線としてほぼ収束しています。

 『三丁目の夕日』では大いに笑って泣いて楽しませていただきましたが、『永遠のゼロ』、『海賊とよばれた男』と違った路線に入ってしまい、山崎監督は笑わせ方を忘れてしまったのではないかと危惧しています。堤真一が演ずるキャラに全く笑えなかったし、笑いのほとんどが高畑充希の驚きのギョロ目に助けられていたかのようでした。個人的には河童頭の大倉孝二が何かやらかしてくれると思ってたのに、キツネの血が混じってる要潤にかっさらわれてしまいました。

 久しぶりに試写会当選(というか応募したのも8年ぶり)して先取りしましたが、ファンタジー作品としてお子様からお年寄りまで十分に楽しめる作品となっていますので、年末・お正月と家族で観に行かれるのが良いかと思います。親子の不思議な縁、1000年の時空を超えた愛と絆、身近な人との縁を再認識させてくれる作品です。


★★★・・

コメント (12)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 火花 | トップ | 少女ファニーと運命の旅 »
最新の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いろいろ中途半端 (ノルウェーまだ~む)
2017-11-29 00:38:04
こちらにも☆
時代設定もいつなのか?場所もしっかり鎌倉で、知っている景色も見られるのに、テレビで堺雅人は「架空の街 鎌倉」って紹介しているし、色々に中途半端なファンタジーになってしまいましたね。
でも意外にほっこりして、じわっと泣けるしいい話ではありました。
架空の街 (kossy)
2017-11-29 11:35:08
>ノルウェーまだ~む様
時代設定はちょっと難しいですよね~
唯一わかりそうなクラシックカーの存在も、自分の見てきた世界と比べるとよくわからなくなったりで・・・
キンが130歳というのも、時代設定次第では100歳まで行ってないと受け入れられるんですよねw
終わってみると、ほんと心温まるストーリーでしたね♪
ジブリ (まっつぁんこ)
2017-12-01 08:09:04
ジブリのパクリとまでは言わないが影響が大きいように思いました。
DESTINYとつけるならユーミンの曲で終わって☆かったです(^^)/
ジブリ (kossy)
2017-12-01 16:40:28
>まっつぁんこ様
ジブリの雰囲気ありましよね~
そのうちジブリアニメの実写化する可能性も残してますね!
DESTINYというタイトルが終盤までわからないってのも作戦ですかね・・・
Unknown (Nakaji)
2017-12-06 21:25:33
私もこの映画試写会で見てきました。

なんかストーリーはどうかと思うような映画でしたね。。。映像だけでたのしんでました。
あと、高畑充希ちゃんのかわいさと要潤にすべて持っていかれた感じありましたね(笑)
高畑充希 (kossy)
2017-12-06 22:46:05
>Nakaji様
ストーリーはいくつかのエピソードをまとめたものだからしょうがないかもしれませんね。「三丁目」は上手くまとまってたのに・・・
高畑充希の存在は大きいです。あの目が特に。
要潤も美味しいところを持っていきましたね~
こんにちは。 (BROOK)
2017-12-10 14:50:35
かなり面白かったです♪
エピソードをちょっと詰め込み過ぎなような気もしますが、終盤の伏線を張る上では仕方なかったのかもしれませんね…。

要潤演じる稲荷刑事がまさか…の設定にビックリでした^^
エピソード (kossy)
2017-12-11 22:58:41
>BROOK様
伏線の回収は見事でしたね~
エピソードをつなぎ合わせる作業も大変だったと思います!
ちょっと拍子抜けしたといえば、
平安時代から続いていた大いなる愛!
いきなりだったので唖然とさせられました・・・
Unknown (Ageha)
2017-12-15 18:15:19
山崎監督がもしもジブリ映画を
実写化するとしたら、
こんなふうになるんじゃなかろうかという
・・・・そんな印象でした。
私はけっこうハマったくちなんで
笑って泣けてほっこりしたのですが。

なんていうのかな、
死ぬことが怖くなくなったというか
死後の世界(あくまでも自分の想像が創造する世界でしたけども)にも暮らしがあって
死んだ気がしないというかなんというか。
ものすごく不思議な気分でした。
・・・・死神と契約して形ある人間でもって
この世にしばしとどまれるなんてのが
ほんとにあったらそりゃあっという間に
キャパオーバーになるのはわかる気がしました。(;^_^A

ジブリ (kossy)
2017-12-15 20:04:33
>Ageha様
ジブリっぽいことは多くの方が仰ってますよね!
『ハウルの動く城』について書いている方は未だに見当たらないのですが、もしかしたら全然違った曲なのかもしれません(汗)

死後の世界
電車一本で繋がっているのなら、往復だって可能。
やっぱり、身体がないはずなので、
ほんとは思念とか魂とかしかないような気もします。
魂だけならそんなに場所も要らないかもしれませんよw

コメントを投稿

映画2017」カテゴリの最新記事