ネタバレ映画館

最強寒波が来るから
早めに映画観ておいた方がいいですよ!

サマリア

2005-06-20 19:08:54 | 映画2005
 なぜだかドラえもんのキーホルダーが印象に残ってしまった。そして鑑賞後、無性に太巻きが食べたくなったのは言うまでもない・・・

 何の予備知識も持たず、単に援助交際に走ってしまった二人の少女の物語だろうと高をくくっていた。ある意味純真で、大人から見た社会常識の枠にとらわれずに二人の旅行のために売春を続けるチェヨンと、MSNメッセンジャーで客と交渉し金を管理するヨジン。警察の手入れに対してもゲーム感覚で対処する二人には、社会から取り残され、周りには夢と偽りの愛しか存在しなかったのではないでしょうか。二人の少女の物語と言えるのは、この第一部「バスミルダ」だけ。しかも、衝撃的なストーリーで締めくくられる。
 
 第二部「サマリア」では、別の衝撃ストーリーが展開する。「バスミルダ」とはチェヨンが憧れる伝説の娼婦であり、男を幸せにして仏教に帰依させる不思議な伝説の女性であるが、それに対し「サマリアの女」が偏見や差別を受けながらもイエス・キリストを信じるようになる女性をモチーフにしているようだ(しかし、少々こじつけ気味でもある)。自分にも男を幸せにできることも発見したし、チェヨンが得た金を男に直接返すことによって罪を償っているかのような展開でした。

 第三部「ソナタ」では、更に驚愕の展開が!二つの宗教的な関係を、韓国で最も売れている大衆車の名前を使い、宗教からは離れ、一般的な男(ヨジンの父親)の視点で進んでゆく。第二部で警官の父親が娘ヨジンの行為を目撃してからというもの、本人に問いただすことなく、一緒に寝た男たちに報復するという独善的な解決法を取ることになった。そして、父と娘の旅行へとストーリーは進む・・・

 この映画には、全編通して興味深い小物の伏線が多数存在する。「石」が報復対象への攻撃手段、車のスタックの原因、埋葬、車の教習等々と意味を変化させ、「車」に対するヨジンの心理も微妙に変化する。「洗い流す」行為も、浴場で二人が体を洗うシーン、お札と小切手に一旦火をつけるが煤を洗い流すシーン、そしてべったりとついた血を洗い流すシーンと、比較するのも面白い。

 途中まで感じたのは、「バスミルダ」での少女たちの会話がたどたどしかったことや、意外すぎるほどの行動に戸惑いを覚え、父親の豹変ぶりに唖然としたことによって、平凡な感想しか用意できなかった。しかし、公式サイトや「サマリア」の意味を調べるうちに、映画の見事な構成力に納得し、正しいと信じて行動したヨジンが父親に理解されずに置いていかれた切ないラストシーンが沸沸とよみがえってくる。本能にまかせることしかできない不器用な男たちと、社会から隔絶されてしまった純真無垢な少女が虚しく残像として記憶されてしまった・・・

 本来なら、衝撃度や後味の悪さに加え、急展開する内容の映画は好きなのですが、偽物の愛に縛られている登場人物に前向きな姿勢を感じられなかったのが残念。本物っぽい愛といえば、チェヨンに対するヨジンの愛だけしかなかったように思います。その唯一の愛が第一部「バスミルダ」で終わっているのでバランスが悪いと感じました。時系列をいじって、最後にも愛を感じられればもっといい映画になったかも・・・

★★★★・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (21)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
« ザ・リング2 | トップ | 50回目のファースト・キス »
最近の画像もっと見る

21 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やった!一番乗り!! (こまったちゃん)
2005-06-20 22:05:50
いつもTBをありがとうございます。恐縮かつ光栄です。

私も日本でもありそうな援助交際ものなんだろうなと観始めて、最後は打ちのめされました。

韓国ならではの第三部ですね・・・。

日本で同じストーリーを映画やドラマにしても、あそこまでできないような気がします。

毎度どうもです (kossy)
2005-06-20 23:03:19
>こまっちゃちゃん様

こちらこそ、映画情報を先取りされている記事を参考にさせていただいてますよ!

日本で作るとしたら誰がいいのでしょうね~

やはり北村、三池あたりのとんでもない展開を期待するほうがいいのかなぁ・・・
文章力をください (しん)
2005-06-21 01:29:41
二人の女の子の話ではなく、父と娘の話でもなく、女の子がひとりぼっちになる話なんです。



友情・恋愛・家族関係・成長・冒険・SEX・自立・・・・etc

全てが途中で放棄された女の子

宗教の無力さ、家族の脆さ

きっと、社会はこうして狂っていくのだろう

唯一の希望はラストのよたよた運転に見る、運命に抗う愛への執着心か・・・



ラストに愛を感じさせないのは、監督の狙い通りであり、そこは観客の好みの問題なのかな?

しっかり内容ふまえた上で、自分の理想とする映画とのギャップをはっきり語っていて、色んな「サマリア」評の中でもいい評だなと思いました。

自分の記事書き直したくなってきた。はは
文章力はありません(汗) (kossy)
2005-06-21 08:51:51
>しん様

しん様からお褒めの言葉をいただけるなんて光栄です。

ハリウッドが脚本不足なら、ネタバレ映画館のkossyは語彙不足という状況なんです。

この映画だけは、気ままに書いちゃいけないなぁと感じて、いつもよりも時間をかけて書きました(3時間プラス推敲の時間)。



実はキム・ギトク監督作品は初めてだったのです。

だから丁寧な感想を書くのでさえおこがましいと思えたのですが、これでよかったのですね・・・安心しました。



『サマリア』というタイトルからも、ヨジン中心に見れば納得できるのですよね。
TBがうまくいきません(泣) (ミチ)
2005-06-21 20:43:56
こんにちは!

見てまいりました~。

ああいうラストになるとは知らずに見ていたので、ビックリでした。

「興味深い小物の伏線」

そのとおりですね~。

石といい、洗い流すことといい。



もうちょっとじっくり考えて感想書けば良かったかなぁ。

ま、私の場合深い考察は苦手だからじっくりでも同じかしら(苦笑)
TBできない理由 (kossy)
2005-06-21 21:07:04
>ミチ様

TBチャレンジご苦労様でした。

多分、文章の内容に「公序良俗に反する言葉」がひっかかり、フィルターにひっかかるようです(俺もそうですので)。

だから、冒頭の文章以外を一旦削除してTBし、また文章を貼りつけるという無駄な努力を繰り返しています(汗)

方法はこれしかないようです・・・

goo同士だけですから、他のブログは大丈夫ですよ。
教えていただいて (ミチ)
2005-06-21 21:37:43
ありがとうございました~!

一旦削除してTBして・・・ってやったらできました!

「公序良俗に反する言葉」ですか・・・ガックリです。





こんばんは (カヌ)
2005-06-22 21:13:02
他の方のブログをみて、何となく理解はできたのですが、見終わった後は、何じゃこりゃでした(^^; 私には、もっと解かりやすい方がいいみたいでした。 
公序良俗 (祐)
2005-06-23 06:21:08
「えんじょこうさい(漢字)」が ひっかかるようです。

ただし 援交 と 省略すると OKみたいです。 昨日 偶然確認できました。



この映画、意味不明の部分がありました。韓国の風習だったり、宗教の考え方だったり、常識だったり。



同じ映画は、100人が100様の感じ方が出そうな映画だと思いました。

父親が 運転を教える意味をとっても いろいろな解釈がでると思います。



コメントを書こうと思っても キーボードを叩くたびに 別の考え方が出てきてまとまりません。ということで、いつものごとく「キムギドク」は罪な監督です。(笑)
むずかしい・・・ (kossy)
2005-06-23 08:42:09
>カヌ様

確かに予備知識を入れていかないとわからないですよね。

俺もわからない箇所(特にバスミルダ、サマリア、ソナタの意味など)を帰ってから調べなきゃいけないな~と思って・・・

ポツンと挿入された夢のシーンの解釈がやっかいですよね・・・



>祐さま

おお~ありがとうございます!

そっか・・・そうだったのか。

俺の『キングダム・オブ・ヘブン』や『コンスタンティン』『バンジージャンプする』の中の禁止ワードも探してみます?(笑)

自殺って言葉かな・・・



色んな解釈ができる映画っていいですよね~

みんなの感想も楽しみのひとつです。

コメントを投稿

映画2005」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

28 トラックバック

試写会「サマリア」 (こまったちゃんのきまぐれ感想記)
試写会「サマリア」開映19:00@ガスホール 「サマリア」2004年 韓国  配給=東芝エンタテイメント 監督・脚本・編集・美術監督=キム・キドク 出演=クァク・チミン、ソ・ミンジョン、イ・オル 上映時間=1時間35分 R-15 今日観るまで、チラシの写真し
サマリア (シネまだん)
監督:キム・ギドク  出演:クァク・チミン ハン・ヨルム イ・オル  公式サイト     7.5点 3部構成で綴られた悲しみのギドクワールド    第1部「バスミルダ」。軽い気持ちで援交を始めるチェヨンと、見張り役をすることになるヨジン。2人は
サマリア [置いてきぼりの少女・・・哀しく美しい映画。好きな台詞は?] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
2005/4/20 観てから二週間もたった。 この映画を語るにふさわしい言葉を模索してきたが、思いつかない。 ボキャブラリイが足りない 一つはっきりしてるのは、これはまぎれもなく「最高の映画」なのだ。 感想は小出しにして、時間をかけて完成させようと思う とりあえず印象
映画「サマリア」 (ミチの雑記帳)
映画「サマリア」 ★★★★☆ 奇しくも昨日「花とアリス」を見たばかりだったので、この「サマリア」と【日韓女子高校生対決】のようになってしまった。 もちろん映画のテイストは全く違うが、仲良しの女子高校生独特の空気感や純粋さ、友情とも愛情ともよべるようなあやう
サマリア (31歳独身男Kazuakiの映画日記)
「2回目のキム・ギドクワールド。だけど断然こっちがいい。何かがこの心を音を立てて駆け抜けた。ほんと、すげえ感じる。描かれてたもの全てが、頭に焼き付いて離れない。」 いやー、今週は忙しかった。今日は早く帰るぞーってことで、会社帰りにT・ジョイ新潟万代に行ってき
『サマリア』試写会/シネセゾン渋谷 (『世界の中心で、愛をさけんでると思ったら、中心から微妙にズレてた・・・』)
今日の試写会は、シネセゾン渋谷にて。 映画館での試写会は初めてでしたが、 まぁ普通に映画館で映画を観る感覚。 また、一番後ろのイイ席は関係者席になってた。 関係者は一番前で見ればイイのに。。。 でも、早めに行って並んでいたので、 後ろから2番目の通路側と
純粋すぎて痛い愛のかたち◆『サマリア』 (日々の記録と、コラムみたいなもの)
5月27日(金)名演小劇場にて 以前にも書いたことがあるが、私は巷の\"韓流ブーム\"に関しては、ささやかな疑問を抱いていて、韓国のイケメン俳優たちが来日する度に空港に集まって大騒ぎしている人たちをテレビで見ると、正直に言ってうんざりする。 先日、名古屋でも『
「サマリア」 (the borderland)
昨年は「猟奇的な彼女」をたまたまDVDで見たのを皮切りに、劇場で10本、DVDで3本韓国映画を鑑賞したんだけど、キム・ギドク監督の作品は見たいと思いながら見逃していました。やっと今回、韓流シネマ・フェスティバルでごった返すなか、行ってきました。ちなみにこの作
サマリア (金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等)
★本日の金言豆★援助交際は韓国でもあるが、日本ほど報道されることがなく、問題視されていない。(監督談) 「出会い系サイト規制法」「淫行条例」「児童売買春・児童ポルノ禁止法」「売春防止法」「児童福祉法」「ブルセラ禁止条例」「青少年育成条例」・・・いわゆる青
サマリア (まつさんの映画伝道師)
第109回 ★★★☆(劇場) (核心に触れる文面にて、ご注意あそばせ)  人それぞれの考え方がある。  価値観がある。  倫理観がある。  それを誰が責められようか。  ソウルの女子高生チェヨン(ハン・ヨルム)は、ヨーロッパ旅行実現のために
「サマリア」 (るるる的雑記帳)
「サマリア」を観ました(本家・fab*funにもup、レビューは毎度微妙に中身が違います)。 そこまで深読みをする必要はないのだけど、チェヨンは本当に存在しているのだろうか・・・と時折思いながら観ていました。他の介入を全く許さず、友情以上の繋がりをも感じさせる
サマリア (Cat Tail * cinema)
監督・脚本・編集・美術監督:キム・ギドク 撮影:ソン・サンジェ 出演:クァク・チミン、ハン・ヨルム(ソ・ミンジョンより改名)、イ・オル 他 公式HP 2004年*韓国*95分*R-15 レビュー ヨジン(クァク・チミン)は父・ヨンギ(イ・オル)と二人暮しの高校
映画/サマリア (Color of Words)
2004年 韓国 キム・キドク監督 第54回ベルリン国際映画祭 銀熊賞受賞 スト
サマリア ぼくにとってポカーン……な映画です。。 (<img alt=\"title\" title=\"title\" src=\"http://kizaemon.cocolog-nifty.com/blog/images/title_3.gif\" border=\"0\" />)
●サマリアを浜松東映劇場シネ★アジアにて鑑賞。 女子高生のヨジンは刑事をしている
描かれなかったもう一つのサマリア (ハードでルーズな生活)
三部構成,「バスミルダ」「サマリア」「ソナタ」。それぞれ,異なった視点で描かれる。なぜ,視点を変えなければならなかったのか? あらすじは,goo「あらすじ・解説の詳細」参照のこと。 ここで,明らかなように,最初は,チェヨンとユジンの援助交際にまつわる
サマリア (いつか深夜特急に乗って)
「サマリア」★★★★(盛岡フォーラム2) 2004年韓国 監
異教徒たちの土地「サマリア」 (再出発日記)
二人の少女の売春に関する話かと思うと相当違う。韓国版「罪と(罰)」(^^;)「サマリア」監督・脚本・編集・美術監督 キム・ギドククァク・チミン ソ・ミンジョン イ・オルキム・ギドクの作品は「悪い男」に次いで二作目。相変わらず心理描写を拒否した演技。それがま...
映画「サマリア」 (ある在日コリアンの位牌)
?ハピネット・ピクチャーズサマリア ?  今、世界的に注目される監督の1人であるキム・ギドク監督。この作品でベルリン映画祭銀熊賞(監督賞)、続く『3-Iron(空き家)』でヴェネチア映画祭監督賞を制し、残りカンヌ映画祭で監督賞を取れば、3大映画祭の3冠達成
『サマリア』 (よんふぁ広場)
本日は、この作品について。
サマリア (My Favorite Cinema & Book)
サマリア切なくなる映画だった。 十代の青春と躓き、親の葛藤。う~ん、この監督はやっぱり凄いです。 淡々とした映像の中にかなり衝撃的な内容、訴えかけるものは多いです。 十代の子が見るのと、親の年代が見るのでは全く違う受けとめ方があるんだろうな。 どちらかと.
サマリア (しーの映画たわごと)
サマリア2004年 韓国監督:キム・ギドク出演:クァク・チミン , ハン・ヨルム , イ・オルStory鬼才、キム・ギドク監督がふたりの女子高生とその父親が織り成す愛と狂気を描いたドラマ。援助交際をするチェヨンを心配するヨジンは、ホテルを見張る役を買
サマリア★★☆ (ホン嫌いな書斎)
一時の韓流ブームとは別次元で屹立し続ける 孤高の映像作家、キム・ギドク。 『サマ...
サマリア (impression)
ペルリン国際映の画祭で最優秀鑑督賞である銀熊賞を受賞した私一押しキム・ギドク監督作品。 この監督の世界観が好き。  第1章の「バスミルダ」、第2章の「サマリア」、第3章の「ソ
サマリア (映画まみれ)
『サマリア』 (‘04/韓国) 監督: キム・ギドク とても安っぽい言い方になってしまうけど、すばらしい作品だった。 人間の根源的な罪を描いた作品ではあるが、なぜか鑑賞後は切ないけれど温かい気持ちにさせてくれた。 キム・ギドクの作品は、残 ...
サマリア (39☆SMASH)
『サマリア』 あらすじ 『父親と二人暮らしをしている女子高生ヨジン。彼女の親友は同級生のチェヨンだったが、チェヨンはいつからか援交に走るようになっていた。ヨジンは親友の行動を嫌悪しながらも、チェヨンが心配で見張り役として行動をともにする ...
#2.サマリア (レザボアCATs)
静かに胸を裂くストーリーでした。優しい音楽との相乗効果が相まって、心に訴えかけてくる。簡単に常識・非常識で割り切ることの出来ない物語。 ベルリン国際映画銀熊賞受賞。監督・キム・ギドク
DVD“サマリア” (小さな心の旅)
サマリア/クァク・チミン ¥3,192 Amazon.co.jp     仲のいい女子高生2人。     ヨジンは男と連絡を取り、お金の管理と見張り役、     そしてチョヨンを送り出す。     ある時ホテルに警察が乗り込み、チョヨンは窓から飛び降りて…   ...
サマリア (Blossom Blog)
サマリア SAMARITAN GIRL 監督 キム・ギドク 出演 クァク・チミン ソ・ミンジョン イ・オル 韓国 2004