ネタバレ映画館

最強寒波が来るから
早めに映画観ておいた方がいいですよ!

サウンド・オブ・サンダー

2006-03-25 19:52:01 | 映画2006
 全てはライオンのホログラムが間違いのもとだった。おかげで全てがホログラムに見えてしょうがない・・・

 2055年には記録媒体が全てホログラムなのでしょう。未だにVHSビデオを楽しむ者にとっては夢の夢でしかありませんが、あのライオンほど鮮明に映し出されれば文句のつけようがありません。絶滅種を救うために研究を重ねるトラヴィス・ライヤー博士(エドワード・バーンズ)はこうしたライオンなどを記録して、ソニア・ランド博士を茶目っ気たっぷりで驚かせたりするのですが、白亜紀の可愛い恐竜だってこのホログラムに見えてしまうわけです。さすがに漫画チックではありませんでしたけど、噛まれても透り抜けちゃいそうな映像でした。

 さらに未来の道路には風変わりな車がいっぱい走っていて夢のような世界を描きつつも、これもまたホログラムっぽい映像になっていまして、これじゃ車にぶつかっても痛くも痒くもくすぐったくもありませんよね。ベン・キングズレーあたりが「よ~し、試しにぶつかってみようか?」などと言って車道に飛び出してもビックリしなかったかもしれません。

 虫がいっぱい出てくるシーンもあるのですが、さすがは『レリック』の監督さんです。もしかすると『ハムナプトラ』の虫を借りてきたのかもしれませんけど、ちょっと気持ち悪かったですね。そしてヘンテコな恐竜・・・顔がマントヒヒのようでしたけど、マントヒヒザウルスと命名してもいいのでしょうか。これもホログラムっぽかったです。

 ストーリーはレイ・ブラッドベリ原作なのでさすがに引きこまれるものがありましたけど、終盤になって「死んだって、過去を修復すれば生き返る」といった人命軽視につながる内容はいただけません。そして、絶滅種の研究者を登場させるなら捕食や食物連鎖についても考えないと、世の中狂暴な生物ばかりになって・・・と、考えるだけ無駄か・・・

タイムトラベル3原則+1
ルール1:過去を変えるな
ルール2:過去に何も残すな
ルール3:過去から何も持ちかえるな
ルール4:製作会社がつぶれたのなら映画を完成させなくてもいい!

★★・・・
元ライ○ドア幹部だったら、ツアーに参加しそうです・・・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (52)   トラックバック (89)   この記事についてブログを書く
« デタラメ映画館 その15 | トップ | これであなたもブログ通 »
最近の画像もっと見る

52 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大賛成! (Deanna)
2006-03-25 20:24:17
>ルール4:製作会社がつぶれたのなら映画を完成させなくてもいい!

大賛成いたします。

B級の香りが漂いまくる映画でしたが、B級とわりきって観ればそれなりに楽しめるのかもしれません。

それにしても、蝶は踏みつぶされなくても火山の爆発で死ぬ運命にあったと思うのですが、生態系に影響があったんでしょうかね?イマイチ納得できません。映画ではさら~っと流されてましたが。

Unknown (えふ)
2006-03-25 21:04:34
未来の車は、なんだかへんてこりんにごっつい車でしたね(苦笑)

へんな恐竜の顔は、ずーっとゴリラだとおもってみてました(爆)
あ! (こっちゃん。)
2006-03-25 21:18:24
あのケッタイな生き物は”マントヒヒザウルス”ってゆーんですね。



胸の支えが取れました( ̄∀ ̄*)



ありがとうkossyさん。

そしてありがとうマントヒヒザウルス!
B級の臭い (更紗♪)
2006-03-25 21:36:29
こんばんは♪

試写会で見たんですけど、なんだか想像していたのと違ってがっくりしちゃいました。

でも見ている最中はB級テイスト楽しみましたけどね。

ただ、あのでかい昆虫はイタダケナイ。気持ち悪すぎます
マントヒヒ (kossy)
2006-03-25 22:04:00
>Deanna様

もっといっぱいルールを作りたかったんですけど、多くなりすぎると覚えきれないですもんね(汗)

実は楽しめました。

だけど、帰宅するとすぐに忘れてしまう映画でもありました。



蝶はたしかに死んでしまいそう・・・気付かなかった(汗)

もしかして不死蝶だったりして・・・そんなのいないか・・・



>えふ様

今夏公開の『カーズ』よりもヘンテコリンな車。

あんなの乗りたくないです(笑)

へんな恐竜の顔は赤色がかってましたのでマントヒヒだと思ったのですが、もしかするとゴリラかもしれません。なんだったんだろ・・・



>こっちゃん。様

いいネーミングでした?(汗)

観てるとき、サルザウルスだと面白くないし、モンキーザウルスだと可愛すぎるし・・・などと色々考えながら観てました。

どうせなら真っ赤なマントをひるがえして飛んでほしかったよね。



>更紗♪様

予告編で期待して・・・評判の悪さも入ってきましたからね~

まぁ、それなりにB級映画だろうとは思ってましたけど、あれだけCGがバレバレな映像になってるとは想像できませんでした。

昆虫も気持ち悪かったですけど、ヘンテコな恐竜も・・・
CGがね・・・・ (シネマシネマ)
2006-03-26 08:44:22
CGがちゃちかったですね。



ドラえもんとのびたくんに見せて

あげたい映画です。
超B級でした・・・ (honu)
2006-03-26 09:13:25
こんにちは!

この作品、かなりの製作費がかかっているとたしか聞いたのですが・・・CGがかなりショボかったですね(^_^;)

“ルール4”には、私も同感です!

主役のエドワード・バーンズがかっこ良かったのが、せめてもの救いでした。
ドラえもん (kossy)
2006-03-26 10:40:34
>シネマシネマ様

ドラえもんの絵の方がいいですよね~

ま、タイムパラドクスとしてはドラえもんよりも優れてると思いますが・・・



>honu様

製作費は80億円?ちょっと凄そうです。

せっかく金をつぎ込んだのに、会社が倒産してしまった。その損失分もあるんでしょうけど・・・

エドワード・バーンズはこれからも俳優で頑張ってもらいたいですね♪
倒産? (かのん)
2006-03-26 10:53:57
制作会社が倒産してたんですか? セットはわりと豪華なのにCGが安っぽいのはその影響だったのでしょうか。主人公2人以外は明らかに捨てキャラなのが見え見えだったので、途中でいなくっても何の緊張感もなかったし、人名軽視というのはその通りでしたね。
CG (kossy)
2006-03-26 11:02:45
>かのん様

あちこちの記事を読んでいると、この映画が企画されたのは5年前だそうで・・・紆余曲折があったのだとは思いますけど、倒産までしているなんて!

ベン・キングズレーの怪演もすべて安っぽくしてしまいました。最終的に公開にこぎつけたのが監督なのか、プロデューサーなのか・・・ううむ。

人命軽視はいけないですよね~

コメントを投稿

映画2006」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

89 トラックバック

A Sound of Thunder(2004,U.S. & Germany) (The Final Frontier)
「過去を変えた人類に未来はあるのか?」という煽り文句からB級のニオイがプンプンするなぁとは思っていたのですが、まぁ、観てみました。 サウンド・オブ・サンダー 西暦2055年、人類はタイムトラベルを可能にしていた。シカゴの大手旅行代理店タイム・サファリ社では、650
サウンド・オブ・サンダー (Lovely Cinema)
2005/アメリカ 監督:ピーター・ハイアムズ 出演:エドワード・バーンズ    キャサリン・マコーマック    ベン・キングズレー     2006/3/25 映画館にて鑑賞 ★★☆ 予告を見たときから妖しいとおもっていたけど・・・やっぱりB級だったぁ ー!ヾ(≧
サウンド・オブ・サンダー (こっちゃんと映画をみまちょ♪)
うわっ!コテコテのB級映画やんっっっ!コレを観はじめてすぐそう思いましたねぇ。 なんともチープなVFX。イマイチ”華”のない俳優人。特別、あっ!っと「驚かない」展開(笑)こんな映画を、今この時点で「試写会」として観ているのが不思議な気分にすらなってしまいます
サウンド・オブ・サンダー(試写会) (cinema village)
コメント無きTBは削除させて頂きます。 監督/ピーター・ハイアムズ 出演/エドワード・バーンズ ベン・キングスレー あらすじ/タイムトラベルが可能になった西暦2055年。 シカゴの大手旅行代理店では、6500万年前にタイムトラベルし、 恐竜狩りが楽しめるというツア
サウンド・オブ・サンダー A SOUND OF THUNDER (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
エドワード・バーンズ、キャサリン・マコーマック ベン・キングスレー主演 レイ・ブラッドベリ原作 2055年のシカゴ 時空を行き来出来るマシンをTIME SAFARI社が所有し 裕福な人達を満足させる為恐竜ハンティング・ツアーを主催していました 危険が伴う事を承知で社長ハ
☆卒業パーティー☆ (☆FREE STYLE☆)
明日はついに卒業記念パーティー{/kirakira/} 念願だった袴が着れるぅ{/choki/}{/face_yaho/} 個人情報のため、写真はUP出来ないけど、明日はパーティーの模様を思う存分語っちゃる{/3hearts/} きっと涙涙涙・・・なんやろなぁ{/face_naki/} 私は関東の人間ですが、気づ
試写会「サウンド・オブ・サンダー」 (こまったちゃん。のきまぐれ感想記)
試写会「サウンド・オブ・サンダー」開映18:30@九段会館 「サウンド・オブ・サンダー」 A SOUND OF THUNDER 2004年 アメリカ・ドイツ 配給:ギャガ=ヒューマックス 監督:ピーター・ハイアムズ 製作:フィル・アンシュッツ、ハワード・ボールドウィン、   
「サウンド・オブ・サンダー」は、バック・トゥ・SF・パニック映画だ! (bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ)
宣伝コピーが <過去を変えた人類に未来はあるのか? 2055年人類絶滅!>の 「サウンド・オブ・サンダー」の 試写会に行ってきました。 冒頭から「タイムマシン」旅行を見せられ ワクワク~ 2回目の「タイムマシン」旅行で問題が発生し 過去が変えられ2055年の 世
『サウンド・オブ・サンダー』  (シネマシネマシネマ)
こちらは旅行代理店『タイム・サファリ』です。 白亜紀に戻り恐竜を見て、退治して現在に帰ってくる 通称『白亜紀ハンティングツアー』を体験しませんか? 半年待ちの人気のツアーとなってます。(0^□^0) ただし、3つのルールがあります! ルール1:過去を変えるな。 ル
『サウンド・オブ・サンダー』 ☆今年22本目☆ (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
『サウンド・オブ・サンダー』公式サイト:http://www.sot-movie.jp/原題:A SOUND OF THUNDER製作:2004年アメリカ/ドイツ監督:ピーター・ハイアムズ出演:エドワード・バーンズ/キャサリン・マコーマック/ベン・キングズレー/ジェミマ・ルーパー/デヴィッド・オイェロウ
サウンド・オブ・サンダー/ エドワード・バーンズ、キャサリン・マコーマック (カノンな日々)
観に行く前にあんまり宜しくない映画評をちらほら読んでしまったがために、どうしようか迷ったんだけどSF大好きだしタイム・パラドックスも好物だしで、ハズレてもいいやと開き直りで観たのが幸いしたようで、そこそこ楽しめました。しっかし、この手のB級SF映画は久しぶ.
サウンド・オブ・サンダー (メルブロ)
サウンド・オブ・サンダー 上映時間 1時間42分 監督 ピーター・ハイアムズ 出演 エドワード・バーンズ キャサリン・マコーマック ベン・キングズレー 評価 3点(10点満点)    原作は50年も前のレイ・ブラッドベリの小説。これまで映像化不可能と言われたんだ.
サウンド・オブ・サンダー (メルブロ)
サウンド・オブ・サンダー 上映時間 1時間42分 監督 ピーター・ハイアムズ 出演 エドワード・バーンズ キャサリン・マコーマック ベン・キングズレー 評価 3点(10点満点)    原作は50年も前のレイ・ブラッドベリの小説。これまで映像化不可能と言われたんだ.
シネマ日記 サウンド・オブ・サンダー (skywave blog)
「進化は、人類など求めていない」 近未来もの好きの私は、 このコピーに惹かれ、公開初日に観てしまいました。 2055年、主人公は、タイムトラベル会社の研究員兼ツアコン
映画「サウンド・オブ・サンダー」 (ポテトサラダ☆の映画「ガイダンス」)
評価・・・5.5点 ? ストーリー タイムトラベルが可能になった2055年。トラヴィス(エドワード・バーンズ)がツアーの添乗から帰還すると町がジャングルと化していた……。 ?感想 始めにこの映画は、CMでおもしろそっ!!と思うだけで観に行くとたぶん、期待
サウンド・オブ・サンダー-(映画:今年44本目)- (デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと))
監督:ピーター・ハイアムズ 出演:エドワード・バーンズ、キャサリン・マコーマック、ベン・キングズレー、ジェミマ・ルーパー 評価:70点(100点満点) 公式サイト (注意:ネタバレあります思い切り) 2055年、タイムトラベルが実用化された時
【 サウンド・オブ・サンダー 】 (もじゃ映画メモメモ)
タイムトラベルが可能になった時代、白亜紀ハンティング・ツアーでハプニングが起こり生物の進化を変えてしまうSFアクション。 過去のちょっとしたコトが現在に大きな影響を及ぼすタイムトラベル物の定番。 それにしても、白亜紀のシーンや街中のシーンなどCG合成は思...
広島市民球場について (地震人)
 主に広島東洋カープのホームグランドとして知られている広島市民球場は一昨年10月
サウンドオブサンダー 西暦2055年人類タイムトラベルに成功! (話題のナレッジベース)
「サウンドオブサンダー」原作:レイ・ブラッドベリ著「いかずちの音」。タイムトラベルの些細な事故で歴史が変わり、近未来都市に恐竜が出現!制作費100億円をかけて贈るSFアクション超大作!    人々がタイムトラベルを利用して過去に戻り、恐竜ハンティング・ツア
サウンド・オブ・サンダー (Rohi-ta_site.com)
映画館で、出演:エドワード・バーンズ/キャサリン・マコーマック/ベン・キングズレー/ジェミマ・ルーパー/デヴィッド・オイェロウォ/ヴィルフリート・ホーホルディンガー/コーリイ・ジョンソン/原作:レイ・ブラッドベリ/脚本:トーマス・ディーン・ドネリー/ジョシュア・オ
サウンド・オブ・サンダー (ぷち てんてん)
昨日見てきました。春休みだから、意外とお客が入っていましたよ♪☆サウンド・オブ・サンダー☆(2004)ピーター・ハイアムズ監督レイ・ブラッドベリ・・「雷のような音」または「サウンド。オブ・サンダー」原作エドワード・バーンズ・・・・・・・トラヴィスキャサリン...
サウンド・オブ・サンダー、試写会 (ITニュース、ほか何でもあり。)
新宿厚生年金会館での試写会。 タイムトラベルを主題にしたSF。 まず、この種の映画の場合、 タイムパラドックスが生じてしまうことが多いのですが、 この映画でもその矛盾に答えていません。 また、幾つか突っ込みどころはもちろんあるのですが、 それはそれ、どんな映
金返せとはいわない「サウンド・オブ・サンダー」 (再出発日記)
監督:ピーター・ハイアムズ出演:エドワード・バーンズ、キャサリン・マコーマック、ベン・キングズレー、ジェミマ・ルーパーもちろん多くを期待はしていなかった。タイムパラドックスを扱う。SFの定石ですね。どう料理するのか確かめておきたかった。けれども、原作は...
映画『サウンド・オブ・サンダー』 (映画っていいね。)
『サウンド・オブ・サンダー』を観てきました。 2055年、タイムトラベルが可能になり、恐竜退治ツアーが売り出される。 そして、その恐竜退治ツアーのせいで、時の歯車が狂い、”現在の世”に時の波動として、その変化が押し寄せる・・・ そのストーリが面白そうで、
サウンド・オブ・サンダー (龍眼日記 Longan Diary)
タイムトラベルの3原則 「過去を変えるな」 「過去に何も残さない」 「何も持ち帰えるな」 西暦2055年。 シカゴにあるタイムサファリ社は6500万年前にタイムトラベルし恐竜狩りをする・・・ というツアーを売り出し、高額所得者相手に人気を集めていた。 1ツ
【劇場鑑賞29】サウンド・オブ・サンダー(A SOUND OF THUNDER) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
西暦2055年 人類はタイムとラベルに成功・・・ 第1波 異常気象発生 第2波 熱帯系巨大植物繁殖 第3波 凶暴な道の巨大生物出現 第4波 そして、終わりを告げる波がくる。 取り戻せ、過去を 守り抜け、未来を 進化は、人類など求めていない
映画館「サウンド・オブ・サンダー」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
過去を変えたら、未来が変わっちゃったぁ~! って、タイムトラベルが可能になった時代のお話~。 タイムトラベルモノって、嫌いじゃないのですがなんだかガッカリすることが多いんですよねぇ。まぁ、これはガッカリまではしませんでしたが。車などは未来的なのに服装...
サウンド オブ サンダー (★☆ STARBLOG ☆★)
映画「サウンド・オブ・サンダー」を観てきた。 レイ・ブラッドベリ原作、シド・ミードがビジュアルデザインに参加しているというのにそそられたからだ。 テレビで見たいタイプの映画だった。。。 予算の都合で完成までに困難を極めたそうだけど確かに低予算をうかがわせる
サウンド・オブ・サンダー (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★☆☆☆     珍生物大紀行
サウンド・オブ・サンダー (映画をささえに生きる)
CGが安い映画は我慢ならん、って人は観ないほうが良いでしょうね。特に街の描写は開き直りとも思えるレベルで、いまにも機関車トーマスが登場しそうな雰囲気を漂わせています。
「サウンド・オブ・サンダー」 (三○○○ 映画付)
いろんな意味で期待を裏切らない 「サウンド・オブ・サンダー」 ↑ これと鳥と竜みたいな魚と殺人植物。。。 なんでも人間を襲う習性なんだもんなぁ 人間に害のない愛らしいキャラなんかあってもよかったのに 期待通り穴だらけの設定。 でも、まあ製作者の意図もわかるか
映画「サウンド・オブ・サンダー」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「サウンド・オブ・サンダー」★★☆ SF小説の巨匠レイ・ブラッドベリの短編をピーター・ハイアムズ監督が映画化。 白亜紀の空間に丸い穴が開き、そこから透明の通路が延びて、恐竜などをウォッチングするというタイムトラベルツアーが商売として成り立っている2
『サウンド・オブ・サンダー』 (ねこのひたい~絵日記室)
「ものすごい進化の波が来ちゃうよ。助けて、ドラえも~ん」
「サウンド・オブ・サンダー」 (てんびんthe LIFE)
「サウンド・オブ・サンダー」九段会館で鑑賞 前評判が悪いのであまり期待せずに行ったらそれなりに面白かったです。SFタイムトラベルのお約束、残さない。持ち込まない。そこで起こる何かなんですがたった1.3gの何かを探すんですが…。私は道を踏み外したときに靴底
『サウンド・オブ・サンダー』 2006・3・26に観ました (映画と秋葉原とネット小遣いと日記)
『サウンド・オブ・サンダー』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 2055年、人類はタイムトラベルに成功していた。金持ち相手に、6500万年前への恐竜ハンティング・ツアーも行われていたが。生還した後、現代に急激に、劇的な異変が起こりはじめる・・・・・・・
サウンド・オブ・サンダー (まったりでいこう~)
先週は風邪でダウンしてしまい、観ようと思っていた映画の予定が大幅に崩れてしまいました・・・。この作品もそうだったのですが、いや~別に初日じゃなくてもよかったかなと(笑)ていうか、レディーズデーで十分でありました。 といっても途中で飽きて退屈するとか眠くなる
「サウンド・オブ・サンダー」みた (たいむのひとりごと)
ブログが不安定なのに、懲りない私です(笑)ブログの完全復旧を待とうかと、暇つぶしも兼ねて映画鑑賞に行ってきた。これって”ブラッドベリ”だったのね。どーりで・・という感じの作品だった。(以下ネタバレあり)まー、すごくわかりやすいです。突っ込
サウンド・オブ・サンダー (Alice in Wonderland)
この映画を観る予定ではなかったんだけど、仕事で時間が遅くなり選択の余地がなくなって・・・ エドワード・バーンズはかなり好きな俳優さんで特に声が大好きなので期待はして観たのですが、このB級感がプンプンしてて、内容も映像も良く言えばレトロ、悪く言えば古くさ...
B3:サウンド・オブ・サンダー (~勝手に映画評価~)
2055年、旅行代理店タイム・サファリ社はタイムマシンを使用して6500万年前の白亜紀に行き恐竜狩りをするというツアーで大儲けしていた。過去にあるものを少しでも変えてしまったら、未来も変わってしまうということを知りつつもツアーを続けていたが、ある日のツアーを境に
「サウンド・オブ・サンダー」見てきました (よしなしごと)
 難しいことを考えずに、単純に楽しめそうな映画、サウンド・オブ・サンダーを見に行ってきました。前売り券のおまけは砂時計です。一応、タイムトラベルネタと言うことで砂時計なのかな?ちょっと微妙なおまけですが。。。前売り券を買った時は、サウンド・オブ・サンダー
サウンド・オブ・サンダー (minaの官能世界)
 わたしの甥っ子は、春休みになって、よほど暇を持て余していたらしい。 「中学生になったら、おネーちゃんと一緒に映画を観に行くのは、恥ずかしいから厭だ」なんて、生意気なことを言っていたのに、映画に連れて行ってとねだって来た。 「あれ~? おネーちゃんと行くの
映画感想「サウンド・オブ・サンダー」 (三匹の迷える羊たち)
映画感想「サウンド・オブ・サンダー」 【評価】★★ 【笑い】 【エロ】 【感動】★ 【SF】★★★ 【スリル】★★ 【アクション】★★ 【特撮】★★ なんかダルダルでしたねー。タイムマシンをネタにした、タイムパラドックスが主題なんですけどねぇ。 どうや.
「サウンド・オブ・サンダー」■予想通り (映画と出会う・世界が変わる)
レイ・ブラッドベリは最高の作家だと思うが、映画化についてはかなり不運な人だと思う。今回も監督がピーター・ハイアムズという点で出来はほぼ予測されるが、まさに想定の範囲内である。それなりに力の入った場面の連続なのであるが、全体には安っぽい出来になっている点...
サウンド・オブ・サンダー (映画評論家人生)
布施ラインシネマ10 思いつきそうで、思いつきそうな発想のSFだ。がしかし、よくできている。タイムスリップは、これまでとんでもない数が映画化されてきた。 本作はB級ものの上といえる。大きな話なのに、
久しぶりに映画を観に行きました (やわらかい穴)
水曜日のレディースデーは1000円だからと、先日会社を辞めたばかりの友達に映画に誘われ行ってきた。貧乏な私は、普段だったら1800円も出して観に行けないもん。レディースデーを知らなかった!これから利用しようどうせ直ぐレンタルになるからレンタルでいいもん。って思...
サウンド・オブ・サンダー(2005年) (勝手に映画評)
タイトル サウンド・オブ・サンダー ---感想--- 時は2055年。人類は、タイムトラベル技術をついに手に入れ、時間を超えた観光旅行を楽しんでいる時代の話。しかし、そのタイムトラベルは、人類滅亡への旅でもあったと言うのが設定。まぁ、タイムマシンで過去の時空を歪める
★「サウンド・オブ・サンダー」 (ひらりん的映画ブログ)
SF・・・しかもタイムトラベルもの・・・ お金かかってそうな作品はとりあえず観てみるべし。 主演は、エドワード・バーンズ・・・ちょっと影うすいかなぁ・・・
サウンド・オブ・サンダー (映画で綴る鑑賞ノート)
レンタルビデオ屋さんの未公開作品コーナーに並んでる、 大ヒット作をちょっとパクって作ってみました というようなSF物を思い出させるような、驚愕のVFX! と書くのは、褒め過ぎか?(笑) ※ ネタバレ 注意! ※ B級だろうが、A級だろうが、どんな映画でも楽
「サウンド・オブ・サンダー」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
********************************** 2055年、シカゴの旅行代理店タイム・サファリ社は、人類の長年の夢で在ったタイム・トラベルを売り出した。最新のタイムマシーンTAMIを使って白亜紀の恐竜狩りを客に体験させるというスリリン
サウンド・オブ・サンダー (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
サウンド・オブ・サンダー ★★★☆☆ http://www.sot-movie.jp/ 西暦2055年、人類はタイムトラベルを可能にしていた。 シカゴの大手旅行代理店タイム・サファリ社では、6500年前にタイムトラ
サウンド・オブ・サンダー(映画館) (ひるめし。)
過去を変えた人類に未来はあるのか? CAST:エドワード・バーンズ/キャサリン・マコーマック/ベン・キングズレー 他 ■アメリカ産 102分 これ最初04年のお正月公開予定だったみたいで、延びて延びてやっと公開~。 王様のブランチでLILICO姉さんが「突っ込みどころ満載
『サウンド・オブ・サンダー』 (なんでもreview)
雷の音…した?
懐かしいB級映画の香り/『サウンド オブ サンダー』 (活字はこう読む? 雑・誌・洪・積・世)
●サウンド オブ サンダー● A SOUND OF THUNDER  2004年 アメリカ・ドイツ 監督:ピーター・ハイアムズ 原作:レイ・ブラッドベリ 出演:エドワード・バーンズ、ベン・キングズレー、キャサリン・マコーマック、    ジェミナ・ルーパー、ウィルフリード・ホ.
サウンド・オブ・サンダー・・・・・評価額900円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
観る前から期待してはいけない映画なのは判っていた。 何しろ昨年の全米公開時は、800館強という決して多いとは言えないスクリーンで公開されたのだが、僅か2週間で60館ほどに・・・
映画「サウンド・オブ・サンダー」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2006年17本目の劇場鑑賞です。劇場で観ました。「エンド・オブ・デイズ」「ヤング・ブラッド」のピーター・ハイアムズ監督作品。巨匠レイ・ブラッドベリの古典的傑作SF短編を最新の映像技術で映画化したSFパニック大作。予想していたとおり酷い作品でした。大金をかけてい...
サウンド・オブ・サンダー(A SOUND OF THUNDER) (わかりやすさとストーリー)
●例えるなら、ジグザグで、ところどころ補修が必要なレールが敷かれた炭鉱の中をトロッコで走りきった、職人技が光るイケてるB級テイストなタイムトラベル作品●
サウンド・オブ・サンダー (とにかく、映画好きなもので。)
 2055年の近未来。  時空を越えるタイムトラベルの技術を駆使して、白亜紀に戻る事の出来るツアーを慣行するタイム・サファリ社はお金持ちを対象にハンティングツアーを行っていた。  ツアーの危険性は指摘されたものの・・・このツアーにはルールがあった。
サウンド・オブ・サンダー (とにかく、映画好きなもので。)
 2055年の近未来。  時空を越えるタイムトラベルの技術を駆使して、白亜紀に戻る事の出来るツアーを慣行するタイム・サファリ社はお金持ちを対象にハンティングツアーを行っていた。  ツアーの危険性は指摘されたものの・・・このツアーにはルールがあった。
映画:「サウンド・オブ・ザンダー」~コロナで (David the smart ass)
「サウンド・オブ・サンダー」ってタイトルです。このくらいだったら、「いかずちの音」でもいいし、「雷の響き」「雷鳴」とか、「遠雷」でもいいかな、何か、翻訳できそうなんだけど
サウンド・オブ・サンダー (ルナのシネマ缶)
原作は、レイ・ブラッドベリの 「太陽の黄金の林檎」(ハヤカワ文庫) の中の短編「いかずちの音」です。 だから、ストーリー自体は、 まあまあなんですが・・・ う~~ん、この手のSF物は、映像が命ですからね~。 ちょっといかにも合成って感じの映像では、 そ
「サウンド・オブ・サンダー」 (不良中年・天国と地獄)
4月4日(火)新宿ピカデリー2にて時は2055年。科学の発達で、人類はタイム・トラベルが可能になっていました。シカゴの旅行代理店、タイム・サファリ社では、65000万年前にタイム・トラベルし、恐竜狩りを楽しむというツアーが人気を集めていました。ある日、ツアー客の...
SF・アフター・パニック@サウンド・オブ・サンダー (憔悴報告)
この映画がSFしてるのは最後の最後で視点がタイムワープする部分だけである。
「サウンド・オブ・サンダー」 (ナナシ的エンタメすたいるNet)
「サウンド・オブ・サンダー」を観て来ました。 SF小説の巨匠レイ・ブラッドベリの「いかずちの音」を ピーター・ハイアムズが映画化。 タイムトラベルがもたらした 人類滅亡を描いたパニックアクション映画作。 出演陣には、エドワード・バーンズ、 キャサリン・マコーマッ
【映画】 サウンド・オブ・サンダー (mei blog)
サウンド・オブ・サンダー見ました! 個人的な感想は、まず 「ポップコーンのコンソメフレーバーが美味い!」 しかし! 「なぜMサイズしかないのか?」が疑問に残りました。 いかに食後と言えど万人が満腹であるはずもない。 両手いっぱいに抱えたポップコーンを心置
映画『サウンド・オブ・サンダー』 (音の鳴る木)
 今日は映画の日で1,000円で見れるのではしごしてもう一本見てきました。と、いう事で本日の2本目は『サウンド・オブ・サンダー』です。
サウンド・オブ・サンダー<ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
2055年の話。タイムトラベルが出来るようになった人類ですがシカゴの旅行会社が(経営者が)強欲だったばっかりにとんでもない事に発展していきますな。まぁ あんな恐ろしい恐竜狩りをしてりゃ いつか誰かビビリがへまを起こすのは目に見えてましたがそれより あの...
サウンド・オブ・サンダー (俺の話を聴け~!)
う~ん、凄い。最近これほどまでにチープな映像表現でここまで大きな話を扱った映画があっただろうか。完成までに紆余曲折があったとはいえ、この特撮レベルでよく公開できたもんだ。とはいえ、我々日本人は、映像がどんなにチープでも感動できるSF作品が存在することを、ウ.
:「サウンド・オブ・サンダー」 (この映画見ないとイ~ヤ~ダ~!!)
「当たらないタイムスリップもので当たりが来るかな~...蓮」 実は結構期待していたんだけど、 肩透かしくらいそうだから程ほどに... と思っていました。 うん、まあ合格点でしょ聆秊 結構楽しめましたよ、私。 SF好きですし...&am
【サウンド・オブ・サンダー】 (ROMPER’S ROOM)
一日中ど~んよりした{/hiyoko_cloud/}でした。 なんだかオモシロそ~だな~と思っていたので見てきました。 ストーリーは以下。(ネタバレ) ------------------------------- 近未来、人類はついにタイムトラベルの技術を手に入れた。
『サウンド・オブ・サンダー』~映画と原作の関係4 (Dead Movie Society★映画三昧★)
3月25日公開のSF娯楽映画『サウンド・オブ・サンダー』は、 初登場で4位か5位、3週目に入っても7位とベスト10内をキープ して、予想外のヒットになっている。なぜ「予想外」かといえば、 全米では「酷評一色」で、まともに公開もされず、今や2億ドル が全米大ヒ
映画『リトル・ランナー』を観て (KINTYRE’SPARADISE)
原題:SaintRalph(カナダ)公式HP上映時間:98分監督・脚本:マイケル・マッゴーワン出演:アダム・ブッチャー(ラルフ・ウォーカー)、キャンベル・スコット(ヒバート神父)、ジェニファー・ティリー(看護師アリス)、ゴードン・ピンセント(校長)、タマラ・ホープ(...
サウンド・オブ・サンダー (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  決算で忙しくて、だいぶ長いこと映画館に行けなくてストレスが溜まりましたが、やっとこの映画を観に行くことが出来ました・・・。  本作は、レイ・ブラッドべリの短編『いかずちの音』を映画化した、時間テーマSF作品である。さて話の内容だが、近未来でタイ
■サウンド・オブ・サンダー (ルーピーQの活動日記)
西暦2055年、人類はタイムトラベルの技術を手に入れた。シカゴの旅行代理店タイム・サファリ社は高額所得者を対象に、タイムマシンを使った白亜紀恐竜ハンティングツアーを売りにしていた。ある夜、ツアー参加者を招いたパーティーにタイムマシンの開発者ソニア(キ.
「サウンド・オブ・サンダー」(04米) (新世紀活動大写真)
今日はしんかについてのえいがを見ました。むかしにいって、ちょつとでもなにかをかえると今になるととんでもないことがおきるそうです。かざんがばくはつしてもうすぐしぬはずのきょうりゅうをうちにいった人たちがかえってくると町につぎつぎとたいへんなことがおきて、...
サウンド・オブ・サンダー (☆えみたんの日記帳☆)
あの「サウンド・オブ・サンダー」を見てきたよぉ~♪ ストーリー 2055年、旅行代理店タイム・サファリ社は、 タイムトラベルによる6500万年前への恐竜ハンティング・ツアーで潤っていた。 ところがある日、ツアー客のひとりがあるものを持ち帰ってしまったことから、 現代
サウンド・オブ・サンダー (まつさんの映画伝道師)
第405回 ★★★(劇場) (核心に触れる文面あるので、ご注意あそばせ)  タイムトラベルを描いた映画にハズレはない、というジンクスがある。  例えばその代表格である「バック・トゥ・ザ・フューチャー」(1985)や「タイム・アフター・タイム」(1.
サウンド・オブ・サンダー (ぶっちゃけ…独り言?)
3点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) う~ん、何からツッコめば良いのやら・・・ まぁ、一言で言うなら・・・ しょぼっ! 『キング・コング』を観た後だからでしょうか。 やったら、セットとCGがチャチに見えたんですけど。 特にCGは ...
サウンド・オブ・サンダー (いつか深夜特急に乗って)
「サウンド・オブ・サンダー」★★★ (盛岡フォーラム3)20
サウンド・オブ・サンダー (色即是空日記+α)
『サウンド・オブ・サンダー』 A SOUND OF THUNDER 監督:...
サウンド・オブ・サンダー(2004) A SOUND OF THUNDER  102分 (極私的映画論+α)
 西暦2055年、人類はタイムトラベルを可能にしていた。シカゴの大手旅行代理店タイム・サファリ社では、6500万年前にタイムトラベルして恐竜狩りを楽しむという人気ツアーを主催していた。地球の歴史が変わらぬよう、ツアーは厳格に管理されていたが、ある時、ツ ...
サウンドオブサンダー (土曜の夜は・・・)
story 『いかずちの音』あるいは『雷のような音』という邦訳題で知られる巨匠レイ・ブラッドベリの古典的傑作SF短編を最新の映像技術で映画化したSFパニック大作。タイムトラベルが可能になった近未来を舞台に、恐
サウンド・オブ・サンダー 06年154本目 (猫姫じゃ)
サウンド・オブ・サンダー 2004年  ピーター・ハイアムズ 監督エドワード・バーンズ 、キャサリン・マコーマック 、ベン・キングズレー 、ジェミマ・ルーパー 、デヴィッド・オイェロウォ ふ~ん、、、こういうお話だったのね。ストーリーはおもしろいで ...
【洋画】サウンド・オブ・サンダー (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  B- (演技3/演出2/脚本2/撮影2/音響3/音楽2/美術2/衣装3/配役2/魅力2/テンポ2/合計25) 『評論』 「蝶
サウンド・オブ・サンダー (琴線~心のメロディ)
【2006年3月25日劇場公開】 【ジャンル:SF・ファンタジー】 【観た場所:レンタル・DVD】 面白かった度:★★ オススメ度:★ もう一度観たい度:★ 公開当時は映画館で観たいと思ったものだが、結果、わざわざ観に行かなくて よかったのかな。 あのCGは ...
サウンド・オブ・サンダー (A Sound Of Thunder) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ピーター・ハイアムズ 主演 エドワード・バーンズ 2004年 アメリカ/ドイツ映画 102分 SF 採点★★ 歳をとると円熟味が増すとかなんとかも言ったりしますが、得るものよりも圧倒的に失うものの方が多いのではと感じ始める、今日この頃。私も、もう歳ですか ...
サウンド・オブ・サンダー…デタラメ時間旅行理論は斬新かも!? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
今日{/kaeru_fine/}もお休み。 最近三連休とれることってあんまりないのですが、 どこにもいかずに家でDVD観てマス{/face_ase2/} 他には「ケロロフィックス」買ってきたぐらいの一日。 で、映画の記事です。 「サウンド・オブ・サンダー」 (監督:ピーター ...
映画『サウンド・オブ・サンダー』 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:A Sound of Thunder 6500万年前の蝶一匹のために劇的で未曾有なタイム・ウェーブが、恐竜ハンティング・ツアーでの些細なトラブルが、・・異常気象に巨大なシダ、未知の動物・・ 2055年シカゴのタイム・サファリ社の社長チャールズ・ハットン(ベン・キン...
映画評「サウンド・オブ・サンダー」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2005年アメリカ=ドイツ=チェコ映画 監督ピーター・ハイアムズ ネタバレあり
サウンド・オブ・サンダー (mama)
A SOUND OF THUNDER 2005年:アメリカ 原作:レイ・ブラッドベリ 監督:ピーター・ハイアムズ 出演:エドワード・バーンズ、キャサリン・マコーマック、ベン・キングズレー、ジェミマ・ルーパー タイムトラベルが可能になった西暦2055年。シカゴの大手旅行代理...