ネタバレ映画館

最強寒波が来るから
早めに映画観ておいた方がいいですよ!

2046

2004-10-25 20:23:17 | 映画2004
 秘密を隠すにはどうするか?井戸の中に叫べばいいんですよ。「王様の耳はロバの耳!」ってね。。。

 まさしく秘密を言いたくなる映画、「つまんないですよ、これ」って。『花様年華』はまぁまぁよかったのになぁ。この続編とか言われているけど、トニー・レオンの性格が変わっていませんか?妻を寝取られてから女狂いになってしまったのでしょうか?とりあえず中国を代表する女優さんたち、綺麗ですよ。しかもいっぱい出てくるから、ドン・ジエも出てたのか・・・チェックし忘れ・・・みたいに、かなりもったいないくらいのキャスティングでした。特にチャン・ツィーの熱演は見ものなんですが、その他の俳優さんはほとんど演技してません(笑)。カーウァイ監督はひょっとしてファッションショーでも撮りたかったのかと思わせるほど綺麗な映像にこだわってるかのようで・・・字幕の台詞を追っていかないと理解できない映画なんて、小説読めばいいのでは?とだんだん腹立たしくもなってきます。

 カンヌでは無冠に終った今作品。気をよくしすぎていたのでしょう・・・反省してください。未完成の映画は出品してはいけません!サブタイトルに「中国映画ファンの集い」とか付けておけばいいのに・・・

2046@映画生活
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (40)   トラックバック (67)   この記事についてブログを書く
« 透光の樹 | トップ | シークレット・ウインドウ »
最近の画像もっと見る

40 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
みようか (xina-shin)
2004-10-26 00:35:08
どうか迷ってます。

チャン・ツィイーは見たい、けどキムタクはいらない・・・

前作もまだ見てないし・・・
さすが (chishi)
2004-10-26 01:11:16
ナイスコメント!

花様年華を見てなかった私がイケナイのねって思ってました。

大々的な宣伝の下に大きな映画館で上映する作品じゃないと思ったな~。

が、綺麗な女優さん達の身体のパーツパーツに終始ドキドキしっぱなしでした。
Unknown (アウラ)
2004-10-26 03:03:24
こんにちは。ほんとナイスコメントです(笑)

花様年華はこうなったらぜひ観てみようかと思ってます。

観てもやはり叫びたくなるのかどうか・・なりそうな気もしますが・・
ナイスですか?(汗) (kossy)
2004-10-26 08:57:36
>xina-shin様

チャン・ツィイーのファンだったら観てもいいと思いますよ!俺が「金返せ状態」にまではならなかったのは、彼女のベッドシーンを見ることができたからだと思ってます・・・



>chishi様

不思議なことにメジャー配給のこの映画。メジャーが牛耳ってるんだから、宣伝にはどんな手でも使ってしまうのでしょうね。

キムタクを前面に押し出したCMなんてまさにその一環です!

『花様年華』の続編です!なんて宣伝をしたら売れなくなっちゃいますからね・・・(笑)



>アウラ様

『花様年華』はいい映画だと思いますよ。

60年代香港を舞台にした二組の夫婦の哀愁を見事に描いていますもん。特に悲しい男トニー・レオンの背中にグッとくるものがありました。

酷評する人はまずいないんじゃないでしょうか・・・
たしかに・・ (スカーレット)
2004-10-26 09:48:42
セリフの字幕追わないと理解出来ない映画かも?

「花様年華」見てないと あの男がただの身勝手な男にしか見えないしね^^

これ以上無いような豪華な役者をもったいない使い方確かにしているし。。

ん~でもそれがカーウァイ監督の”やり方”なんでしょうかね?? それほど不満足でもありませんでした

花様年華は・・・ (にや)
2004-10-26 09:52:43
私は「花様年華」もみましたが、続編でした?

「花様年華」はあんまり好きじゃなかったし、今回の映画と全然テイストが違うと思うけど…。

とにかく中国系女優大好きな人には楽しいと思いますけど。

でも、キムタクはいらない(笑)

あと、確かに話の筋はない。

でも、映像的には美しい作品だと思うよー。

ウォン・カーウァイらしい。
説明調 (kossy)
2004-10-26 11:14:42
>スカーレット様

TB、コメントありがとうございます。

役者の豪華な使い方ってのは明らかに失敗なのじゃないでしょうか?ハリウッドと違い、エージェントや俳優本人からも苦情は出ないだろうからいいようなものの・・・

一番気に入らなかったのは、終盤につけ足したようなエピソードかなぁ・・・明らかに前作を見てないと意味がわからないような作り方は好きじゃないです。それなら『○○2』とかのタイトルにすべきだろうし・・・宣伝でもそう謳わなきゃダメだったような・・・

すみません、小言ばかりで・・・



>にや様

映像だけでいい?

ホテル内の映像?それとも未来の?

未来の映像・・・特に列車内の映像とアンドロイドはダサかったような・・・

『中国映画ファン』 (hamutaro)
2004-10-26 14:55:33
の集い コメント、笑っちゃいました。

男性はこういうの好きなのかと思ってましたけど、そうでもないようなので安心しました。

私はノスタルジックなエキゾチズムだけでそこそこ満足できるめでたい人間なので、結構面白く見ました。

やっぱり (xina-shin)
2004-10-27 01:11:13
観てきました。

チャン・ツィイー良かったですゥ。
どうしようかな (mari)
2004-10-27 10:06:36
観に行こうかどうしようか迷っちゃう

/(-_-)\ ウ~ン…



観て来た人の評判があまりよくないんで

ちょっと思案中・・・

コメントを投稿

映画2004」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

67 トラックバック

2046 (session)
(原題:2046)  率直な感想、「とにかく疲れた」。  観終わったあと、まずこれ以外に吐く言葉が見つからなかったんですよ。  ※かなりこの先ネタバレしていますので、未見の方は読まない方がいいです。
ラインの差をどうするか (美脚ってなんだ )
 ウォン・○ーウァイの2046、見たけど、ひどかったな。「欲望の翼」はそれなりで、この監督のいくばくかの才能は感じたが、水準維持は難しいものだ。結局、「恋する惑星」の下手な模倣になった。    ま、そんなことはどうでもいい。こんな映画を見るたびに、アジアと
2046   ★★★☆☆ (四次元ボケっと気ままに、映画評)
 前日に『花様年華』を観て今日が『2046』。ウォン・カーウェイ作品を連続で鑑賞。  さて、日本においてはキムタクが出演するということで超話題作になっているこの作品。前作『花様年華』に比べてこの映画、ずっと見応えがある。前作がいわゆる行間だらけの観客の想.
2046(一応ネタバレあり) (Easy Way Out)
「2046」観てきました。 実は薬の副作用もあって、不覚にも途中で少し眠ってしまいました…。 なのでストーリーの善し悪しは判断出来かねます。 カーウァイ監督の前作「花様年華」の内容も忘れていたのも痛かったわぁ。 なので、ぜひみなさんのコメントを聞かせてくださ
『2046』 (本と映画と音楽と・・・お酒が好き)
レイトショーで観てみました。 そして…感想なんですが…こりはフランス映画だったっけ?と、何度思ったことか! 音楽が、凄く気持ちいい…すごく印象に残る。 キネマっぽいというか、イタリア映画っていうか。 …芸術作品っつーのでしょうね、多分。こういうのを。 使い込
2046(イラスト付き) (おえかき上達への道)
2046 ★ すいません、趣味に合いませんでした。 楽しみどころが見つからず。 もっと、こう、現実と虚構が交差するような、そんなイメージだったので、先入観の期待はずれという結果に。 「アンドロイドが恋をする」っていううたい文句にSF満載かと(笑) しかし列車の中の
『2046』 (スカサロ別館)
2004年 香港 製作・監督・脚本:ウォン・カーウァイ 出演:トニー・レオン/コン・リー/フェイ・ウォン/チャン・ツィイー /カリーナ・ラウ/木村拓哉/ドン・ジェ/マギー・チャン 撮影:クリストファー・ドイル ウォン・カーウァイ監督5年ぶりの期待の新作を、初日鑑賞
『2046』 (KKZウォッチング)
映画『2046』(130分)観ました。 その不思議な未来(2046)では ミステリートレインが動き出し アンドロイドが恋に落ちる。 (「公式ホームページ」より) 予告編などから予想していたのとは違う映画だったかな。 物語の舞台は近未来…ではなく1967年
2046、子供には、難しい。 (クモノカタチ)
映画コメント。 全く見る予定がなかったのに、いきなり。 みる羽目になった、2046。 いやー。見ながら思ったけど。 これさ。 判る人、少ないんじゃないか?? 私は、判ったけど。 なんつー判りにくい描き方。 あんなに複雑にしなくたって、いいような気がするけど。 トニー
「2046」劇場にて (xina-shinのぷちシネマレビュー?)
昨日に引き続き、ファボーレTOHOで『2046』を観てきました。 監督は「ウォン・カーウァイ」、主演は「トニー・レオン」、共演は「チャン・ツィイー」「コン・リー」「フェイ・ウォン」「カリーナ・ラウ」「チャン・チェン」そして「マギー・チャン」・・・忘れてました&「
2046 (隅田清次郎残日録)
愛の迷路に入り込んだ男の物語。 2046とは止まった時間と凍り付いた心。 たった
2046 (サプリメントざくざく。)
授業が終わったあと、バタバタしながらシネコンへ向かいました。 終了時間が遅かった為昼ご飯もまともに食べられなくて、それでも映画みなくちゃと道を急ぎました。 本日のお品は「2046」 息を切らせて劇場に到着したのですが…。 言っちゃっていいですか? おも
2046 4 (今日のエンドロール)
「女々しい」というのは男に対して「女みたいなウジウジメソメソしたことすんな!」という時に使う言葉だが、とんでもない!男の方がよっぽどウジウジ悩む生き物だ。 そのくせ、それを認めたくない男は強がったり、小難しい屁理屈をこねたりする。その屁理屈系の男に映画を作
2046 ★☆☆☆☆ (★映画館アルバイター風呂敷研究中★)
キムタクファンの方,この映画お勧めしてる方 ものすごい低評価申し訳ない。 だって ・・・つらかったもん。。。。 えぇと、「まじかよー!」と思われてもアレなので まず良かった点。 画面構成が綺麗! ワンシーンワンシーンがそのままポストカードに出来ちゃ
2046 ★★★ (切腹!)
この映画の意味が分からない。この映画が伝えようとしていることはなんとなく、ぼんやりとは掴めたと思う。そう、なんとなく朧気に。それも、最後の方になってようやく。ウォン・カーウァイってこの程度だったか?刹...
2046 (モボモガキネマ)
製作=ブロック2ピクチャーズ=バラディフィルムズ=クラシックSRS=シャンハイ フィルムグループ 配給=ブエナビスタインターナショナル(2004作品 130分香港)  監督>>ウォン・カーウァイ 出演>>トニー・レオン 木村拓哉 コン・リー フェイ・ウォン チャン
2046 (CAT\'s CRADLE あやこめも)
2046(映画館にて)
2046 (アメリカの夜)
楽しみにしていた、ウォンカーウァイの新作。 木場の109シネマズで見ました。 批評を一切読まず、記事も読まず見に行きました。 今回は絶対大きいスクリーンで見たかったので、 念願かなって嬉しかったのですが。。。。
「2046」 (るるる的雑記帳)
「2046」を観ました(本家・fab*funにもup)。 いいのか悪いのかわからないけど、私はいつも通りにこの監督の作品は上っ面だけ観ていればいいのだと思っていたので(笑)そんなに小難しい感じはしなかった、っつーか観たまんまで理解。下に書いた「花様年華」を観た方がよ
2046 ((売れないシナリオライター)KAZZの呟き!)
KAZZのこの映画の評価  今日は、久々に妻と映画を見に行きました あまりの内容の凄さに二人して驚きました キムタクは、何か中途半端だし、 アレは、キムタクでなくても良いように思う キムタクのファンでのCMを見ていた人で、 期待をして見に行った人は、絶対...
2046 (あいりのCinema Cafe)
監督 ウォン・カーウァイ 出演 トニー・レオン 木村拓哉     チャン・チェン コーン・リー 
『2046』 (ジョゼと虎とタケルたち)
せつねぇ!!今僕は切ないという感情に支配されているただの一人の男ですそんな状況に追い込んだ愛すべき犯人は…ウォンカーウァイ監督の『2046』おそらく何度も観ます。その不思議な未来ではミステリートレインが動き出しアンドロイドが恋に落ちるかっこよすぎるポス
2046 (☆ ビーズの小・部・屋 ☆)
悪ガキどもは無事帰宅^^来週も来るらしいけど・・・{/kaeru_yodare2/} で、映画を見てきたのですが・・・『2064』 結構大丈夫でした(笑)予想に反して?!判りやすかったといいましょうか(笑) あたくし、ウォン・カーウァイ監督の作品が苦手なもので(汗) 不覚に
2046 (水曜日の午後には)
あまりの悪評にぜんっぜん!期待せずに見に行った。それでもファーストレディスディに行くあたり。(^^; トニー・レオンのプロモビデオだと思えば腹も立つまい、と。そうしたら逆に裏切られた。思ったよりよかったもの。やっぱこういうものよね。宣伝に違和感を覚えていたから
科学は嘘つき (ザ・道楽のシナリオ)
カーウァイ監督がSFに初挑戦だとか、アンドロイドだとか何とかメディアは言ってたけど、なんだったんですかこの映画は。と僕は声を大にして叫ぶ。 「花様年華」の続編だってことも事前に知っていたし、トニー・レオンが同じ役を演じるってことも知ってたんだけど、なざか腹の
2046 (Diarydiary!)
《2046》 2004年 香港・中国・フランス・イタリア・日本合作映画 「-2
2046 「1」という隔たりと借り物 (・・・の続き)
1225→1226 2046→2047 1日の隔たり。 1年の隔たり。 壁ひとつの隔たり。ひとりの隔たり。 過去と未来と今の隔たり。 「1」という数字で集約してしまうさまざまな変化を わたしたちはいつも抱えてるのだが、 知らん顔で通り抜けた
2046 (Coolog)
今話題の「2046」観てきました(^^ なんか久しぶりの映画のような気もする...
映画77本目「2046」 (Bardus Scriptor)
 何かとキムタクで話題の作品.予告から,SFラブストーリーでアンドロイドとの恋についてアジア系の俳優陣で描くことはどうなんだろう,キムタクは中国の方の言葉を使って演技をしてるの?と気になって仕方がなかったのだが・・・.  予告にはっきり言って騙された.SFな
2046 (Unbridled blog)
2046(2004.11) @有楽町日劇3 物語 ????? 配役 ★★☆☆☆ 映像 ★★★☆☆ トータル評価 ★☆??? 結論を先に言うと,この映画は普通の観方をしてはいけないんでしょうか. 起承転結,盛り上がりとは別のベクトルを味わう,現代音楽のような作品. 連れと相談し
2046を観てきました (Various topics BLOG)
これはトニーレオンの官能映画?? 先週に続いて、今週はキムタクも出演してカンヌ出品作品の 2046を観てきました。製作に5年かかったことやアジアの ビックスター達が競演していることなど、話題豊富な作品で 予告編も「2046にむけてミステリアストレインが動きだ
2046 (日々徒然ゆ~だけ)
 流石に平日夜の梯子映画は辛い…(←今起きた)  と言うことで1本目『2046』。  宣伝でSFSF言ってるけど,ちっともSFじゃない“っぽい”映像でお茶濁しやがって…(怒)  『イノセンス』とすっかりダブった映像センスはカンヌ上映の時,困ったんじゃないの
キムタク 「2046」 (ジェイの説明省略日記)
映画 「2046」のレビューをJ\'s Roof Garden にアップしています。 かなり懐古調に偏っている J\'s Roof Garden ではありますが、せっかくレビューを書くのなら今日性のある最新作でということで、「69 sixty nine」についで2つめの封切り映画レビューを書いてみました。 A
『2046』 (京の昼寝~♪)
■監督 ウォン・カーウァイ ■キャスト トニー・レオン/木村拓哉/コン・リー/フェイ・ウォン/チャン・ツィイー/カリーナ・ラウ/チャン・チェン/マギー・チャン 1967年香港。ひとりの男が2046年を舞台にした近未来小説を書いている。 タイトルは「2046
2046 (Slater.C@)
この作品については、意見がかなり分かれているようですが、私にはすごーく良かったです。ウォン・カーウァイ監督の作品ははじめて見るので、独特の世界があるって聞いてたからあまり期待しないで見たのと、別に木村拓哉にも期待していないのと、何よりトニー・レオンが大好
「2046」 (HEART-BOILD)
「2046」(2046) \'香港 評価★★★★(注:ウォン・カーウァイのファンとして) 監督、脚本:ウォン・カーウァイ 撮影:クリストファー・ドイル 出演:トニー・レオン、木村拓哉、コン・リー、フェイ・ウォン、チャン・ツィー、カリーナ・ラウ  キムタク目当ての
『2046』 (ぼちぼちですわ)
『2046』  その不思議な未来では  ミステリートレインが動き出し、  アンドロイドが恋におちる。  ううん、すみません。  私、めっちゃわかってませんでした。  「2046」っていうタイトルと、このコピーから近未来SF物やとばっかり思ってました...
2046 (+ 星 見 閑 話 +)
わたしと付き合ってる疑惑(爆)のミスターQとまたまた映画デート!この寒いのに「2046」をみてますます寒くなってしまった(・∀・) あ~ウォン・カーウァイ。相変わらずかっこつけた映画。何から何まで完璧に。だからキムタクなのか、とキャスティングにも納得。でもあのトニ
映画「2046」 (アフィリエイトな生活 -blog-)
木村拓也が出演で話題の「2046」。この映画は私も大ファンであるウォン・カーウァイ監督の作品です。
2046 (blog of SO FULL OF YOU)
1960年代の香港。売文業で生計を立てる男、チャウ(トニー・レオン)。 行きずりの女たちとの夜を繰り返すチャウは、宿泊先のホテルのオーナーの娘・ジンウェン(フェイ・ウォン)と親しくなる。 ジンウェンは日本人青年との叶わぬ恋に打ちのめされていた。 その悲.
2046 (30歳独身男Kazuakiの映画日記)
「ハウルをどうこう言う前に、こっちのキムタクのほうがヤバいでしょ。こんなにも眠かった作品もめずらしい。」 今日3本目は「2046」を観てきました。公開直後に観た同僚たちの感想やネット上の評判から、観ないでおこうと思っていたのですが、前売鑑賞券が残るのももったい
「2046」のレストランへ (It\'s a Wonderful Life)
1967年の12月24日、クリスマスイヴ。 香港のあるホテルの2046号に住む作家チャウは、酔って帰ってきた隣の部屋の クラブのホステスをを夕食に誘う。 「クリスマスイヴに一人で食事するのは嫌だから」 「別に私じゃなくてもいっぱいいるんじゃないの?」 「そ...
■2046 (ツボヤキ日記★TUBOYAKI DIARY)
●トニー・レオンの王家衛監督作品集大成とも感じられる名作(迷作!苦笑)ではないのか!《ocean-filmsのTRAILER》見ただけで、その立ちのぼる色香にノックアウト。アジアのレトロモダンなイマジネーションには目眩がしてくる程に魅了される。 これは、王家衛と共に、「
映画「2046」。チャン・ツィイー、いつのまにか少女は (Jalan Straight View通信-競馬と陽水とStevieに溺れる日々-)
難解。要するに香港の源氏物語か。主役のトニー・レオンの周りに美女が入れ代わり立ち代わり。にも関わらず本人は凄く苦悩。チャン・ツィイーの溌剌とした演技が救い。
2046 (月の影)
2046 今日は【2046】をみました 言わずと知れた  カンヌを制した 香港映画界の鬼才、ウォン・カーウァイ監督の作品 出演者も アジアのトップスター達を集めた  話題の作品だったが… 私的にかなり 眠かった…つД`)・゜・。・゜゜・*:.。  てか 寝か
『2046』 (Rabiovsky計画)
『2046』公式サイト 『2046』Amazon 監督:ウォン・カーウァイ 撮影:クリストファー・ドイル 出演:トニー・レオン、木村拓哉、コン・リー、フェイ・ウォン    チャン・ツィイー、カリーナ・ラウ、    チャン・チェン、マギー・チャン 製作開始か
2046 今年の84本目 (猫姫じゃ)
2046   130分、返せ。 これ以外、言うことなし。 映画館で見ていたら、金返せ! ね。 ぁ、ごめん、途中から、1.3倍速で見たんだ、、、 1.5倍速だと、ちょっとせりふが聞き取れなかったので、、、 だから、130分までは、無駄にしなかったわ。 .
『2046』 (きょうの子牛)
『2046』(2004年 香港) 監督&製作:ウォン・カーウァイ 出演:トニー・レオン/木村拓哉/コン・リー/フェイ・ウォン/チャン・ツィイー 受賞:ヨーロッパ映画賞インターナショナル(非ヨーロッパ)作品賞受賞 (5/5 {/star/}{/star/})←かなりひいきめに 『花様年
2024 (cube1555.com)
俺と一緒に行かないか。キムタクの台詞。予告編でも、あんなに印象的に、してたのに。・・えっ?出番、こんだけ? えっ?えっ?なんだか知らないが、『花様年華』なる映画の続編らしい。見る前に知ってれば、先にこっちを観たかも知れないのにな。残念。だって、つまり、...
2046/トニー・レオン、木村拓哉、フェイ・ウォン、チャン・ツィイー (カノンな日々)
すみません、フェイ・ウォン好きです。 そもそもは歌手フェイ・ウォンが好きなんです。 アジアの歌姫フェイ・ウォンです。あの透き通った声には癒されずにはいられません。 「FF VIII」だっけかな?彼女の歌声に励まされながらクリアしました。 かつては日本のドラマにも
2046 (Moovle:DVD通販ランキング)
近未来SF小説『2046』の謎 この作品自体が『謎』なのですが、それぞれの感覚で楽しんで欲しい作品...
2046 (粋なECOアートの発信地)
「恋する惑星」「花様年華」「ブエノスアイレス」の香港が誇る巨匠ウォン・カーウァイ監督作品・・・「1176」 ん?勝手にタイトルを変えて、右見て、左見て、右で・・・手を上げて、渡る歩道はガキばかり。 本当のタイトルは「2046」。 社会の評価はいまいちだった
2046 (僕の中の世界)
 『2046』を観た。  この監督が作る作品は僕の中で当たりはずれが激しい気がする。『2046』ははずれだったかな・・・  言うまでもなく映像はものすごくきれいだった。カット割とか音楽もその映像にマッチしていて、観ていて心地よいものだった。でも、その心地よ...
『2046』を見た。色遣いが別格 (Key Person Q blog)
不思議な近未来。 ミステリートレインが動き出し、 アンドロイドが恋をする。 失われた愛を求めて、 などと公式サイトにキャッチはいっているけど、 オレ、勘違いしてしまった。 『未来都市でアンドロイドとキムタクが恋する物語』 なのかと思ったよ。 中身全然違.
2046:ウォン・カーウァイの映像に酔う! (ビールを飲みながら考えてみた…)
「欲望の翼」「ブエノスアイレス」といった路線のウォン・カーウァイ作品が好きな人間であればそれなりに満足できるのだろうが、「木村拓哉」というキーワードや映画のキャッチコピー「その不思議な未来(2046)では、ミステリートレインが動き出し、アンドロイドが恋に落ち
2046 (チラシコレクション (た~わ))
表「その不思議な未来(2046)では ミステリートレインが動き出し アンドロイドが恋におちる。」 裏「全世界が待ち望んだ、『幻の映画』の封印が、いま解かれる-」 監督 ウォン・カーウァイ (2004年 香港) {/hiyo_uru/}{/heart_pink/} 出演 トニー・レオン 、
Unknown (zoe4ki)
2046
チャン・ツィイー Zhang Ziyi  章子怡 女優特選  (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),9 February 1979,Beijing,China,北京,中国Good Cook, Likes Music (2005) SAYURI Memoirs of a Geisha(2005) オペレッタ狸御殿 Operetta tanuki goten (2005) Mo li hua kai :Jasmine(2004) 2046 (2004) LOVERS :Shi mian mai fu :
2046 (空想俳人日記)
どこでもドア 自己再認識の 旅へ誘う  こりゃこりゃまた、見たのチョイ前シリーズで、これも自分のHPにも掲載したけど、これもまたまた、このブログでも言わせてほしくって、書くね。  監督のウォン・カーウァイを知ったのは、もう随分前。十年以上前かな、既
いまいち~香港映画! (トナカイに乗りたい)
2046を観ました。 噂に違わぬ、わけ分からなさ。 正直言って、途中で飽きました。さらに130分という長さもかなりダメージ大きかったです。 だいたいの評価も同じようですね。 ウォン・カーウァイ監督が悪いんじゃないんです。 『天使の涙』とか『恋する惑星』なんて僕はお
2046 (チラシコレクション1 (あ~そ))
表「その不思議な未来(2046)では ミステリーとレインが動き出し、 アンドロイドが恋におちる-」 監督 ウォン・カーウァイ (2004年 香港) 出演 トニー・レオン 、木村拓哉 、コン・リー 、フェイ・ウォン 、チャン・ツィイー ★ウォン・カーウァイ監督が描
2046 (カフェビショップ)
2046 もう一度見てみた。うーん、編集に問題があるんじゃないかな? わかりやすい話をわかりにくくしている。 これは危険な兆候です。わかりにくいことが深いことだとは思いません。 むしろ逆で簡単であればあるほど深い。 キムタクとフェイ・ウォンのパートはわ.
2046 (えせ広告批評)
映画では男を引きずる女の設定とか多いような気がしますが現実は逆が多いような気がするのは自分だけでしょうかorz 2046もそんな感じなのですが見るべきところはそれより世界観の設定やデザインのほうかも知れない。オープニングのほうのサイバーな雰囲気はたいして未来や
2046 (えせ広告批評)
映画では男を引きずる女の設定とか多いような気がしますが現実は逆が多いような気がするのは自分だけでしょうかorz 2046もそんな感じなのですが見るべきところはそれより世界観の設定やデザインのほうかも知れない。オープニングのほうのサイバーな雰囲気はたいして未来や
2046 (cinema note+)
20462046 2005年 香港 前半は面白かった。後半のアンドロイドとかの話はダルかった。順序が逆転してたら最後まで観なかったかも。 酷評されてるけど、この映画の不幸はアー
2046・・・・・ (サクサクっと・・・)
2046 話題になっていたころは全然興味のなかった 「2046」 最近いろんなところでこのレビューが目に入ったんだけど かなり評価が分かれていて、つまらないとゆー意見も かなりあったので急に見たくなりました
映画vol.67『2046』※録画 (Cold in Summer)
 『2046』 *録画 監督:ウォン・カー・ウァイ 出演:トニー・レオン 木村拓哉 作品紹介 『2046』を観ました。以前レンタルで観ていたので2回目です。 ◇ストーリー ちょっと難しい 『2046』の話ではなく、ある小 ...