ネタバレ映画館

最強寒波が来るから
早めに映画観ておいた方がいいですよ!

ニュースの天才

2005-02-02 02:36:36 | 映画2005
 映画ファンにとってはショッキングなニュースが飛び込んできた。日本映画をはじめ、映画業界が全体的に好成績だったことから、政府税調審議会が映画などの芸術税なるものを検討し、売上の15%から20%を課税するという方向に落ち着きそうだ。これによって通常の映画料金は2000円乃至2200円になることが予想され、審議会では5000億円から1兆円の税収を見込んでいる。「映画は人生を変えるくらいに素晴らしいモノもあるし、このくらいの税なら国民も納得するんじゃないかな?」と鈍一郎首相がコメントを残した。(協同・UIP)
 などというデタラメな記事を書かれたら、ショッキングであるし、悪質な捏造と言えるだろう。映画『ニュースの天才』を観る前までは、かなり重大なデマゴーグや情報操作を想像していたのに、“ハッカー天国”をはじめとする、どちらかと言うとホノボノ系の嘘の記事でしかなかった。大統領専用ジェット機に置いてあるくらいの雑誌なんだし、元来の記事も緩いものが多そうだ。これなら『ビッグフィッシュ』のお父ちゃんのホラ話の方が絶対いいし、実話ものでいくなら、『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』の大胆さには到底及ばない。

 色々と考えさせられたことは事実だ。日本の週刊誌記事においても、取るに足らない記事やどうでもいいけどちょっとだけ面白い記事、これらを勝手な脚色で売上部数を伸ばそうとすることくらい日常茶飯事であるようにも思えてしまうし、重大な事件や、名誉毀損に当たらなければ罪の意識も低くなりそうだ。
 俳優は良かったのではないでしょうか。ヘイデン・クリステンセンの憔悴しきったメイクや泣き出しそうな表情。沈着冷静なピーター・サースガード(今後も注目!)や、コメディアンとしてもいけてるスティーヴ・ザーンもいいですね。やはりストーリーがつまらなかったのが残念。これだけの素材があるのなら、もっとスリリングな構成にすることも出来たのじゃないでしょうか。
 曖昧な書き方で恐縮ですが、冒頭の記事はあくまでもですから!ごめんなさい。

★★★・・
ニュースの天才@映画生活
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (24)   トラックバック (39)   この記事についてブログを書く
« オペラ座の怪人 | トップ | 着信アリ2 »
最近の画像もっと見る

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (shizukame0414)
2005-02-02 03:07:09
はじめまして。



最初の6行、やられました。

「えーーーっ!マジで?!」と思ったら、嘘なんですね。(笑)

よかった、よかった。(^^)



でも、小泉さんなら言いそうやし。

まぁ、一国の首相がそう思われる方が問題ですが。
地味だけど… (arudenteな米)
2005-02-02 07:15:40
実話そのままなので(事件自体が1998年)

アレ以上は膨らませれないのでは?

主人公関係者含めて実名ですし。

捏造者の映画で捏造するわけにいかないし(笑)



この映画では「悲しい嘘つきのせつなさ」を感じられたので自分は結構お気に入りです。
ビックリ! (rabiovsky)
2005-02-02 18:04:40
最初の部分、ちょっと信じてしまいました・・・

でもこの映画もそういう感じになる可能性があったということも言えますからね。

そう思うとちょっと怖いです。
あーびっくりした (prisoner)
2005-02-03 10:18:20
おっちょこちょいな人が見たら、本気にしてあちこちに言いふらして本当のことになって通っているかも。



最近でもNHK朝日問題とか、なんか映画を上回るヘンテコ報道がまかりとおってますからねえ。
【以前、入場税なるものがありました】 (kossy)
2005-02-03 15:40:36
>shizukame0414様

驚かせてすみませんでした。

とりあえず鈍(ドン)一郎首相です(笑)

実際に決まったとしたら、こういうことを言いそうですよね~

入場税が国会で議論されたときに、政府側は「ぜいたくなんだから!」と税金を正当化していたようです。



>arudenteな米さま

事実だからしょうがないんですよね・・・

と思いつつも、エンドロール後に「実はこのエピソードは嘘でした」みたいなものを期待してしまいました・・・



>rabiovskyさま

あり得るな~と思わせるところがずるいところですよね。

「ありえねーー」と感じたら、シャレということになるのでしょうけど。

俺が書いた文に関しては、芸術などの文化が為政者によって破壊されるという事実の歴史をみればわかりますので、十分可能性があるんですよね・・・



>prisonerさま

“続きをみる”をクリックしなかったら、結構危険ですよね。正直言って、ドキドキしています。

NHK朝日問題は、もうわけがわかりません・・・
芸術税? (ルーシー)
2005-02-03 22:32:47
kossyさんの捏造記事(?)を見て、‘こりゃあいいアイデアだ’なんて思う人が現れないことを祈ります。

そもそも、観劇だ、コンサートだって、料金すっごく高いじゃないですか。

映画くらいですもんね、安くでこんなに楽しめちゃう娯楽って。

それでも、昔に比べたら高くなったな~って思うのに、税金まで特別徴収されたら困っちゃいます。

でも、我々レディースは強い味方の1,000円鑑賞日があるので、ふふっふ~お得に楽しませていただいております・・・

それにしても、冗談、しゃれも行き過ぎれば嘘や捏造になってしまう。

真実とは???むつかしいテーマでした。

入場税 (kossy)
2005-02-04 10:56:31
>ルーシー様

普通の映画評を書くよりも、誰も書かないことを書いた方がいいかと思いまして・・・すみません。

戦時中~終戦直後にもあったのですよ、入場税。

そのときは200%の税というとんでもないもの!

1954年からまた復活し、1989年まで入場税が課せられていました・・・そして消費税とともになくなりました。

その復活した1954年というのも、日本映画が海外でも認められて業界全体的に上向きだった時代なのです。

だから今の状況と似ていますよね・・・経済状況は全く違うんですけど。

で、今のようにデフレに近いくらいモノが安くなる時代(給料も低くなって・・・)に値上げされると本当に痛いです!

メンズデーが石川県にも出来たらなぁ・・・
ウソはあかんけど・・。 (Ageha)
2005-07-14 01:52:21
5年前なんですから実在の人物がバンバン出てくるわけで、

映画を撮る以上脚色とかするわけで。

厳密に言えば交わされてない会話はウソで、

そんな事言うてたら作れませんけど。

その人らに許可とるほうが大変だったんとちゃうかなと。



人に認められたい、親を見返したい、

でも手にいれた成功に酔いしれて転落していく。

彼はサンプルで、たまたま事件になっただけで

世の中そんなふうにダークサイドに堕ちて行く人は

いっぱいいるような気がします。

頭はめちゃいいんだけど、精神年齢がオイッっていいたくなるくらい幼いというか、子供じみた大人。

・・・自分も??きゃー追求なしってことで。
ウソ (kossy)
2005-07-14 08:21:03
>Ageha様

そっか・・・彼はダークサイドに落ちていくところだったのですね!

精神年齢が幼いってことは、ジェダイの騎士になる修行ばかりしていて、わがままな感情に動かされていたと・・・

インターネットの世界では結構あるような気がします。2ちゃんねるとか、彼みたいな人がいっぱいでてきて、やがては「2ちゃんの天才」と呼ばれることになるのかもしれません・・・
Unknown (experience#21)
2005-07-15 15:45:50
レビューいつも楽しみ見させてもらっています。今回は驚きましたが・・^^

この映画、正直ドキュメンタリーみたいでしたね。ドラマが弱いというか。本当ヘイデンの目を見ていると、そらダークサイド落ちるわって感じが伝わってきますね。

コメントを投稿

映画2005」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

39 トラックバック

ニュースの天才 (arudenteな米)
非常にじっくり淡々と進む再現フィルム映画 それが ニュースの天才(Shattered Glass) http://www.news-tensai.jp/   捏造記事を書いた記者の実話なのですが 主人公スティーヴ・グラス役のヘイデン・クリステンセン (スターウォーズEP2の青年時代のアナキン)がハマ
ニュースの天才 (Groovy Groovers)
原題: SHATTERED GLASS 監督: ビリー・レイ 製作: トム・クル...
ニュースの天才 (シネマの実)
【好感度】 42% ニュースに,本当と,嘘はあるのか
「ニュースの天才」 (Rabiovsky計画)
「ニュースの天才」 公式サイト 監督/脚本:ビリー・レイ 出演:ヘイデン・クリステンセン、ピーター・サースガード、    クロエ・セヴィニー 地元で映画を映画館で見るのは2005年初めてです。 二階席がちょっとだけウリの映画館なんですが、 どうも二階に
ニュースの天才 ( FOR BRILLIANT FUTURE)
情報が氾濫している現代社会。情報が沢山ありすぎて錯綜しまくっている現代社会。私達はそんな社会の中に居て、どれが本物でどれが偽者であるか、余りにもありすぎる情報の為に判断できずにいる。 時には、本当と信じていた報道が偽りである事もしばしば。 真実を求めて命
特権階級記者クラブ (prisoner\'s BLOG)
「『A』撮影日誌」(森達也著)の一節。 オウムの荒木浩を追って司法記者クラブの会見に潜り込んで撮影した後の情景。 「おい、ちょっと待て!」と罵声が響く。振り返ればネクタイ姿の某大新聞社の若い記者が、血相を変えて追いかけてきた。 「あんたがた記者クラブの人間じや
ヘイデン君はやってくれましたね!!☆ ((T_T)☆ルーツを探せ☆(T_T))
今日、やっと「ニュースの天才」を見に行って来ました。 {/kaeru_en1/} や~~、やってくれましたね、ヘイデン君は・・・ 彼は立派な演技派俳優だと思います!! 彼の持ち味を存分に発揮してくれました。 始まりから前半部分は、交錯する場面の、時間の流れがうまくつかめ
「ニュースの天才」再び・・ ((T_T)☆ルーツを探せ☆(T_T))
なんだか、ニュースの天才、いまいちみなさん辛口の批評が多かったようで・・・ やはりああいうテーマの映画には感想もかなり手厳しいものがあったみたい。 賛否両論分かれるとは思ったけど、物足りなさを感じた方がずいぶんといらっしゃったようです。 実話の映画化ってむ
■Shattered Glass/ニュースの天才 (ツボヤキ日記★TUBOYAKI DIARY)
●アメリカのローリング・ストーン誌や ニュー・リパブリックのような出版業界 で一時期は神童と注目を集め、伝説と なった20代のジャーナリスト“グラス”。 これは、スティーヴン・グラスの実話。 90年代後半、彼は、アメリカ国内で最 も権威ある政治雑誌と評され
ニュースの天才 (Diarydiary!)
《ニュースの天才》 2003年 アメリカ映画 - 原題 - SHATTERD G
ニュースの天才(DVD) (31歳独身男Kazuakiの映画日記)
うーむ、この邦題の理由がわからない・・・。 公開当時気になっていた作品なんですが、新潟では確か上映されていなかったと思います。東京出張の際に観て来ようと考えてはいたものの、時間が合わず別の作品を観たと記憶しています。たまたまTSUTAYAでDVDがレンタルされている
ニュースの天才 (an idealist)
1998年にアメリカで起こった事件の実話 1914年創刊の\"THE NEW REPULIC\"誌はアメリカで最も権威のあるとされる政治マガジン そこで働く若干25歳のジャーナリスト、スティーブン・グラスは斬新な特ダネ記事で頭角を現していた けれど彼の書いたある記事(ハッカー天国)..
ニュースの天才 (ペパーミントの魔術師)
ヘイデンクリステンセン、アナキンに選ばれてよかったね記念??? 映画の批評はどっちかいうとみんな辛目で公開期間もそんなに長くはなかった ような気がするんだけど、普段この手の映画はあんまし見ないAgehaが DVD化を待ってた映画でして・・(オイ結局ロードショ.
CINEMA●STARR 「ニュースの天才」 (しっかりエンターテイメント!)
 監督・脚本 ビリー・レイ  出演 ヘイデン・クリステンセン、ピーター・サースガード、他    アメリカで実在に起こった、アメリカで最も権威ある雑誌で、実際に起こった記事捏造事件を描く。    映画の始めに、アンチテーマが語られて、話が進んで行
ニュースの天才 ~新作DVD~ (利用価値のない日々の雑学)
ジャケットにもあるように全米を震撼させた実話の映画化である。勿論、良識ある判断の持ち主であれば、マスコミの垂れ流すすべての報道・情報を100%信じている訳ではないのは、日本も同じである。テレビが視聴覚というマジックによって「真実の婉曲」を諮る手法を用いるよう
■ニュースの天才 (ルーピーQの活動日記)
「THE NEW REPUBLIC」は、大統領専用機内に唯一設置されている、米国で最も権威のあるニュース雑誌だ。スティーブン・グラスは24歳。同僚たちの関心が政治問題に向く中、彼は身近な問題に着目。政財界のゴシップなど数々のスクープをものにし、スター記者として成長して.
ニュースの天才 (映画の休日。)
将来有望な若手ジャーナリストがダークサイドに墜ちるお話(←微妙に違う) 有名政治雑誌のジャーナリスト、スティーブン・グラスは次々と斬新な記事を書き上げ知名度を確固たるものとする。 しかし、ある編集者の関与により、グラスの記事に捏造疑惑が持ち上がる。 真
DVD「ニュースの天才」 (ミチの雑記帳)
DVD「ニュースの天才」 ★★★☆☆ ストーリー:“THE NEW REPUBLIC”誌編集部で最年少のスティーブン・グラス(ヘイデン・クリステンセン)は次々と特ダネを発表。だがある日編集長のチャックは彼の書いた記事に疑問を感じ始める。 “記事の捏造”という題材はとても面白
ニュースの天才 (Styleborg)
☆内容 アメリカのマスコミ界に衝撃をもたらした人気ジャーナリストによる記事捏造事件を、事実を基にリアルに再現した社会派ドラマ。捏造が発覚し次第に追い詰められていく青年記者と、複雑な思いを胸に事件と向き合う周囲の人々の姿をスリリングに綴る。監督はこれまで数.
ニュースの天才 ヘイデンクリステンセン (我想一個人映画美的女人blog)
アナキン姿のヘイデンクリステンセンの記憶が目にやきついたまま DVDを借りてみた。実話であることと、トムクルーズ製作 というので気になっていた作品。 なんのことはない、「嘘つき少年の、巧みでもない嘘」の記事が、徐々に暴露されていく という単純なストーリーだった。
映画「ニュースの天才」 (スウィートチリ)
「大統領専用機内に置かれているのはリパブリック誌一冊のみ」 有名な政治雑誌の若手人気記者スティーブン・グラスは面白い記事を書く。 そしてそれは面白い創作を作り上げていることと同じ意味を持つ。 彼は40の記事のうち、21もの捏造記事を書いていた。 ひとつの
「ニュースの天才」 (るるる的雑記帳)
「ニュースの天才」を観ました(本家・fab*funにもup、レビューは毎度微妙に中身が違います)。 スティーブンの嘘八百の言動や行き当たりばったり的な犯行?の手口の数々を「甘い」と言ってしまえばそれまでだし、実際そうには違いないんだけど、むしろそんな「甘さ」に
「ニュースの天才」 (ひらりん的映画ブログ)
最近、アメリカのメディアも大変なようで・・・ そんな状況を知ってか知らずか・・・作られた映画。 実話らしいんで・・・問題なんだろうけど・・・ 主演は「スターウォーズEP3」でアナキン役のヘイデン・クリステンセン。 2003年製作のサスペンス・ドラマ、94分もの。
アナキン*ヘイデン*「ニュースの天才」 (CinemaCoconut)
いま、スターウォーズのアナキンで注目のヘイデンの別の顔・・
ニュースの天才 (Bon voyage!)
アメリカ大統領専用機に唯一置かれる政治雑誌の最年少ジャーナリスト、スティーブン・グラスは、次々にスクープをものにしていくが、記事に捏造疑惑が持ち上がる。同僚への配慮を欠かさないスティーブンはみんなに愛されていた。 そんな彼が、ジャーナリストとしてあるまじき
ニュースの天才【SHATTERED GLASS】 (maimai\'s cinema land)
アメリカで実際にあった、人気ジャーナリストによる記事捏造事件。事実を基にした本作は、ジャーナリストの姿勢を改めて問うものであった・・・・・はずなのに、話が浅くてがっかり。私はこの事件のことをまったく知らなかったので興味深く見たけど、ジャーナリズムについ
ニュースの天才 (cinema note+)
Shattered Glass 2003年 米・カナダ この話は去年くらいに「アンビリーバボー」でやっていたので知っていたのですが、映画は映画なりにそれなりに楽しめました。 自社だけでなく
ニュースの天才 (Blossom Blog)
ニュースの天才 SHATTERED GLASS 監督 ビリー・レイ 出演 ヘイデン・クリステンセン ピーター・サースガード アメリカ 2003
ニュースの天才 (WILD ROAD)
『ニュースの天才』 2003年アメリカ(94分) 監督:ビリー・レイ 出演:ヘイデン・クリステンセン    ピーター・サースガード    クロエ・セヴィニー    スティーヴ・ザーン    ハンク・アザリア ★ストーリー★ アメリカで実際に起.
ニュースの天才 (39☆SMASH)
“検索ワードランキング”を設置してみました。 ブログの右下にあります。 どういった言葉で、このブログに入って来られたのかが一目瞭然ですね(笑) 設置したばっかりだというのに、すでに卑猥系ワードが多数ランクインしてる・・・。 1ヶ月後が心配だなぁ。 ...
ニュースの天才 (なんでもかんでも感想文)
こわい話ですね~。 実話だってのがすごい。 “THE NEW REPUBLIC”誌編集部で最年少のスティーブンは次々と特ダネを発表。 だがある記事についてライバル社から問い合わせが入る。 編集長は彼の書いた記事に疑問を感じ始める・・・。 なんか切なくなってしまった。 こんな
ニュースの天才 (真っ赤なメガネの言うことには)
ニュースの天才 原題:Shattered Glass 2003年 実在したスティーブン・グラスという新聞記者が、実はとんでもない嘘つきで彼の記事の多くは出まかせ、嘘だった! その捏造、嘘をついているというのが徐々にばれて行くのが主な流れ。 その彼の書いている政...
ニュースの天才 (Shattered Glass) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ビリー・レイ 主演 ヘイデン・クリステンセン 2003年 アメリカ映画 94分 ドラマ 採点★★★★ “天才”と聞くとマット・デイモンを思い浮かべるのだが、ハリウッド一の頭脳を持つと言われているのはジェームズ・ウッズだとか。小学校時代の知能テストの結果 ...
【洋画】ニュースの天才 (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  B- (演技3/演出2/脚本2/撮影2/音響2/音楽2/配役2/魅力3/テンポ2/合計20) 『評論』 実際の捏造事件を
DVD「ニュースの天才」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
実在の人物、政治マガジン“THE NEW REPUBLIC”のスター記者だったスティーブン・グラスのお話。 まぁ、最初はスティーブン役のヘイデン・クリステンセンが観たくて借りた作品だったんだけど、それよりもピーター・サースガードが良かったなぁ~。ヘイデン君の ...
『ニュースの天才』 (すきなものだけでいいです)
 2003年製作 今や、世界で一番リッチなニートに成りつつある、トム・クルーズ。 そんな彼が、まだソファーの上で飛び跳ねる前に製作した、小粒でキリリと辛い作品 『ニュースの天才』 を観ました。 この作品は実際
夢(空想)と現実2 「ニュースの天才」 (取手物語~取手より愛をこめて)
この作品も結局は夢(空想)と現実が鍵である。空想と現実の迷宮に入り込んだ。
◆DVD・ニュースの天才 (映画大好き☆)
ニュースの天才 監督 : ビリー・レイ 出演 : ヘイデン・クリステンセン , ピーター・サースガード , クロエ・セヴィニー , ハンク・アザリア 原題 : SHATTERED GLASS 製作 : トム・クルーズ , クレイグ・バウムガーデン 脚本 : ビリー・レイ ...
ニュースの天才 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 コチラの「ニュースの天才」は、1998年ワシントンDCのアメリカで最も権威あると言われるニューリパブリック誌の最年少記者にして共同編集者のスティーブン・グラス(ヘイデン・クリステンセン)による記事捏造事件を正確に再現した社会派映画です。  主演は、そのヘ...