ネタバレ映画館

映画ドットコムに記事を移行してます!

天使の卵

2006-10-22 03:34:43 | 映画2006
 「テンタマ」などと略されるとちょっとやばいかも・・・

 「あなたみたいな娘が嫁に来てくれればね~」などと息子歩太(市原隼人)が店に連れてきた夏姫(沢尻エリカ)を一目で気に入ってしまった一本槍幸恵(戸田恵子)でしたが、『純情きらり』では宮崎あおいが嫁に来てくれたので大満足していました。そんな母親も夫が精神を病んで入院中。やがては新たな恋人と再婚なんてことも考えてたのでしょうけど、その恋人は『純情きらり』での宮崎あおいのお父さんでした・・・

 美大を目指す浪人生の歩太は恋人である夏姫を鬱陶しく思っていたのかもしれません。受験があるからと距離を置いていたにもかかわらず、デートに誘ったり電話をしたりで、かなり積極的な様子。しかも10年も入院している父親のことも気になっているし、どちらかといえば心のやすらぎを求めていたのかもしれません。そして年上の女性に憧れを抱く年代だし、落ち着きのある小西真奈美に一目惚れするのも理にかなっている。彼の揺れ動く気持ちもよくわかるし、そういう時代があったものだと妙に心に響いてくるいい雰囲気の前半でした。

 しかし残念なことに、ストーリーが大きく転換してからが一気に熱が冷めてしまいました。基本的に医者は自分の患者の葬式には出ないもの。医者に成り立ての五堂春姫が感情を抑えきれずに出席したのは許せるけど、同僚まで参列するのはどうかしている。まぁ、彼もどこかおかしい医者でしたが・・・

 時代の設定においても、現在のシーンは4年後の世界。何度も行ったり来たりするのは映画の編集としては当たり前ですが、時代の差を感じられないことも痛かった。原作が1994年発表作なのだから、小道具を思い切って古いままにしたほうが潔いと思う。そうすれば、携帯も薄型ハイビジョンテレビも要らないし、和田アキ子の「あの鐘を鳴らすのはあなた」だって似合っていたかもしれません(無理か・・・)。

 泣いている観客も何人かいましたけど、春姫の過去の聞いたあとには頭の中が疑問符だらけになってしまい、全くのめり込めませんでした。春姫の夫が死んだ時に妹が小学生だったというから彼女はまだ10代。結婚したのは高校時代だったのかもしれません。そして、未だに傷が癒えない弱々しさと同時に、夫の家から籍を抜かない逞しさを兼ね備えていたのです。

 あぁ、絵を書くシーンも美しい景色もよかったし、俳優の演技もよかったのに、なぜか泣けない映画となってしまいました。尚、続編の『天使の梯子』でも女性が8歳年上らしいのですが、作者はこうした年の差カップルがお好きのようです。

★★・・・

コメント (19)   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
« トランスアメリカ | トップ | ハードキャンディ »
最新の画像もっと見る

19 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
(^-^)/ドモ (あんぱんち)
2006-10-22 17:57:57
原作ファンが見たら・・・

(#ノ-_-)ノ彡┻━┻彡┳━┳彡┻━┻エイヤッ!

って感じになりそうな出来でしたね。



話の繋がりが理解できないし、感情移入は出来ないし・・・

昨日に引き続き、明日も生・沢尻エリカを拝んできます。。。

原作 (kossy)
2006-10-22 18:32:25
>あんぱんち様

原作の雰囲気は良さそうですね。

時代が携帯のない時代なので、歩太を探し回る夏姫のシーンはかなり熱中しそうな雰囲気でした。



いきなり4年後になったりしなければいいのに・・・などと、紅葉が美しい割りに、他の木々が緑だったことにも違和感が・・・



生沢尻は羨ましいかぎりです。
罪を感じて出席しただけでも気持ちは伝わるものだと (PGM21)
2006-10-22 18:54:16
何時もお世話になっております。

確かに病院側が葬式に参列するのは確かに筋じゃないと思います。でも病院側のメンツを差し引けばそれでもその罪を感じて出席した春妃の気持ちは理解できますね。それだけでも遺族にとっては救われる時がある事もありますし、何言われてもその責任を感じている事がその場で伝わりますから。

時代背景としては難しいところです。

携帯は2000年にもありましたからね。

特に突っ込む部分ではありませんでした。

夏姫が小学生でも27、8歳の設定なら20歳ぐらいになりますよ。設定上10代で結婚したかもしれませんけれどね。
罪悪感 (kossy)
2006-10-22 23:22:27
>PGM21様

今『天使の梯子』を観終わりました。

全てを許す気持ちになっています。

医者が葬儀に参列すること・・・これも罪の意識が大きかったのでしょう。続編を見ると全て気持ちが理解できてきます。

なぜだか10年の時差を突っ込む気にもなれませんでした。不思議です。

もしかすると金を払って観た映画と、金を払わないテレビの差かもしれませんが・・・
Unknown (谷)
2006-10-24 02:26:09
確かに卵は泣けませんでしたが両方で・・・
沢尻エリカちゃん・・・。 (Ageha)
2006-10-24 18:23:19
映画未見なのでなんとも言えないのですが

春妃をメインに描くはずの話が

彼女が妹役になったことで

どうしても彼女がキラキラして見えるから



・・・彼女が悪いんじゃなくって

配役のバランスがな~と。

ひとり目立ってませんでしたか?



小西真奈美さんの二役とも

聞いてたんですが・・?(それも違うか~)



市原くんもちょっと原作の歩太からすると

あのしゃべり方(「チェケラッチョ」参考ですが)

ではイメージがちゃうような・・・。
春姫 (kossy)
2006-10-24 22:32:44
>谷さま

そうなんですよね~

TVドラマスペシャルでは泣けました。

でもそれも卵があってこその涙。

とても長い前振りだったのかもしれませんよね。



>Ageha様

たしかに!

小西真奈美と沢尻エリカ。

どちらに感情移入するかと聞かれれば、エリカちゃんを選んでしまいます。

原作の性格はどのような違いがあるのかわかりませんけど、映画でも積極的なエリカちゃんの姿を見ていると、彼女のほうが感情移入しやすくなってました。

小西真奈美が真剣に市原くんを愛しているなんて感じ取れませんでした。

評価が下がったのは多分そこなんだろうなぁ・・・



市原くん、『虹の女神』では良かったですよ♪
原作ファンです (かのん)
2006-10-25 15:13:46
原作大好きで主演の3人も大好きだから、これはきっと素晴らしい作品になると期待もしていたんですが、予想通り脇役の夏姫/沢尻エリカさんが前面に出てきたことで物語のバランスが崩れちゃいましたね。ホントは歩太が父や母の事や自分もいつか父みたいになるんじゃないかといろいろ悩んでいたことが春妃によって癒されていくんだけど、映画だと普通にラブストーリーになっちゃってました。一本槍歩太なんて名前も文字で読むと独特の印象がありますが、セリフにされちゃうとサラっと流されちゃいますね。
原作 (kossy)
2006-10-25 21:46:59
>かのん様

へ~、原作は良さそうな感じですね~

たしかに両親のことは序盤でしっかり描いておきながら、徐々に忘れ去られるようなストーリーでした。

戸田恵子にもっと心の葛藤を演じさせてもよかっただろうし、逆に削ってもいいところがいっぱいあったような。

沢尻エリカも出演作がどんどん増えてきてるんだし、控えめにしてもいいのにね。
京都 (kazupon)
2006-10-26 19:45:51
kossyさんこの映画舞台となってる?京都で

観たんですけど、雰囲気は良く出ていると

思いました。

コニタンが市原君にすぐ傾いたのがどうも

気に入らなくて(笑)あまり共感出来なかった

んですけど、ドラマ版(梯子?)もご覧に

なったんですね~拝見したら夏姫は先生

やめちゃうんですか・・。

>作者はこうした年の差カップルがお好き

落ち込んでる時に市原君が満面の笑みで

フルコース!作ってる場面とか、ああ

こういうのに憧れあるんだろうなぁって

思ってしまいました(笑)

TBさせていただきます!

コメントを投稿

映画2006」カテゴリの最新記事

27 トラックバック

「天使の卵」年齢差を越えた恋愛も若過ぎたゆえに理解し切れなかった残酷な悲劇 (オールマイティにコメンテート)
「天使の卵」は村上由佳さんの原作「天使の卵」を映画化した作品で、19歳の彼と27歳の彼女との愛した短い日々が綴られている。22日放送の「天使の梯子」と連動しているだけに注目作品だし、何より8歳の年齢差とこの恋愛について心理分析してみたい作品とな ...
『天使の卵』舞台挨拶@東劇 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
今日も1人で舞台挨拶。。。今回の獲物wは『天使の卵』まぁ~戸田さんが出てるから見たいと思ってた訳で(爆)ぐびなま(ぉぃ 生・小西真奈美は「UDON」(ココ)、生・沢尻エリカは「シュガー&スパイス」(ココ)、以来のともに2回目。あさっての「手紙」で沢 ...
『天使の卵』 (Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐)
「無茶苦茶切ない小説を書きたい。」とは、この作品の作者である 村山 由佳が語った言葉ですが、この作品、無茶苦茶どころか、死ぬ程切ない…、そんなラヴストーリーです。 私の大好きな作家さんの大好きな作品の一つがこの『天使の卵』です。 よく恋愛を例えて ...
天使の卵 (映画を観たよ)
スニーク試写にて。 コレを観て書いたのは4月のこと。10代限定試写にて見ました。 この試写会は多分お客さんに見せる初めての試写だったんじゃないかな? ポスターのデザインもアンケートでとってたし。 でも私が選んだデザインが今のやつなのかなんだったのかさえ ...
天使の卵&天使の梯子☆独り言 (黒猫のうたた寝)
昨日から公開の『天使の卵』を観た翌日つまり今日なんですけど・・・続編『天使の梯子』のSPドラマが放送されとりあえず、両方の映像観た・・・今日の独り言”卵”は8歳年上の女性と偶然出会い、惹かれそして精神病を患う父の主治医として彼女と再会した歩太会 ...
これが最近の恋愛方程式?『天使の卵』 (水曜日のシネマ日記)
美大を目指す青年と美人姉妹の恋愛物語です。
天使の卵 (ダラダラ生活 日記)
観に行ってきました。 監督:冨樫森 出演:市原隼人・小西真奈美・沢尻エリカ 原作:村山由佳 ぼくは、ちゃんと愛せていましたか? 原作の小説「天使の卵」のファンで(泣きながら読んだ) 思い入れがあったせいか、期待していたんですが・・・ 映画になるとこ ...
天使の卵/小西真奈美、市原隼人、沢尻エリカ (カノンな日々)
ある時、本屋さんでふと目にとまった「天使」の言葉。ただそれだけで読みたくなって買ってしまったのですが、これが意外にも大当りで号泣ゥ。この本に出会って以来、村山由佳さんのファンになって他の作品も読むようになりました。最初に映画化が発表されたとき小 ...
【劇場鑑賞114】天使の卵 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
何があっても、僕が守り抜く、この腕で・・・ 歩太19歳、春妃27歳 その恋は、美しすぎて、悲しすぎた・・・ ぼくは、ちゃんと愛せていましたか?
天使の卵 (頑張る!独身女!!)
これは感想と言えばいいのでしょうか?それともイメージと言えばいいのでしょうか?エンディングの時、私の心の中で勝手に流れてきた音楽が
天使の卵 (欧風)
さて、21日の映画ハシゴ観、「シネマヴィレッジ8」で、「銀河鉄道の夜」を観てから
天使の卵 (It's a Wonderful Life)
うーん・・これは自分ダメでした。 実は今、京都で京都映画祭というのが地味に開催されているんですが、 結構旧作ばかりの上映なので、会場となるシネコンで なんとなく観てしまいました。 というのも劇場でオール京都ロケ敢行!って小西真奈美さんのサイ ...
天使の卵 (いろいろと)
出演 市原隼人、小西真奈美、沢尻エリカ ほか 映画の内容は こちらを どうぞ 最
「天使の卵」 (やまたくの音吐朗々Diary)
10月に公開される村上由佳原作の「天使の卵」の試写。監督は冨樫森。出演は市原隼人、小西真奈美、沢尻エリカほか。見終わったあとに、影も形も残らない。かげろうのような映画だった。映画化するには、あまりにもハードルが高い原作だったのではないだろうか、「 ...
映画:「天使の卵」~コロナで (David the smart ass)
ブログパーツが気に入ってというか、 なんだかしらないけれど、 「天使の卵」を見に行ってきました。 映画の感想は、一言で言えば「沢尻エリカのための小西真奈美の映画」でしょうか。けっきょくわたしは笑顔が好き
天使の卵 (八ちゃんの日常空間)
なんかせつなさと身勝手さが紙一重のような感じがしたのは気のせいだろうか…。 結局「涙が出なかった数少ない映画」のひとつになってしまった。
天使の卵(映画館) (ひるめし。)
ぼくは、ちゃんと愛せていましたか? 製作年:2006年 製作国:日本 監 督:冨樫森 出演者:市原隼人/小西真奈美/沢尻エリカ 時 間:114分 [感想] だいぶ前にこの原作読んだことあるわ。 妹が無理やり貸してくれた。 別に進んで読みたかったわけじゃなかっ ...
天使の卵 (cinema village)
コメント無きTBは承認いたしません。 天使の卵―エンジェルス・エッグ村山 由佳 集英社 1996-06売り上げランキング : 1232おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools あらすじ/そのひとの横顔はあまりにも清洌で、凛としたたたずまいに満ちていた。 19歳 ...
【劇場映画】 天使の卵 (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 美大を目指して浪人中の歩太と、一足早く大学に入学した夏姫は、親も公認の似合いのカップルだ。しかし、歩太は満員電車で出会ったどこか陰のある見知らぬ女性に密かに恋心を抱いていた。ある日、精神科に入院中の父の病院で、その女性と再会する ...
天使の卵 (そーれりぽーと)
目が真っ黒の小西真奈美と市原隼人、ついでにそろそろ飽きてきた沢尻エリカも黒目が大きいメインキャストでかためた映画『天使の卵』 特に観たい映画ではなかったのですが、出演者のかぶる『虹の女神』『手紙』繋がりで観てきました。 ★★ 演技のバリエーション ...
〈映画〉天使の卵 (Crescent Moon)
 今日はバスに乗って街中の映画館に「天使の卵」を観に行ってきました~♪ 前売り券を買ってしまったので、やっぱり無駄にしてしまうのは勿体ないかなぁ~と。 けど、天気が良かったら運動がてら自転車で行きたかったけど、それは叶わず。駐車場とか面倒だとい ...
幸せの一瞬「天使の卵」 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
長くベストセラーを続けている村山由佳・原作「天使の卵」の映画化。物語・美大を目指す浪人生の歩太(市原隼人)は偶然、電車に乗り合わせた春妃(小西真奈美)に一目惚れをする。しかし彼女はガールフレンド夏姫(
天使の卵 ~MOVIE VIEW~ (すきなものもの★きになるものもの)
映画レビュー第2弾。 今回はネタバレはあまりしない予定ですが これから観る予定の人にはある意味キケンです(笑) すみません・・・ では、あらすじ。 ****************************** 美大を目指して浪人中の歩太と、一足早 ...
天使の卵 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『ぼくは、ちゃんと愛せていましたか?』  コチラの「天使の卵」は、10/21公開の村山由佳さんの同名ベストセラー小説「天使の卵 エンジェルス・エッグ」の映画化なんですが、試写会で観て来ちゃいましたぁ~♪  かわいらしいコニタンが、自らこの映画を結構気に入...
映画評「天使の卵」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2006年日本映画 監督・富樫森 ネタバレあり
『天使の卵』 (『映画な日々』 cinema-days)
天使の卵 卵=天からの手紙「この命を宜しくお願いします」 村山由佳の原作を映画化。 10年後を描いた続編『天使の梯子』も TVドラマ化され...
<天使の卵>  (楽蜻庵別館)
2006年 日本 114分 監督 冨樫森 原作 村山由佳「天使の卵 エンジェルス・エッグ」 脚本 今井雅子 撮影 中澤正行 音楽 大友良英 出演 市原隼人  小西真奈美  沢尻エリカ  戸田恵子    北村想  鈴木一真  三浦友和