ネタバレ映画館

最強寒波が来るから
早めに映画観ておいた方がいいですよ!

告発のとき

2008-07-02 00:56:57 | 映画2008
 マイクという名の由来を知ってるか?・・・・実は父さんがカラオケ好きだったんだよ・・・

 インドネシアの国旗を逆さまにすればポーランドになりますが、日本の国旗を逆さまにしても何も起こりません・・・星条旗を逆さまに掲げて“救難信号”を意味するんだよ、というウンチクから始まり、旧約聖書やコーランについてまで博識ぶりを発揮する宇宙人トミー・リー・ジョーンズ。彼が演ずるハンク・ディアフィールドは軍人一家の長。陸軍出身、軍警察を経験と、刑事シャーリーズ・セロンも舌を巻くほど洞察力も鋭い男なのです。

 空軍で墜落死した彼の長男デヴィッドの名もやはり“ダビデとゴリアテ”からつけられたのだろう。原題となっている“エラの谷”にて勝ち目のない怪物ゴリアテに戦う許可を与えた王の話をセロンの息子デヴィッドにベッドで聞かせるところは印象に残ります。軍人である父親に憧れて兵士となった次男マイクに対する父親と母親(スーザン・サランドン)の考え方が違うところも興味深いところ。“親子の愛”というよくあるテーマに思わせておいて、戦地に若者を送る罪についてのメッセージを残すのはさすがポール・ハギスと唸るばかり。しかも子どもに言わせるなんて憎い憎い・・・

 基本的には、息子マイクが行方不明となり、やがて焼死体となって発見され、女性刑事の協力も得て独自の捜査をする、というミステリーの形をとるプロット。厳粛な退役軍人という主人公であるため、兵士を英雄としてとらえているのですが、『戦火の勇気』だとか『英雄の条件』などといったアメリカ万歳映画ではなく、むしろ『地獄の黙示録』のように狂気にかられ人間性を失っていくものだという、戦争の現実に打ちのめされる内容になっています。

 また、イラク戦争が間違っているなどというメッセージより、もっと恒久的な何か、全ての戦争に対して訴えかけているように感じました。小さな子どもに言わせている点、逆さまの国旗、エンディングに“子供たちに捧ぐ”と書かれていたためかもしれません。

 意外と面白いのが、トミー・リーが素早くベッドメイキングをするシーンが何度もあったところ。息子の凄惨な遺体と対面する表情よりも印象に残りました。そして、シャーリーズ・セロンの化粧がスッピンから徐々に濃くなって、美しさも変化するところが・・・それに管轄違いでグダグダしてる中で「正しいことをする」と意志の強さを見せるところで惚れ直してしまいました(相手にされないけど・・・)

★★★★★
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (34)   この記事についてブログを書く
« ミラクル7号 | トップ | 少林老女 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
トミー・リー・ジョーンズ (ともや)
2008-07-02 03:02:05
こんばんは、kossyさん♪
最近ともやが観たトミー・リーの作品と言えば「チアリーダー VS テキサスコップ」とか「スペース・カウボーイ」とか、缶コーヒーのCMもそうだけど、割とコミカル系が多かったんですね。
だからそのイメージが拭えなかったらどうしようかと思っていましたが、杞憂に終わる圧倒的な演技力。
やるときはやってくれますね~、トミー・リー!

星条旗 (祐。)
2008-07-02 18:38:19
この国は自由を守るために、軍隊をつくり、犬を殺すように人を殺す。そして、精神を病みドラッグに走る。 いったい誰の安全を守り誰の自由を勝ち取るのか。
この星の星条旗は悩んでいる。 珈琲でも飲んで時光するか・・・
星条旗 (kossy)
2008-07-04 09:10:36
>ともや様
そういや『ノーカントリー』を観たばかり。もちろん『告発のとき』のほうが素晴らしい演技。製作期間が短かった割には、俳優の持つ本能がこの演技を引き出したんでしょうね~
俺も必ず缶コーヒーのCMを思い出してしまうんですけど、いい意味で裏切られることが多いです。

>祐。様
精神を病んでいるのは帰還兵だけじゃなく、アメリカそのもの。その象徴である星条旗も病んでいるんですよね。
「国民のために戦ってきたのに」などというセリフもありましたけど、虚しく響いてきました。重い映画ではあるけど、ほんとに救難信号を出しているアメリカを感じられましたね~良かった。
コメントありがとうございました (rose_chocolat)
2008-07-04 15:39:11
そうなんです、日本の国旗は逆さまでも何も変わらないっていうのも、考えようによっては非常に皮肉な話じゃないかなあと。
ずいぶんと昔から、いろんな映画でも評論でもずっとアメリカの危機って言われているのに、何も変わらないどころか手の施しようもない状態になっていて、分かっていても観ている方は虚しいですね。

『ノーカントリー』に続いてトミーがこれに出ているっていうのも何か象徴的。あっちでは出番が少なかったから、こちらでの演技は光りました。やっぱり何か起きるのを見ているだけじゃなくて、それに立ち向かっていった方が男はカッコいいじゃないですか(笑
満点 (aq99)
2008-07-04 22:58:34
私も満点評価です!
>恒久的な何か、全ての戦争に対して訴えかけているように感じました。
私は、さらに全ての現状社会に訴えかけてる感じがして、ものすごく身につまされました~。
この映画、タイトルが悪いと言われてますが、マイク水野なら、どう付けてたやろなぁ~?
アメリカンドリーム (エージ)
2008-07-09 01:38:19
「ディアハンター」から30年・・・現実のアメリカは同じ事を繰り返してるというか、もっと追い込まれてるというか、悲鳴をあげてるラストシーンは悲しかったです。
Sサランドンの演じたお母さん達はベトナムで恋人を失ってイラクで息子を失って、アメリカンドリームは完全に終わってしまったのでしょうかね。
国旗 (kossy)
2008-07-10 09:40:28
>rose_chocolat様
日本の国旗を逆さまにしなければならない状況にならなければいいんですけどね・・・未来はさっぱりわかりません。
アメリカの危機的状況ってのはやっぱり内から解決しなければならないんでしょうね。これだけ悩める国だということを内部告発しているだけで安心できるのですが、トップがそれに気づいてないのが痛いところ。
トミーリーはこんな役が似合いますよね。俺的アカデミー賞男優賞は彼にしたかったです~

>aq99様
そっか~、現状社会にも訴えてるんですね。
アメリカだけじゃなく、どこの国でも陥りそうなことなのかもしれません。

マイク水野なら・・・「エラの嘆き」とか・・・

>エージ様
ベトナム帰還兵の心理状態。トミーリーの主人公はそれを乗り越えていたというのも象徴的でしたよね。
病めるアメリカ。恋人や子供を失うことがほんとに痛いほど伝わってきました。もうちょっと欲を言うなら、軍人一家じゃなく、兵士になるしか道がない貧しい黒人たちをも描いてほしかったです。
覇権国家 (mugi)
2008-07-13 21:01:39
苦悩するアメリカ兵の家族も痛ましいですが、イラクの民間人はもっと悲惨ですよね。
捕虜への虐待が日常茶飯事、子供も車で跳ね飛ばすわ…言葉もありません。
昨年、アフガンの捕虜死亡事件を扱ったNHK BS1ドキュメンタリーを見たのですが、結局罪に問われたのは下っ端ばかり、上部の将校は対照的に昇進したというのだから、やりきれません。
軍事独裁国家 (kossy)
2008-07-19 20:30:17
>mugi様
罪に問われるのが下っ端の兵士ばかりだなんて、軍事独裁国家のやりくちと同じですよね。
このドラマでは軍人一家の息子が中心だったのですが、もっと根深いところに、貧困のため兵士になるしか道が残されてない黒人たちがあるはず。彼の戦友の黒人はもっとも疑わしい人物だったのに、実はもっとも冷静だったなどという皮肉も描かれていました。
BS1のドキュメンタリーも見てみたいです!
TBさせて頂きました。 (小米花)
2008-07-24 21:26:19
毎日暑いです・・・。
言いたくないですが、暑いです・・・。

>日本の国旗を逆さまにしても何も起こりません
さ、さすが、目の付けところが違いますね~。

逆さにしても何も変わらないって、考えようによっては怖いですね・・・。
すでに逆さになっているのかも・・・。

派手な戦闘シーンより、ずっと力強いメッセージのこめられた印象が強い映画でした。

コメントを投稿

映画2008」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

34 トラックバック

告発のとき (ともやの映画大好きっ!)
告発のとき(原題:IN THE VALLEY OF ELAH) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★☆) 2007年ヴェネチア国際映画祭正式出品。 第80回米アカデミー賞、主演男優賞ノミネート。 米プレイボーイ誌に掲載された事件レポート“Death and Dishonor”を題材にして描かれた...
告発のとき (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『真実を語る、勇気はあるか?』  コチラの「告発のとき」は、主演のトミー・リー・ジョーンズがアカデミー賞主演男優賞にノミネートされるなどサスガの演技を見せる6/28公開となったPG-12指定の”アメリカが目を背けた衝撃作”なのですが、早速観て来ちゃいました...
映画 【告発のとき】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「告発のとき」 『クラッシュ』のポール・ハギス監督の第2作目。 おはなし:退役軍人のハンク・ディアフィールド(トミー・リー・ジョーンズ)は、イラクから帰還してくるはずの息子マイクが脱走したという知らせを受ける。息子を探すために現地へ向かい、地...
『告発のとき』 (Sweet*Days**)
監督:ポール・ハギス  CAST:トミー・リー・ジョーンズ、シャーリーズ・セロン、スーザン・サランドン 他 退役軍人のハンク(トミ...
告発のとき/In the Valley of Elah (我想一個人映画美的女人blog)
ケビン・ベーコン主演の『告発』という名作もあるし、サンドラ・ブロック主演の『評決のとき』というのもある。 それらを足して割ったような邦題、、、、{/m_0164/} 初監督作品『クラッシュ』でアカデミー作品賞を受賞、『ミリオンダラー・ベイビー』では脚本賞を受賞。...
『告発のとき』 (ラムの大通り)
※カンの鋭い人は注意。 ※ 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただくことをオススメします。 (原題:In the Vally of Elah) 「いやあ、とんでもない映画を観てしまった。 これは、なんにも喋れない」 -----ん?どういうこと。 そういうこと言うの『ミリオンダラー・...
告発のとき (映画君の毎日)
「ミリオンダラー・ベイビー」「クラッシュ」の ポール・ハギス監督による最新作。 前にこういう内容のベトナム帰還兵の映画を観たっけ。 「ディア・ハンター」とか「7月4日に生まれて」とか…。 今回の主役はそれを待つ父親である。 ストレートな反戦映画...
告発のとき(映画館) (ひるめし。)
真実を語る、勇気はあるか?
『告発のとき』 (2007) / アメリカ (NiceOne!!)
原題:INTHEVALLEYOFELAH監督・脚本・製作:ポール・ハギス出演:トミー・リー・ジョーンズ、シャーリーズ・セロン、スーザン・サランドン、ジエームズ・フランコ、ジェイソン・パトリック公式サイトはこちら。<Story>2004年、ハンク(トミー・リー・ジョーンズ)の元に...
悲劇の欠片たち。『告発のとき』 (水曜日のシネマ日記)
元軍人警官の男がイラク帰還兵であった息子の失踪を追跡する物語です。
告発のとき 【称号:凡作 】 (映画細胞~CinemaCell)
イラクの戦場から帰還した若き兵士マイクが行方不明に。その知らせを受けた元軍人であ
『告発のとき』劇場鑑賞 (ANNE'SHOUSE-since1990-)
フファーストデーなので、男性の方が多かったようです。みなさんマナーが良くって、久々に気持ちよく観る事ができました.。゜+..。゜+.  .。゜+..。゜+(c)2006ElahFinanceV.O.F.『告発のとき』2007年アメリカ作品 監督:ポール・ハギス出演:トミー・リー・ジョーンズ....
「告発のとき」 息子 (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
凶悪な事件が起こると、新聞とか偉そうなおっさんとかが“社会の責任”とか言うことがあるけど、あの論旨に納得できんかった。 ちゃうわい「本人の問題やろ」とか「親の育て方が悪いから、あんな怪物みたいなヤツに育つんじゃぁ!」とか思っとたわ。 でも、この映画見て、...
告発のとき (Memoirs_of_dai)
シリアスな時のシャーリーズ・セロンは黒髪に限る 【Story】 退役軍人のハンク・ディアフィールド(トミー・リー・ジョーンズ)は、イラク...
告発のとき (サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画)
      = 『告発のとき』  (2007) = 2004年11月1日、ハンク・ディアフィールド(トミー・リー・ジョーンズ)の元に、息子のマイクが軍から姿を消したという、不穏なニュースが告げられる。 軍人一家に育った息子に限って、無許可離隊などあるはずがない...
告発のとき・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「告発のとき」の原題、「In the valley of elah」とは、旧約聖書でイスラエルの少年ダビデが、宿敵ペリシテ軍の巨人ゴリアテを倒した場所の事。 パ...
「告発のとき」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
宇宙人ジョーンズのしわがまた深くなった。「クラッシュ」のP.ハギスの最新作と聞いて楽しみにしていた作品。しかしタイミングが悪かったのだろう。最後まで眠気と闘い続けるハメになってしまった。考えてみたら「クラッシュ」も相当地味だから、騙されたってわけではない...
告発のとき IN THE VALLEY OF ELAH (銅版画制作の日々)
  これが戦争の代償だということ。 多くの代償のひとつということだ。   ポール・ハギス   7月1日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。「クラッシュ」から3年。新しいポール・ハギスの作品「告発のとき」が公開されました。このところ、イラク戦争を題材に...
「告発のとき」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2007年・米/監督:ポール・ハギス) 「ミリオンダラー・ベイビー」で脚本賞、「クラッシュ」で作品賞と、2度アカデミー賞に輝くポール・ハギス監督の、イラク戦争を題材とした社会派ミ
★「告発のとき」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
日本では宇宙人として有名なトミー・リー・ジョーンズ。 今回は時代を憂う退役軍人役だぁ。
告発のとき (利用価値のない日々の雑学)
映画における戦争をテーマにしたものは名作の確率が高い。筆者のビデオ・DVDライブラリーをみても、20%近くを占めているから、もしかしたらジャンル別に分けたら最もパーセンテージが高いかもしれない。しかし、一方で沈痛・悲痛な物、後味が悪いものも多い。勿論、...
告発のとき 07/アメリカ/ポール・ハギス監督 (トーキング・マイノリティ)
 少し前ならベトナム帰還兵をテーマにした映画が製作されたが、イラク帰りを扱うのが最近のハリウッド。この作品の主人公はイラク帰還兵の父親。冒頭、“事実に基づいて作られた”とのクレジットが出ており、チラシも03年実際に起きた事件が背景にあると紹介されていた。...
「告発のとき」あるいは勇気 (再出発日記)
月一回のお話シネマの会に行ったら「この映画はよかったよ」とお話ししているじゃありませんか。「えっ、気がつかなかった。」というと、どうやら岡山に二軒あるシネマコンプレックスのもう一つのほうでしているらしい。トミー・リー・ジョーンズがオスカーを取り損ねたの...
【2008-158】告発のとき (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 帰還後、疾走した息子 息子の消息を追う父親 米プレイボーイ誌に掲載された、実際の事件 いま、息子の声が 父親を衝撃の事実へと導いていく 真実を語る、勇気はあるか? アメリカが目を背けた衝撃作
告発のとき( ネタバレあり) (エミの気紛れ日記)
コレ本当は公開初日の初回で観に行こうと思ってたんです。 ところが入院しちゃったんで観に行けなかったんですよ。 「まぁ、公開したばっかりだし会社に復帰してからでも観に行くのはいいかぁ。」 なんてノンビリ構えてたら18日で上映終了とのこと。 元々、万人受...
「告発のとき」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「告発のとき」 監督:ポール・ハギス 出演:トミー・リー・ジョーンズ、シャーリーズ・セロン、スーザン・サランドン、ジョナサン・タッカー、ジェームズ・フランコ、フランシス・フィッシャー、 ジョシュ・ブローリン、ジェイソン・パトリック、ジェイク・マクラフリ...
告発のとき (こんな映画見ました~)
『告発のとき』 ---IN THE VALLEY OF ELAH--- 2007年(アメリカ) 監督:ポール・ハギス 出演:演: トミー・リー・ジョーンズ、シャーリーズ・セロン、スーザン・サランドン、ジョナサン・タッカー 2004年11月1日、元軍警察のハンク・ディアフィールド( トミー・リ...
【映画】告発のとき (新!やさぐれ日記)
■動機 宇宙人ジョーンズの本来の姿を見に ■感想 また邦題に騙された ■満足度 ★★★☆☆☆☆ あんまり ■あらすじ 退役軍人のハンク・ディアフィールド(トミー・リー・ジョーンズ)は、イラクから帰還してくるはずの息子マイク(ジョナサン・タッカー)が脱...
告発のとき [監督:ポール・ハギス] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
ポール・ハギスとトミー・リー・ジョーンズ。二つの旬が重なり、とってもいい作品として結実したように感じる。
告発のとき■国旗を逆さまにするとは? (映画と出会う・世界が変わる)
この映画の中盤付近で「国旗を逆さまに掲揚するとそれは救難信号になる」というセリフが登場する。ごくありきたりのシーンで物語を左右する場面ではないのであるが、ラストになってこのセリフが実は大変な意味を持っていることがわかる。この場面とこのセリフは重要な伏線...
「告発のとき」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
重厚なドラマでした。見終わってちょっと立ち上がれなかったです・・
告発のとき (to Heart)
真実を語る勇気は ありますか― 原題 IN THE VALLEY OF ELAH 上映時間 121分 監督 ポール・ハギス 脚本 ポール・ハギス 音楽 マーク・アイシャム 出演 トミー・リー・ジョーンズ/シャーリーズ・セロン /スーザン・サランドン /ジョナサン・タッカー /ジェー...
告発のとき (映画鑑賞★日記・・・)
原題:IN THE VALLEY OF ELAH公開:2008/06/28製作国・年度:アメリカ、2007年、PG-12上映時間:121分アメリカが目を背けた衝撃作監督:ポール・ハギス出演:トミー・リー・ジョーンズ、シャーリーズ・セロン、スーザン・サランドン、ジョナサン・タッカー、ジェームズ・...
映画『告発のとき』を観て (KINTYRE’SDIARY)
63.告発のとき■原題:InTheValleyOfElah■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:121分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:7月12日、シネ・フロント(渋谷)□監督・脚本・原作:ポール・ハギス□原作:マーク・ポール□製作:パトリック・ワックスバーガー、スティ...