ネタバレ映画館

映画ドットコムに記事を移行してます!

レストレス~中天~

2007-09-27 22:26:59 | 映画2007
 人間のときの記憶がない天人ソファ。頭の中に消しゴムが入ってたのかもしれない(キム・テヒがソン・イェジンに似てるから・・・)

 日本の死後49日間の中陰を韓国では中天と言うらしい。その死んだ人の霊魂が集まる世界になぜか迷い込んでしまったイ・グァク(チョン・ウソン)。亡くしてしまった最愛の女性が天人ソファと名乗っていたのでビックリ。そして、その中天に反乱を起こすグループは、かつてイ・グァクも入っていた処容隊のメンバーだったのだ。もうこの時点で頭が混乱すること必至だ。

 時代は新羅の統一後、王族・貴族が乱れきっていた頃のお話。その腐敗した富裕層を倒すべく活動していたのが処容隊・・・本来は退魔師パン・チュ(ホ・ジュノ)が指導し、魔術や武術で悪霊を追い払う隊なのだ。彼らは貴族たちに滅ぼされ、イ・グァクだけが生き残った。彼はおたずね者にされ、悪霊(LOTRのオークみたいな奴ら)を退治したのに村人に襲われるのです。で、なぜか中天へ・・・あらすじ書くだけでもしんどい・・・

 天人たちと反乱軍(といっても霊魂なんだから)との争いの中へ、イ・グァクが間に入ってしまう。天人ソファは記憶のない元恋人、反乱軍は元仲間。もちろんクァクは恋人を守るのだけど、人間界に戻ることとか、世の中を良くしようなんてことはすっかり忘れ去っているようでした。彼女と同じ天人になるには記憶を全部無くしてしまうし、彼女を助けることだけが目的なのか・・・しかも「世の中を変える」という処容隊の目的も伝わってこない。「生まれ変わったら一緒になろう」という愛のテーマはあるにしても、彼ら2人はそんな未来のことまで考えてなかったようだし・・・

 ワイヤーアクションもそれほど目新しいものはなく、ワダエミの衣装も新鮮さを感じない。だけど、中天の世界観(建物のCGが凄い)や中天に広がる大自然(オール中国ロケらしい)がファンタジックに描かれ、この映像美にうっとりさせられるのです。が、結局、ストーリーの曖昧さによって眠くなるだけでした。そして、登場人物が死んでるのか死んでないのかわからないし、ここで殺されたら一体どこへ行くのやら・・・

★★・・・
韓流シネマ・フェスティバル2007 ルネサンス

コメント (8)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« プラネット・テラー in グラ... | トップ | 角砂糖 »
最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
目的 (かのん)
2007-09-29 22:11:20
そうそう、結局両者とも最終的に何を目的にしてるんだか、よくわかんなかったですよね。そーいえば私も終盤は集中力が無くなって時計を気にしてたのを思い出しました。

私は最初から二人のラブストーリーを追っかけて観ていたので、グダグダながらも美味しいとこは楽しませてもらいました。どうせならもっとイチャイチャしてくれてもヨカッタのに(笑)。
脚本 (kossy)
2007-09-29 22:51:06
>かのん様
設定とか世界観とか、インパクトあるものを揃えておいたのに、登場人物や目的意識が一人歩きして収拾つかなくなった・・・といったところでしょうか。
2人のラブストーリーだとわかってはいるのですが、イ・グァクが人間界で仲間だった者を簡単にやっつけちゃいけませんよね・・・
ハングル (chikat)
2007-10-07 08:40:28
おはようございます。
今更ながら,韓フェスの上映作品
ひっくり返していたんですが,kossyサン,ハングル相当お詳しいんですか?
イ・グァクの姓イを取り除いたら,クァクになっててすごいなあって…。
そういえばこの前,独学で多少勉強なさったとかコメント欄にお返事くださいましたものね。
いやあ,すごいすごい。
省略や濁音つけたりその辺一番難しいじゃないですか…。
尊敬しちゃいますよ!
韓国語 (kossy)
2007-10-07 23:27:21
>chikat様
いえいえ、ハングル語の勉強はまだ入り口段階。それも2ヶ月くらい放置してますので・・・(汗)
濁音が頭にこないことは知っていても、実際に聞いてみると濁ってるような気もするし、難しいですよね。
それよりもフランス語のリエゾンとかエリジョンのような繋がりによって音が変わるのが難しいです。母音も日本語より多いしね。

もうちょっと勉強しよっと・・・
SFラブストーリーファンタジー (Aki)
2008-06-08 21:36:21
という分類(笑)
ラブストーリーで世界を救うのは憎しみではなく愛。にしても、『グリーンディスティニー』『LOVERS』『MUSA武士』と比べると、見劣りするし、厳しい。
チョン・ウソンさんキム・テヒさん美男美女のコンビ。
ロケ地も美しい。
CGも素晴らしい。
チョン・ウソンさんはモデル出身でかっこいいので、鑑賞価値はあるし、ファンなら釘付けでしょう。
でも、35才ですから、アクションか演技かどちらか極めてほしいな~と思います。
今迄、女優サンや脇役に助けられ、セリフが少なく、無口な役で、不器用で感情表現の乏しい役でも、成功してきたけれど、主役で、女優も新人となったら、ルックスだけではキツイですよね。。
うそん (kossy)
2008-06-10 07:52:32
>Aki様
もうかつての四天王の時代は終わったのか・・・最近、韓国映画がめっきり公開されなくなったのでよくわかりません。

綺麗なファンタジーだったな~という印象しか残らない映画でしたけど、天国で殺し合いをしたらどうなるのかさっぱりわからなかったです(汗)
俳優の魅力はドラマで補完しなければならないのかな~見る気がおこらないんだけど・・・
韓国ドラマ (Aki)
2008-06-15 01:53:33
役者さんイメージもありますが、一作品中で、魅力を最大限に発揮してほしいし、新たな魅力も観れたら、最高ですね。
期待度もポイントですね。

さて、韓国ドラマですが、視聴率がいいと、1クール→2クール→3クール・・と続くようなので?、高視聴率ドラマの完観には、時間がかかります。(注・韓国で視聴率はとれなくても名作はあります)
kossy様のように多才・多趣味・多忙な方には不向きかもしれません。
以前、インタビュー番組でコピーライターの方が、表現したいことを、多くの言葉で表現することは容易だが、凝縮することが難しいと語っていました。
凝縮=映画1本=ドラマ1クール分かもしれません。
Re:韓国ドラマ (kossy)
2008-06-15 14:20:36
>Aki様
韓国ドラマもそうだし、アメリカ産のドラマもそうですよね~面白そうなドラマはとにかく長い・・・『24』は見る気もおきないけど、『LOST』だけは見ておきたいんです・・・

ドラマの難しさってのもあるんですよね。
1本ごとに見せ場を作らなきゃいけないし、「どうなるんだろ?」と視聴者に期待させなきゃいけないし、反響にっては途中からストーリーを改変しなけりゃいけないし・・・

コメントを投稿

映画2007」カテゴリの最新記事