ネタバレ映画館

最強寒波が来るから
早めに映画観ておいた方がいいですよ!

どろろ

2007-01-27 21:06:00 | 映画2007
 ほげほげたらたらほげたらぽん!

 TVアニメが放送されたとき、そのおどろおどろしさには夜中にトイレに行けなくなったほどの小学生時代を思い出してしまいます。カラー全盛の時代にわざわざ白黒アニメにする手法も画期的だったし、当時は差別用語の概念も持ち合わせていなかったので江戸川乱歩怪奇小説並に震えてしまったものです。しかも、TVの時間帯がカルピスまんが劇場となるゴールデンタイム。敢えてこの時間帯に放映するのも画期的だったかもしれません。

 そのTVシリーズは当初『どろろ』というタイトルだったのですが、「主人公が百鬼丸なのになぜ?」と疑問に思っていたら後に『どろろと百鬼丸』とタイトルが変えられました。放映途中にタイトルが変わるといえば、『宇宙猿人ゴリ』から『宇宙猿人ゴリ対スペクトルマン』と変わり、最終的に『スペクトルマン』へと変遷した番組もありますからたいしたことではありません。

 さて、この手塚治虫先生の傑作を実写化した映画。コミックでもTVアニメでも最終話で「どろろは女の子だった!」という重大なサプライズがあったのに、映画ではキャスティングそのものがネタバレしています。もしかすると原作とは違い、「実は男だった」などといった大どんでん返しがあるのかと期待していましたが、そこまでは変更されてませんでした。それよりも、復讐の連鎖を絶つとか、子供を簡単に捨てる親たちや百鬼丸とどろろの親子愛を対比させたりして、プロットを生かしてテーマを変えてしまった脚本はなかなかのものでした。それにこれは日本の室町時代などではなく、完全な無国籍ワールドにしてしまったのもよかった。さらに、どろろや百鬼丸の名前の由来についても詳細に語っていたので、「どろろ」が南方で化け物という意味なら、関東では「トトロ」になるのか?などと心の中でボケてしまいました。

 気になった点はやっぱり柴咲コウの声。少年っぽさや、男のフリをしたいがためにがなりたてたりするのは『下妻物語』の土屋アンナのようでした。もしかして妖怪鯖目の奥方(土屋)がどろろに憑いていたのかもしれません。映像的には、百鬼丸の本来の体が戻ってくる際の苦しみの表情や特殊効果、それにワイヤーアクションは良かったのですが、妖怪のCGや着ぐるみがどうもいけません。B級感溢れるのはいいとしても、あまりにもショボくて笑ってしまえる効果にがっかりでした。どうせなら妖怪の登場シーンをもっと少なく、あるいは全部カットしたほうが潔かったと思います。

 冒頭の「ほげほげたらたら~」は富田勲作曲のTVアニメのテーマ曲。これが聴けるならいいなぁ~などと甘い幻想を抱いて鑑賞したのですけど、前の座席に座ったおじさんが帽子を脱いだときに、「はげはげたらたら・・・」と口ずさんでしまいそうになりました・・・

★★★・・

YouYube(懐かしのアニメが・・・)
どろろ
どろろと百鬼丸
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (75)   トラックバック (107)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第79回アカデミー賞ノミネー... | トップ | 非行少女(1963) »
最近の画像もっと見る

75 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは♪ (ミチ)
2007-01-27 22:52:30
私も着ぐるみが出てきたときはアチャーって思ってしまいました。
やっぱり「魔物」を造形化するのって困難なんですね。
いま原作を久しぶりに読んでいました。
やっぱり手塚作品はいいな~。
全編に流れる哀しさもちょっと映画では足りなかったかなぁ。
百鬼丸に身体を与えるシーンは、漫画ではごくわずかなのに、よくあそこまでイメージして頑張りましたね。エレキテルまで登場させてたし~。
原作 (たいむ)
2007-01-27 23:12:31
kossyさん、こんばんは。
原作をまるっきり知らない私です(^^)
そっか、「どろろ」が女の子と言うのは最終話での大サプライズだったのですね。
「どろろ」の名前が後付だったことにまず驚いた私でした(^^)

着ぐるみ怪獣にはちょっと苦笑い。でも、原作がそうなのかな?そこが手塚作品なのかな?と思ったりもしたのですがww

こんばんは♪ (ゆかりん)
2007-01-27 23:14:12
着ぐるみはいけませんね(笑)
魔物も笑えるものばかりでしたー。

くーっアニメのテーマ曲知らないんですよね残念っ。
原作 (kossy)
2007-01-27 23:57:48
>ミチ様
漫画を持ってるなんて・・・さすがです!
全4巻でしたっけ。
俺は人に借りて読んだだけなので、強烈な印象を持ってるのはTV版だったりします。衛星で放映されたのをビデオに撮ってチェックした記憶があります・・・消してしまったけど。
魔物の造形はやはり無理がありますよね・・・ほんと、魔物シーンを全部カットしてもいいのではないかと思ったくらいです。
エレキテルは江戸時代だろ!などと突っ込んでもみたのですが、日本でないことに気付き・・・

>たいむ様
原作と違ってたのはその名前の由来とか性別・・・だったりします。
ちゃんと理屈が通っているからそのあたりは満足しました。やっぱり酷いのは着ぐるみですよね(笑)
アニメではそんな変な怪物いなかったと思います・・・蛇とか鬼とかだけのような。

>ゆかりん様
着ぐるみとかCGの魔物が登場すると映画館は失笑でつつまれてしまいました(笑)どろろが毎回血飛沫を浴びてしまう笑えるところは面白かったですけどね。
テーマ曲、ネットで聴けないのかなぁ・・・探してみよっと。
TBありがとうございます。 (masala)
2007-01-28 00:21:19
こんにちは。
着ぐるみの妖怪は評判悪いですね。
試写会でも失笑が起こりました。
立体的なワイヤーアクションは良かったですね。
柴咲コウのセリフもガナリ&絶叫で聞き取りづらかったです。
「どろろと百鬼丸」や『スペクトルマン』の話面白かったです。
これからも「masalaの辛口映画館」を宜しくお願いします。
知らなかった・・・ (キング)
2007-01-28 00:30:50
「どろろ」が昔、アニメ化されていたなんて知りませんでした。(驚)しかもアニメの原作が手塚治虫さんだなんてもっと驚きでした。
 それと、実写化した映画した「どろろ」を早く見たいです。
アニメ(;°д°) (そーれ)
2007-01-28 00:50:24
私も全然知りませんでした(汗)アニメ。
映画を観る前に満喫でチェックしたんですが、映画のキャスティングを知った上で読んだので、どろろが女だと最初から疑って読んでしまって面白さ半減しました。
どろろ×トトロ!
さすがですねぇ(笑)
着ぐるみ (kossy)
2007-01-28 01:04:45
>masala様
いやぁ~ショボかったですね。
着ぐるみだけだったら、B級映画として面白かったのですが、CGが俺には全く合わなかったです。あれじゃ子供向け妖怪ですよね・・・PG12なのに。
柴咲コウの演技指導は誰がしたのでしょうね~あれだけ甲高い声で叫ばれたら・・・苦しい。
「もう寝るのかよ」の台詞は美味しかったです・・・

>キング様
これは手塚治虫の隠れた傑作と言われてますからね~アニメを知らなくてもしょうがないです・・・差別用語のオンパレードだから地上波で再放送も難しいだろうし・・・
若い人の感想を聞きたいので是非!!

>そーれ様
そうでしたか・・・俺は逆にアニメから入ったもので・・
実はカルピスまんが劇場とか世界名作劇場の第1回作品だったのです!すごいことです。ムーミン、ハイジ、フランダースの犬、アンデルセンと同列の・・・
どろろが女であるとわかるってのがね・・・昔は「実は女の子だったんだよ!」などと言うと「漫画博士だ~」と尊敬の念を集められたものです(笑)
漫画を知らなかったのですが (bakabros)
2007-01-28 03:26:19
ベースに悲しみがあるような雰囲気とか、妖怪の死に様とか百鬼丸のおどろおどろしい感じはさすが手塚治虫作品と勝手に思っていました。
ストーリーや設定など大分映画用に作られていたみたいですね。
それを知ってますます原作漫画とアニメが観たくなりました。
柴崎コウさん好きだったんですが、今回のキンキン声にはやられました。私だけ? と不安だったので、kossyさんも同じ印象らしくホッとしました。気合いは伝わってきましたが、ちょっと耳が辛かったです……。
1・27・9:30~US金沢で観る (はななす屋)
2007-01-28 07:43:48
キャラメルポップコーンを食べつつ、観てきました。
柴咲コウの甲高い声は、アニメの松島みのりを知っていると、結構良かった(許せる)と思います。
「どろろ」の各キャラクター解釈を分析するには、原作・アニメ・映画、を並べる必要が、今のところはあると思います。
ただ、台詞に、なんというか・・・「間」見たいなものが必要か?と思いました。だから、勢いで押切られたような気持ちが、観ている方に残ってしまうのか、と・・。
CGは、日曜日の朝の30分ヒーロー番組レベルの着ぐるみショー的で、痛かった部分がありましたが、他で良い所もあり、グレードにむらを感じました。
皆さんが映画を見て、賛否両論であろうと、この映画を表に押し出せば、もう少しグレードあげて第二部ができるかも(ご存知でしょうが、妖馬ミドロ等のよい話も残っていますので)と思います。
主演の二人や、そのほかの部分では、大変良いものがありますから、見る価値は在るほうでしょう!
残念なのは、土屋アンナの演技の乱暴さは、「さくらん」の出来に一抹の不安が残りました。彼女は、妖艶ではありませんでした。もう少し、アノ役は掘り下げて描いて欲しかった。みなさん、どうでしたか?

コメントを投稿

映画2007」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

107 トラックバック

映画「どろろ」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「どろろ」 昭和42年「週刊少年サンデー」で発表された手塚治虫の作品を実写映像化。体の48か所を魔物に奪われた百鬼丸が、体を取り戻すためにコソ泥“どろろ”とともに魔物退治の旅に出る。 戦国の世を憂う武将の醍醐景光(中井貴一)は、乱世を治める力を...
どろろ (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 日本  アドベンチャー&アクション&ファンタジー  監督:塩田明彦  出演:妻夫木聡      柴咲コウ      中井貴一      瑛太 とある時代のとある国。戦乱が続き荒廃が進む世を憂う武将・醍醐景光は国を 治める力を手に入れるため生まれてくる...
どろろ (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2007/01/27(01/27鑑賞)PG-12監督:塩田明彦アクション監督:チン・シウトン出演:妻夫木聡、柴咲コウ、瑛太、原田美枝子、中村嘉葎雄、原田芳雄、中井貴一 醍醐の動く城?・・・なんか動きそうだ。あの城の中にはしゃべる炎の魔物とかいそう。でも耐震構造にチェッ...
「どろろ」みた。 (たいむのひとりごと)
ひさしぶりに試写会。観ようかどうか迷っていた作品だっただけに、当選はラッキーなのかな?(本当に観たい作品は、お金を出したってみるしねw)原作が”手塚治虫”なだけあって、「いかにも~」というファンタジー作品。(といいつつ原作は未読。手塚作品
映画「どろろ」を試写会にて鑑賞。 (masalaの辛口映画館)
 昨日、新宿の明治安田生命ホールにて、角川グループ連合試写会「どろろ」を鑑賞した。日曜日の昼の2時開場という事で少し早めの15分前に到着したが大して列は出来ていない、最終的に20代位の女性を中心に8割くらいの客入り。 さて映画の話、昭和42年「週刊少年サ...
どろろ (そーれりぽーと)
手塚治虫の漫画『どろろ』を映画化。 っつうても、手塚作品の中では妖怪漫画ブームの頃にあやかって書かれたマイナーな妖怪漫画だから、俺自身も読んだ事が無かったので、満喫でチェックしてから観てきました。 ★★★ ★2個半って先日観た映画にも付けたばかりだし、ど...
「どろろ」完成披露試写会 (てんびんthe LIFE)
「どろろ」完成披露試写会 東京国際フォーラムホールCで鑑賞 舞台挨拶の登壇者は塩田監督、アクション監督程小東(チン・シウトン)、妻夫木聡、柴咲コウ、瑛太、土屋アンナ。司会はTBSの久保田アナ。質問と応えの掛け合いが微妙に下手で面白かった。たぶん、質問...
映画「どろろ」・・・潜在バグ解消まで道半ば?! (システムエンジニアの晴耕雨読)
 映画「どろろ」見てきました。 お昼の回は、ほぼ満席・・・初日とはいえ、人気でした。 内容は・・・、 中井貴一さん扮する醍醐景光という戦国武将が、天下統一の野望をかなえるため、生まれてくる子供の体を、魔物の捧げることを約束して力を得る。そして、子供は、...
『どろろ』 (試写会帰りに)
魔神に奪われた体の48箇所と呼応する48の魔物がいて、それを倒すことによって体の部分を一つずつ取り戻して行くという奇想天外なストーリーがとても印象的。その取り戻し方の描写がまた凄い。百鬼丸がまるで産みの苦しみのようなを痛みを感じながら、仮の体から本物の目鼻...
「どろろ」と手塚治虫 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
手塚治虫原作の「どろろ」を塩田明彦監督(「カナリア」「黄泉がえり」)が映画化。原作の戦国時代とは違う場所と時代設定(何処かの国の賢帝歴3048年、いわゆるAnother Day Another Pla
「どろろ」切らなければならない運命を切る時に伴う心の痛みを示したファンタジーストーリー (オールマイティにコメンテート)
「どろろ」(PG-12指定)は手塚治虫原作の映画で体の48箇所を魔物に獲られて、その体を取り戻す為の48の魔物を倒す旅をしているストーリーである。手塚作品は過去アニメ化や映画化されたが、その中でも制作規模の違う作品として注目されている。
劇場鑑賞「どろろ」 (日々“是”精進!)
「どろろ」を鑑賞してきました手塚治虫の同名マンガを映像化した時代劇アクション。総製作費20億円をかけた大作。肉体を魔物に奪われた悲運の男の戦いと、彼のお供する天涯孤独な盗っ人との絆を描く。ストーリーは・・・乱世を治める力を得るため父により体の48の部分...
どろろ (何書☆ねくすと)
評価:◎ 評価表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 △:ややつまらない 凹:ヘコむ ×:観ちゃいけない) 『あらすじ』  戦乱の世、終わることのない血で血を洗う争いの中、醍醐景光とゆー武将は
どろろ (だめ男のだめ日記)
「どろろ」監督 塩田明彦出演 妻夫木聡、柴咲コウ、瑛太、原田美枝子、杉本哲太、麻生久美子内容戦国の世を憂う武将の醍醐景光(中井貴一)は、乱世を治める力を得るため、自分の子である百鬼丸(妻夫木聡)の体から48か所を魔物に差し出してしまう。やがて体の一部を取...
どろろ (いいかげん社長の日記)
昨日は、「どろろ 」「幸せのちから 」の公開でした。 金曜日の飲み会で、みんな「どろろ」に期待してたので、とりあえず「どろろ」を選択。 「UCとしまえん 」は、やっぱ結構人が多い。 「どろろ 」も、大きいスクリーンで7割近く入っている感じでした。
どろろ (Akira's VOICE)
自分探しは永遠に終わらない!
どろろ ジャパンプレミア (メルブロ)
どろろ 上映時間 2時間18分 監督 塩田明彦 出演 妻夫木聡 柴咲コウ 瑛太 原田美枝子 中井貴一 土屋アンナ 評価 6点(10点満点) 会場 国際フォーラム ホールC(試写会) 簡単(テキトー)あらすじ 魔物との契約により、体の48箇所をとられた百鬼丸...
「 どろろ / Dororo(2006)完成披露試写会 」 (MoonDreamWorks)
監督 : 塩田明彦出演 : 妻夫木聡 / 柴咲コウ / 瑛太 / 原作 : 手塚治虫公式HP  || 「 どろろ / Dororo(2006)完成披露試写会 」原作は、代表作を挙げだしたらきりがないほど名作を世に送り出してきた、「漫画の神様」、世界の手塚治虫。1969/04/06...
感想/どろろ(試写) (APRIL FOOLS)
な、なにこれ…。これはマズイだろーなー、な衝撃作とあいなりました『どろろ』1月27日公開。それでも客は入るんだろーなー。 どろろ 話は面白いよやっぱ。原作知らんけどサ。でもとにかくね、映像表現が、、、モノ足りな、、か、、、、った。。いやー、出てくるあや...
どろろ★★★★☆ (ちいろぐ)
↑★半分がないので、★4つ。実際は、3.5~って感じです 映画で予告編を見るたび、 もう、見たくてみたくて。すごく楽しみにしてた。 2時間あまりの間、ずっとドキドキハラハラ((o(▽ ̄*)oワクワクo(* ̄▽)o))で とっても楽しめる映画だった。 ザッツエンターテ...
【MOVIE】どろろ (思いつくままに)
■感想など ・・・ピノコ? 生まれたての百鬼丸(妻夫木聡)と、育ての親の寿海(原田芳雄)が作った 体の部品を観ていたら、同じ手塚治虫原作の「ブラックジャック」に 出てくるピノコを思い出してしまいました。 アクションシーンは結構見ごたえありでした。チャンバラも...
「どろろ」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「どろろ」 監督:塩田明彦 主演:妻夫木聡、柴咲コウ、瑛太、原田美枝子、中村嘉葎雄、原田芳雄、土屋アンナ、劇団ひとり、杉本哲太、麻生久美子、中井貴一 賢帝歴3048年・・・大地の東の果てにあるその国では、数十年に及ぶ戦が続き、秩序を失った争いと荒廃だけ...
どろろ (2007) 137分 (極私的映画論+α)
 私にとっては原作よりもやっぱアニメが懐かしいなぁ(^^; 畳の目に「どろろ」ってタイトルがね(笑)
どろろ (頑張る!独身女!!)
感動ありつつ、笑いあり。見せ場あり。そんな作品でした。
『どろろ』を試写会で観る。 (TATSUYAのシネマコンプレックス)
  フェイクにも、五分の魂。 『どろろ』を試写会で観てきました。場所は新大阪のメルパルク・ホール。 手塚治虫の原作・アニメを知っているだけに、昨年末から気になって、公式ホームで チェックして期待が高か
どろろ (ぷち てんてん)
というわけで、このどろろです。手塚治虫さんの漫画を実際に知っている人はどれくらいいたのかしら。小さいお子さんも見ていたけど、長いから(138分)途中、飽きている子もいたなあ。でも、魔物が出てくるともぞもぞするのが止まって、スクリーンにクギづけになっていた....
どろろ (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ 巻き舌スパーク!どるろろろろろろろろろっ! 
『どろろ』in神戸 (☆えみたんの日記帳☆)
最近神戸で映画見てるえみたんでしw そこに素敵な映画館あるんだけど、その映画館の側に住めたらなぁって思うえみたんでしw 周りの建物の雰囲気も最高なのら撚 と、そんな話じゃ~~なく今回もその神戸で映画を観て来たの秊烈 最近梅田よ...
どろろ (5125年映画の旅)
魔物によって体の四十八箇所を奪われた姿で生まれてきた百鬼丸。親に捨てられた彼は奇術師に拾われ、造られた仮の身体を与えられる。それから20年、百鬼丸は奪われた身体を取り戻すための旅にでる。立ち寄った町で彼は、自分の身体に仕込まれた刀を狙う泥棒・どろろ...
2007-01:どろろ (正咄 その弐(旧七転八倒映画館))
2007年の正月映画が揃いも揃って魅力的な作品が無く、正月第2弾のラインナップにかなり期待していた。その中の一つがこのどろろであった。原作は手塚治虫の漫画でこれは小学校の頃に友人から借りたものを読んだ記憶がある。今回このどろろが映画化されると聞いて真っ先に...
どろろ/妻夫木聡、柴咲コウ (カノンな日々)
原作が有名な手塚治虫作品なのはもちろん知ってますけど、ちゃんと読んだことはありません。子供の頃ちらっと見たことはあるけど時代劇だし劇画っぽくておどろおどろしくて大人の漫画って感じがして私が読むもんじゃないかなぁって。だからこうして実写化されなかったらた...
【劇場映画】 どろろ (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 賢帝歴3048年。大地の東の果てにあるその国では、数十年に及ぶ戦が続き、秩序を失った争いと荒廃だけがすべてを支配していた。そこには、戦国の世を憂う醍醐景光という武将がいた。影光は戦乱の世を治める「力」を手にいれたいと願っていた。そして、自ら...
「映画「どろろ」 想定外の感動! (ノルウェー暮らし・イン・ジャパン)
「映画「どろろ」 新春公開が待ち遠しい!」について 私の誕生日を知っているのか、それとも日頃の行いか?今週はなんと5つの試写会に当たり、今日は1つめの‘どろろ‘に行ってきた。神様!ありがとう。 先週‘墨攻‘など2つの試写会に都合で行けず、泣く泣くゴミに...
どろろ 07025 (猫姫じゃ)
どろろ 2007年   塩田明彦 監督  手塚治虫 原作妻夫木聡 柴咲コウ 中井貴一 中村嘉葎雄 原田芳雄 土屋アンナ 原田美枝子 瑛太 この監督、「ギプス」と「黄泉がえり」を見ているわね。 原作ファンではありません。でも、どちらが「どろろ」か、もう片...
「どろろ」試写会レビュー 心のエンターテイメント (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
エンターテイメントという響き、映画好きでは嫌いな方も多いと思います。でもこの作品についてはどうでしょう。急降下して墜落しするのか、急上昇して宇宙に行くのか、力強く世界へ羽ばたいた日本映画。
どろろ (花ごよみ)
  【あなたを忘れない】を見に行くつもりが、  舞台挨拶付き(これも見たかった) ということで、人気があったのか、 かなり早めに映画館に行ったのに、 着いたらもうすでに売り切れ。  あ~~残念!!…。 近くの他の映画館では、上映していないし…。 あきらめて【...
映画 「どろろ」 を見ました (THE有頂天ブログ)
1月27日より公開されている映画「どろろ」を見てきました。 ■「どろろ」パンフレット (600円) ■DVD:どろろ (出演 妻夫木聡、柴咲コウ) 映像化不可能といわれた手塚治虫の漫画を実写映像化した作品。 妻夫木聡&柴咲コウという色んな意味で話題の二人が...
「どろろ」 now roadshow! (とりあえず生態学+)
これって…どろろ2あるんですか? どろろ 製作年度 2007年 製作国 日本 上映時間 138分 監督 塩田明彦 原作 手塚治虫 脚本 NAKA雅MURA 、塩田明彦 音楽 安川午朗 、福岡ユタカ 出演 妻夫木聡 、柴咲コウ
映画 どろろ (よろず茶屋 )
公開初日、レイトショーにて。 手塚治虫先生は好きだ。原作の「どろろ」も読んだ。でも初日に観に行くほどのファンではない。 KUROがどうしても「どろろ」がいいと駄々をこねるからしょーがなく・・・ あ゛~、やっぱりDVDで十分だったよ~。 だから「幸せのち...
どろろ・・・・・評価額800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
アア、ヤッチマッタァ・・・・・ 実の父の賭けた呪いのため、生れながらに体の四十八ヶ所を魔物に奪われた剣士・百鬼丸の冒険を描いた「どろろ」は、手塚治虫の代表作の一つだ。 原作発表後間もない1969年に、杉井ギザブロー
どろろ (八ちゃんの日常空間)
架空世界で、アクション監督にチン・シウトンを招き入れているのであるのならば、もっと香港映画っぽくしても面白いのではないかと思います。日本の特撮世界と香港のマーシャルアーツが融合すれば、きっと凄い世界観を産めると思うんですけどねぇ…。
「どろろ」 全体的に消化不良でもったいない (はらやんの映画徒然草)
早く観たいと思っていた映画だったのですが、ややもの足りない感じがしました。 期待
どろろ (とっさの絵日記)
最近の小学校の図書館には手塚治虫の漫画が置いてあるのです。だから「どろろ」を読
【どろろ】柴咲コウとストーリーが邪魔なんでぃ!ぺんぺん! (見取り八段・実0段)
まだ公開して間もないのでネタバレしませんが。。。CGを期待して行ってはいけません。ストーリーを期待して行ってはいけません。柴咲コウを期待して行ってはいけません。私は、妻夫木くんを見に行ったんだよ。たぶんね~。こんなに綺麗で、こんなにカッコいい妻夫木くんを...
映画:どろろ 完成披露試写会 (駒吉の日記)
どろろ 完成披露試写会(国際フォーラムC) 「化け物小僧って意味だぞ---どろろ」 公式ブログのキャンペーンで当選しました♪でも関係者中心のため一般客は3階席まで追いやられてしまいました・・・早くから並んでいれば2階席だったのでしょうか・・・ま席ま...
どろろどろろー (ネヤガワ・デイドリーム)
「どろろ」を見てきた。おもしろかった。おもしろかったけど素直に「おもしろかったー」と言いながら劇場を出ていけないくらいのおもしろさ。怪物のショボさっていうのは覚悟していたので、そんなに気にならなかったけど、アクションシーン自体があまり迫力なかったか...
『どろろ』 (時間の無駄と言わないで)
原作が手塚治虫なんだから、そりゃよっぽどのコトがない限りは面白いってば。 1000円で観れたし(コレ重要)。 でも138分も使ってるくせにドラマが浅いのなんの。 回想シーンが無駄に長いし。 あと映像はもう少し何とかならなかったのかねぇ? せっかくの映画なん...
どろろ (ちわわぱらだいす)
あまりにも↑(幸せのちから)が面白くなかったので 何年かぶりに映画をはしごしちゃったよ~ こちらは満足しました秊鍊 原作はほとんど知らないんだけど。。。 うさぎは楽しみました~撚 子供はPART?がありそうだねって言ってるけど...
『どろろ DORORO』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『どろろ DORORO』鑑賞レビュー!    物語が、動き出す。ε=ε=ε=ε=┏( ・_・)┛ 孤独と絶望のなかで、彼らは愛と希望を諦めない テーマは、「正義」「勇気」そして「希望」 アジア発、世界へ 手塚治虫原作のホラー時代劇 百鬼丸役の妻夫木...
まだオンナにはなんねーぞっ!~「どろろ」~ (ペパーミントの魔術師)
公式サイトはコチラ。→http://www.dororo.jp/ キャー、もうキャーキャーキャー♪♪♪ なんてカッコいいんざんしょ。 ブッキーのブッキーによるブッキーのための映画で もうファンの方はぜ~~~ったい見て見て見てといいたいくらい 惚れ惚れでございました。 どっちか...
どろろ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
『日本は本物のエンタテインメントに目覚める』って本当かなぁ~~まぁ妖怪・魔物の類は大好きなので、行ってみましょう【story】乱世の覇者となるべく魔物との契約を交した父・醍醐景光(中井貴一)の代償に、その肉体を四十八の魔物に奪われた悲運の子・百鬼丸(妻夫木...
【2007-13】どろろ (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
ある戦乱の世─ 魔物に奪われし体の四十八箇所を取り戻す旅をする者がいた そして、その左腕に仕込まれた刀を盗もうと旅を追うもの 運命をぶった斬れ 二人でひとつ 物語が、動き出す。
どろろ (2007) (シネマテーク)
【コメント】★★★☆☆☆☆☆☆☆ ヒドイ映画を見た。脚本×、カメラワーク×、俳...
どろろ~続編希望♪♪ (シネマでキッチュ)
(札幌シネマフロンティアにて鑑賞) おもしろかった~。 映画が終わるともぉPART2を期待している自分がいたりして。 充実したエンターテイメントよ♪ 感動しました! なかなかどうして深いんですものねえ~。さすが手塚治虫原作。 天下を取るという欲望にとり憑かれた...
武侠映画だったの?「どろろ」 (着物アロハ・茅kaya日記)
「どろろ」、観てきちゃいました。 キャスティングを聞いたときは 絶対観たくないと思ったのですが、 招待券があるからと、お友だちに誘っていただいて。。。 で・・・・妻夫木君、良かったです(笑)。
ただの妖怪映画ではない。『どろろ』 (水曜日のシネマ日記)
手塚治虫原作の怪奇漫画を実写映画化したアクション時代劇です。
どろろ (吾輩はナマケモノである。)
手塚治虫の原作漫画を見たことが無いのですが、話は良く出来ていたように思います。 妻夫木聡もTVで観る印象とは違う、陰のある青年を上手く表現してました。 48体の魔物の皆さんがウルトラ怪獣や着ぐるみ感充分で笑えましたが、ベテラン中村嘉葎雄が軽くなりがちな演出...
「どろろ」 (NAOのピアノレッスン日記)
手塚治虫の最高傑作、ついに映画化!2007年 日本映画(東宝配給)  1月27日公開  PG-12指定 監督:塩田明彦 アクション監督:チン・シウトン 原作: 手塚治虫 脚本: NAKA雅MURA / 塩田明彦 撮影: 柴主高秀 音楽: 安川午朗 / 福岡ユ...
映画『どろろ』 (ふつうの生活 ふつうのパラダイス)
本来親から極当たり前にもらって生まれてくるはずのものを、親の欲得のためにもらいそびれたら、子供は自分自身の力だけでそれらを手に入れなければならない。それはとても苦しくつらいことだ。その一つ一つを手に入れるためにどれほど苦しい思いをしなければならないもの...
どろろ(映画館) (ひるめし。)
運命を超える旅へ。
「どろろ」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2007年・東宝/監督:塩田 明彦) 手塚治虫原作のコミックの映画化作品であるが、正直この企画が発表された時はかなり不安を抱いた。まずタイトルロールである“どろろ”を演じるのが
「どろろ」映画感想 (Wilderlandwandar)
映画の日に頑張って色々見たオマケで、ポイントが貯まって只券をゲットしたので見てき
映画版どろろ見たよ! (D's-BLOG)
金曜のレイトショーで駆け込むように、見てきました! なんか「見たい!」って思ったら、いても立ってもいられず残業もそこそこに (っつーか普段こんな残業発生しないじゃん!なんでよりによって…)ギリギリ 予告編に間に合ってよかった。 映画館の予告編って、「さ...
「どろろ」 (永遠の自分探し  って迷子やん!!)
内容は予告どおり。それ以上でも以下でもなく、予告そのまんま。 キャッチコピーでデカイこと言い過ぎ! むしろ東宝の恥だろ。 妖怪は、日曜朝の戦隊物レベルでちゃちいし、 CGは子供だましだし、 ストーリー展開も眠いです。 映画館どろろ予告にて散ッ々、 「日本は本物...
どろろ (エリ好み★)
身体の48ヶ所を奪われ、「もののけ姫」のコダマみたいな姿で産まれてきた百鬼丸がちょうどお腹のチビ(4ヶ月)みたいで、観に行くことにしました{%heart2_a%}
「どろろ」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
タイガースの新外国人選手ライアン・ボーグルソン投手の記事が載っていた。何でも投球の度に「ガウウッ!」、「グハッ!」、「ゲハッ!」等と雄叫びを上げるという、松岡修造ばりにウザイ・・・では無く、熱い男の様だ。外見はイケメンなれど、本人曰く「気持ちを入れて普...
★「どろろ」 (ひらりん的映画ブログ)
今週は、「幸せのちから」と「どろろ」どっちにしようかなぁ・・と迷ったっ。 「幸せ~」はオスカー候補だし・・・ 「どろろ」はTBSでバンバン宣伝してるし・・・。 結局、上映開始が10分早い「どろろ」に決定。
どろろ (Ossan's Blog)
監督 塩田明彦 出演 妻夫木聡 、柴咲コウ 、中井貴一、原田芳雄、土屋アンナ 時間 138分 体の48か所を魔物に奪われた百鬼丸(妻夫木聡)は、 魔物を倒すと1箇所ずつ体が戻ってくる。 体の...
「どろろ」 (かいコ。の気ままに生活)
本日 2月2日は「夫婦(ふうふ)の日」だそうで。しかし 今日から主人は上海です・・てことで またのびのび 「どろろ」観てきました!どろろ公式サイトあらすじ:武士の醍醐景光が 天下取りの代償として自分の子を48体の魔神に差し出す。赤ん坊は体の48箇所を欠損し...
どろろ (映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α)
手塚治虫の「どろろ」、大好きなんだよね。 だから実写化不可能、と言われた作品がどうなるのかと。。。 (どこで言われたのかは知らぬがw) これは、、、、 私は満足でっす(゜∀゜)!!
「どろろ」 新訳手塚 (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
漫画界では、時ならぬ手塚治虫漫画のリメイクが流行中で、浦沢直樹の「PLUTO」を筆頭に、米原秀之の「Damons」、田口雅之の「BLACK JACK NEO」と、今の時代にあった新解釈がなかなか面白いです。 そんで、映画界にも手塚治虫の新解釈リメイク余波がやってきま...
ほげほげほげたら… (ココット★ログ)
「どろろ」観てきました。いや、まさかと思いましたが本当に実写映画化 なのですね!しかもどろろ役が柴咲コウとのこと…なんだか想像もできな くてですね、我が耳を疑いました。特に思い入れの強い作品でしたので 期待もしつつ不安もありつつ、でしたが。 映像には...
どろろ (ルナのシネマ缶)
原作を読んだのも、 テレビアニメが放映されたのも、 遠~い!遠~~い昔の事なので、 父親の天下取りの犠牲に 体の48カ所を魔物に取られ1匹倒す事に、 体の一部が戻ってくると言う話しか 覚えていませんでした。 あと、最後の最後にどろろが女の子だったと いう...
どろろ (迷宮映画館)
うーーーんん。
どろろ 観た!! (せるふぉん☆こだわりの日記)
ワーナーのレディースデイで映画を見てきました。 公開直後から評判がイマイチな感
どろろ (なにも起こらなかった一日の終わりに)
 今日はバイトが休み…ってことで、期待の邦画「どろろ」を観てきましたよ~  戦乱の世。  武将・醍醐景光(中井貴一)が圧制を敷く国に、一人の奇怪な男が姿を現します。  彼の名は百鬼丸(妻夫木聡)。  体を48体の魔物によって奪われ、人工の体と両手に仕込...
『どろろ』 (Antique)
見てきました~{/kaeru_en4/} {/hikari_blue/}監督 塩田明彦 {/hikari_blue/}キャスト  妻夫木聡 、柴咲コウ 、瑛太 、原田美枝子 、杉本哲太 、麻生久美子 、土屋アンナ 、劇団ひとり 、中村嘉葎雄 、原田芳雄 、中井貴一 {/hikari_blue/}ストーリー  戦国の世...
どろろ (future world)
手塚治虫原作のどろろ~~そういうマンガがあることは知ってるけど、読んだことないしストーリーも知らない。。。 なので、どろろは主人公・・ってことは妻夫木クンがどろろだと、映画予告が公開されるまで思ってました。。 予告編で柴咲コウが「オイラがどろろだいっ...
「どろろ」 (じゃがバタ~ 映画メモ)
振り向きざま、子犬のような「ブッキー」にキューンとなるのです。 異常でしょうか?先生 反して ミュアーミュアー高音で叫ぶようなメス猫「柴咲」がカンにさわるのです。 偏見でしょうか?先生 ワタクシ、猫好きなのに、、、 「どろろ」は手塚治さん原作 白黒...
どろろ (TRIVIAL JUNK Blog)
コレも原作は幼少時にむさぼるように読みましたねぇ。もっとも20年近く前のことなんで、残念ながら詳細までは覚えてないのですが。 <公式ページ> さて、最近は昔の名作漫画を引っ張り出してきて映像化するのが流行りですが、脳裏に浮かぶのはキャシャーンやデビルマ...
映画「どろろ」観賞 (ぐうたら大学生の無責任blog)
 総制作費20億円をかけ、「日本映画の歴史が変わる。」と大見得を切った超大作。 どろろ ナビゲートDVD ~序章~妻夫木聡 柴咲コウ 瑛太 ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン 2006-12-22売り上げランキング : 1038おすすめ平
どろろ (□■Honey March■□)
{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}       監督:塩田明彦 アクション監督:チン・シウトン 出演:妻夫木聡/柴咲コウ/瑛太/原田美枝子/杉本哲太/麻生久美子他 戦乱の世で天下統一の野望を抱く武将・醍醐景光は四十八体の魔物から強大な力を与えられるが、その見...
映画「どろろ」感想◆配役でネタバレ!妖怪アクション (女医風呂♪実録オタク夫婦☆漫画絵日記♪)
さて、映画「どろろ」を見てきましたっ! 小学1年生で手塚治虫先生にはまった私はもちろん 「どろろ」も大好き。原作は未完で終わってるけれど。 アニメ版は見たことがないの。       そのへんが映画でどのように描かれるのか、楽しみにして ...
どろろ ~ 失われた人としての感覚と感情を求めて ~ (Prototypeシネマレビュー)
~ 失われた人としての感覚と感情を求めて ~ 手塚治虫原作の名作漫画を、実写映画として蘇らせたこの作品。アクション監督に『HERO』のチン・シウトンを迎え、邦画でありながら、香港映画さながらのワイヤーアクションを見せていることも注目です。 キャストは妻夫...
どろろ (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <新宿オスカー> 新しくできたバルト9に行こうとしたら、ヒトがいっぱいで。 しかし興収一位の映画とは思えないほど客席が少ないですな、新宿の映画館は2館とも。 監督:塩田明彦 アクション監督:チン・シウトン 原作:手塚治虫 脚本:NAK...
ニュージーランド政府観光局推奨【どろろ】 (犬も歩けばBohにあたる!)
「日本映画の歴史を変える!」 と大々的に宣伝してる「どろろ」見てきました。 うー
「どろろ」 (首都クロム)
 あまり邦画を見ることはありませんが、原作が手塚治虫で、しかも少しながら読んだことのあるお話で、キレのあるアクションと洒落たお衣装を特番で見せられてしまっては、観に行くしかない!と映画館へ。主演のお二人に全く関心が無いので、とても純粋な状態で物語に向か...
どろろ (週末映画!)
期待値: 66%  1967年「少年サンデー」で発表された手塚治虫原作マンガの映画化。 妻夫木聡,柴
どろろ (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
手塚治虫の同名漫画を映画化した作品です。 戦乱の世、天下統一の野望を抱く醍醐景光は、48体の魔物に強力な力を与えられますが、その代償として、生まれてくる息子の体の48箇所を魔物に捧げます。生まれてきた子どもは捨てられますが、呪医師、寿海に拾われ、寿海の秘...
映画どろろ観たよ (ぱるぷんて海の家)
「どろろ」観てしまいました。 3週連続1位と言うのも誇張じゃない、確かに満席に近い状態です。 漫画の実写版なので若年層が多いのかと思っていたが、中高年やどろろには興味なさそうなお婆さんグループなどもいて人気の層の広さを思わせます。 確かに手塚治虫の原...
どろろ (いろいろと)
手塚治虫の怪奇漫画の実写映画化である  出演 妻夫木聡、柴咲コウ、中井貴一、瑛太
どろろ (CINEMA DEPOT's BLOG)
DEPOTのおすすめ度:★★★☆☆ 公開日:2007年1月27日 配給:東宝 監督:塩田明彦 出演:妻夫木聡,柴咲コウ,瑛太 鑑賞日:2007年2月3日 MOVIX三郷 シアター11(座席数518) 【ストーリー】 賢帝歴3048年。大地の東の果てにあるその国では、数十年に及ぶ戦....
『どろろ』 (京の昼寝~♪)
失われた体と心を取り戻すために、今こそ運命に挑め   ■監督 塩田明彦■原作 手塚治虫 ■キャスト 妻夫木聡、柴咲コウ、中井貴一、原田芳雄、中村嘉葎雄、原田美枝子、瑛太、杉本哲太、土屋アンナ、劇団ひとり □オフィシャルサイト  『どろろ』  戦乱の...
どろろ (sigh.)
今頃かっ!なんですが、見てきました~
「どろろ」 (こだわりの館blog版)
【時代劇】なのに【無国籍】テイスト満載! 2/10 Tジョイ大泉 にて 監督・脚本:塩田明彦 原作:手塚治虫 脚本:NAKA雅MURA 出演:妻夫木聡、柴咲コウ、瑛太、杉本哲太、土屋アンナ、麻生久美子、    きたろう、山谷初男、中村嘉葎雄、原田芳雄、原田美枝子...
どろろ <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
「PG-12」だけあって いきなり首チョンパで血まみれ~~子供が怖がる様な場面多々有り。が、とっても手塚ちっくな話で面白かった一緒に観に行った旦那は 妻夫木君がこんなにカッコいいヤツとは知らなんだと、えらく褒めていた。 「どろろ」 ってタイトルやけど妻...
「どろろ」 (もじもじ猫日記)
2/21鑑賞 おもしろいじゃーん! 戦国時代らしいけれど 衣装や街並みやダンサー!の無国籍な雰囲気もカッコイイ。 戦の場面も血の色などがあえてなのか、 作り物っぽくて見づらくなかったのも個人的に好印象。 妻夫木君の憂いのある表情っていいなぁ。 このコちゃんと進...
『どろろ』   妖刀を腕に、荒野を旅する二人の‘どろろ’ (enjoy! MOVIE☆LIFE)
どろろ ナビゲート DVD ¥2,142 出演■妻夫木聡、柴崎コウ、瑛太、麻生久美子、杉本哲太、原田美枝子、原田芳雄、中井貴一  他・・・・・ 監督■塩田明彦 <ストーリー>  戦乱の世で天下統一の野望を抱く武将・醍醐景光は四十八体の魔物から強大な...
『どろろ』 (ドレミファ息子の血は萌える)
 両手が刀になっている人造人間が暴れ回るという設定を聞いただけで胸がワクワクする。それと妻夫木聡のカッコ良さ。着流し姿の妻夫木は任侠映画の鶴田浩司や高倉健に比肩しうるほど、匂い立つ男の色気が充満している。  
『どろろ』 (すきなものだけでいいです)
その時! 突如現れたコモド大トカゲが、つまぶき隊長の頭部に齧りついた!! 隊長 : 「・・・柴咲クンも齧ってもらい給え。 縁起モノだよ。」 ※ そんな内容ではありません。 『どろろ』 ホントのあら
「どろろ」 (青いblog)
http://www.dororo.jp/ 「どろろ」公式サイト 原作ファンとしてはこのキャスティングが許せなくて映画館に観に行かなかったのですが、DVDになったので鑑賞
どろろ (minaの官能世界)
 他に観たい作品があったのだが、「どろろ」が気になって仕方がないので、朝一番の上映を観に行ったのは今年2月の劇場公開時のことである。今回、DVD鑑賞したのを機会に感想を少しだけ・・・・・・。  原作は、手塚治虫の漫画である。  学生時代によく通っていた漫...
映画評「どろろ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2007年日本映画 監督・塩田明彦 ネタバレあり
[映画]どろろ (落とし穴には気をつけろ!)
どろろ(通常版)ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパンこのアイテムの詳細を見る DVDでの視聴です。 言わずと知れた、手塚治虫大先生の名作の実写版です。原作マンガのファンなので(アニメは見たことないけど)、失望するのが嫌で劇場には行かなかったんですけ...
『どろろ』'07・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ戦乱の世で天下統一の野望を抱く武将・醍醐景光は四十八体の魔物から強大な力を与えられるが、その見返りに生まれくる我が子を捧げた。やがて体の四十八ヶ所を奪われて生まれた赤子は捨てられ呪医師・寿海の秘術によって救われる。身を守るため左腕に仕込まれた妖...
観ました、「どろろ」 (オヨメ千感ヤマト)
どろろ(柴崎コウさん)が可愛らしかったー(*@∀@*)!!!数々の場面が大量にカ
【映画感想】どろろ(妻夫木聡×柴咲コウ)[2009-103] (映画+小説+家族=MyLife)
いまは別れてしまいましたが、確かこの映画の頃は付き合っていたはずで、記者会見では微妙にいちゃついていたことが話題になっていた気が・・・。そんな妻夫木聡×柴咲コウの二人が共演した映画『どろろ』。 ちゃちいCGで作られた妖怪みたいな敵のかっちょ悪さを除けば、...