ネタバレ映画館

映画ドットコムに記事を移行してます!

長い散歩

2007-02-23 19:15:42 | 映画2007
 主人公は安田松太郎。一瞬でもサッカーを思い浮かべると、松木安太郎の名と混同してしまう・・・

 高校の校長だった主人公。この団塊の世代の教師は「でもしか先生」と呼ばれる方が多く、いざなぎ景気を背景に「教師にでもなるか」「教師にしかなれない」と志願すれば誰でも教職に就くことができた世代だ。とはいってもレベルが低いわけではなく、逆に教師になってからがむしゃらに教育に取り組んで自分の家庭をも省みることがなかったのだろう。この安田松太郎(緒形拳)もその一人。娘に「人殺し!」と罵られるほど、アルコール依存症の妻を死なせてしまった悔恨の念を持っているのです。

 一人暮らしを始めたアパートでは隣人が夫婦喧嘩(実際はヒモ)が絶えなく幼児虐待をもうかがわせる。その被害者である5歳の少女サチ(杉浦花菜)の虐待を受けた痕跡がとても痛々しく、耐えられなくなった松太郎が彼女を連れ出してしまうストーリー。高岡早紀の狂ったかのような演技も凄まじく、胸が苦しくなりました。また女の子の叫び声や、しつけの行き届いてないことがわかる粗暴な態度。メロンパンしか食べたことがないような食生活。そして、「死」ということが未だ理解できていない、いたいけな少女なのです。

 虐待から解放したかっただけなのに、世間ではそれを誘拐というのが当たり前。行くあてもないような旅を続ける二人の間には、頑なに心を閉ざしていたサチが徐々にストックホルム症候群のように心を開き、信頼関係も生まれてくる。なにしろ、最初に名前を聞いたときには「ガキ!」と答えたほど。途中、唐突に現れたザンビア帰りの青年との微妙な関係も緊張感を与えてくれるが、ここでもまた「死」を考えさせられ、「おーい君、おーい天使、おーい青い空」という松太郎の詩の意味が浮かび上がってくるのです。目的地は家族で行ったことのある山の風景だったのだ。

 サチはずっと天使の羽を背中につけていましたが、新聞紙を破いて羽根のように切り貼りしたもので、最後のほうにはボロボロになっていました。もしやファンタジー映画だったのか?と思わせるシーンには驚きましたけど、急降下するようにラストの現実へと戻されてしまう展開もまたいい。人生は長い散歩。贖罪や巡礼という言葉にも象徴されるように、誰もが感じるような人生の重い十字架もいつかは晴れる日がやってくる。天使のパンツを被って反省しなければならないなぁ・・・

★★★★・

コメント (27)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
« Gガール 破壊的な彼女 | トップ | 不都合な真実 »
最近の画像もっと見る

27 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
子役 (かのん)
2007-02-23 21:17:57
子役の杉浦花菜ちゃんの演技がとても素晴らしかったです。あんな幼い子でもちろん虐待された経験なんて無いと思うのですが、怯えて机の下に隠れてるとことか、この作品での体験が逆にトラウマになるんじゃないかと心配なくらいのリアルさにビックリでした。それゆえに松太郎に心を開いていく様子が感動的でした。
こんばんは♪ (ミチ)
2007-02-23 23:03:53
この映画、昨年中に見た方はベストテンに選んでおられる方も多数見受けられましたよね。
奥田監督の奥様や娘さん達の名前が【脚本】にずらっと並んでいて壮観でした。
それにしても奥様の安藤和津を発見できなかったわ(汗)
安田松太郎・・・・どこかで聞いたことがあると思ったら松木安太郎でしたか。脱力~(笑)
松太郎 (aq99)
2007-02-23 23:06:33
安田松太郎って、どっかで聞いたことあると思ってたけど、「いい~ですよ~。もう1点ほしいですね~」「まだまだたりませんね。もう1点!」の人でしたか。
すっきりしました。

金八って実際におったら、松太郎タイプやってんね。
金八の家庭、あんなん、やっぱドラマやってんな~。

ワタルの死 (祐。)
2007-02-23 23:08:16
この映画で、一番の疑問は、ワタルが何故自殺したかです。何を悩んでいたのか、不透明でした。子供に対する観察力はとてもすごかったのに、疑問でした。サチのお墓を作らなくちゃならないというために死んだのでは お話になりませんよね。ストーリー上浮いているような気がしてなりません。
KOSSSYは分かりましたか?
天使のパンツ (悠雅)
2007-02-23 23:45:41
こんばんは。
昔々、わが家の子どもたちも歌っていた「天使のパンツ」が
こんなところで出て来るとは思わなかったので、ビックリしながらも、
歌詞を全部覚えていた自分に、またビックリ…
考えたら、変な歌詞なんですけど。

緒形拳さんが小さい子どもを連れているのって、
『鬼畜』を思い出させました。
随分年月が経って、全く逆の形で子どもと歩いている姿が
何だか感慨深かったです。
ワタルの存在 (ぢもと)
2007-02-24 06:21:44
松太郎とサチだけならズシンと重くなってしまうところですが、
若者のワタルが加わることで、重苦しくならない。
サイドストーリーとしてのワタルの展開が浅いかなぁとは思いましたけど、
それを展開しすぎるとメッセージが広くなりすぎるかなぁと。
彼は死を選びましたし、
彼だけじゃなくどの世代にも悩みなんて尽きないけれども、
「人生は長い散歩」とあるように、
もっと気楽に生きた方がいいのかもしれませんね。
ワタル (kossy)
2007-02-24 09:35:10
>かのん様
この作品が逆にトラウマになったら・・・悲しいことですよね。でも周りの大人がそうさせないはずです!まだまだ幼い子なのでこれからですよね。児童虐待に対する問題もかなり提起されていたように思うのですが、子供をただ産めばいいといった某大臣のことまで思い出されました。
心を開いていく過程もよかったですけど、ご馳走してもメロンパン以外を全てひっくり返す演技が凄かったですね~

>ミチ様
脚本もがんばってましたよね~
一人ではできない。親子合作の脚本というところがリアルな家族を描くことができた要因かもしれません。
松木安太郎・・・全日本の監督だったときにはなぜか彼を応援してました。最近は外人監督ばかりでつらまらないです。

>aq99様
もしかしたらサッカーのシーンでも出てくるのかな~なんて考えてたのですが、マラソンと剣道だけでしたよね。そういや竹の棒で情夫を襲ったことは不問にされたのでしょうか?気になるところでもあります。

丁度金八先生も同じ年代なのかな。
同じく妻を亡くしてしまったし、星野真理ちゃんは脱いでしまったし・・・関係ないか・・・

>祐。様
ワタルの自殺は唐突でしたね~
拳銃を持ってた理由はなんだろうな~と不思議に思ってましたけど、ザンビアでのトラウマや帰国してからの疎外感が彼を悩ませていたんでしょうね。
彼のエピソードはかなり浮いてしまってますが、サチの将来を想像するには重要な要素。サチが「死」ということの意義をずっと考えさせることになったのでしょうし、虐待に対する態度も変わるんだと思います。
長い散歩 (kossy)
2007-02-24 09:50:28
>悠雅様
俺は「天使のパンツ」を知りませんでした・・・(汗)
俺が知ってるのは「ピンポンパン体操」くらいです。
トラのパンツはしましまパンツ~♪はいてもはいてもすぐ落ちる♪
保育園での発表会のシーンでは、高岡早紀が仲間に入れず、外で一人泣いていたシーンが妙に思い出されます。それにしても今の親たちはみんなビデオカメラ持ってるんですなぁ・・・

子供を連れてあちこち旅するところは『鬼畜』そっくりでしたよね。俺は『復讐するは我にあり』を思い出してしまいましたが、どちらと比べても主人公はこれらの映画の贖罪のために歩き回ってたのかもしれませんよね・・・

>ぢもと様
たしかにワタルの存在がなければ重くなりすぎていたかもしれません。映画全体としても飽きさせないためのポイントとしていいキャラでした。深く描写しないところはロードムービーだったら普通だし、「散歩」をイメージさせるためには通りすがりの人物だと思わせる手法なのかもしれません・・・

「人生は長い散歩」だということの意味が一番必要だったのはワタルだったのかもしれません。松太郎とサチと出会ったのが目的達成する直前だったら、死を考え直すこともできたのかな~と考えると可哀想な青年でした・・・
天使のパンツ (にゃんこ)
2007-02-25 10:57:35
あら、天使のパンツってちゃんとお遊戯の歌として
あるんですね?^^;;;
映画の中の創作だと思ってました(笑)
猫もピンポンパン体操のトラのパンツくらいしか
わかりません(爆)
トラのパンツ (kossy)
2007-02-25 19:06:49
>にゃんこ様
あはは・・・年齢がばれる。
ピンポンパン体操は今でも全部歌えそうで怖いのですが、大ヒットしましたよね~
俺も劇中のネタだと思ってましたよ~♪

コメントを投稿

映画2007」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

22 トラックバック

『長い散歩』 (小さな花ひとつ)
昨日のYahooニュースの見出しに「虐待増え養護施設パンク状態」、とあった。児童
長い散歩/緒形拳、杉浦花菜 (カノンな日々)
『モントリオール映画祭でグランプリを受賞』 私の場合こういう冠がついちゃう映画は一歩引いちゃうとこあるんですけど、この映画は予告編を観ていてスゴク観たかったのでした。緒形拳さんの熱演もありますけど、やっぱり題材の幼児虐待ですね。昨今の社会問題を当然意識...
『長い散歩』 (Sweet* Days)
監督:奥田瑛二 CAST:緒方拳、杉浦花菜、高岡早紀 他 モントリオール国際映画祭グランプリ受賞 STORY:元教師の安田松太郎(緒方拳)は妻を亡くし娘からも見放され、安アパートに1人で暮らし始める。松太郎の隣室には水商売風の女とその子供が住んでいたが...
映画「長い散歩」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「長い散歩」 奥田瑛二監督の第三作目。 校長職を定年退職した松田安太郎(緒方拳)は妻の葬式を済ませた後、質素なアパートに移り住む。隣の部屋には母親に虐待されている少女(杉浦花菜)がいた。 「青い空と綿アメみたいな雲と白い鳥を見に行こう!」と老...
「長い散歩」 KENと言えば (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
『ミリオンダラー・ベイビー』で、イーストウッドが娘に出し続けてた手紙、 『弓』の爺さんと少女の語られなかった出会いの部分を補完してるような映画やった。 師匠筋にあたる二人の監督、望月六郎のアウトローなところと、熊井啓の社会派目線が、いい頃合いで融合してて...
「長い散歩」:勝島一丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}この橋は、通称、"かもめ橋"。人だけが通る人道橋だ。 {/hiyo_en2/}こちら側の人はこの橋を通ってあちら側のダイエーまで買い物に行くんでしょうね。 {/kaeru_en4/}毎日、長い散歩をしているわけだ。 {/hiyo_en2/}映画の緒形拳と幼い女の子のように? {/kae...
長い散歩 (悠雅的生活)
おーい君 おーい天使 おーい青い空
【2007-5】長い散歩(a long walk) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人生の悔いを背負った男、松太郎 天使の羽根を背負った 傷ついた少女 男は少女を救い出し、一緒に旅に出た しかし、社会はそれを誘拐と呼んだ 人生は長い散歩。 愛がなければ歩けない。
イマイチ肌に合わない 「長い散歩」 (平気の平左)
評価:65点
奥田瑛二監督作品 『長い散歩』 (銅版画制作の日々)
  京都シネマにて、土曜日より上映が始まった。夕方鑑賞昼間の上映時間に監督の奥田瑛二さんと主演の緒方拳さんの舞台挨拶があって・・・・満席状態で立ち見だったようだ。入れ替え制なのだが、挨拶のため、夕方の上映時間はずれ込んでいた。ようやくは入れることに・・...
『長い散歩』 (試写会帰りに)
天使の羽をつけた女の子が森を、神社を、古びた校舎を走り回る姿がファンタジックで印象的。 奥田瑛二監督の三作目となる『長い散歩』。 原案奥田瑛二、脚本は妻の安藤和津さんと、助監督を務めた長女の安藤桃子さん、次女の安藤サクラさんの三人(桃山さくらのクレジッ...
長い散歩(評価:○) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】奥田瑛二 【出演】緒形拳/高岡早紀/杉浦花菜/松田翔太/大橋智和/原田貴和子/津川雅彦 【公開日】2006/12.16 【製作】日本 【ストーリー】 安田松太郎は高校の校長を定年退職した厳格な教育者。しかし幸せ
「長い散歩」 (大吉。)
<水曜日> 今日は仕事上がりに映画を観に行きました。多分24日までの上映だと思うし、サービスデーの休みは無いし、ついでにランタンフェスの撮影も兼ねて。 上映が7時半からで終わったのが10時近かったので、今はネットカフェです。ここはカードが使えるのでお金...
「長い散歩」雨に濡れ (再出発日記)
監督・企画・原案:奥田瑛二脚本:桃山さくら、山室有紀子出演:緒形拳、杉浦花菜、高岡早紀、松田翔太、原田貴和子、奥田瑛二定年まで高校の校長を務めた松太郎は、妻をアルコール依存症で亡くし、ひとり娘とも絶縁状態。家庭を顧みなかった過去の自分を後悔しながら、安...
長い散歩☆独り言 (黒猫のうたた寝)
結局人間は、回り道をして初めて気づく・・・ってことなのかな?『長い散歩』を観てきました。奥田瑛二監督のモントリオール世界映画祭でのグランプリ受賞風景がTVで放送されたのは9月のことで・・・あーーでも、そういう作品なのに・・・地元公開はないのよね、、、(...
長い散歩 (とにかく、映画好きなもので。)
 家庭を顧みなかった男・松太郎(緒形拳)。教職者として定年まで高校の校長を勤めつつも、ひっそりと一人で安アパートで暮らす事に。  夜毎、聞こえてくる隣室のあの声と部屋から追い出される少女の背中。隣に住む女性は一人娘を虐待している。悲鳴は...
『長い散歩』 (アンディの日記シネマ版(TB用))
<注意> gooなど本館からTBできないブログにはこちらからさせてもらってます。 こちらの記事にTB&コメントは受け付けていないので お手数ですがTB&コメントは本館の記事にお願いします{/hiyo_please/} →『長い散歩』(本館) 【監督】奥田瑛二 【原案】奥田瑛二 ...
長い散歩 [Movie] (miyukichin’mu*me*mo*)
 映画(DVD)「長い散歩」(奥田瑛二:監督)  長い散歩 プレミアム・エディションジェネオン エンタテインメントこのアイテムの詳細を見る  奥田監督の監督3作目で、  2006年モントリオール世界映画祭で  グランプリほか3冠を受賞した作品。  妻亡き後、アパー...
長い散歩 (39☆SMASH)
『長い散歩』 ++ あらすじ ++ 『高校の校長として定年退職した安田松太郎は、教育者としての厳格さゆえに家庭では幸せになれず、妻を亡くし、娘からは憎しみを持たれていた。 そんなある日、松太郎は転居先の
長い散歩 (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
「天使のパンツ」の作詞は やなせたかし 長い散歩 プレミアム・エディションposted with amazlet on 07.11.16ジェネオン エンタテインメント (2007/07/25)売り上げランキング: 15104おすすめ度の平...
【DVD】長い散歩 (新!やさぐれ日記)
■動機 「な行」強化月間 ■感想 奥田瑛二という人は映画監督もできるのか・・・ ■満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ■あらすじ 名古屋の高校の校長職を定年退職した安田松太郎(緒形拳)は、妻の葬式を済ませた後、これまでの人生を清算するかのように質素なア...
『長い散歩』 (『映画な日々』 cinema-days)
長い散歩 妻を亡くした元校長が 引っ越したアパートの隣人の 幼児虐待を見かねて娘を連れ出す... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑...