ネタバレ映画館

映画ドットコムに記事を移行してます!

魍魎の匣

2007-12-24 01:28:44 | 映画2007
 戦時中、日本軍はゾンビ兵計画を企てていた?

 シネコンのグッズコーナーに京極夏彦の原作本があった。ぶ、分厚い!文庫本で千円超えですか・・・これを2時間余にまとめるのは大変なんだろうな、と思いながら、京極堂シリーズ映画化第2弾を鑑賞。原作はもちろん未読(というか、京極夏彦作品をひとつも読んでない)のため、思い入れがない分、存分に楽しめました。

 実相寺昭雄監督による映画化第1弾『姑獲鳥の夏』では映像が斜めになっていたおかげで三半規管に異常をきたしましたが、原田眞人監督による今作はそうしたギミックもなく、むしろ中国ロケなどで普通の映画のように金をかけた部分に酔いしれてしまいます。1952年の日本を表現するには中国か~などと、エンドロールを見てビックリしました。CGだとか大がかりなセットではなく・・・発想の転換ってのはこうやって活かすものなのですね。もちろん美馬坂研究所の外観でCGを使い、内部は大がかりなセットでしたが、このバランスもなかなかのもの。

 ストーリーとしては、観客に推理する暇を与えないほど、いささか急展開すぎる箇所もあるものの、猟奇性を損なわずに緊張感を与えてくれました。映画女優(黒木瞳)の娘加菜子はどうなるのか、頼子(谷村美月)はクドカンに連れ去られてどうなったのか?などと、隠れ美月ファンとしてはハラハラドキドキ・・・。新興宗教“深秘御筥教”を取材し、祝詞を丸暗記するほどの才女ぶりを発揮した中禅寺敦子(田中麗奈)は狙われる美少女には含まれないのか?などと余計な心配までしてしまいます・・・やはり10代の娘じゃなきゃダメなのか・・・

 京極堂の堤真一、榎木津の阿部寛、関口の椎名桔平の3人が息も合っていて、とても楽しそうでした。だけど、誰が主役なのかさっぱりわかりません。もしかすると木場刑事(宮迫博之)が主役だったのか。その木場が観ていた映画も面白かったし、『第三の男』にこだわってるところも良かった。事件が解決(?)した後に関口が書いた『めまい』はさすがにヒッチコックとは関係ないだろうけど、思わぬところで『ジョニーは戦場へ行った』へのオマージュが・・・(違うと思う)・・・

★★★★・

コメント (20)   トラックバック (47)   この記事についてブログを書く
« 何度も見てしまった映画 | トップ | ゾンビーノ »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
原作 (かのん)
2007-12-24 12:59:50
私も原作未読組です。一般的にも原作と比べるといいことない事が多いのですが、この作品はそれが特に顕著かもしれませんね。でも、登場人物が多いのである程度予備知識も必要なのかなという気もします。

私は意外にも猟奇的だったクドカンがけっこう効いてた気がします。あの柄本さんが普通の人に見えちゃいました。
さすが! (せるふぉん)
2007-12-24 13:59:27
見事なご明察。

kossyさんのおっしゃり通り、確かにあのものすごい量の文章を2時間強にまとめるのは至難の業だろう・・・と最初からわかっていたのに、わたしはあえて原作に手をつけてしまいました(笑)

おっしゃる通り、このお話のメインは実は木場です。
榎木津の役回りは原作だと木場なんですよね。
最初は木場メインで展開していき、徐々に京極堂の最後の締めへと向かっていきます。

確かに誰が主役・・・というのはないかも、ですね。
あえて言うなら原作中で「わたし」となっている関口なのかな(笑)
原作に近いイメージだったのは前作「姑獲鳥の夏」だったと思いますが、あれは抽象的でわかりにくい映像が多かったですかね。ああいう雰囲気、わたしは好きですが万人受けはしないでしょう。

しかしあの暗い作品をあんなにコミカルに改造させたのには超驚きました。
あれはあれで面白かったと思います。

原作 (kossy)
2007-12-24 19:05:24
>かのん様
そうなんですよね。特に分厚い本だとイメージそのものも変わってしまいそうな・・・
原作未読であっても、かなり端折ってあるな~と感じましたもん。

猟奇的な部分。歪んだ性格なんて、戦争体験のあるあの当時にはかなり陥りやすい状況だと思います。クドカンは雰囲気出てましたよね。

>せるふぉん様
ありがとうございます!
原作読まれた方の貴重な意見は参考になります。

木場ばメインであるのはセリフにも表れてましたが、黒木瞳が中心ではなくなったところから、影が薄くなってしまいました・・・落ちたときには死んじゃったかと思ったし・・・

京極作品を知らない俺が偉そうなことも書けないので映画中心になってしまいますけど、映画だけでもおどろおどろしさが伝わってきましたよ。
手足を切られる恐ろしさもあったし・・・あ、おっさんは被害者になり得ないから大丈夫か・・・
あの中国でのロケは (miyu)
2007-12-24 21:36:13
あたしもなるほどなぁ~って思いました。
うんうん、確かに発想の転換って感じですよね。
言われてみれば中国っぽいんだけど、
観ている間はよく出来てるなぁ~なんて
思ったりしてましたよ~。
中国 (kossy)
2007-12-25 08:43:51
>miyu様
最初から中国ロケだと知っていれば「ふ~ん」で終わっていたかもしれないんだけど、エンドロールではビックリさせられました。
なぜか思い出したのが『三丁目の夕日』だったり『スパイ・ゾルゲ』だったりしました・・・
楽しめましたか? (たいむ)
2007-12-25 16:42:24
監督も、原作未読者にこれだけの評価をいただけたのなら本望(おおげさ)だと思います。

それにしても鋭いですねw
木場の旦那は、本当はもっともっと絡んでいるのですが、トリオにすっかり持っていかれてしまいましたね。
関口君の「めまい」は・・高所恐怖症にあらず(笑)まったく無関係ですw
美月 (kossy)
2007-12-26 07:37:40
>たいむ様
俺の評価はほとんどが谷村美月のせい・・かな(汗)
いや、もちろんストーリーというか、戦後まもない頃の暗い世相を感じさせてくれた内容にも満足。両手両足切断というおぞましい光景に体が硬直しそうになりましたですよ。
木場が主役だったのは一部だけでしたけど、3人がちょっと浮いていたような気もしたので(笑)
こんにちは! (由香)
2007-12-28 16:37:49
お邪魔します♪
無知でお恥ずかしいのですが、谷村さんて・・・黒い涙を流していた方ですよね?
映画上映の前に観る彼女は可愛かったなぁ~今回はスゴイ事になってましたけど(汗)
京極夏彦さんの本が好きなので、ついつい色々ツッコミたくなりましたが、テンポも良くて(ちょっと早過ぎたけど・笑)、雰囲気もなかなかだったし前作よりも面白かったです。
戦後間もない頃の雰囲気も良かったですね~♪
「リールー、リールー♪」って歌も懐かしかったな。(って、一体幾つだ、私は?!)

都市伝説 (kossy)
2007-12-29 01:32:33
>由香様
はい、黒い涙の少女です。
色んな映画に出てるんですけど、中学生役がぴったりなんですよね。
俺の点数が4になってしまったのは谷村美月ちゃんのおかげです。えーーーーー!!って驚いちゃったですよぉ。
ロケ地の上海とリルは狙いだったのかもしれませんね。
未読でも大丈夫でしたか? (ノルウェーまだ~む)
2007-12-30 01:29:59
こんばんわ~
原作が未読の方が、どんな風に映画をご覧になったかすごく気になっていました。
読んだ本人でも、展開の速さについていけないふしがあったので…
今回、半主役というべき木場修の活躍というか、切ない恋心があまり出てなかったのが、残念です。

コメントを投稿

映画2007」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

47 トラックバック

魍魎の匣/堤真一、阿部寛 (カノンな日々)
京極堂シリーズ好きなんですよ。といっても原作は読んだことはないんです。前作「姑獲鳥の夏」は観に行こうと思っていたら堤監督好きで京極ファンのブロガーさんが酷評されてたのでスルーしちゃってDVD観賞にしたんだけど、たしかに期待ハズレというか宣伝負けしてました...
魍魎の匣 (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 日本  ミステリー&サスペンス  監督:原田眞人  出演:堤真一      阿部寛      椎名桔平      黒木瞳 【物語】 終戦から7年後の1952年。探偵の榎木津礼二郎は、元映画女優の柚木 陽子から失踪した娘・加菜子の捜索を依頼される。同じ頃、...
魍魎の匣 観たっ☆ (せるふぉん☆こだわりの日記)
公開初日、早速観てきましたよ~。 昨夜は原作を読みきらなくては・・・・!と夜中
【映画】魍魎の匣 (新!やさぐれ日記)
■状況 シネマックス足利店にてレイトショウで観賞 ■動機 篠原涼子ファンに連れられて ■感想 いや、面白かったんだが、なんだろう・・・ ■あらすじ 戦後間もない東京で、美少女連続殺人事件が発生。引退した元女優・陽子(黒木瞳)の娘も姿を消し、探偵の榎木...
「魍魎の匣」 やはり映像化は難しいか (はらやんの映画徒然草)
「姑獲鳥の夏」に続く京極夏彦さんの京極堂シリーズの二作目です。 僕は原作の大ファ
映画 【魍魎の匣】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「魍魎の匣」 京極夏彦のベストセラー・シリーズの映画化第2弾。 おはなし:戦後間もない東京で美少女連続殺人事件が発生。引退した元女優・陽子(黒木瞳)の娘も姿を消し、探偵の榎木津(阿部寛)が行方を追うことになる。一方、作家の関口(椎名桔平)と記...
「魍魎の匣」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。「魍魎の匣」公式サイト京極夏彦原作の第2弾。さしてキャストに違和感感じなくなってるのは1作目の「姑獲鳥の夏」で免疫できてるから??でも 関口役が永瀬正敏から椎名桔平へ変更されててびっくりしました!あんな体格いい関口君て?!て思っ...
魍魎の匣 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『ハコの中には 何がある?』  コチラの「魍魎の匣」は、京極夏彦さんのベストセラー京極堂シリーズ映画化第2弾となる、12/22に公開されるすべての人の想像を超える超高速展開サスペンス!!なのですが、試写会で観て来ちゃいましたぁ~♪  2005年に公開された「姑...
魍魎の匣 【称号:愚作】 (映画細胞~CinemaCell)
元映画女優の陽子から娘の捜索を依頼された探偵・榎木津。新興宗教と連続少女バラバラ
魍魎の匣【もうりょうのはこ】 (Good job M)
公開日 2007/12/22原作:京極夏彦監督:原田眞人出演:堤真一/阿部寛/椎名桔平/宮迫博之/田中麗奈/宮藤官九郎/黒木瞳/柄本明 他【あらすじ】戦後間もない東京で美少女連続殺人事件が発生し、世間を騒がせている。引退した元女優・陽子の娘・加菜子も姿を消し、探偵の榎....
「魍魎の匣 (試写会) 」みた。 (たいむのひとりごと)
以前(半年以上は前だと思う)、原作者の京極さんが「映画『魍魎の匣』がズゴイことになっている。」と”週刊大極宮”の中で書かれていた。一口に”スゴイ”といっても、どうスゴイのかについての言明が無かったため
魍魎の匣☆独り言 (黒猫のうたた寝)
監督が違うと、これだけカラーが変わるのか~っと・・・思った京極夏彦原作の『魍魎の匣』これ、実は原作読んでしまったんだなぁ~でも、結構忘れてる部分もある(笑)原作の感想はこれかつて、榎木津が視えるようになったきっかけは戦時中・・・ある男久保と遭遇したこと...
魍魎の匣 (Akira's VOICE)
原作ファンの皆さん! 予習はしないでおきましょう!
魍魎の匣 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
京極夏彦さんの本が大好きなので、原作は刊行当時に読んでいま~すでも内容はうろ覚え(汗)・・・映画を楽しむには丁度いいよねっ【story】戦後間もない東京で、美少女連続殺人事件が発生。引退した元女優・陽子(黒木瞳)の娘も姿を消し、探偵の榎木津(阿部寛)が行方...
魍魎の箱 (Kinetic Vision)
映画撮影所の場面で、赤い布が天井からぶら下がり風で揺れていて、その布の間から黒木瞳の姿が見える。クレーン撮影や緩やかな横への移動撮影もあり、まるでラストエンペラーのよう...
魍魎の匣 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
それは決して開けてはいけない匣__箱を祀る奇妙な霊能者。箱詰めにされた少女達の四肢。そして巨大な箱型の建物――箱を巡る虚妄が美少女転落事件とバラバラ殺人を結ぶ。 物語の舞台は1952年の晩夏。東京で行方不明になった少女たちの四肢が、箱詰めで見つかる...
魍魎の匣 (シネ山ムビ彦の日々の映画+α)
 今日はバイトが休みなので、京極夏彦原作の小説「魍魎の匣」を観てきましたよ。  京極夏彦の映画化は今回で2作目、前作「姑獲鳥の夏」と比べると小説家の関口が永瀬正敏が椎名桔平にチェンジ。  他のキャスティングはそのまんまです。  あ、肝心の監督が前作の実相...
久々の舞台挨拶ラリー (お初にお目にかかります)
12月は予定せず4週連続で舞台挨拶参戦となったが、 その最後となる今日は、一日3本のラリーである。 まずは『魍魎の匣』。 ぴあで間違えて立ち見席を取ってしまい、後でゲット。 ...
魍魎の匣(映画館) (ひるめし。)
すべての謎はハコの中
魍魎の匣 (そーれりぽーと)
豪華なキャスティングと、東京事変の曲に誘われて『魍魎の匣』を観てきました。 ★★★ 京極堂シリーズ第二段なのか… えー!これって『姑獲鳥の夏』と同じシリーズだったの? などと、観終わって帰ってから気がついた俺。 いくら『獲鳥の夏』が★1個しか付けない程に面...
魍魎の匣 (ルナのシネマ缶)
今年最後の劇場鑑賞は、 京極夏彦の「魍魎の匣」に なりました。 私は、結構な京極ファンだし 魍魎は、京極シリーズの中でも お気に入りの作品ですが、 映画は原作とはまったく 違う構成になっていると いうことだったので、 別物として観てみようと思って出かけ...
「魍魎の匣」京極堂のはしゃぎっぷり (ノルウェー暮らし・イン・ジャパン)
待ちに待った『魍魎の匣』 どんだけ応募したか分からないのに、ついに試写会は当たらず、なんとか手に入れたものの京極堂を愛してやまないねえね(高2)に取られてしまった。 このたび、ようやく公開を待って観る事ができた。
「魍魎の匣」映画館レビュー 映画愛 (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
久々の映画館で映画。映画を観て、幸せ。
「魍魎の匣」映画館レビュー 映画愛 (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
久々の映画館で映画。映画を観て、幸せ。
【2007-192】魍魎の匣(もうりょうのはこ) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 匣の中の少女 匣だらけの 匣みたいな家 匣に取り憑かれていた それは決して開けてはいけない匣 ハコの中には 何がある?
魍魎の匣 (迷宮映画館)
京極の題名は、変換で出てこない・・・。
魍魎の匣 (迷宮映画館)
京極の題名は、変換で出てこない・・・。
匣の中身は何じゃろな【魍魎の匣】 (犬も歩けばBohにあたる!)
京極夏彦のベストセラーシリーズ映画化第2弾 「魍魎の匣」を見てきました。 第1弾
魍魎の匣 (Diarydiary!)
《魍魎の匣》 2007年 日本映画 街で話題になっている少女バラバラ殺人事件、
魍魎の匣 (映画鑑賞★日記・・・)
2007/12/22年公開(2008/01/04鑑賞)監督:原田眞人原作:京極夏彦 『魍魎の匣』(講談社刊)出演:堤真一、阿部寛、椎名桔平、宮迫博之、田中麗奈、黒木瞳、宮藤官九郎、柄本明 ハコを開けちゃだめ~だけど開けたくなるものだ。
魍魎の匣 (eclipse的な独り言)
 これも1000円になるのを待ちました。原作のファンには不評ですよね・・・・(1
「魍魎(もうりょう)の匣(はこ)」(2007・日) (雑記帳(ほぼ映画感想、ときどき舞台レビュー))
京極夏彦の「京極堂」シリーズ二作目が 監督および関口役を変えて再び映画化。 「魍魎の匣」映画版、やっと観ました。 久々に原作を読み直してから観るか~、と本を読んでから 映画館に行ったのですが。 ……あまり意味がなかった。 というのは、多少設定が同じ...
魍魎の匣 (お気楽に映画で極楽)
京極堂シリーズの中で「魍魎の匣」が一番お気に入りなだけに、楽しみにしていました。監督も変わったので一作目のウブメ程、酷くは無いだろ...
[遅ればせながら、映画『魍魎の匣 』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
▼公開から三週間ほども経過したのだが、いつものMOVIX昭島に『魍魎の匣』を観に行った。 面白かった^^ 私は、原作の京極夏彦著作に人並みにはまった時期があって、京極堂シリーズ第四作の発売『鉄鼠の檻』発刊の時にはサイン会にも赴いたほどだ。 その時、応援...
魍魎の匣(もうりょうのはこ) ~ 何だかわからない気持ちの悪さこそが… ~ (Prototypeシネマレビュー)
~ 何だかわからない気持ちの悪さこそが… ~ 直木賞作家・京極夏彦のベストセラー「京極堂(百鬼夜行)」シリーズの映画化第二弾、『魍魎の匣』(2007年/日本)。05年に映画化された『姑獲鳥の夏』に続き、今回も憑き物落とし・京極堂、人の記憶が見える探偵・榎木津...
魍魎の匣 (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました<新宿ミラノ>監督・脚本:原田眞人 原作:京極夏彦 戦後7年の東京。探偵の榎木津礼二郎は、元映画女優の柚木陽子から娘の捜索を依頼される。同じ頃、売れない作家の関口巽は、少女バラバラ連続殺人の記事を書くために、記者の中禅寺敦子と新興宗教“深秘御...
映画【魍魎の匣】初日舞台挨拶 (Chateau de perle)
【魍魎の匣】 公式サイト 監督 原田眞人 出演 堤真一、黒木瞳、阿部寛、椎名桔平、田中麗奈、宮迫博之、柄本明、宮藤官九郎、マギー、他 舞台挨拶登壇 堤真一、阿部寛、椎名桔平、田中麗奈、京極夏彦、原田眞人監督  【魍魎の匣】の舞台挨拶に行って来ました。...
『魍魎の匣』 (cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー)
京極夏彦原作の京極堂シリーズの映画化2作目。前回の実相寺昭雄監督から、原田眞人監督にバトンタッチ。メインキャストはほぼ引き続きなものの関口役は、永瀬正敏から椎名桔平にバトンタッチされてる。前作もなにげに映画館で観てしまったので、今回もなんとなく気になっ....
今回の事件はまるで魍魎だ! (Ondul Blog ver.β)
映画 『魍魎の匣』 感想2008年1月5日、記念すべき今年一発目に鑑賞した映画です。 一言で言えば、見る人を選ぶ映画ですね。キャスティングだけ見て安易にこれをチョイスすると痛い目に遭うかも(笑前作以上にコアな人向けというか、この『解る人だけ見てNE♪』っていうス...
★「魍魎の匣」 (ひらりん的映画ブログ)
今週は平日連休が取れたので、シネコンはしごでもう2本。 その1本目。 ヤケに難しい漢字ばっかり使う京極夏彦原作の映画化第二弾。 第一弾の「姑獲鳥の夏」も劇場鑑賞したけど、記憶薄っ。
『魍魎の匣』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「魍魎の匣」  □監督・脚本 原田眞人 □原作 京極夏彦「魍魎の匣」 □キャスト 堤 真一、阿部 寛、椎名桔平、宮迫博之、田中麗奈、黒木 瞳、柄本 明、宮藤官九郎 ■鑑賞日 1月13日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5...
魍魎の匣 (ケントのたそがれ劇場)
★★★  残念ながら京極夏彦の作品は、全く読んでいないので、原作との比較はできない。だが少なくとも、不気味な雰囲気は十分味わうことが出来たと思う。なんとなく江戸川乱歩や横溝正史の作品を思い起こされる厶ードがある。 魍魎の匣 スタンダード・エディション販売...
mini review 08324「魍魎の匣」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
累計500万部を超えるベストセラー・シリーズの映画化第2弾。第49回日本推理作家協会賞に輝き、シリーズ最高傑作の呼び声も高い同名小説を原作に、古書店主の“京極堂”こと中禅寺秋彦と仲間たちが、3つの事件にかかわる恐るべき秘密を追う。監督は『突入せよ!「あさま山...
映画評「魍魎の匣」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2007年日本映画 監督・原田眞人 ネタバレあり
『魍魎の匣』 (『映画な日々』 cinema-days)
魍魎の匣 京極夏彦の原作「京極堂」シリーズの 映画化第二弾。第一弾『姑獲鳥の夏』 美少女連続バラバラ殺人事件に挑む。 「魍魎=影の周...
『魍魎の匣』'07・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ戦後間もない東京で、美少女連続殺人事件が発生。引退した元女優・陽子(黒木瞳)の娘も姿を消し探偵の榎木津(阿部寛)が行方を追うことになる。一方、作家の関口(椎名桔平)と記者の敦子(田中麗奈)は不幸をハコに閉じ込める教団に遭遇。榎木津、関口、敦子ら...
映画『魍魎の匣』(お薦め度★★) (erabu)
監督・脚本、原田真人。2007年日本。ホラー映画。出演、堤真一(中禅寺秋彦・京極