ネタバレ映画館

映画ドットコムに記事を移行してます!

夕凪の街 桜の国

2007-08-21 04:04:40 | 映画2007
 閣僚による「原爆投下しょうがない」発言が世間を賑わせた今夏。さらに原爆症認定問題もクローズアップされているなか、素晴らしい映画が登場したように思う。

 それでも、避け続けていた被爆者団体との面会を急いだのは、内閣支持率低下を食い止めようとしただけなのが情けないところだ。科学的に因果関係を解明できてないという口実は、裏を返せばそれだけ核兵器には未知なる影響力が存在することを示しているのだし、逃げ口上そのものが核容認の本音をも感じさせてしまう。

 被爆者の苦悩は物理的な苦痛だけではなく、伝染するというデマによって起こる差別も大きいことは、先日観た『ヒロシマナガサキ』でも明らかにされていました。その差別があるがために、自身が被爆者であることを言えない立場にしたり、自殺してしまう者も多かった。周りの人が皆死んでいるのに自分だけが幸せになることができない、死んだ人に申し訳ない・・・などと生き残った者の苦悩。『ヒロシマナガサキ』でも被爆者のそうした本音を知ることができたし、映画『父と暮らせば』でも心打たれたものだった。

 原爆による直接被害を描いた作品は数多くあれど、生き残った被爆者をテーマにした映画はまだまだ少ないように思う。戦後生まれの日本人が人口の75%を超えた現在、原爆が投下された日も知らない若者がいることも嘆かわしい事実なのですが、原爆症認定率の低下にも驚かされるのです。長年の苦痛に耐え、被爆したことをも隠していた人が、症状が悪化してやっとの思いで申請したら却下されるのである。

 映画はそうした政府や行政に対する怒りをぶつけるような内容ではなく、静かに叙情的に被爆者の心を描いたもの。ただ、前半「夕凪の街」では、「誰かに死ねばいいと思われた」とか「やった!また一人殺せた」などといった、今までにない戦争や原爆そのものを憎む直情的な言葉も登場するので、そのシーンでは心が痛む。また、原作漫画にはなかった防火用水への合掌や、悲惨な様子を描いた絵によって『ヒロシマナガサキ』をも思い出して涙を禁じえることができなかった。

 二部構成となっている後半「桜の国」では、安らかに眠る死者への鎮魂の想いを感じさせられるのですが、現代に生きる被爆二世の差別や、生きていくことの力強さがじんわりと響いてくるのです。薄幸の女性を演じた麻生久美子とボーイッシュで現代っ子的な田中麗奈の対比もさることながら、ケロイドの傷痕を曝け出しても誰も口にしない銭湯の様子とピチピチお肌が眩いくらいのラブホのバスルームのシーンが絶妙なコントラストとなっていました。さらに、伯母の死や父が敢えて選択した被爆者との結婚を見て、七波が生まれてくる決意をしたという、世代を越えてもしっかりと融合する脚本もよかったです。

★★★★★

コメント (17)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
« 天然コケッコー | トップ | トランスフォーマー »
最新の画像もっと見る

17 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
感動しました (kira)
2007-08-21 11:24:10
こんにちは!
今年一番、涙腺が壊れた邦画でした。
原爆スラムの、イキイキとした暮らしぶりの蔭で
もうあの頃多くの方が発症し、亡くなっていただろうに・・
と、考えるともうダメでした・・・
原作に無いシーンや小物(髪飾り)使いも「現代に繋げる」
「忘れない」のメッセージを感じ、良かったと思いました
Unknown (たましょく)
2007-08-21 11:32:25
kossyさん、おかえりなさい!

 戦争を題材にした映画は苦手だったのですが
醜い争いよりもそれによって巻き込まれ多くの
人間の心情や境遇をしっかりと描いてましたね。

 見えなくとも今尚、戦争の傷に苦しむ人々が
この国に多く居ることを実感させられました。
原作も是非! (AKIRA)
2007-08-21 18:41:24
お帰りなさい。\(^O^)/

「夕凪の街」は麻生久美子さんの存在感で
素晴らしい余韻でしたが,
「桜の国」は演出が肌に合わず,
ツッコミが前に出てきてしまい,入り込めませんでした。。
おひさしぶりです (MIYAUCHI)
2007-08-21 21:46:04
こんばんは。
更新されていなかったので心配しておりました。

「夕凪の街」が良かったですね。麻生さんの演技が良かったと思います。

何年たっても消えない心の傷跡、戦争は絶対にしてはいけないですね。多くの方に観てもらいたい映画ですね。
Unknown (Elie)
2007-08-22 17:57:10
こんばんは。
「誰かに死ねばいいと思われた」という言葉にはグサッときました。
『桜の国』の間も、『夕凪の街』に繋がるシーンでは何度も涙が込み上げてきて…
TBさせていただきますね。
おかえり!! (シャイロック(師走))
2007-08-22 18:57:48
この映画見てませんが、kossyさんの帰還を祝してのTB
kossyさん帰ってきてくれてよかった^^
ずっと心配してましたよ。もうココも終わりかなとか思っちゃったよ~。すいません^^;
でも良かったです。帰ってきてくれて^^
またTBさせてくださいね^^
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-08-22 22:56:50
 長らく更新が止まってたので、
 どうされたのかと心配してました。
 復活、おめでとうございます☆

 「ヒロシマナガサキ」は観ていないんですが、
 記事を読んでいたら観たくなってきました。
 DVDになってからになりそうですが・・・。

 原作も読まれてるんですね。
 どちらもとてもよかったですよね。
 何十年にもわたっての苦しみ、
 もうこれっきりにしないといけませんね。。
銭湯 (aq99)
2007-08-29 19:22:03
銭湯のシーンはよかったですね!
あれ、小中の頃見てたら、すごい衝撃やと思います。
おっ、女の裸が見れる!と思ったら・・・。
これ見よがしではないところ (たいむ)
2007-08-31 23:42:36
kossyさん、こんばんは。
ストレートに反戦を訴えるものでも、やり場のない怒りをあらわにするものでも、保証を訴えるものでもなく、それ以前のただ人間の気持ちを描いた作品としてとても心に響きました。

配役もはまってましたね。
大泣きでしたが悲しいばかりの涙じゃないところも良かったです。
TBさせていただきました (taka0096)
2007-09-01 00:15:10
よかったですね。原作よりも生々しさが目立ちましたが、そのぶんストレートに伝わってきた。
個人的に皆実の心象風景に出てきた「絵」が怖かったです。色々想像してしまって、全身鳥肌でした……。

コメントを投稿

映画2007」カテゴリの最新記事

28 トラックバック

夕凪の街 桜の国 (八ちゃんの日常空間)
原爆は落ちたんじゃなく、落とされたんだ
夕凪の街 桜の国 (to Heart)
製作年度 2007年 上映時間 118分 監督 佐々部清 出演 田中麗奈/麻生久美子/藤村志保/堺正章/吉沢悠/中越典子 昭和33年広島、皆実(麻生久美子)は同僚の打越(吉沢悠)から求愛されるが、彼女は被爆した心の傷と、自分が生き残った罪悪感に苦しんでいた。やがて、...
夕凪の街 桜の国 (何書☆ねくすと)
 評価:◎  評価表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 △:ややつまらない 凹:ヘコむ ×:観ちゃいけない)  『あらすじ』  昭和33年、広島に原爆が投下されてから13年後。復興に活気の中
映画 「夕凪の街、桜の国」 (ちょっとひとことええでっかぁ~♪)
終戦記念日は官僚の靖国参拝云々でマスゴミはバカ騒ぎしているが、 日本には2日もある「原爆の日」が年々忘れさられて来ているように感じます。
映画 【夕凪の街 桜の国】 (ミチの雑記帳)
試写会にて「夕凪の街 桜の国」 第9回手塚治虫文化賞新生賞、平成16年度文化庁メディア芸術祭漫画部門大賞を受賞した、こうの史代の同名コミックを、佐々部清監督が実写映画化。 おはなし:昭和33年広島。皆実(麻生久美子)は同僚の打越(吉沢悠)から求愛されるが、...
夕凪の街 桜の国 (Akira's VOICE)
希望は咲き誇る。
映画「夕凪の街 桜の国」を観ました!!(2007-19) (馬球1964)
映画「夕凪の街 桜の国」を観ました!!2007年の第19作目です。
【2007-109】夕凪の街 桜の国 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 広島のある 日本のある この世界を愛する すべての人へ 広島 あの日から十三年 消し去れぬ想い そして、現代 ふたつの違う時代に生きる二人の女性が、 今ひとつの物語を紡ぎはじめる。 生きとってくれて ...
『夕凪の街 桜の国』 (ラムの大通り)
----この映画、変わったタイトルだよね。 原作ものニャんだって? 「そう。 平成16年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞・ 第9回手塚治虫文化賞新生賞を受賞した こうの史代と言う人の原作。 過去と現在の二つの物語からなる連作なんだ」 ----ふうん。と言うことは 二...
「夕凪の街 桜の国」 (首都クロム)
 漫画を読んだ時、凄い力に引きずり込まれるようにして何度も何度も読んだ作品です。静かな語り口ながら、とてつもなくシビアなお話を聞いてしまった。そういう印象でした。きのこ雲の下の出来事は描かれても、それよりずっと後の苦しみを寧ろ描いたものには出会ったこと...
夕凪の街 桜の国 2007-42 (観たよ~ん~)
「夕凪の街 桜の国」を観てきました~♪ 昭和33年、広島市・・・皆美(麻生久美子)は、建築会社の事務をしながら、母を支えつつましく生きていた。恋愛も贅沢も無縁の生活、皆美の心の中には原爆で生き残った事が負い目になっていた・・・平成13年、東京で暮らす七波...
夕凪の街 桜の国 [Movie] (miyukichin’mu*me*mo*)
 映画 「夕凪の街 桜の国」(佐々部 清:監督)  を観てきました。    W主演の麻生久美子さんが好きなので、  観たいとは思っていたのですが、  終戦記念日の今日、ようやく観てきました。  やっぱりせめて1年にこの時期くらい、  戦争とか平和とかについて  ...
夕凪の街 桜の国(映画館) (ひるめし。)
生きとってくれて ありがとう
戦争の先にあるモノ。『夕凪の街 桜の国』 (水曜日のシネマ日記)
広島原爆投下から13年後の広島で生活する女性の姿と、現代を生きる女性を通して原爆の悲劇を描いた物語です。
夕凪の街 桜の国 (星のカケラ)
『夕凪の街 桜の国』をキャナルで観た。 1960年代、原爆によって広島で被爆した女性の心の苦しみを描いた話が、夕凪の街。現代、生まれのルーツを広島に持つ女性の戦争(?)に対する心の変化を描いた話が、桜の国。 過去と現代を生きる女性を描くことで戦争、原爆、広島、...
「夕凪の街 桜の国」 いろいろ思うことあり (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
去年辺りから、自分の知らない戦争観を教えてくれる映画に当たり、たいそう勉強になりましたが、この原爆被爆観は、ちょっとすごかったです。 「自分だけ生きてて、そんで、幸せになってもええのんか」 と幸せの局面を迎えるたび、そんな思いがもたげてくるというのはまだ...
夕凪の街 桜の国・・・・・評価額1350円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
今年ももうすぐ、8月6日がやってくる。 人類の記憶に、「ヒロシマ」という日本の地方都市の名前が、永遠に刻まれる事になった日。 「夕凪の街 桜の国」は、あの日あの街に居たために、原爆症というあまりにも悲しい重荷
「夕凪の街 桜の国」みた。 (たいむのひとりごと)
広島には行ったことが一度もない。修学旅行は、「九州」・・ではなく、「奈良・京都」だったしね(笑)もしいつか行くことがあったら、必ず平和記念公園と資料館には立ち寄りたいと思う。原爆投下から、既に60年
夕凪の街 桜の国 (はあどぼいるど・えっぐ)
 わかっているのは「死ねばいい」と誰かに思われたということ  思われたのに生き延びているということ 「夕凪の街 桜の国」監督:佐々部清  1958年。原爆被災者たちの居住する原爆スラムに平野皆実(麻生久美子)はいた。設計事務所・大空建研で事務員を勤めながら...
「夕凪の街 桜の国」泣いた泣いた!~2500円~ (いりりんの育児映画人生)
わ~ん、ハンカチ忘れて失敗したよ~ もうティッシュで拭いちゃえ~!!という位泣きました。 泣く映画が苦手な人は絶対見ないで下さい・・・。 (そういう人は佐々部監督の作品は見ないで下さい) 佐々部監督作品は 「陽はまた昇る」「カーテンコール」以外全て見ていま...
『夕凪の街 桜の国』 ★★★・・ (じゃがバタ~ 映画メモ)
あちらこちらでとても評判のいい映画だけに、う~ん期待したほどでは、、、 生き残った方の言われない罪悪感、虚無感を知らされ 胸も目頭も熱くなるのです。 絶対にしてはならない、あってはならない事を目の当たりにして 東子のように苦しくなるのです。 でも...
夕凪の街 桜の国 (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  手塚治虫文化賞、文化庁芸術祭漫画部門大賞を受賞した「こうの史代」のコミックが原作だという。僕はまだこの原作を読んでいないが、余りも素晴しい原作なので映画を観るなら、原作は後にしたほうが良いという声が多いね。 夕凪の街桜の国 著者:こうの 史代販
「夕凪の街 桜の国」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2007年/監督:佐々部 清) 広島出身の漫画家・こうの史代の同名コミック原作を、誠実で丁寧な演出では定評のある佐々部清監督が映画化。 佐々部清監督と言えば、「チルソクの夏」、
『夕凪の街 桜の国』 (映画館で観ましょ♪)
原爆で家族を失いながら自分が生き延びている事の辛さ。 次の世代へと受け継がれてしまう・受け継いでしまう辛さ。 原爆は「落ちた」のではなく「落とされた」という事実。 広...
夕凪の街 桜の国 (2007) 118分 (極私的映画論+α)
 あの閣僚発言とはまったく「対」になる映画です。
mini review 08286「夕凪の街 桜の国」★★★★★★★★★☆ (サーカスな日々)
第9回手塚治虫文化賞新生賞、平成16年度文化庁メディア芸術祭漫画部門大賞を受賞した、こうの史代の同名傑作コミックを、『出口のない海』の佐々部清監督が実写映画化したヒューマンドラマ。広島原爆投下から13年後と現代に生きる2人の女性を通して、現在までに至る原爆の...
映画評「夕凪の街 桜の国」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2007年日本映画 監督・佐々部清 ネタバレあり
No.100 夕凪の街 桜の国 (気ままな映画生活)
原爆投下から13年経過した広島、 「夕凪の街」と平成19年の東京を舞台にした 「桜の国」の時代を超えて原爆の記憶背負って 生きる女性の物語です。