ネタバレ映画館

最強寒波が来るから
早めに映画観ておいた方がいいですよ!

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

2017-10-13 23:17:41 | 映画2017
 喋れないのは駅前留学しなかったからか!?

 ほとんどが雪に覆われた背景のためか黄色の字幕が目に優しい。人間は絶滅の危機に直面していて、感情移入する対象は猿しかいなくなったおかげでどっぷりと猿の世界に浸れました。

 森の奥深くの猿の砦が人間の軍隊に奇襲される。その時は人間との共存も考えていたリーダーのシーザー(アンディ・サーキス)は、命を取り留めたプリ―チャー(ガブリエル・チャバリア)をはじめとする人間たちをそのまま帰してあげたのだが、大佐(ウディ・ハレルソン)による夜襲によって愛する妻と息子ブルーアイズが殺されてしまう。仲間には安全地帯への避難を命じ、自分は復讐のため大佐の元へと向かうシーザー。一人では行かせまいと、ロケット、オランウータンのモーリス、ゴリラのルカが旅を共にします。

 途中、口がきけない人間の少女(アミア・ミラー)を助け、その後、動物園から逃げてきたよく喋る猿バッド・エイプを仲間にする一行。大佐のいる巨大な要塞へと向かうのですが、病気になった人間が殺されている現場に遭遇したりして、人間界の異常事態にも気づくのです。要塞に到着すると、強制収容所で監禁、壁を作るために重労働を課せられている仲間を発見。ルカは殺され、シーザーも捕まってしまいます。絶対的権力を持つ大佐は猿たちに水も食料も与えようとしません。「壁を作ったら与えてやるよ!」とほざきます。

 ウィルス対策は万全とのたまう北からやってくる兵士たちと大佐率いる兵士たちの戦争は止めようがない様子。シーザーはとにかく水と食料を求めて交渉しようとするのですが、ようやくシーザー以外に与えられます。ノバと名付けられた少女のおかげで餓死は免れたシーザー。そして仲間たちは収容所からの大脱走を計画するのです!これは“グレート・ウォー”じゃなくて、まるで“グレート・エスケイプ”だ!

 脱走を果たしてからのシーザーは不戦主義だったのに、復讐の念だけは消えない。何度も夢の中で好戦的だった故コバの姿が現れてしまうのですが、ついには「俺はコバだ!」と、単独で大佐の元へと向かうが、大佐もまたウィルスに感染し言葉を無くしていたのだった・・・ジミ・ヘンドリックスの「ヘイ・ジョー」はここで意味をもたせてくるのか(撃てという意味で)・・・違うか。

 クライマックスは怒涛の展開。北からはヘリで空爆してくるし、防護服を着こんだ兵士たちが進軍してくるし、猿も殺さなきゃならない上に北の奴らも殺らなきゃならない兵士たちは混乱気味。シーザーはとにかくリーダーであるため、命を助けてやったプリ―チャーにも狙われるなどてんやわんや。人間の手下になっていたゴリラのドンキーもいい活躍を見せてくれる。そして、そして怒涛の・・・

 何といってもノバ役のアミア・ミラーが可愛い。オリジナルの『猿の惑星(1968)』のヒロイン役もノバという名前だし、シーザーの末っ子コーネリアスもオリジナル版に登場するチンパンジー考古学者の名前。かなりリスペクトされていました。そのオリジナルへと繋がる壮大な猿の大移動は見応え十分。結局は、人間は戦争やパンデミックで自滅していくものだと、猿目線になってザマーミロと言ってしまいたくなりました。


★★★★★
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (23)   トラックバック (33)   この記事についてブログを書く
« エルネスト | トップ | 恋と嘘 »
最近の画像もっと見る

23 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます。 (BROOK)
2017-10-14 05:40:21
ノバ役のアミア・ミラーは今後活躍しそうな感じですよね♪
非常に透明感のある子役でした。

ノバやコーネリアスはオリジナル版にも名前が出てくるとのことで…
これはやはり機会があったら鑑賞したいところです。。
ノバ (kossy)
2017-10-14 20:35:49
>BROOK様
アミア・ミラーは良かったですね~
人間の中の猿、猿の中の人間を対照的に描いていたことも面白いし。

名前が同じなのは、オリジナルへと繋がる仕組みなのか、単にリスペクトなのかはわかりません。
オリジナル鑑賞の際は、50年前の映画なんだと意識しないと、しょぼいという感想になるかも・・・(笑)
Unknown (源之助)
2017-10-15 21:15:41
こんばんわです。
前日譚1作目の創世記からして半分以上猿目線で彼らに感情移入させるような話だなあと思ってましたが、
3作全てでそうしなくてもと思ってしまいました。
この聖戦記を見た後でオリジナルの猿の惑星見ても、遥か昔に初見で見た時のような感想にはならないだろうなとも。

それはそうと確かにアミア・ミラーは良かったですね、台詞がないというのにあの存在感は大したものです。
こんばんわ (にゃむばなな)
2017-10-15 23:47:35
個人的にはチャールトン・ヘストンとか自由の女神とか描いて欲しかったのですが、まぁこれはこれでいいのかも知れませんね。
アメリカでのウケも評論家以外はよろしかったようですし…。
でもやっぱりチャールトン・ヘストンに似た若手俳優を見たかったなぁ~。ハリウッドなら絶対探し出せるはずだから。
オリジナル (kossy)
2017-10-16 07:29:18
>源之助さま
猿目線ばかりでしたよね。
俺はおかげでどっぷり猿になってしまいましたが、
どうしても猿になるのがいやな方も多いようです。

オリジナルを知ってることが前提で作られたようなストーリーでもありますし、今からオリジナルを観る方はラストのショックは受けないですよね。

>にゃむばなな様
オリジナルを今からリブートするなら、壮大なSFタイムパラドクスを取り入れなきゃ面白くないですよね。
ようやく安住の地を見つけた猿たちですから、ニューヨークまで大移動するのも大変。
チャールトン・ヘストンたち宇宙飛行士は同時期に火星の辺りを彷徨ってるハズですから、ワンポイントで宇宙を描くのも良かったのかな~
こんにちは (yukarin)
2017-10-16 15:07:18
黄色い字幕は観やすかったですね!!
ノバ役の女の子が可愛いかったですよね~思ってた以上に活躍してくれました♪
オリジナルに直接つながるようなラストではなかったので何本か作れそうな感じでしたけど。
字幕 (kossy)
2017-10-16 18:48:54
>yukarin様
黄色の字幕は本当に良かったです。
昔の映画なら読みにくいのに平気で白抜き文字を使ってましたよね。

オリジナルに繋がらないという意見が多いようですが、
俺は十分だと思いました。
もし何本か作るとしたら、猿の帝国を作って、科学やら軍隊を発展させるという単調なものになりかねませんよ・・・
Unknown (えふ)
2017-10-16 20:32:43
ノバとコーネリアで前作に繋がりを感じられたならまだしも、
やっぱりどうしても自由の女神しか頭になかったので、
まだまだ続きそうな終わり方に感じました。
やっぱり猿がいかにして人間を支配していったのか?
その過程が見たかったですね。
自由の女神 (kossy)
2017-10-16 23:02:56
>えふ様
自由の女神像は砂に埋もれて傾いてました。
戦争のせいで像が倒れたのではなく、
なにか天変地異がなければこうならないかも。
人間がほとんどいなくなって、
自然界のバランスも崩れたのかなぁ・・・
駅前 (ボー)
2017-10-19 10:10:51
ノバだけに、駅前留学してほしかったです。駅がなかったのかもしれません。
10年以上前に旧シリーズ5本見ましたが、ほぼ忘れています…。

コメントを投稿

映画2017」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

33 トラックバック

劇場鑑賞「猿の惑星:聖戦記」 (日々“是”精進! ver.F)
そして、猿の惑星へ… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201710130000/ 猿の惑星聖戦記 (竹書房文庫) [ グレッグ・コックス ]
『猿の惑星:聖戦記』 (こねたみっくす)
ところでチャールトン・ヘストンと自由の女神は? う~ん、何なんだろか、この消化不良な気持ちは…。 映画はとにかく面白い。あの偉大なる1作目へ通ずる様々な布石も満載な上に......
猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)感想 (源之助の日記)
昨日(10/14)は猿の惑星の前日譚3部作である猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)を鑑賞してきました。 ↓とりあえず見に行った映画館HPのストーリー紹介からのコピペ↓ 猿と人......
猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4.5点】(11) 人間との全面対決の陰で新ネタ・新キャラ披露で奥行きが増した。
猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)★★★・5 (パピとママ映画のblog)
『猿の惑星』の前日譚(たん)を描いた『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』『猿の惑星:新世紀(ライジング)』の続編となるSF大作。猿と人類が地球の支配者を決する戦いの一方......
猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2D 字幕版) (タケヤと愉快な仲間達)
【解説】 『猿の惑星』の前日譚(たん)を描いた『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』『猿の惑星:新世紀(ライジング)』の続編となるSF大作。猿と人類が地球の支配者を決する戦......
猿の惑星:聖戦記 (だらだら無気力ブログ!)
子役の娘がめんこくてイイ。
「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」 (或る日の出来事)
マジだよねー。
[映画『猿の惑星:聖戦記』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・派手なアクション要素もある、非常によく出来た、人間vs猿の種族生き残り闘争の物語。  これは、古今東西の歴史で見られる民族紛争と同じテーマでもあるからして......
『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』には脱帽だ (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『猿の惑星』シリーズのリブート第一作『猿の惑星:創世記』(2011年)に、私はいささかの不満があった。旧シリーズに濃厚だった人種差別や人権問題を重視す......
猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
そして、時の輪が閉じる。 2011年の「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」から始まる、リブート版新三部作完結編。 本作のキャッチコピーは、「そして、猿の惑星になる」という大......
猿の惑星 : 聖戦記 (グレート・ウォー) (風情☭の不安多事な冒険 Part.5)
 アメリカ  アクション&アドベンチャー&ドラマ  監督:マット・リーヴス  出
映画「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」@109シネマズ木場 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2017/10/15、109シネマズ木場、1番スクリーン。 良い席はとっくに埋まっており、中央通路前のF列を選択。 ** アンディ・サーキス、ウディ・ハレルソン、アミア・......
猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) (セレンディピティ ダイアリー)
「猿の惑星」シリーズ最新作。ピエール・ブール原作のオリジナル「猿の惑星」(1968)へとつながる、プリクエル3部作の第3弾。監督は前作と同じマット・リーヴス。前2作と同様、......
「猿の惑星 聖戦記」War for the Planet of the Apes (2017 FOX) (事務職員へのこの1冊)
Rise(創世記)、Dawn(新世紀)とつづいたリブート版「猿の惑星」完結編はWar(聖戦記)ときた。邦題が聖書っぽいのは、このシリーズの終わり方をFOX日本支社が予測していたからか......
『猿の惑星 聖戦記 グレート・ウォー』 2017年10月15日 TOHOシネマズ日劇 (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『猿の惑星 聖戦記 グレート・ウォー』 を鑑賞しました。 雨の降りしきる寒い中、日劇まで見てきた。 【ストーリー】  猿と人類の全面戦争が始まってから2年が経ち、シーザー......
猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) (風に吹かれて)
そして猿の惑星になった 公式サイト http://www.foxmovies.jp/saruwaku-g 監督: マット・リーヴス  「クローバーフィールド/HAKAISHA 」 「猿の惑星:新世紀(
「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
最後まで引き込まれて面白く鑑賞しました。 でも、4つ★とちょっと。
映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』★痛快!脱出劇とシーザーの“面構え“ (yutake☆イヴの《映画★一期一会》)
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/171291/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 新シリーズ3作目。  ・前作→コチラ  面白いと聞いて、鑑賞しました!☆ 南......
「猿の惑星 聖戦記(グレート・ウォー)」:風格と重みと暗さ (大江戸時夫の東京温度)
映画『猿の惑星 聖戦記(グレート・ウォー)』は、新シリーズというかリブートという
「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」猿が人間化して (ひろの映画見たまま)
おすすめ度 ☆☆☆★ (劇場鑑賞) 名作SF映画「猿の惑星」をリブートした「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」「猿の惑星:新世紀(ライジング)」に続くシリーズ第3弾。 高度......
映画「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレ...... (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(日本語字幕版)』(公式)を先日、に劇場鑑賞。採点は、★★★☆☆(最高5つ星で3つ)。100点満点なら60点にします。 なお、ピエ......
猿の惑星:聖戦記 グレート・ウォー (映画と本の『たんぽぽ館』)
支配するものとされるもの * * * * * * * * * * 名作「猿の惑星」をリブートした「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」、 「猿の惑星:新世紀(ライジング)......
75『猿の惑星:聖戦記(グレートウォー)』あぁシーザー (シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ)
シリーズ堂々完結。 そして誰もが知るあの世界へ回帰する... 『猿の惑星:聖戦記(グレートウォー)』 ~あらすじ~ 猿と人類の全面戦争が始まってから2年が経ち、シーザー......
「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」 (prisoner's BLOG)
Apecalypse NowなんてApocalypse Now(「地獄の黙示録」の原題)をもろにもじった文字が壁に書かれていて、ウディ・ハレルソンのスキンヘッドが闇から浮かび上がるところも同作のマーロン・ブ......
猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】マット・リーヴス 【出演】アンディ・サーキス/ウッディ・ハレルソン/スティーブ・ザーン/カリン・コノバル/アミア・ミラー/テリー・ノタリー/タイ・オルソン 【公開日......
■猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第438回「これで終了なのか?それともまだ続くのか?」 かつて私が「猿の惑星」シリーズの鑑賞したのは中学生の頃。世の中にレンタルビデオという文化が登場した頃でした。全......
猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)2017 (銅版画制作の日々)
 あなたは、最後を見届ける最初の人類になる。 ということで、これもMOVIX京都にて鑑賞。相変わらずリアルなお猿さんたち、表情も人間と変わらない。主役のシーザーの表情、何だ......
猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(War for the Planet of the Apes) (田舎に住んでる映画ヲタク)
名作SF映画「猿の惑星」をリブートした「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」「猿の惑星:新世紀(ライジング)」に続くシリーズ第3弾。高度な知能を得た猿と人類が全面戦争に突......
猿の惑星:聖戦記を観た。 (マシンblog)
猿の惑星前日譚シリーズの三作目。 アンディ・サーキス主演でいいのかな?マット・リーヴス監督作品。 オリジナルの1作目へと帰結していく力技はさすが。 シーザーがカッコ......
猿の惑星 (もののはじめblog)
聖戦記 グレート・ウォー 名作「猿の惑星」をリブートした新シリーズ「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」、「猿の惑星:新世紀(ライジング)」に次ぐシリーズ第3弾。 新シリ......
「猿の惑星 聖戦記(グレートウォー)」☆続いてるようで… (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
名作「猿の惑星」へと続く前日談の第3弾。 そもそも猿の惑星シリーズが過去と未来との行ったり来たりで混乱しがちなので、そこへ至る経緯を丁寧に綴ったこの前日談3部作は、なか......
17-329「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」(アメリカ) (CINECHANが観た映画について)
人が人を殺し、俺たちを殺す  平和を望み共存の道を探ってきたシーザーの願いもむなしく、猿と人類が全面戦争に突入してから2年。  猿の群れを率いるシーザーは、冷酷非情な大......