ネタバレ映画館

最強寒波が来るから
早めに映画観ておいた方がいいですよ!

バリー・シール/アメリカをはめた男

2017-10-23 12:22:24 | 映画2017


 儲かって儲かってしょうがない。しかし最後はあっけなく・・・と、金儲けすることが人生の全てじゃないことを思い知らされた。“CIAと麻薬カルテルを手玉に取った天才パイロット”と謳われて、どんな凄いことをやってのけたのかと気になっていたのですが、いつもトム・クルーズが演じている巻き込まれ型のスパイ・アクションと同じく、CIAに誘われホイホイと、麻薬王エスコバルに誘われホイホイと、ある意味巻き込まれ型の犯罪アクションの作品でした。

 それでも1キロ当たり2000ドルの麻薬はよだれが出るほど美味しい仕事。滑走路も短い、重量制限に引っかかりそう、そんな不安も金のために天才的テクニックを発揮して無難に運び屋を務めるバリー・シール(クルーズ)。麻薬取締局DEAの追手も巧みな低空飛行で逃げ切り、湿地帯にブツを落として帰還する。おかげで家の中は札束だらけ。やがてCIAの依頼はコントラへの武器密輸も加わり、扱う仕事がでかくなってきた。パイロットなどの従業員を雇いいれるほどにまで業務は拡大して、日本円で200億円を超す年収となっていた。

 歯車が狂い始めたのが、妻ルーシーのダメダメな弟が家を訪れ、溢れんばかりの札束を盗んでしまったことから、州警察に逮捕されてしまったことだ。あちこちから睨まれるようになったので、多分エスコバル側が車に爆弾を仕掛け、弟を殺してしまう。そしてバリー自身もDEA、ATF、FBIから追われることに。州警察も絡んで、4方向から逮捕されるシーンは笑えた。

 レーガン政権時、サンディニスタ革命政権に対し反革命コントラに資金援助を行っていたが、それがアメリカに麻薬が蔓延することにも繋がるという皮肉。金儲けしても幸せにはなれないということも含め、終わってからじわじわと考えさせられる作品でした。また、トム・クルーズのスタントなしの飛行機操縦だとか、住宅地に不時着したりする小ディザスターにも驚かされ、楽しんで映画作りをしている雰囲気が伝わってきました。ただ、黄色のフィルターをかけたような映像だったりとか、音楽が60年代、70年代風な選曲だったりして、ちょっと古臭さを強調しすぎたのではないかと思ったのも事実でした。


★★★・・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
« ミックス。 | トップ | ローサは密告された »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。 (BROOK)
2017-10-23 12:59:57
展開はテンポ良く、サクッと観るような作品でしたね♪
飽きさせなかったのはダグ・リーマン監督の手腕でしょうか…。

そういえば、今作の撮影中にスタントマンが亡くなっていたような…。
エンドクレジットに最後に“FOR~”と表示されていたのはその方なのかもしれません。
お亡くなりに・・・ (kossy)
2017-10-23 15:04:15
>BROOK様
まったく知りませんでした。
それよりも航空スタントにトムがクレジットされていたので、そっちの方が印象に残りました(汗)

テンポは良かったですね~
なんだか、あっという間に終わった感じでした。
Unknown (えふ)
2017-10-23 20:50:24
運び屋って、こんなに儲かるんだ!と思いました。
なんせあのしまいきれない札束を見せつけられたらね~(苦笑
あんなふうに札束を無造作に扱ってみたいもんですわw
運び屋 (kossy)
2017-10-23 21:52:04
>えふ様
一回の運送料高すぎ!
500キロ運んで、1000万ドル。
俺なら1年ほどやって引退しちゃうな。
使いきれないもん・・・
こちらにも (yukarin)
2017-10-27 13:47:22
笑いが止まらないくらい置くところがないくらいの大金を手にしてみたいものです。
でもチームでやると誰かひとりオバカなヤツが出てくるので怖いですが...ほどほどに 笑
大金 (kossy)
2017-10-27 20:00:30
>yukarin様
置くところがないくらいって凄いですよね~
あれだけ金があれば盗まれる心配もあると思いますが、
俺だって犬小屋の下に現金を埋めてみたいですw
バカなやつでも親族ですから、しょうがないですね。
Unknown (源之助)
2017-10-28 00:37:10
TBありがとうございました。

確かに「はめた」というよりも成り行きで巻き込まれて密輸にも手を染めちゃった、、、ですよねえw
密輸の仕事、もし断ってたらその時点で消されてたでしょうし。
密輸 (kossy)
2017-10-28 07:07:59
>源之助様
密輸は断ったら殺されたんでしょうかね~
やっぱり引き受けちゃいますよね。
まぁ、無理やり500キロ以上も積み込まれたくらいですから。
辞めるとなったら、事故でも起こさないかぎり・・・
今晩は。 (小米花)
2017-10-30 22:50:18
kossyさんの復活後、初めてのコメントです。
以前と変わりない更新のペース、そして鋭い文章ですね~。
私はのろのろペースで、TB送りっぱなしですが、お付き合いくださいませ。

あの札束の量には、まったく圧倒されましたよね~。
皆さん同じような感想ですね。
TB廃止 (kossy)
2017-10-30 22:56:54
>小米花様
コメントありがとうございます。
お懐かしゅうございます。
お褒めの言葉もありがとうございます。

札束は・・・というか、束になってるお札を手に取ったこともありません(泣)

gooブログもついにTB廃止となりそうです。
今後はコメントを残していきますので、
末永くお付き合いくださいませ。 

コメントを投稿

映画2017」カテゴリの最新記事

20 トラックバック

『バリー・シール アメリカをはめた男』 2017年10月21日 TOHOシネマズ市川 (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『バリー・シール アメリカをはめた男』 を鑑賞しました。 雨のためか車は混んでいるし人も入っていたような・・・ いつも空いてる映画館にしては 【ストーリー】  民間航空会......
劇場鑑賞「バリー・シール アメリカをはめた男」 (日々“是”精進! ver.F)
アメリカに利用された男… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201710220000/ バリー・シール アメリカをはめた男 [ (オリジナル・サウンドトラック) ]
バリー・シール/アメリカをはめた男★★★・5 (パピとママ映画のblog)
トム・クルーズがCIAの極秘任務を請負いながら、麻薬密輸で巨万の富を築いた実在の天才パイロットを演じるクライム・アクション。類い希な操縦テクニックで政府ばかりか、麻......
バリー・シール/アメリカをはめた男 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(F) ノー天気なチャラ男は家族思いの天才ビジネスマンだった。
バリー・シール/アメリカをはめた男 (だらだら無気力ブログ!)
トムさん主演だから、もしかしたら字幕担当はあの人かな?って思ったらその通りだった。
本当に可哀想な男。『バリー・シール/アメリカをはめた男』 (水曜日のシネマ日記)
航空会社のパイロットからCIAのエージェントに転身し、麻薬の運び屋としても暗躍した実在の人物バリー・シールの半生を描いた作品です。
バリー・シール/アメリカをはめた男  (♪HAVE A NICE DAY♪)
バリーさん、こんな危険な裏のお仕事をしてたんですね。 麻薬組織とか銃を密輸とか 普通なら怖く重くなるような印象だけど この作品そんなシーンは殆どなかったような。 だから観......
バリー・シール/アメリカをはめた男(字幕) 感想 (源之助の日記)
実在の人物をトム・クルーズ(実際には腹も出ててイケメンでは無かったw)が演じて話題の、バリー・シール/アメリカをはめた男(字幕)を鑑賞してきました。 ↓とりあえず見に行っ......
映画「バリー・シール アメリカをはめた男」@109シネマズ木場 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2017/10/23,109シネマズ木場。 3番シアター、K列を選択。 * トム・クルーズ、ドーナル・グリーソン、サラ・ライト。 * バリー・シール(トム・クルーズ)はトラ......
『バリー・シール アメリカをはめた男』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「バリー・シール アメリカをはめた男」□監督 ダグ・リーマン□脚本 ゲイリー・スピネッリ□キャスト トム・クルーズ、ドーナル・グリーソン、......
バリー・シール/アメリカをはめた男 (こんな映画見ました~)
『バリー・シール/アメリカをはめた男』---AMERICAN MADE---2017年(アメイカ)監督: ダグ・リーマン出演: トム・クルーズ 、ドーナル・グリーソン、サラ・ライト・オルセン トム・......
70『バリー・シール/アメリカをはめた男』アメリカでハマった男! (シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ)
トム・クルーズ×ダグ・リーマン最新作! 『バリー・シール/アメリカをはめた男』 ~あらすじ~ 民間航空会社のパイロットでトップクラスの操縦技術を持つバリー・シール......
『バリー・シール/アメリカをはめた男』 (こねたみっくす)
バリー・シール。トム・クルーズの笑顔がやたら似合う男。 これはある意味トム・クルーズが演じていなかったら失敗作になっていたかも知れない、まさにトム・クルーズにピッタリ......
バリー・シール/アメリカをはめた男 監督/ダグ・リーマン (西京極 紫の館)
【出演】  トム・クルーズ  ドーナル・グリーソン  サラ・ライト・オルセン 【ストーリー】 民間航空会社のパイロットでトップクラスの操縦技術を持つバリー・シールは、CIAにス......
バリー・シール (映画的・絵画的・音楽的)
 『バリー・シール アメリカをはめた男』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)トム・クルーズの主演作ということで映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、ジミー・カ......
「バリー・シール アメリカをはめた男」 (ここなつ映画レビュー)
サブタイトルに「アメリカをはめた男」と付けられているが、「アメリカをはめた」というよりどちらかというと「アメリカにはめられた」というような感じである。とはいえ「真実を......
『バリー・シール/アメリカをはめた男』('17初鑑賞121・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 10月31日(火) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:20の回を鑑賞。 字幕版。
映画 『バリー・シール アメリカをはめた男』 (こみち)
              JUGEMテーマ:映画館で観た映画        『バリー・シール アメリカをはめた男』と......
「バリー・シール/アメリカをはめた男」 (prisoner's BLOG)
武器と麻薬をアメリカと南米を行き来しながら運ぶのだからアモラルもいいところなのだが、トム・クルーズのやたら調子のいいパーソナリティでブラックになりそうな笑いが明るく威......
17-333「バリー・シール アメリカをはめた男」(アメリカ) (CINECHANが観た映画について)
人生にはイエスを  1970年代後半のアメリカ。大手民間航空会社のパイロットして働くバリー・シールは、愛する妻子とともに何不自由ない暮らしを送っていた。  そんなある日、彼の......