ネタバレ映画館

最強寒波が来るから
早めに映画観ておいた方がいいですよ!

ベンジャミン・バトン 数奇な人生

2009-02-09 01:09:08 | 映画2009
 デイジーにヒナギクの花束を・・・

 人生を逆回転すると精神的にはどうなるんだろう?とアカデミー賞に13部門もノミネートされた今作に興味津々。“いのち”をテーマにした映画が一挙に公開されるなかでも奇抜さという点で他とずいぶん違う。どういうわけか、NHKのBS2では2月から8ヶ月に亘る手塚治虫特集が組まれています。そのオープニングとして“いのち”をテーマにした講演などを放映していました。その手塚治虫作の『火の鳥』には数編に牧村というキャラが登場しているのですが、彼はある贖罪によって若返りを宿命づけられているのです。ただ、牧村の場合、赤ん坊に戻ったら次は普通の人間と同じように歳をとり、永遠に往復の人生を繰り返すのです・・・

 と、頭の中は手塚ワールドいっぱいだったわけですが、ところどころにデヴィッド・フィンチャーとブラッド・ピットの仕掛けが見られ、ストーリーに集中させられました。『セブン』を何度も思い出させる“7回雷にうたれた男”の映像によって、数字の“7”に関するネタがあるんじゃないかとホテルのルームナンバーもチェックしてしまいましたが、見つけたのは“25”だけ。航海に出た船が無事に戻れないのが8隻のうち1隻とか、数字に注意を向けさせておいて、『セブン・イヤーズ・イン・チベット』を彷彿させるインドの映像を流すなんてさすがだ。

 ベンジャミンとデイジー(ケイト・ブランシェット)の逆と順の成長比較を軸とした人生。皮肉なことに、40代で丁度普通のカップルになるという2人なのですが、最も普通で幸せな時は長くは続かない。ダンサーをしていたデイジーからすれば、彼の若さに嫉妬もするし自分が老けていくことに耐えられない。ベンジャミンからすれば、いつかは赤ん坊になるであろう自分の世話をさせたりするのが堪らない。子どもが生まれなければずっと一緒にいられたかもしれないけど、ベンジャミン自身が父親に捨てられた経験があるので子を手放すことも思いつかなかったのだろうと深読みできる。

 結末の意外性を期待していたのに、なんだかあっさりしたものだった。日記の役割や認知症といった部分は老人養護施設で育ったことも絡めて現代的なテーマでしたが、これだけ長時間の映画にしたのだからもっと詳細に描いてほしかったところ。

 ブラッド・ピットもオスカー主演男優賞にノミネートされてるのですが、良かったと思う俳優はベンジャミンを育てたタラジ・P・ヘンソンが一番。『バベル』でも夫婦役だったブラピ&ブランシェットも納得のキャスティング。その上、デイジーの少女時代を演じるのが、同じく『バベル』で彼らの娘役だったエル・ファニング(ダコタの妹)のも数奇なキャスティング・・・俳優賞より、何と言ってもCG技術に驚かされた映画でもありましたので、メイクアップ賞や視覚効果賞が有力なのかもしれません。

★★★★・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (59)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チェ 39歳 別れの手紙 | トップ | 13日の金曜日 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
最優秀若返り賞(違) (Ageha)
2009-02-09 03:21:17
試写会で見てとにかく
20代に見えるブラピにキャ~~~~でした。

シミやシワを消して画像処理しただけだよって
本人さらっと言うてますが
あ~たの老け顔や若返り処理
他人の体に自分の顔をのっける合成にと
おそらくはものすんごい制作費が
かかってるんだろうなと邪推(爆)

原作では生まれていきなりしゃべり、
タバコをすい、
学校へも兵役志願もする。
外見だけでなく「中身も」老人から逆行していくので
映画のように外見だけ若返って
中身が認知症ってことにはならない。
何より家族と暮らしてることにびっくり。
もちろんそれゆえおこる、戸惑い、中傷は
まあそうだろうなという内容でかかれてました。

これふまえて映画みたら
これとことんラブストーリーに力いれてましたよ。

PS:ベンジャミンの育ての母
タラジPベンソンの年老いた風貌が
微妙に樹木希林に見えたのは私だけ???(笑)
Unknown (シネマ大好き娘)
2009-02-09 06:06:27
長かった~~~前半寝てもうたあ~
邦画にも (ぱたた)
2009-02-09 13:34:27
本作品、ヨメが鑑賞しようか迷っているようです。
私は本作品の企画を最初聞いた時に
石田えり主演の『飛ぶ夢をしばらく見ない(1990)』を
思い出しましたよ。ただこちらは大人のお伽話です。
確か石田えりがセーラー服来てた覚えが(^^;)
思っていた以上に・・・ (Prism)
2009-02-11 13:39:02
こんにちは。

案外、アッサリした作品でしたね。
アカデミー賞も、主要部門は難しい気がします。
ブラピさま (kossy)
2009-02-11 14:45:23
>Ageha様
原作をお読みになったのですかぁ~
どうもかなり違うようなイメージなんですな。
そう考えるとラブストーリーを中心に組立て、CG処理の技術を見せる映画だったんじゃないかと・・・映画の主旨も違うようで・・・
まぁ、奇抜な発想の物語は一本の映画にするには肉付け部分が大切だってことで。

ブラピの若返りは外見だけだったから見ていても「ふ~ん」となるだけでしたけど、ブランシェットのバレエなんてすごくなかったですか?あれもCGなんだろうけど・・・

>シネマ大好き娘さま
俺も寝てしまうんじゃないかと心配してたのですが、“7を探す”ということで集中できました(笑)

>ぱたた様
石田えり主演の映画~~?知りませんでした。
彼女が30代でセーラー服を・・・って、CGで修正しなけりゃきつそうな(笑)
意外としっかり作ってあるので見応えある映画でした。

>Prism様
終わり方があっさりだったのでしょうがないですよね。ここまで引っ張るんだからもっと泣かせるエンディングでもいいのに・・・
主要部門よりはスタッフの力を感じさせる内容だったから視覚効果賞等での受賞を希望します!
Unknown (えふ)
2009-02-14 19:28:53
わたしもオスカーは、
メイクアップ賞や視覚効果賞が有力だとおもいます。
ブラピとアンジーそろってオスカーは・・・
難しいかも!?
アンジーは期待してるんですが(笑)
こんばんは (なな)
2009-02-17 01:00:54
おお,あのデイジーの子役は
「バベル」でブラピの子供を演じたあのコだったのですか~。
演技力はどうか知らないけど,お姉ちゃんのダコタより美少女ですね。
>ダンサーをしていたデイジーからすれば、彼の若さに嫉妬もするし自分が老けていくことに耐えられない。
>ベンジャミンからすれば、いつかは赤ん坊になるであろう自分の世話をさせたりするのが堪らない。
・・・この点が切ないですね~,二人が可哀想でたまりませんでした。
ブラピの若返りはとってもスリリング!いいオトコだなぁ~。
良い映画でした~ (くう)
2009-02-18 19:10:35
コメ遅くてすいません~。

もっと奇抜なキワモノ映画だと思ってたんですが、
すごく落ち着いて入り込んで見れました。
若返って羨ましい~って内容では無かったですね。
人は順当に年を取って、周りと一緒に老いていくのが
一番良い事なんだろうな~。。。

ブラビとケイトの美しさにウットリ~♪
メイクアップ賞は確実かな^^

ところでkossyさん~。。。
「チェ39歳」のトラバが来ちゃってたみたいです~^^;
お暇なときに「ベンジャミン」のトラバを
いただけると、うれしいなぁ^^でした♪
よろしくです(。。)ペコッ
普通の人生が一番! (ミスターシネマ)
2009-02-18 22:41:28
kossyさん、こんにちは。
ベンジャミン・バトンは、話が淡々と進んでいくにもかかわらず、退屈にならず、上映前予告を含めて3時間余りと長い上映時間となっていますが、僕はさほど長く感じませんでしたね。

涙を流すような感動作ではないんですが、何か引き込まれるところがありました。

この映画を見ると、年を取って老いていく「普通の人生」の方が良いと思いました。
「若返りたい」って思うのは願望だけで十分ですね(笑)
オスカーの行方 (kossy)
2009-02-22 15:03:29
>えふ様
メイクアップ賞や視覚効果賞・・・これが本命なんでしょうね~ただ残念なことに『ダークナイト』と賞を争う部門。しっかりと授賞式をチェックしたいと思っています。
アンジーは俺的にかなり有力だと確信しましたが、ブラピはどうなるんでしょうか・・・

>なな様
ダコタとエル!
いつかは姉妹子役として映画で競演してもらいたいものですね。
短い期間だけの蜜月。だからこそその愛が輝いてるんでしょうけど、映画を見ている者にとっても辛く切ないものですね。

>くう様
TBの件、失礼いたしました。

俺もファンタジーというよりキワモノ映画を想像していたのですが、やはりオスカー候補になるだけあってしっかり愛を感じられる作品でした。

若返りは羨ましくもあるけど、寿命を宣告されたも同然ですもんね。上手く計画すればそれなりに人生を楽しむこともできただろうに・・・やっぱり切なさがいっぱいです。
自然に年をとるのがいいですよね。

>ミスターシネマ様
仰る通り、時間を感じさせない映画でしたね~
子供になるという最後のシーンにはもっと時間を割いてもらいたいくらいでした。

若返り・・・まぁ皮膚だとか、体力だけにしてくれれば俺も若返りたいです(汗)

コメントを投稿

映画2009」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

59 トラックバック

ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (LOVE Cinemas 調布)
2009年序盤では1番の大作といっていい本作、公開初日に早速行ってきました。主演は言わずと知れたブラッド・ピット。共演ケイト・ブランシェット。そして監督は私の大好きな作品『ファイトクラブ』以来ブラピとは3度目となるデヴィッド・フィンチャーです。私のみな...
逆周りの時計、永遠の愛。~「ベンジャミン・バトン数奇な人生」~ (ペパーミントの魔術師)
女性としてこんなつらいもんはないな~・・・。 自分に対する愛情が出会ったころと変わらないのに 鏡にうつった二人が恋人同士に見えるのは ほんの数年だけで、 出会った時と間逆のベクトルで 外見の落差がどんどんひどくなっていく。 ただ、ベンジャミン本人は 淡々と...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『人生は素晴らしい。』  コチラの「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」は、1920年代に書かれたF・スコット・フィッツジェラルドの短編小説を基に、80歳で生まれ、若返っていく男の物語を映画化した2/7公開のヒューマン・ファンタジーなのですが、試写会で観て来ち...
映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」(2008年、米) (富久亭日乗)
  ★★★★★  80歳の老人の姿で生まれ、年をとるにつれ若返っていく男と バレリーナの愛の物語。 『The Great Gatsby 』のFrancis Scott Key Fitzgeraldが 書いた短編小説(1922年)をEric Rothが脚色。 第81回アカデミー賞で作品賞など13部門にノミネート。...
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 (Sweet*Days**)
監督:デヴィッド・フィンチャー  CAST:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン 他 ある盲目の時計職...
ベンジャミン・バトン-数奇な人生-/TheCURIOUS CASEofBENJAMIN BUTTON (我想一個人映画美的女人blog)
『セブン』『ファイトクラブ』に続き、デヴィッド・フィンチャー監督×ブラッド・ピットのコンビ 3作目は 今年ももうすぐ発表になるアカデミー賞で 最多13部門ノミネート{/atten/} 作品賞/監督賞/主演男優賞/助演女優賞/脚色賞/ 撮影賞/編集賞/美術賞/衣装デザイン賞...
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』・・・逆行する二人の時間が交錯して (SOARのパストラーレ♪)
第一次世界大戦末期に、ある願いを込めて時計職人が作った逆回転の時計。まるでそれがきっかけであるかのようにベンジャミンの数奇な人生が始まる・・・。
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
第81回アカデミー賞に13部門ノミネートされた話題作【story】80代の男性として誕生し、そこから徐々に若返っていく運命のもとに生まれたベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)。誰とも違う数奇な人生を歩まなくてはならない彼は、愛する人との出会いと別れを経験し、...
便宜上、倍評価 数奇な凡作●ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (Prism Viewpoints)
過剰包装は止めましょう。 『The Curious Case of Benjamin Button』 ベンジャミン・バトン 数奇な人生 - goo 映画 1920年代にF・スコット・フィッツ...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
アンチ エイジングすぎ(違)
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (利用価値のない日々の雑学)
ブラッド・ピット的に考えると、筆者の評価が最も高い作品は「ジョーブラックをよろしく」である。この作品が評価が高い理由はレビューを読んで頂きたいのであるが、ひとつには時間の取り方である。この作品は物凄くゆっくりと(確かに上映時間も180分と長いが・・・)、...
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」:高輪北町バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}あのビル、人間の顔みたいね。 {/kaeru_en4/}目があって、鼻があって、耳があって・・・。ほんとだ、人間の顔みたいだ。 {/hiyo_en2/}でも、人間と違ってあの顔は年をとらないのよねえ。うらやましい。 {/kaeru_en4/}うらやましいか? {/hiyo_en2/}うらやまし...
「ベンジャミンバトン 数奇な人生」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
人生は教訓のてんこ盛り。「人生はチョコレートの箱のようなもの。食べてみるまで分からない」と言ったのはフォレストガンプの母。本作の主人公・ベンジャミンの育ての母は「人はみな生まれて死ぬ。たどる道が違うだけ」と言う。ガンプと同じように、その特異さ故に様々な...
[映画『ベンジャミン・バトン』を観た^^;] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆非常に面白かった^^v  観ている3時間、思ったより劇的な展開は抑えられていたのだが、味わい深い展開が、私の目を逸らさせなかった。  この作品は、ブラッド・ピット演じるベンジャミンが、末期の老人の身体で生まれ、そこから年を経るに従って、(これは当然だ...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (悠雅的生活)
人生は驚きの連続。与えられた運命を受け入れて。試写会にて。
★「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の週末ナイトショウは・・・ ミュージカル好きなひらりんとしては 「ハイスクールミュージカル・ザ・ムービー」も観たかったけど、 やはり「ケイト・ブランシェット特集」継続中なので本作を鑑賞。 この特集は「エリザベス」「あるスキャンダルの覚え書き」「アイ...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生(映画館) (ひるめし。)
人生は素晴らしい。
「ベンジャミン・バトン~数奇な人生」 (NAOのピアノレッスン日記)
~人生は すばらしい~2008年 アメリカ (09.2.7公開)[配給]ワーナーブラザーズ映画[監督]デビッド・フィンチャー  [原作]F・スコット・フィッツジェラルド[脚本]エリック・ロス       [上映時間]167分[出演]ブラッド・ピット・・・・・...
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 自分の人生の肯定 (はらやんの映画徒然草)
時間というものは不可逆性の流れを持っています。 今のところ物語の中でしかタイムト
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (そーれりぽーと)
ブラッド・ピッドがどんどん若返って『リバー・ランズ・スルー・イット』の頃よりも美しくなる(謎)と噂の『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』を観てきました。 ★★★★ この映画を観ていた中でひとつはっきりと思ったのは、老いって怖えー!ってことかな。 本来の主...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (★ Shaberiba ★)
老人の姿で生まれ年をとるたび若返っていくというベンジャミンの数奇な人生は 私達に何を投げかけているのでしょうか・・。
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (to Heart)
一瞬、一瞬を、大切に生きていますか――? 全ての出逢いを、胸に刻んでいますか――? 原題 THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON 製作年度 2008年 上映時間 167分 原作 F・スコット・フィッツジェラルド 脚本 エリック・ロス 監督 デヴィッド・フィンチャー 音楽 ア...
ベンジャミン・バトン★数奇な人生  (銅版画制作の日々)
 原題:The Curious Case of Benjamin Button 80歳で生まれ、若返っていく男の物語 公開前から予告での宣伝もじゃんじゃん流されていたので、観ないわけにはいかないなあと思っていました。2月9日夕方、鑑賞してきました。ところが長い!3時間まではいかなかった...
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 (俺の明日はどっちだ)
1920年代に書かれたF・スコット・フィッツジェラルドの短編小説を基に、80歳で生まれ、徐々に若返っていく男の人生という時間を縦軸に、そんな彼が与え、与えられる愛を横軸として展開するヒューマン・ファンタジー作。 冒頭の時計職人のエピソードに象徴されるがごとく...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/アメリカ 監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ブラッド・ピット    ケイト・ブランシェット    ティルダ・スウィントン    ジェイソン・フレミング    イライアス・コティーズ    ジュリア・オーモン...
【ベンジャミン・バトン 数奇な人生】人生には色々な事が起こる (映画@見取り八段)
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 ~THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON~ 監督: デヴィッド・フィンチャー 出演:  ブラッド・ピット、ケイト・ブラ...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (エリ好み★)
見応え十分!!贅沢な映像から目が離せない。
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』2009・2・11に観ました (映画と秋葉原と日記)
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』  公式HPはこちら ←クリック   ●あらすじ(序盤) 1918年、第一次世界大戦の戦勝気分に沸くニューオーリンズ。ある一組の白人カップルの間に男の子が産まれるが。その赤ん坊は80歳の老人と見まがうほど奇異な容貌をし
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 (首都クロム)
 逆回転をする時計と呼応するかのような、ベンジャミンの人生。とてもファンタジックな発想だけれど、内容はとてもリアルに感じられました。何故なら彼は人生を逆走しているだけで、彼の経験は私たちの身にも起こり得ることなのだから。長大な物語の掴みを語る逆時計。倉...
映画 【ベンジャミン・バトン 数奇な人生】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 F・スコット・フィッツジェラルドの短編小説をデヴィッド・フィンチャー監督が映画化。 おはなし:1918年、ニューオーリンズ。老人施設で働く黒人女性のクィニーは捨てられた赤ん坊を拾う。その赤ん坊は生まれながらに...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (虎猫の気まぐれシネマ日記)
この1月に,81回アカデミー賞に,多数ノミネート(作品賞・監督賞・主演男優賞など)されたこの作品。封切りと同時に劇場に駆け付け,・・・・・鑑賞後は「これは受賞もしてほしい」と思った。なんとも言えない感動の余韻を今でもひきずっている。 あらすじ: 80代の男...
映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 (Andre's Review)
the curious case of Benjamin Button アメリカ 2008 09年2月公開  劇場劇賞 公開に先立って原作を読み準備万端の中、鑑賞してきました。 物語は病床にある老女が、娘にとある日記を朗読して欲しいと頼む場面から始まる。 主人公ベンジャミンは老人の姿で生まれ、そ...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (Diarydiary!)
《ベンキャミン・バトン 数奇な人生》 2008年 アメリカ映画 - 原題 - T
【映画】ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (新!やさぐれ日記)
▼動機 子供の頃、こういう歌があったよね ▼感想 ま、それなり ▼満足度 ★★★★☆☆☆ それなり ▼あらすじ 80代の男性として誕生し、そこから徐々に若返っていく運命のもとに生まれた男ベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)。時間の流れを止められず、...
人生は偶然の積み重ね。『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 (水曜日のシネマ日記)
80代の肉体で生まれ、徐々に若返っていく一人の男性の数奇な運命を描いた作品です。
『ベンジャミン・バトン 数奇な運命』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ベンジャミン・バトン 数奇な運命」□監督 デヴィッド・フィンチャー  □脚本 エリック・ロス   □原作 F・スコット・フィッツジェラルド□キャスト ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン...
ブラッド・ピッドだから… (美容師は見た…)
観たようなものですが(^_^;)体調不良だったため、予定よりも一週遅れの鑑賞です。ウズウズ  めちゃ観たかった~。  やっぱり観て良かった~。  本当に数奇な人生でした。  『ベンジャミン・バトン』老人に生まれて若返って行くなんて、どんなストーリーなの?...
『ベンジャミン・バトン 数奇な運命』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ベンジャミン・バトン 数奇な運命」□監督 デヴィッド・フィンチャー  □脚本 エリック・ロス   □原作 F・スコット・フィッツジェラルド□キャスト ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン...
「ベンジャミン・バトン -数奇な人生-」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2008年・WB=Par/監督:デヴィッド・フィンチャー) 80歳の肉体を持って生まれ、年齢を経るごとに若返って行く、数奇な運命を背負って生まれた男の一生を描いた感動の物語。 小
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生 』 (音次郎の夏炉冬扇)
昔、「じじい」とか「せんぱい」なんてあだ名で呼ばれていたクラスメートが、中年になって同窓会に出たら、あまりにそのまんまなので吃驚されるということがあります。老け顔の人って、年くっても意外と変わらないものなんですが、かように「相対的に若返る」というのはあ...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (メルブロ)
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 244本目 2009-5 上映時間 2時間47分 監督 デビッド・フィンチャー  出演 ブラッド・ピット ケイト・ブランシェット タラジ・P・ヘンソン ティルダ・スウィントン エル・ファニング 会場 TOHOシネマズ府中 評価 7点...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (せるふぉん☆こだわりの日記)
やっと見に行けました~「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 この半月ほど咳が異常
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (ダイターンクラッシュ!!)
2月14日(土) 14:50~ TOHOシネマズ川崎7 料金:1000円(TOHOシネマズデー) パンフレット:900円 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』公式サイト アカデミー賞にやたらノミネートされている相当に長い映画。 爺として生まれ若返っていくのだが、成長するにつれ...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (ルナのシネマ缶)
腕のいい時計職人が 戦争で死んだ息子が 戻ってくることを 願って逆に回る時計を 作ったことから始まる物語。 歳とるのはいやだなぁ~って 思っていたけど、若返るってのも 結構つらいかも・・・。 老人の姿で生まれ、年を取るごとに若返っていく運命の もとに...
[Movie] A good movie, ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (タイで想う日々の日記)
長い上映時間中、ずっといろんなことに想いをめぐらせていた。 「人生」や「運命」についてのお話。 世界中に通じる普遍的なテーマ。 ブラピやケイトブランシェットと人気者がでているが、若い人よりむしろアダルト、シニア層に見て欲しいかと。 ガンガン、ギャンギャン...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (今宵、サムソン・マスマスラーオの映画座で)
    = 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』  (2008) = 80歳という年齢で誕生し、徐々に若返っていく運命のもとに生まれた男、ベンジャミン(ブラッド・ピット)。 他の誰とも違う数奇な人生を歩まなくてはならない彼は、愛する人との出会いと別れを経験...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生    The Curious Case of Benjamin Button   (明るくなるまで待って Wait until light)
 老人の姿で生まれ、年を経るごとに若返っていく男の物語、  第一報を聞いたときか
映画鑑賞記「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:09.03.01 鑑賞場所:シネマイクスピアリ 80歳で生まれ、若返っていく 数奇な人生を生きた、ある男の物語 <ストーリー> (Cinemacafeより引用)  1918年、ニューオーリンズ。黒人女性・クイニー(タラジ・ヘンソン)はある日、置き去りにされた...
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』'08・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ80代の男性として誕生し、そこから徐々に若返っていく運命のもとに生まれた男ベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)は、愛する人との出会いと別れを経験していくが・・・。感想映画の日に、久しぶりに劇場鑑賞。『セブン』、『ファイト・クラブ』のデヴィッ...
全てを水に流して (宇宙のめいぐると)
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン、ジェイソン・フレミング、イライアス・コティーズ、ジュリア・オーモンド、エル・ファニング デイジー、タラジ・P・...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (エンタメ日々更新)
映画 ベンジャミン・バトン 数奇な人生 の感想 80代の老人の見た目で生まれ、どんどん見た目が若返っていくベンジャミン・バトン(ブラッ...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
ピチピチのビラッド・ピットが観られる! ということで、「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」を観ました。 ( → 公式サイト  ) 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン、ジェイソン・フレミング、イライアス・コティ...
☆ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (帰ってきた ё俺のブログё )
コピペのあらすじ 1918年のニューオーリンズ。80歳の姿で生まれた赤ん坊はある施設の階段に置き去りにされていた。黒人女性のクイニーはその赤ん坊を拾い、ベンジャミンと名付け、自身が働く老人施設でベンジャミンを育てる。ベンジャミンは成長するにつれ若返っていった...
デビッド・フィンチャー監督 「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 (映画と読書とタバコの日々)
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」http://wwws.warnerbros.co.jp/benjaminbutton/試写会で観てきました。 大人のお伽話 戦争で息子を亡くした時計職人の息子を返して欲しいとの願いから作られた時を逆に刻む時計。 その所為なのか… 80歳で生まれ、年を...
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
あんな風に若返ることができるメイク・・私もしてもらいたい(^^ゞ
【映画】ベンジャミン・バトン 数奇な人生…今年の観賞記録は今年のうちに計画(1)蛇足無し (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/kaeru_fine/}あいかわらずモンハンばっかりなピロEKです{/ase/} (ゲームでは、ちょっと前に買った「Forza Motorsport 3」は全然遊んでいなくて勿体ないし{/ase/}、すでに払い込んでるXboxのゴールドメンバーシップとかも全然使ってなくて{/ase/}…勿体ないですなぁ{/...
『ベンジャミン・バトン ~数奇な人生~』 (『映画な日々』 cinema-days)
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 80歳の姿で生まれ、年々、 肉体が若返っていく男の物語 【個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞) 原題...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (mama)
THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON 2008年:アメリカ 原作:F・スコット・フィッツジェラルド 監督:デビッド・フィンチャー 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン、ジェイソン・フレミング、イライアス・コティーズ、タラ...