ネタバレ映画館

映画ドットコムに記事を移行してます!

アポカリプト

2007-06-17 09:11:11 | 映画2007
 逃げる、追いかける、逃げる・・・

 オープニングのテロップには「文明の滅亡は内部崩壊から・・・」などと、意味深なメッセージが強烈に映し出される。残虐非道のマヤ人は周辺部族を徹底的に侵略し、生贄と称し次々と無益な殺生を繰り返していた・・・と、アウシュビッツ以上の大量殺戮があったかのように描かれているけど、どうも気になってネットで調べてみたりした。

 公式サイトによれば、この映画のような近隣小国の征服はあったようだし、生贄の儀式もあったかのようだ。しかし、反論も多数あるようですし、映画の時代設定が無茶苦茶のようなのでどこまでが真実に迫っていたのかさっぱりわかりません。史実はどうあれ、マヤ人を残虐な人種だという印象を与えてしまうのは、かつてのハリウッド映画がアメリカインディアンを描いたのと同罪。そして、国や文明を救うのは白人のキリスト教宣教師だったりするわけです。が、もちろん予備知識を仕入れずに先入観がなければ、ストーリーも単純だし、普通の娯楽作品として楽しめるのです。

 マヤ文明滅亡の原因は謎につつまれてますが、途中で皮膚病の少女に出会うところでその可能性の一部を描いています。その少女の“昼が夜に”や“ジャガー”という予言も面白い。だけど、皆既日食があった日の晩にまで満月が出ることは、天文学の進んでいたマヤ文明に対する侮辱なのか、それともキリスト教が現代でも天動説を信じているのかは知りませんが、どうしても違和感が拭い去ることができません。その他にもツッコミどころは多いような気がします。

 ストーリー的には批判だらけになるのですが、迫力の映像だけは否定できません。滝へ飛び込むシーンや本物の黒豹を使った逃亡シーン。断頭台(?)での首を切られる人からのアングルなどの映像などには、まるで体がスクリーンに吸い込まれるほどの絶望感まで味わわせてくれます。だから、本当にストーリーや設定が惜しい・・・「マヤ、インカ、アステカを滅ぼしたのは白人である」としなければダメですよね。

★★★・・

コメント (17)   トラックバック (42)   この記事についてブログを書く
« 秒速5センチメートル | トップ | ラストラブ »
最近の画像もっと見る

17 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは! (由香)
2007-06-17 15:18:23
主役の青年の逃亡や戦う姿には見応えがあったのですが、やはりマヤ人の残虐性を強調したような描写には違和感がありましたね。
うち捨てられた死体の山には気持ちが悪くなりました(汗)
ジャガーって本物だったのですね。てっきりCGかと思いました。
観てきました! (motti)
2007-06-17 17:47:39
がんばれ!ロナウジーニョ!(違)
奥さんは奥さんで、史上最古の水中出産!! ぇ?

で、マヤの時代設定ではあるものの、一介の猟師が主人公なところ、単純におもしろかったです。

にわか古代文明ファンとしては黄金のインカのほうが好きだったりしますが。
白人 (たいむ)
2007-06-18 17:15:53
kossyさん、こんにちは。
滅ぼしたのは白人かもしれないけれど、ここの文明もいかがなものかと・・・と思ってしまうのですが・・・・。
きつかったです。この映画。
うーむ (rukkia)
2007-06-20 10:46:50
kossyさんが見ておもしろかった見ようかなと思ってたのですが(^^;
全編マヤ語だと聞いていたので、気になっていたのです。
…マヤは白人が来る前に滅んだんだと思いましたが…。

そうそう、映画の宣伝ポスターに必ずメル・ギブソンが出ているのも笑えますね。
マヤ民族 (kossy)
2007-06-22 00:43:08
>由香さま
そうなんですよね。
途中から気になってしまって・・・ついついあちこち調べてみたくなりました。
特に気になったのが、今ではマヤ民族がメキシコにおいて虐げられてるという事実。実際には見てないし、ニュースでも伝わってこない・・・この映画によってますます虐待が続くことのないように・・・と願わずにはいられません。

>motti様
ロナウジージョ似だと、皆さん仰ってますね~
俺はサッカー選手はあまり知らないので(汗)
予告編を見る限りではザ・ロックかと思ってしまいました。
平和な小部族はいつの時代でも苦難の連続。ラストにはホッとさせられたけど・・・

>たいむ様
いやまぁ、そうなんですけどね。
反論サイトがあると、どうも全てを受け入れるわけにはいかなくなって・・・
南米がスペイン語やポルトガル語で占められていることも考えると、どうも正当化しているだけのような気もしてくるんです・・・

>rukkia様
なんの先入観を持たなければ楽しめますよ。
実際、俺も楽しんで観てたし・・・それでも4点くらいでしょうか。
マヤの滅亡説は色々とあって、疫病の蔓延ってのが一番有力なのかもしれません。

撮影中もメル・ギブソンが一緒に踊ってたりしていたそうですよ~
名前 (mugi)
2007-06-29 22:11:59
私もマヤの描き方が疑問でネットで調べて見ましたが、やはり史実はかなり怪しい映画。
最後に登場する白人が、まるで神の罰のようにやって来る。白人の虐殺を描いた映画って、「ソルジャー・ブルー」くらいでは。

主人公たちの名前が面白いですよね。ジャガー・パウやタートル・ラン。
ケビン・コスナーの「ダンス・ウィズ・ウルブス」もそうでしたが、動物や鳥の名前が使われている。
マヤ (kossy)
2007-07-01 07:58:44
>mugi様
最後に登場した白人たちの描き方さえよければ・・・

宣教師がいましたもんね。あくまでも平和的に征服してしまうかのような描き方。どうせなら、大量の白人兵士も描いてくれるのなら公平なのに。
名前も面白かったし、精力剤ネタも面白かったです。途中までは結構楽しめました!
見応えのある映画でした (kisen)
2007-07-01 22:21:42
kossyさん、こんばんは。

時間が長い割には、見応えがあったせいか、そう長くは感じられなかった映画でした。

主人公たちの、あの運動能力。すごすぎます。

しかしながら、突込みどころも満載でしたね。
せっかく「全編マヤ語」とまでこだわってるのに、主人公だけがいつもうまく難を逃れるハリウッド形式。
あと、主人公夫婦が妙に美男美女だったり(それは私の好みか?)・・・。

マヤ帝国も、私は歴史など詳しくは知らないのですが、自分たちの信仰のもと生贄を差し出すのに、なんで他部族なんだろう、とか、まぁいろいろ考えてしまいました。

でも、娯楽作品としては楽しめたと思います。
運動 (kossy)
2007-07-02 17:38:41
>kisen様
なにしろ体育会系万歳!みたいな映画ですもんね。
主役の夫婦は美形でしたけど、やっぱり映画としてビジュアルも楽しませようとキャスティングしたのでしょう。

所詮は作り話のハリウッド娯楽。そう割り切って観れば問題なかったです。
俺も歴史はネットで調べただけなので大口をたたけませんが、マヤ人に対する悪い印象を持たされたことは事実。あれじゃナチス並じゃん・・・

連続生贄はやりすぎですよね~
どうもです (sakurai)
2007-07-04 20:52:18
最近、いつも素通りばっかりですいません。
やっぱり、最後の白人は救いの主をあらわしてたのでしょうか。
こいつらが中南米の文明を滅ぼした張本人!というのが頭に、はなっからあったためか、今から十字架をカサに飛んでもないことスルぞぉ、に見えたのは甘いでしょうか。
あの十字架をどう見るかは、見る人に委ねたということで。
なんともすっきりはしない展開でしたが、取り合えず疾走シーンには満足しました。

コメントを投稿

映画2007」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

42 トラックバック

アポカリプト 評価額・1140円 (Blog・キネマ文化論)
●アポカリプトを鑑賞。 誇り高き狩猟民族の血を受け継ぐジャガー・パウ(ルディ・ヤ
アポカリプト (★YUKAの気ままな有閑日記★)
今週末は多忙なため映画館通いを諦めていたが、『通常料金でプレミアスクリーン+ポイントがたまっている』・・・根性だぁ~~~走れ風のように『300』でパンツ男たちの勇姿を観た後は、フンドシ男の生き様を観るぞ~~~【story】マヤ文明後期の中央アメリカのジャングル...
アポカリプト (そーれりぽーと)
300人むさ苦しいの腹筋に続くのは、数千人の生尻。 熱心すぎるキリスト教徒として知られるメル・ギブソンが、どうして異教の民を描いた映画を撮ろうと思い立ったのか。 マヤ文明自体に焦点を当てた映画も観たことが無くて、『アポカリプト』を興味津々で観てきました。 ★...
アポカリプト (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
がんばれ!ロナウジーニョ!(違) 奥さんは奥さんで、史上最古の水中出産!!
アポカリプト (Akira's VOICE)
第一回自然界筋肉番付,勝者はジャガーさん!
アポカリプト/APOCALYPTO (我想一個人映画美的女人blog)
メル・ギブソンがこれまで監督してきた作品、全部好き{/ee_1/} 『パッション』に続く新作を楽しみにしてたので、CM、劇場予告、公式サイトのトレーラー、 一切観ずに完全予備知識なしで挑みました~。 あとで知ったけど先行上映で観てきた☆ 今回極力情報、画像抑えめ、...
「アポカリプト」みた。 (たいむのひとりごと)
狩る、狩る、狩る。切る、切る、切る。走る、走る、走る、跳ぶ、走る、走る。そんな作品。原始的で、本能的で、ストーリーはあるようでないし、ないようである。何も考える必要のない、見たものそのまんまな物語な
アポカリプト (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
走って、走って、走りまくる!彼らはいったい何処へ行こうとしているのか!?                               評価:★7点(満点10点) 2006年 138min ...
映画~アポカリプト (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆相当ショッキングなシーンが多いらしいので心して観てきました!マヤ文明後期の中央アメリカのジャングルを舞台に、妻子や仲間とともに平和に暮らしていた青年の過酷な運命を描くアドベンチャー・スリラー。監督は『パッション』で世界中に衝撃を与えた...
映画「アポカリプト」 (映画専用トラックバックセンター)
映画「アポカリプト」に関するトラックバックを募集しています。
アポカリプト (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
息子よ、恐れるでない。恐れは病だ、胸から追い払え。魂の目を覚ますんだ!、自分の強さを信じろ! ジャガー・パウ(ルディ・ヤングブラッド)は、中央アメリカのジャングルで生きるハンターの子孫。部族長の父、フリント・スカイ(モリス・バード)の指導の下、仲間...
映画「アポカリプト」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2007年45本目の劇場鑑賞です。「パッション」「ブレイブハート」のメル・ギブソン監督作品。マヤ文明の衰退を壮大なスケールで描いたアクション・アドベンチャー。マヤ文明後期の中央アメリカのジャングルを舞台に、狩猟民族の青年が過酷な運命に翻弄されながら家族を救う...
アポカリプト (映画を観たよ)
あれれ?
アポカリプト [映画] (mololog(モロログ) -映画レブーとかその他諸々)
★★★★★★★★★☆ http://www.apocalypto.jp/ (ア
アポカリプト (メルブロ)
アポカリプト 上映時間 2時間18分 監督 メル・ギブソン 出演 ルディ・ヤングブラッド ダリア・エルナンデス ジョナサン・ブリューワー ラオール・トゥルヒロ 評価 7点(10点満点) 会場 スバル座    鑑賞した会場がスバル座なんですが、ここ結構お気に...
「アポカリプト」 (ここなつ映画レビュー)
グロ2連発(笑)。観た日そのものは前後しているのですが。 この作品には結構期待していました。メル・ギブソンが監督だという点、自分にとって謎の多い文明のマヤを描いている点。全篇マヤ語で展開、というし(誰が発音ミスを指摘するのだろう?)、マヤの衣装や儀...
アポカリプト (映画君の毎日)
公開前から「300」と比較される事が多く、 前日の記憶が冷めぬ前に鑑賞。 殺戮のシーンと裸の男が多い事と一応歴史モノということ以外、 ほとんど似て非なる映画だった。 まずこの映画はスプラッタやグロテスクな物が
「アポカリプト」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「アポカリプト」 監督:メル・ギブソン 出演:ルディ・ヤングブラッド、ダリア・ヘルナンデス、ジョナサン・ブリューワー、モリス・バード、カルロス・エミリオ・バエズ、アミルカル・ラミレス ジャガー・パウは、中央アメリカのジャングルで生きるハンターの子孫。 ...
アポカリプト (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 アメリカ  アドベンチャー&アクション&サスペンス  監督:メル・ギブソン  出演:ルディ・ヤングブラッド      ダリア・エルナンデス      ジョナサン・ブリューワー      ラオール・トゥルヒロ 【物語】 誇り高き狩猟民族の血統を受け継ぐ...
アポカリプト APOCALYPTO (シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー)
メル・ギブソン監督のドM映画「パッション」の次の最新作は、闘争本能を呼び起す超ドS映画マヤ文明、崩壊前夜。中央アメリカのジャングルで狩猟民族として平和に暮らしていたジャガー・パウの村は、マヤ帝国の傭兵の襲撃を受け、干ばつを鎮めるための儀式の生贄として駆...
アポカリプト (Apocalypto) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 メル・ギブソン 主演 ルディ・ヤングブラッド 2006年 アメリカ映画 138分 アクション 採点★★ 映画ってのは結局のところ娯楽の一つであるが故に、たとえ作り手の主義主張に多少相容れることが出来ない部分があったとしても、映画自体が面白ければ基本的には全く問...
アポカリプト 06/米 メル・ギブソン監督 (トーキング・マイノリティ)
 台詞は全てマヤ語となっている点では異色の映画。一般にアメリカの先史文明について、日本ではなじみが薄いが、帝国と名の付くものを徹底した悪の存在に するという、毎度ながらのハリウッドのパターンは踏んでいる。一方、新大陸文明を滅ぼした欧州の帝国の悪はほとん...
真・映画日記『アポカリプト』 (          )
6月26日(火)◆483日目◆ 終業後、日比谷にある「スバル座」へ。 メル・ギブソン監督の『アポカリプト』を見る。 中央アメリカ(メキシコ南部からグァテマラあたり)のジャングルに代々住む狩猟民族の村が、 ある日マヤの都からやって来た傭兵(蛮族)に襲撃さ...
アポカリプト (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  英語を使わないハリウッド映画ということで、なかなか好感が持てる。舞台はマヤ文明後期の中央アメリカ。平和だった村は、未明にマヤ帝国の傭兵に焼き討ちされる。  そして目前で父親を殺され、捕虜となり連れ去られる主人公。彼は穴の中に残してきた妻子を救...
アポカリプト (カラスのBlog)
アクション系原住民映画とでもいえばいいんでしょうか。 かなり面白い。迫力もすごい。 不気味な場面を描こうとするときの描き方には、「地獄の黙示録」と「狂い咲きサンダーロード」の影響があると思います。 泥で真
アポカリプト (迷宮映画館)
走る、走る、走る・・・・
アポカリプト(6/9公開) (第八芸術鑑賞日記)
 7/1、新宿オデヲンにて鑑賞。7.5点。  メル・ギブソンは一体どこまで行ってしまうのか? この映画を観終えて浮かんできた言葉はこれに尽きる。アクション俳優として人気を集め(この時代については俺は知らないが)、監督業に手を染めるや『ブレイブハート』でオスカ...
「アポカリプト」 マッド・マックス4.0 (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
『ブッシュマン』を『コイサンマン』、“エスキモー”を“イヌイット”と言わなならん今、なぜ時代錯誤めいた人食い土人の映画みたいなもんを、アカデミー賞受賞監督が撮ってんのか? つくづくメル・ギブソンは、人が嫌がる映像作りに快感を感じる人になったんやな~と思...
【2007-95】アポカリプト(APOCALYPTO) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? マヤ文明、崩壊前夜。 我々は驚異の世界の目撃者となる! 暗黒の昼―ジャガーを連れてくる男に気をつけろ。
映画『アポカリプト』を観て (KINTYRE’SDIARY)
48.アポカリプト■原題:Apocalypto■製作年・国:2006年、アメリカ■上映時間:138分■鑑賞日:6月23日、新宿オデヲン座(歌舞伎町)■公式HP:ここをクリックして下さい□監督・製作・脚本:メル・ギブソン□脚本:ファラド・サフィニア□製作:ブルース・デ....
アポカリプト (ルナのシネマ缶)
マヤ文明の崩壊というより 残酷物語って感じで、 かなりグロイ残虐シーンもあります。 マヤ文明ってこんな文明だったのかなぁ~。 だったら、ちょっとショックかも・・・。 まあ、どこまで真実なのかは ちょっとわかりませんけど・・・。 主人公の猟師ジャガー...
アポカリプト (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『マヤ文明、崩壊前夜。 我々は驚異の世界の目撃者となる!』  コチラの「アポカリプト」は、6/16公開になったR-15指定のマヤ文明後期を舞台に壮大なスケールで繰り広げられるスリリングなアクション映画なのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪  「パッション」の...
アポカリプト (映画鑑賞★日記・・・)
【APOCALYPTO】R-152007/06/09年公開製作国:アメリカ監督・製作・脚本:メル・ギブソン出演:ルディ・ヤングブラッド、ダリア・エルナンデス、ジョナサン・ブリューワー、ラオール・トゥルヒロ 主人公を見ていたらなぜかロナウジーニョが頭に浮びました。あの走りでし...
アポカリプト (虎猫の気まぐれシネマ日記)
いや~凄かった。2時間,食い入るように観てしまった。途中,時々手で顔を隠して,指の隙間からこわごわ覗き見するシーンもあったし,「なにもそこまで・・・」という場面もあったけど,中盤に入ると,密林で繰り広げられる地獄の障害物レースに釘付け。物語の舞台は,...
アポカリプト ~新作DVD~ (利用価値のない日々の雑学)
メルの作品は何かがある。監督作品としてはこれが多分、4作目になるはずであるが、筆者の評価も「ブレイブハート」(96点・特A作品)、 「パッション」(93点・A作品)は、いずれもその年の年間1位に評価されている程高い。今回の舞台はマヤ。だが、メルの作品だから最初っか...
【映画】アポカリプト…ビュー!と走るジャガー・パウ (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
【映画】アポカリプト…ビュー!と走るジャガー・パウ つまんない記事タイトル付けてスイマセン{/dogeza/} 更新が止まった日付を見ればその日の飲酒量{/beers/}がある程度把握できるピロEKです{/face_ase2/} {/hiyoko_cloud/} 個人的に三連休の真中ですが、どこにも出...
アポカリプト (mama)
APOCALYPTO 2006年:アメリカ 監督:メル・ギブソン 出演:ルディ・ヤングブラッド、ダリア・エルナンデス、ジョナサン・ブリュワー、モリス・バード、ラオール・トゥルヒロ マヤ文明後期の中央アメリカのジャングル。狩猟民族の誇り高き血統を受け継ぐ青年ジャガ...
アポカリプト (inuhiko.ism)
 超面白いよ、この映画。何も考えないで気楽に見よう。  今回のレビューは崩壊直前のマヤ時代を描いたアクション大作『アポカリプト』です。
アポカリプト (ひめの映画おぼえがき)
繧「繝昴き繝ェ繝励ヨ 逶」逹」壹Γ繝ォ繝サ繧ョ繝悶た繝ウ 蜃コ貍費シ壹Ν繝ぅ繝サ繝、繝ウ繧ー繝悶Λ繝ラ縲√ム繝ェ繧「繝サ繧ィ繝ォ繝翫Φ繝せ縲√ず繝ァ繝翫し繝ウ繝サ繝悶Μ繝・繝シ繝ッ繝シ縲√Λ繧ェ繝シ繝ォ繝サ繝医ぇ繝ォ繝偵...
映画評「アポカリプト」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2006年アメリカ映画 監督メル・ギブスン ネタバレあり
<アポカリプト>  (楽蜻庵別館)
2006年 アメリカ 138分 原題 Apocalypto 監督 メル・ギブソン 脚本 メル・ギブソン  ファラド・サフィニア 撮影 ディーン・セムラー 音楽 ジェームズ・ホーナー 出演 ルディ・ヤングブラッド  ダリア・ヘルナンデス  ジョナサン・ブリューワー   ...
『アポカリプト』'06・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ誇り高き狩猟民族の血を受け継ぐジャガー・パウ(ルディ・ヤングブラッド)は、妻や仲間とともに平和な暮らしを送っていた。ところが、ある日、マヤ帝国の傭兵による襲撃を受け仲間とともに都会に連れ去られてしまう。そこで彼らを待ち受けていたのは・・・。感想...