ネタバレ映画館

映画ドットコムに記事を移行してます!

クィーン

2007-04-22 22:41:17 | 映画2007
 ホモだからといってエルトン・ジョンを馬鹿にするな!あんただってスカート穿いてるゾ!

 映画はトニー・ブレア(マイケル・シーン)が英国首相に就任し、2か月後にダイアナ元皇太子妃が交通事故により急逝した頃から始まる。当時のニュース映像もふんだんに用いて、そっくり俳優大集合のような映像をかぶらせてリアリティを追求した映画になっていました。ダイアナのショッキングな訃報を聞いた当時を思い出してしまい、すでに涙腺決壊状態。“ピープルズ・プリンセス”の言葉通り、全世界の一般人が憧れていた王室の女性。「イギリス国民の4分の1が王制廃止を望んでいる」といった世論にも、映画の中であるにも拘らず同調してしまいそうにもなりました。

 しかし、イギリスの象徴でもあるエリザベス女王。映画俳優やミュージシャンが「サーの称号を与えた」などとニュースを聞くたびにエリザベス女王を思い出すのですが、「神と国民に仕える」などと言われると、王制は残しておくべきなどとも思ってしまいます。労働党党首でもあり、革新的なトニー・ブレアなどとも訳されてましたけど、ブッシュと一緒にイラク戦争に加担している人物なので、映画では最初から胡散臭かった。要するに女王を擁護して、何かと利用しようとしている狡賢い奴にしか見えないので、ストーリー的にものめり込めませんでした・・・

 そんな中でヘレン・ミレンとジェームズ・クロムウェルの演技はさすがに良かったです。特にヘレン・ミレンの歩く姿は完全に本人になりきっていた(とは言っても実物の女王はよく知らない)。森で牡鹿と邂逅するシーンも素晴らしい演技でした。「逃げなさい」と伝えようとする優しい心を感ずるものの、あれだけ立派な角を持った鹿なんだから、ダイダラボッチかもしれないぞ!と安心して観てしまいました。鹿の首が・・・

 Her Majestyとかdignityという言葉が耳に残ります。そういえば、ポール・マッカートニーもサーの称号を受けたんだっけ・・・などと思い出しながら、エルトン・ジョンの姿を発見したり、スピルバーグやトム・ハンクスを発見できたのも楽しかった。残念なのはエルトンがダイアナ元皇太子妃への追悼として歌った「Candle In The Wind」が聴けなかったことだろうか・・・

★★★・・
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (61)   この記事についてブログを書く
« ロッキー・ザ・ファイナル | トップ | ハンニバル・ライジング »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お久しぶりです (nikidasu)
2007-04-22 23:41:38
「Candle In The Wind」を敢えて流さなかった監督の節度は好ましいものがありました。
ただ、これで「開かれた王室云々」というのはちょっと…と思わないでもなかったのですが。
それにしても「ディア・ハンター」が出来てしまう王室領地の広さに改めてびっくりでありました。
ブレア首相 (たいむ)
2007-04-23 18:17:20
kossyさん、こんばんは。
イギリスの首相の任期ってどのくらいなのでしょう?
サッチャーさんはカナリ長かった気がしているけれど、50年で10人といえば平均5年。
映画を観る限りでも、ブレア氏は優秀なのかしら?と思ってしまいます。が、
>ブッシュと一緒にイラク戦争
映画に騙されてしまったかしら?(笑)
スカート! (mako)
2007-04-23 21:25:56
こんばんは。
いや~ん、また笑っちゃいました。
たしかに、殿下だってスケートはいでるでねーのって
感じでした。ザブトン5枚。
わたしはどちらかといえば似てるんだか似てないんだか
はっきりしないチャールズのほうがうさんくさかったかもです。
ブレア (kossy)
2007-04-26 00:20:32
>nikidasu様
どうも、お久しぶりでありがとうございます。
「Candle In The Wind」はあえて使わなかったのですね~なんとなくそんな気もしたのですが、前半だけ観るとダイアナ妃のための映画だったような気もして・・・(汗)
事故の直後に鹿狩りをしてしていたことが国民にバレだらどうなるんだろうとヒヤヒヤしながら観てましたけど、ちょっと微妙でした・・・

>たいむ様
それよりも女王の任期がすごい・・・任期って言ってもいいのか知りませんけど(汗)在位ですよね・・
ブレア在任中に色んなことがおこって、女王としてもかなり印象に残る首相ってことかなぁ。さすがに政治に疎い俺は任期まで知りません・・・
権力を握ると、いくら革新的であってもダメダメ首相になるってことなんでしょうかねぇ・・・

>mako様
う、笑ってもらえてうれしいぃ~
色々思い出したんです・・・キャンディキャンディとか米シティ・ローラーズとか(笑)
イギリス人にとってはスカート=女性という概念はないのでしょうか?1度本国人(スコットランドじゃないところ)で聞いてみたいものです。
チャールズも顔のアップが少なかったから
ごまかされましたねぇ~
鹿が(;_;) (rukkia)
2007-04-26 12:04:44
私もエルトン・ジョンの歌がきけるかな~とかすかに期待しちゃいました。
トム・クルーズがニコール・キッドマンと来てましたね。あのあたりだけ、一時停止していろいろ確認したかったです(^^;

社会批判要素はおいといて、女王、かっこよかったです。
ハリウッドスター (kossy)
2007-04-27 06:18:28
>rukkia様
前半はダイアナ妃を思い出させる映像ばかりだったしね。ここでエルトンの曲を流すと女王の映画じゃなくなってしまうからかも・・・

トムとニコール!
う~む、見落としたか・・・
同じく、あの部分は映画ファン向けの映像でしたよね。
もっと見たかった(笑)
クイーン (TM)
2007-04-29 08:20:59
最後にバンドクイーンが出てきて歌い出す。映画ではありませんが、ヘレン(西川ヘレンさんではありません)の演技は、本物と瓜二つの双子(おすぎとピーコさんよりもざたっちよりも)のような

いや見る価値は、ありましたね
すごいよなぁ (しんちゃん)
2007-04-29 16:43:41
 こんな映画作れちゃうんだものなぁ・・・

日本の皇室とイギリスの王室はいまさらながらまったく違うのがよくわかりました。

 なんせ王位を捨ててまで恋愛を成就させるお国柄なんだもんなぁ(笑)
ヘレン (kossy)
2007-04-30 08:19:53
>TMさま
ヘレンといえば西川ヘレン!
俺はヘレン・レディまで思い出しちゃいます・・・古っ
実物の女王と見比べてみると、ヘレン・ミレンの年齢はちょっと若いんですよね。エリザベス女王の若い頃とそっくりというか・・・(笑)
クイーンの歌もいいですよね。

>しんちゃん様
王制の国であればどこでも民衆との隔てを無くしたいと思うのが近代の立憲君主制。
厳粛そうにみえても浮気問題とか起こる国なんて凄いと思ってましたが、一般市民はどんな感情を抱いているのかもっと知りたいと思いましたです。
王制廃止を望んでいる人のパーセンテージも結構変動しそうだし・・・みんな注目してるんですね。
鹿 (きらら)
2007-04-30 10:25:42
こんにちは☆
アノ鹿、、、ダイダラボッチだったら怖いです><

でもあの森の中でのシーンとても良かったですね。
私ケータイ持ってるなんて思わなかったから
ハラハラしちゃいました。

コメントを投稿

映画2007」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

61 トラックバック

「クィーン」 The Queen (俺の明日はどっちだ)
"彼女だって望んで女王になったわけじゃないのに50年もその職務をはたして来た人なんだ" 劇中、まずは仕事優先、個人は二の次、といった台詞もあったけれど、ダイアナの死後一週間にフォーカスして、エリザベス女王が国民と王室の間で板ばさみとなり、激しく葛藤する様...
クイーン (シャーロットの涙)
エリザベス女王の苦悩
『クィーン』 (Sweet* Days)
CAST:ヘレン・ミレン、マイケル・シーン 他 アカデミー最優秀主演女優賞、ゴールデングローブ賞最優秀主演女優賞 他受賞 STORY:1997年、8月。ダイアナ元妃がパリで交通事故により死亡し、イギリス国民はみな悲しみに暮れていた。王室の対応へ国民の視線が注が...
クイーン (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  威厳の壁、世論の波にゆれるクイーン  
クィーン (映画鑑賞★日記・・・)
【THE QUEEN:2007/04/14】04/21製作国:イギリス/フランス/イタリア監督:スティーヴン・フリアーズ出演:ヘレン・ミレン、マイケル・シーン、ジェームズ・クロムウェル、シルヴィア・シムズ、アレックス・ジェニングス、ヘレン・マックロリー、ロジャー・アラム、ティ...
「クイーン」みた。 (たいむのひとりごと)
映画に内容がすべて本当だとしても、作り物だとしても、どちらにしてもスゴイものだと思った。ダイアナの事故は記憶にある。「パパラッチ」という言葉が日本でも一般的になったのがこの事故によってのことだったように思う。ブレア首相は実はあまり印象が無
真・映画日記『クィーン』 (CHEAP THRILL)
4月19日(木)◆416日目◆ 終業後、三田線で日比谷へ。 シャンテ・シネで『クィーン』を見る。 6割ほどの入り。 女性客、会社帰りのリーマンが客層の中心。 ボクの右隣は外国人の野郎二人組。 1997年8月に起きたダイアナ元皇太子姫の自動車事故→急逝。 ...
『クィーン』 (flicks review blog II)
 ダイアナ妃が亡くなったのってブレア首相の就任と同じ年だったっけ?とあれこれ思い出しながら鑑賞。日本での公開初日にはウィリアム王子の破局報道も出回るなどなんだかとってもタイムリーな公開になってしまって
クイーン (八ちゃんの日常空間)
この作品も最初に予告編を観た時からかなり気になっていました。なんか面白そう!ノンフィクション系の中でも群を抜いて楽しめます。今年に入ってからのシャンテ・シネ上映作品で、一番良かったと思えます。
★クィーン(THEQUEEN)★ (CinemaCollection)
世界中が泣いたその日、ただひとりだけ涙を見せない人がいた映時間104分製作国イギリス/フランス/イタリア公開情報劇場公開(エイベックス・エンタテインメント)初公開年月2007/04/14ジャンルドラマ【解説】離婚後も絶大な人気を誇ったダイアナ元皇太子妃の突然の事故死....
クィーン (とんとん亭)
「The Queen/クィーン」 2007年 英 ★★★★ 1997年8月31日、ダイアナ元妃の突然の死。 あれから、10年“人民のプリンセス”ダイアナのお姿は今もなお人々の 脳裏に焼きついている。 ダイアナ元妃の訃報直後の、ロイヤル・ファミリーの混乱....
「クィーン」映画感想 (Wilderlandwandar)
今年のアカデミー賞で(記事)ヘレン・ミレンさんが主演女優賞を獲得した時から気にな
クイーン(2006) (萌映画)
ヘレン・ミレンといえばrukkiaにとってはモルガン(@「エクスカリバー」)でディープソート(@「銀河ヒッチハイクガイド」)なわけだが、ここでは女王である。 しかも、御存命で現職の女王である。 これまたすんごいものに挑戦したなぁ。 そして、主演女優賞総なめ、と...
クィーン (★YUKAの気ままな有閑日記★)
アカデミー賞主演女優賞受賞のヘレン・ミレンを観に劇場へ―【story】1997年8月31日。ダイアナ元皇太子妃がパリで自動車事故によって急逝した―事故直後、英国国民の関心は一斉にエリザベス女王(ヘレン・ミレン)に向けられ、好奇心の対象となった。民間人となったダイア...
クィーン (週末映画!)
期待値: 95%  「ヘンダーソン夫人の贈り物」のスティーヴン・フリアーズ監督作品。 ヘレン・ミレン
「クィーン」 (やまたくの音吐朗々Diary)
公開中の映画「クィーン」を観賞(3月某日・試写にて)。2006年英仏伊合作。第76回アカデミー賞主演女優賞はじめ、多くの映画賞を受賞した話題作。監督はスティーヴン・フリアーズ。出演はヘレン・ミレン、マイケル・シーン、ジェイムズ・クロムウェルほか。1997年8月31...
『クイーン』 (ふつうの生活 ふつうのパラダイス)
人はやはり、畏怖するものをもとめているのだろうか。物語は、ブレアがイギリスの首相として、就任し、エリザベス女王と謁見するところから始まる。その後すぐにチャールズと離婚した元プリンセスのダイアナの事故。イギリスは国中が彼女の死を悲しみ、政府と王室は彼女の...
クィーン (It's a Wonderful Life)
イギリス人は大袈裟に感情を出さない国民性があるとか。 その辺は日本とちょっと似てる部分あるのかな。 ダイアナ妃の事故死という、かつてないほどマスコミが大騒ぎする時、 沈着冷静な絶対君主であるべき 彼女はどこまでクールでいられるものなのか。 映画では...
クィーン (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
”The Queen”監督=スティーヴン・フリアーズ。脚本=ピーター・モーガン。1997年8月31日、ダイアナ元皇太子妃の事故直後、英国国民の関心とマスコミの好奇心は、エリザベス女王の対応に向けられるのだが・・・。☆☆☆☆★★
映画「クィーン」 (今日感)
エリザベス2世と王室、そしてブレア首相の、ダイアナ王妃死後一週間を描いた作品。 エリザベス女王を演じたヘレン・ミレンが、今年のアカデミー賞主演女優賞を見事受賞。
クィーン(映画館) (ひるめし。)
世界中が泣いたその日、たった一人涙を見せなかった人がいた
クィーン (2006) THE QUEEN (極私的映画論+α)
あれから十年ですか・・・当日私は・・・
クイーン (スワロが映画を見た)
原題:THE QUEEN 製作国:イギリス/フランス/イタリア 製作年度:2006年 上映時間:104分 監督:スティーヴン・フリアーズ 製作指揮:フランソワ・イヴェルネル/キャメロン・マクラッケン/スコット・ルーディン 原作:―
映画~クィーン (きららのきらきら生活)
 「クィーン」公式サイト本年度アカデミー賞主演女優賞受賞作品1997年8月31日に交通事故で他界したダイアナ元妃をめぐって、揺れ動く英国王室の内実を描いた衝撃のドラマ。1997年8月31日、“英国の薔薇”ともうたわれた英国王室のダイアナ元皇太子妃が、パリで交通事故に...
クィーン (悠雅的生活)
21世紀の英国女王、エリザベス2世。
クィーン (そーれりぽーと)
世界中から愛された元プリンセス・ダイアナと、彼女の死によって必要以上に悪役のレッテルを貼られてしまった女王の苦悩を描いた映画『クィーン』。 ご本人存命の内にこんなプロットの映画が製作出来たというのは驚き。 オスカーでも評価されるなと興味深く公開を待ってい...
「クィーン」 (かいコ。の気ままに生活)
ヘレン・ミレン主演 「クィーン」観てきました。「クィーン」公式サイトあらすじ:1997年8月31日、英国王室のダイアナ元皇太子妃が、パリで交通事故に遭い逝去してしまう衝撃的なニュースが全世界に流れる。ダイアナ元妃の訃報を悼み、その日から全世界は悲しみに包まれ....
クィーン(2006年) (勝手に映画評)
ヘレン・ミレンが、2007年度アカデミー賞主演女優賞を受賞した作品。1997年8月31日のイギリス王室ダイアナ元皇太子妃の死後一週間のイギリス王室(と言うより、エリザベス女王と就任まもない首相のトニー・ブレア)の動きを追った作品。ちょっとネタバレありです。全国公...
クィーン (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
ノンフィクション系の映画も流行ですが、これは前代未聞! こんな映画が作られること自体すごいです。 女王はすごい! ブレアはすごい! ...ってことで絶妙に面目を保ったことで映画化に成功しえたわけでしょう。
「クィーン」 ペルソナを演じ続ける孤独 (はらやんの映画徒然草)
エリザベス二世を演じるヘレン・ミレンがアカデミー主演女優賞を受賞した作品です。
クィーン(THE QUEEN) (C'est Joli)
クィーン(THE QUEEN)’06:イギリス/フランス/イタリア ◆監督:スティーヴン・フリアーズ(ヘンダーソン夫人の贈り物)◆出演:ヘレン・ミレン 、マイケル シーン 、ジェームズ・クロムウェル 、シルビア・シムス 、アレックス・ジェニングス 、ヘレン マックロリー...
クィーン (eclipse的な独り言)
 もちろん、わが街ではこんなのやっていません。隣町へ遠征してきました。アカデミ
【2007-63】クィーン(THE QUEEN) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
ショッキングなニュースが世界中を震撼させた 1997年8月31日 ダイアナ元妃 突然の死 世界中が泣いたその日、 たった一人涙を見せなかった人がいた 世界中が注目したひとりの女王 その時─ 英国王室に何が起こったのか あれから10年 今、真実が...
クィーン (future world)
ダイアナ元皇太子妃の衝撃的な事故死から一週間、エリザベス女王の苦悩の日々・・・ 予想以上に‘真面目’に取り組まれた映画だった。 ダイアナ妃の交通事故死はもう10年前になるんだな、 世界中が悲しみに堕ち涙する中、沈黙を通したイギリス王室、 映画化するの...
クィーン 2007-20 (観たよ~ん~)
「クィーン」を観てきました~♪ 1997年5月ブレア首相が当選した。その3ヵ月後、パリでダイアナ元皇太子妃が自動車事故のため亡くなる。既にロイヤル・ファミリーではないダイアナの死に対し、エリザベス女王は沈黙するが、世間の批判がエリザベス女王に集中する・・・...
クィーン (UkiUkiれいんぼーデイ)
女王陛下と言えども・・・一人の人間 先日鑑賞した『太陽』もそうでしたが、一般ピーポーが立ち入れない領域って覗いてみたくなります。 時は1997年 新しい首相を選ぶ選挙真っ只中 エリザベス2世女王陛下(ヘレン・ミレン)は、肖像画を描いている画家に...
クィーン (MOVIE COMPLEX)
すごく特殊な構成の作品で正直戸惑いました。 作品を作品として観れるまでにだいぶ時間がかかってしまって どこまでホントなんだろう…とか、こんなセリフ許されるんだろうか…とか そのことの方が気になって観てしまってちょっともったいなかったです。 でも途中か...
女王の涙 【クィーン】 (犬も歩けばBohにあたる!)
2007年、アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞したヘレン・ミレン。 彼女は映画「
映画「クィーン」 (日々のつぶやき)
監督: スティーヴン・フリアーズ?  出演: ヘレン・ミレン、マイケル・シーン、ジェイムズ・クロムウェル 『世界中が泣いたその日、たった一人涙を見せなかった人がいた。』 ものすごいインパクトのあるコピー・・ダイアナ妃が亡くなった日、1997年8月31日。
【劇場映画】 クィーン (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 1997年8月、パリでダイアナが交通事故に遭い、帰らぬ人になった。王家においてダイアナはいつも頭痛の種で、民間人となっていたダイアナの死は本来関係のないことであった。女王はコメントを避けるが、ダイアナを称える国民の声は次第に高まっていく。や...
QUEEN☆エリザベス女王の“本当の姿”とは?そしてダイアナとの確執の行方?! (銅版画制作の日々)
  エリザベス女王にそっくりなので、いやあ~です。(ちなみに、このヘアースタイルの名前はキャベツヘアーだとか)よく似た人がいるものだと感心していたところ、先日「キネマ旬報」でヘレン・ミレンの素顔を見て、あまり似ていないことに気づきました。それにしても、...
特別な存在であり続ける事の難しさ。『クィーン』 (水曜日のシネマ日記)
英国王室のダイアナ元皇太子妃が、パリで交通事故に遭い、逝去してからの王室での一週間を描いた作品です。
クィーン (ぷち てんてん)
昨日のうちにアップしようと思っていたのですが、サボってしまいました(笑)アカデミー賞主演女優賞のヘレン・ミレンですよね。話題が、エリザベス女王にどれくらい似ているのかという点に集中してしまうのですが、内容的にも面白い映画でした。そしてまたちょうど、ブレ...
『クイーン』 (すきなものだけでいいです)
 第79回アカデミー賞・主演女優賞受賞 世の中には、知りたい情報や、知らなくていい情報や、知りたくもない情報や、様々な情報が溢れかえっています。 明らかに供給過多なそれらの情報は、私たちになにを与えてくれるの
映画 『クィーン』 (Death & Live)
『クィーン』  2006年原題 : THE QUEEN監督 : Stephen Frears音楽が良かったですね。エリザベス女王の、一人の人間としての心理を深みのある音楽で表現していたのではないかと。日本のチラシのコピーに世界中が泣いたその日、たった一人涙を見せなか...
クィーン・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「ゲゲゲの鬼太郎」が日本のコスプレショーなら、「クイーン」は由緒正しい大英帝国的コスプレショー。 ダイアナ妃の突然の事故死から一週間の英国王室と政府の混乱と葛藤を、エリザベス女王と当時就任したばかりのブレア首相を
★「クィーン」 (ひらりん的映画ブログ)
クィーンといえば、英国のエリザベス女王。 ダイアナ元妃の事故死事件時の王室を描いた作品・・って、よく作ったねぇ。 主演のヘレン・ミレンがオスカーの主演女優賞に輝いた作品。
「クイーン」 (じゃがバタ~ 映画メモ)
アカデミー賞で主演女優賞を獲得したヘレン・ミレンは、そっくり大賞 ワタクシ 魂はイギリス人 <単に傘をさすのが嫌い、ジョークが皮肉屋さん と思っておりましたが、、、まだまだイギリス人気質は理解できていなかったようです。 エリザベス女王の考える王家の...
クィーン (ルナのシネマ缶)
前から、観たかったのですが なかなかタイミングが合わず 終演まじかになって、なんとか 見逃さずに観る事ができました。 エリザベス女王の姿は、 ニュースやワイドショーでしか 観たことはありませんが、 ヘレン・ミレンは、とても そっくりだったと思います。 ...
『クィーン』 (アンディの日記シネマ版)
<注意> gooブログなど本館からTBできないブログにはこちらから送っています。 TB&コメントはお手数ですが本館の記事にお願いします{/hiyo_please/} → 『クィーン』(本館) 【監督】スティーヴン・フリアーズ 【脚本】ピーター・モーガン 【時間】104分 【出演】...
クィーン [監督:スティーブン・フリアーズ] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
【個人的評価 ■■■■■□】(6段階評価 ■□□□□□:最悪、■■■■■■:最高)  現職の女王や首相の日常、まだ記憶に新しいダイアナ元妃の死という興味をかき立てるセンセーショナルな題材でありながら、政治的プロパガンダには陥らず、冷静に社会と君主制を批評...
映画鑑賞記「クィーン」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:07.07.01 鑑賞場所:シネマイクスピアリ 1997年8月31日。 ダイアナ元皇太子妃がパリで交通事故で急逝した。 あれから10年。今まで決して語られることのなかった事故直後のロイヤル・ファミリーの混乱ぶり、首相になったばかりの若きブレアの...
[ クィーン ]母性に目覚めた女王 (アロハ坊主の日がな一日)
[ クィーン ]を新宿武蔵野館で鑑賞。 格調高い作品な気がして、どうも僕向きではないと観る前は思っていたが・・・・これが、予想外に面白かった。 1997年8月におきたダイアナ元皇太子妃の事故死によるロイヤルファミリーの混乱や女王とダイアナとの確執など、舞...
映画『THE QUEEN』劇場鑑賞 (蛇足帳~blogばん~)
昨日は横浜みなとみらいの方で期間限定公開されている映画『THE QUEEN』を観て来ました。 言わずと知れた英国王室のQueen Elizabethが主役の話で、あの「英国の薔薇」と謳われたPrincess Dianaが交通事故でこの世を去ってからの一週間、女王はどういう状況下にあったの...
God Save the Queen (「小林克也のRadioBaka」  期限切れ遺失物移管所)
5月15日のベストヒットは、克也さんの日記にもあったように、最初から最後までイギ
クィーン  (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  1997年にダイアナ元妃が事故死したとき、世論にバッシングされて揺れ動く英国王室の内実を描いた衝撃のドラマである。 エリザベス女王を演じたへレン・ミレンは、この作品で第79回主演女優賞に輝いている。彼女は容貌だけではなく、その佇まいにおい...
クィーン (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『1997年8月31日、ダイアナ元妃の突然の死。 その時、王室に何が起こったのか。 世界中が泣いたその日、 たった一人涙を見せなかった人がいた』  コチラの「クィーン」は、ダイアナ元皇太子妃の事故直後の7日間のイギリス王室とブレア政権を描いた4/14公開になっ...
『クィーン』'06・英・仏・伊 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ1997年8月30日深夜、ダイアナ元妃はパパラッチとの激しいカーチェイスの末帰らぬ人となった。民間人となった彼女の死に対して、エリザベス女王はコメントを避け続けたが、絶大な人気を誇るダイアナの死を無視することは、結果的に国民を無視することとなっ...
クィーン ~ 西洋文化よりも日本文化に近い気質か!? ~ (Prototypeシネマレビュー)
~ 西洋文化よりも日本文化に近い気質か!? ~ ダイアナ妃の事故死により、英国ロイヤルファミリーに降りかかる国民の非難の声と、それに対する女王の本音と苦悩、そして品格を描いたこの作品『クィーン』(2007年/イギリス=フランス=イタリア/ドラマ)。 2007年...
映画評「クィーン」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2006年イギリス=フランス=イタリア映画 監督スティーヴン・フリアーズ ネタバレあり
<クィーン>  (楽蜻庵別館)
2006年 イギリス 104分 原題 The Queen 監督 スティーヴン・フリアーズ 脚本 ピーター・モーガン 撮影 アフォンソ・ベアト 音楽 アレクサンドル・デズプラ 出演 ヘレン・ミレン  マイケル・シーン  ジェームズ・クロムウェル    アレックス・ジェ...