ネタバレ映画館

映画ドットコムに記事を移行してます!

ヘイフラワーとキルトシュー

2006-01-27 21:51:07 | 映画2006
 パンが焼けますように・・・

 子供もいないし、姉妹でもない。ジャガイモも研究したことないし、家事はできないということもない。ということは、あの警官に感情移入するしかない。でも、ヘイフラワーとキルトシューが可愛いからといって、かまってばかりいると変態ロリコンオヤジ扱いされそうな気もする。とりあえず運動で発散させよう~なんて発案したけど、姉妹のケンカのおかげで・・・

 子供っぽい親としっかりした子供。どこかのコピーにあったような家族の関係も傍から見ると、とても楽しそうだ。ストーリーだって、警官が登場する割にはたいした事件も起こらない。キルトシューの可愛さとお茶目なママのおかげでほんわかムードにさせてくれるのです。特に、風船に水を入れてキャッチボールをするシーン。そして、ズルして優勝するかけっこの部分。もうすぐ小学校へ入学するというお姉さんの心理描写も見事なものでした。

 こんな映画を日本で作るとしたら、「1億2千万人総こども化計画」なんてタイトルはいかがでしょう。ある村では、炊事・洗濯・掃除はみな子供たちがやって、親たちは米の研究をする傍らで水あそび・砂あそびに興じている。やがて平和な村に映画館ができて、村人は大喜び。やがて映画も韓国映画を上映するようになって、パク・チャヌク監督作品が公開されるやいなや、平和な村にも暗雲がたちこめる・・・それを救うのがヘイフラワーとキルトシューだった。と、またわけのわからぬ妄想が・・・

★★★・・

コメント (8)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
« 単騎、千里を走る。 | トップ | 最終兵器彼女 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
たしかに男性には不向きかも(笑) (ルナ)
2006-01-27 23:14:34
姉妹可愛かったですよね~。

でも、この映画は男性にはちょっと不向きかもしれませんね~。

映画館でも、彼女に連れられた男性が1人いた以外、全て女性だったし・・・・(笑)

ストーリーはさておきカラフルでポップで、私は好きでした。
初日に独りw (たましょく)
2006-01-28 00:51:29
 TBありがとうございますm(_ _)m



 いい年こいたおっさん風な男が初日に微笑み

ながら、この映画を観てました、kossyさん!

え~と、名前は…確か…たま(ゴホン、ゴホン)



 おまけのもぐらの映画は、イラストがちょっと

怖かったよーな気がしましたw
男一人は・・・ (kossy)
2006-01-28 01:10:09
>ルナ様

いやぁ~可愛かった!

おまけに会場にはお母さんに連れられてきた小学生くらいの姉妹もいたし・・・男は2人しかいなかった!

俺はクスクス笑ってたのに、子供たちは笑っていませんでした。



>たましょく様

韓流映画みたいですね(笑)

俺が観たときは客も10数人くらいだったので、それほどでもなかったのが助かりました・・・

あのモグラの短編は「猫目小僧」を思い出してしまいましたよ。シュールだ。
こんばんは♪ (ミチ)
2006-01-28 01:30:51
kossyさんがこの映画を見られるとは~(笑)

だってオフィシャルサプライヤーですもんね。

いいな~、羨ましい~。

私も一考したのですが、年間40本シネモンドでみるかどうかなのであきらめました(涙)

この映画の言語はフィンランド語でしょうか?

盛んに「スパゲッッティア」て言ってたのが面白かったです。

「パスタ」とは言わないのね。

しかもナポリタンみたいな代物だったし。
おお。 (sachi)
2006-01-28 03:11:56
kossyさん、どうもです。

ほえー、こういうのも見るんですね。

意外~(笑)。

ちょっとキルトシューのわがまま振りには閉口しちゃったけど、二人はかわいかったですねー。

フィン語 (kossy)
2006-01-28 07:36:10
>ミチ様

おかげさまで見放題映画生活を楽しんでおります。

今回会員になる決断をしたのも野村芳太郎特集を全部観たいと思ったからなんですけど、全部鑑賞すると150本になるなんてお得ですよね~

フィン語もそうですけど、ヨーロッパの言語ってさっぱりわからないですよね。

そういやスパゲッティと言ってたっけ・・・



>sachi様

毎度どうもです。

いつもの俺なら観ないところなんですけど、

ミニシアター館の会員になったもんだから、

何でもかんでも観ることになりそうです。

キルトシューのわがままぶり!

なにかやった後でもキスして愛想をふりまくなんて、なかなかやりますよね・・・
監修 (kino)
2006-01-29 00:57:24
可愛かったですね。

ワガママな妹にはムカつきましたけど。

(私は長女)



SHIHOが字幕監修、ってたいそうに言ってましたが

うーむ 何やったの??
SHIHO (kossy)
2006-01-29 01:11:02
>kino様

あの妹にむかつくと仰るのは女性の方が多いようですね~俺はただクスクス笑ってただけかも・・・

有名人の字幕監修って、かつて関根勤なんかがポリスアカデミーの監修をしたのが記憶にあるけど、結構ありますよね。

コメントを投稿

映画2006」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

17 トラックバック

ヘイフラワーとキルトシュー HAYFLOWER AND QUILTSHOE (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
カトリーナ・タヴィ、ティルダ・キアンレト主演 原題はHeinahattu Ja Viilttitossu  ヘイナハットゥとヴィルッティトッス 珍しいフィンランドの映画です 10年前に私がフィンランドに行った時は寒く気候も良くありませんでした 北欧の春から夏にかけての一瞬は非常に美し
ヘイフラワーとキルトシュー (ルナのシネマ缶)
フィンランドと言えば、 ムーミンが有名だけど そんなお国のカワイイ!カ~ワイイ!! 姉妹のお話です。 全てが、ポップでカラフルで、 まるで絵本の世界のようでした。 姉のヘイフラワーは、しっかり者の良い子ちゃん! いつもわがまま三昧の妹、キルトシュー
ヘイフラワーとキルトシュー (何を書くんだろー)
「ヘイフラワーとキルトシュー」 評価 ★★★☆☆ (3.5ぐらい) 『あらすじ』  もうすぐ小学生になるヘイフラワーは、悩まされていた。ポテトの研究に情熱を注ぎ、家庭のことを 一切気にしないパパと、まったく家事全般が不得意な上にやたらと社会に...
子役には勝てない 「ヘイフラワーとキルトシュー」 (平気の平左)
評価:75点{/fuki_osusume/} ヘイフラワーとキルトシュー さて、いきなりですが、 私は年上の女性が好きだ!!! 年が1回り上くらいは全然オッケーで、1回り半くらいはいけるかな?(だからと言って、すごい年上ばかりが好きなわけではありませんよ。) と、きちん
映画「ヘイフラワーとキルトシュー」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ヘイフラワーとキルトシュー」★★★ ストーリー: 7歳のヘイフラワー(カトリーナ・タヴィ)は、妹のキルトシュー(ティルダ・キアンレト)の世話から家事までこなすしっかり者。あと1週間で小学生になるヘイフラワーは、自分が留守の間誰が妹の面倒をみるのか
76-ヘイフラワーとキルトシュー (徒然日誌)
友達に誘われて「ヘイフラワーとキルトシュー」という映画を観てきた。といっても、結局その友達は行けなかったんだけど(苦笑)。 フィンランド映画らしい。ヘイフラワーとキルトシューというのは、姉妹の名前なんだけど、これがまたむちゃくちゃかわいくてね。いかにも北欧
フィンランドで興行記録を塗り替えた『ヘイフラワーとキルトシュー』 (Dead Movie Society★映画三昧★)
ひゃ~!! 時が経つのは早いもので、アッという間にもう11月。 10月中旬に公開された映画を大慌てで紹介しなくちゃ…。 単館系なので、まだ公開中だと思うんだけど、 見てない方は是非、『ヘイフラワーとキルトシュー』を ご覧になってください。こんな素敵な田舎な
可愛い~ 「ヘイフラワーとキルトシュー」 (目の中のリンゴ)
今日から公開だったので、雨の中行ってきました。 満員だったらどうしよう??と思いきや、空いてました。 初日プレゼントで、クナイプの入浴剤(”ヘイフラワー”)をもらった♪ フィンランドの映画です。 モデルのSHIHOが翻訳監修をしたというので、 え??フィンランド帰
映画「ヘイフラワーとキルトシュー」入場券 (雲九の物品購入覚書)
気持ちがあんまりくさくさするので、見る予定ではなかったこの映画を原色の氾濫を期待して見に行きました。見終わったら元の木阿弥でしたが、鑑賞中は楽しかったです。小学校にあがる前だというお姉ちゃんのヘイナトット(とかって聞こえたけど、英名ヘイフワラー)ちゃんの
ヘイフラワーとキルトシュー (泥海ニ爆ゼル)
「ヘイフラワーとキルトシュー」 フィンランドの小さな姉妹の物語。最近こどもの出る映画に弱いことを知ってしまい、ぜひ観にいきたい1本でした。予告編でもやたら可愛いんだもんよ。 1本の時間には72分と短いからか、「もぐらの物語」という10分間のアニメもついています
ヘイフラワーとキルトシュー (cinema note+)
ヘイフラワーとキルトシューHAYFLOWER & QUILTSHOE 2002年 フィンランド ストーリー:7歳のヘイフラワーは、家事が全くダメな母親やジャガイモの研究ばかりしているパパに代わって妹のキルトシューの世話から家事まで
映画 『ヘイフラワーとキルトシュー』 (Death & Live)
公開当時に観れなかったもので、 ビデオを入手しましたので、観ました。 『ヘイフラワーとキルトシュー』  2002年 原題 : Heinähattu ja Vilttitossu 監督 : Kaisa Rastimo まぁ、姉妹ゲンカですよね。 姉がいつも我慢してて、 妹がいつもワガ ...
ヘイフラワーとキルトシュー (Blossom Blog)
ヘイフラワーとキルトシュー HEINAHATTU JA VILTTITOSSU 監督 カイサ・ラスティモ 出演 カトリーナ・タヴィ ティルダ・キアンレト フィンランド 2002
ヘイフラワーとキルトシュー(DVD) (ひるめし。)
ムーミンの国[フィンランド]から、とびっきりかわいい映画がやってきた
ヘイフラワーとキルトシュー (らび草子)
フィンランドの映画です。
「ヘイフラワーとキルトシュー」 (ひらりん的映画ブログ)
ちょっと気になってた姉妹もの映画。 おっと、気づけば、フィンランド映画でした。
ヘイフラワーとキルトシュー (C'est Joli)
ヘイフラワーとキルトシュー’02:フィンランド ◆原題:HEINAHATTU JA VILTTITOSSU/HAYFLOWER AND QUILTSHOE◆監督:カイサ・ラスティモ◆出演:カトリーナ・タヴィ、ティルダ・キアンレト、アンティ・ヴィルマヴィルタ、ミンナ・スローネン、ルヤ・ラリヴァーラ ◆STO...